スプロール 現象。 コンパクトシティとは?定義や意義、現状・今後の方向性を徹底解説

スプロール現象とは

スプロール 現象

都市工学用語。 都市が周辺に無秩序に広がる。 ヨーロッパでは市壁のを機に,さらに鉄道などの大量輸送交通手段の発展に伴い,急速に。 その発展形態については E. の同心円理論以下,道路や鉄道沿いに延びる放射状あるいはなどのがある。 東京は江戸時代から伸展の傾向を示し,この現象が顕著となったのは,1960年代の高度成長期における急激な発展である。 その結果,大周辺の住宅や工場が無計画なままに建設され,近郊農地,のに伴う土地利用の,の,交通の,環境の悪化などの諸問題が山積した。 外国でもこの問題は特定の大都市にみられ,,,,ホンコンなどは顕著である。 現象の対策としては,的確な都市計画によるの,産業の過疎地移転などが考えられている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 急速な都市化とともに拡大する都市地域において、土地利用が無秩序、無計画に進行し、まるで虫に食い荒らされたような状況になることをいう。 都市への人口や機能の集中が進行し、とくに過密化してくると、それとは裏腹に、それらの都市周辺(近郊農村)への分散が促進され、激化するが、この傾向は都市周辺における急激に進む団地・住宅の乱立、工場・住宅の混合、サービス施設の進出などに現れてくる。 こうした土地利用に対する統制や規制はに回ることが多く、したがって、道路や交通機関などの生活基盤とか、公共施設を含む生活環境とかの整備は遅れることにもなりやすい。 また、地震や水害などの自然的災害に対処する対策も後回しにされることが多い。 [高橋勇悦] 『山崎不二夫・森滝健一郎他編『現代日本の都市スプロール問題』上下(1978・大月書店)』 【土地問題】より …また地価の高騰は,マンション建設やミニ開発の原因でもあるが,逆にマンション建設やミニ開発が,地価の上昇を加速してもいる。 さらに都市郊外の田園地帯における無秩序な都市化,いわゆるは,緑を少なくして環境を悪くするばかりでなく,計画的な都市づくりがおこなわれている場合にくらべると,公共施設の効率をいちじるしく悪くし,それだけ住民に対する税負担を重くする。 このような現象が起こった原因は,根本的には高度経済成長期に資本と人口が都市に集中したことにある。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

スプロール化現象とドーナツ化現象

スプロール 現象

まずスプロール現象という単語を分けてみましょう。 『スプロール』『現象』に分かれますね。 で、スプロールとは不規則に広がるという意味です。 核となるようなものがあって そこから徐々に徐々に広がるというのが 理想的な都市開発になります。 でも、安いところから宅地化されるために 虫食い状に都市化が進んでしまうことがあります。 これをスプロール現象と言います。 図で示すとこんな感じですね。 こんな感じで全く違うエリアに宅地化が進んでしまっていて 虫食い状になってしまうのがスプロール現象です。 これに対してドーナツ化現象は 都市部が郊外に広がった結果 中心部が空洞化してしまう現象です。 見た目がドーナツだからドーナツ化現象というんですね。 つまり、都市化が虫食い状ならスプロール現象 都市化が外に移動し中心が空洞化しているなら ドーナツ化現象ということです。 スポンサードリンク スプロール現象の問題点をわかりやすく解説 スプロール現象、わかっていただけたでしょうか? では、スプロール現象の何が問題なのでしょう? 一応都市化が拡大しているからいいじゃないですか。 スプロール現象が起きているってことは 虫食い状態で都市が拡大しているってことですね。 都市化しているところには 人が集まってきます。 老人や子供が集まってきます。 ただ老人や子供は病気しやすいです。 頭をバットで殴られたくらいの頭痛が起きて 倒れたとします。 でも救急車を呼んでもなかなか 到着できないかもしれません。 スプロール現象が起きているということは 中途半端に都市開発が進んでいるけど 周りは舗装されていなかったりします。 回り道して救急車が現場まで向かうことになるかもしれません。 これは消防車だって同じことです。 これがスプロール現象の問題点の一つです。

次の

スプロール現象とは

スプロール 現象

スプロール現象と言われるのは都市が発展拡大して行く場合周辺部、郊外に向かって徐々に市街地が拡大していきますがこの拡大化を見た場合に無秩序な開発が行われそのような無秩序的な拡大をスプロール化と言いますのでこの無秩序という事がいろんな都市問題の根源に成る場合が多いのでこれが行けないという根源い成ると思います 都市が拡大して反映することは良いかどうかという根本的な問題もありますが、仕事があり経済的に豊かなところには人が集まって来てますし、ますます反映することは良いことなのかもしれませんが、それが日本のように拡大して行く段階で無秩序に計画的な街路が形成されず、大量交通機関も整備されず、民間業者による虫食い状態に宅地化が進んで行くとそれぞれの街ブロックの関連性、相互性が無く悪質な住環境に成り、防災面でも貧弱な街に成るのです スプロール化がいったん進展した後はこの改善は大変困難になるため、莫大な資金を投資してもなかなか進行しません このように都市が大きく成って行くと必ずドーナツ化現象が発生します、土地価格は高騰し、都心までの距離時間が大きくなり、無秩序な郊外化は大資本による新たな周辺部での経済活動によって都心の荒廃を生んでいきます こういう現象は長い目で見れば都市そのものの活力を欠く方向に成り都市の衰退につながるのです 都心の荒廃 何がいけないのかは、それを評価する人の立場や観点によって変わります。 社会科の授業などでは「スプロール現象」はどちらかというとマイナスのイメージで伝えられるでしょうが、 これは主に都市計画的な観点に立った場合ですね。 郊外のスプロール的開発は、多くの場合従前から土地を持っていた農家の地主的発想から起きるわけですが、そうすると都市計画のコントロールの枠組みから抜け落ちやすく(規制しにくく)、結果的に住宅や事業用地(小さな工場や事務所、小売店など)と農地が混在したような地域ができてしまう・・・そうすると、上下水道や道路などのインフラ整備で効率が悪いというようなことになります。 じゃあ、スプロールにならないようにするには、行政が主導して宅地化が進む前に大々的に土地区画整理事業を行うか、大手の不動産会社が大規模な宅地開発に乗り出してくれるのを待つか・・・というようなことになりますが、 土地区画整理事業はかなりのノウハウが必要ですし、資金や事業期間も考えると、そう容易なことではありません。 大手不動産会社は、東京や大阪のような、あるいは現在人口が100万人くらいになっているような大都市なら積極的に事業をするでしょうけど、採算が合うかどうか判らない地方都市で宅地開発などほとんどしません。 でも、その一方で地方都市でも高度成長期には都市に人口がある程度集まり、住宅需要があったわけです。 そういう人たちの多くは、スプロール的に開発された住宅地を取得して住みました。 つまり、スプロール的な開発も彼らへ住宅を供給すると言う重要な役割を担ったわけです。 また、農地と住宅が入り混じる環境と、住宅ばかりが延々立ち並ぶ環境とどっちを好むか、これも人それぞれといったところでしょう。 加えて、大規模に一体的に整備された住宅地は、開発から30~40年経って、今では地域住民の高齢化が問題になっています。 開発されて販売が始まると、そこに入居する人たちは多くが30~40歳代(とその子ども)なので、子どもが成長して出て行ったあとは一気に高齢化が進みます。 そういう地区では小売業の経営が成り立たなくなってスーパーが閉鎖されたり・・・いわゆるフードデザート問題なんていうのも最近は指摘されます。 一方、スプロール地区は長年にわたって少しずつ開発された結果、多様な年齢層が混住するという結果になっているようなところもあります。 どっちも良し悪しありますね。 もう一つの「都市の拡大」ですが、これもいろいろな見方ができます。 また、都市によっても事情が変わります。 日本の場合、東京や大阪では高度経済成長期に「過密」が問題になりました。 で、開発を郊外に誘導するような政策がとられましたが、それは不動産業者や土木建設事業者の利益を重視した面も否定できません。 当時、拡大をなるべく抑制して、都心やその周辺でより高密度で快適な環境を創るという発想には至らなかったのですが、それで良かったのか、都市の「適正な密度」を再検討しようというような研究もあります。 一方、都市の拡大は地方都市でも起こりました。 東京や大阪では、実際に膨らむ人口に緊急に対応して宅地を供給するためにも郊外に団地を開発して・・・という流れは必然だったとしても、地方都市でも郊外開発を進める必要があったのか?という疑問はあります。 結局、郊外で新規に開発すると言うのが、不動産業者にとってはうま味が大きいので・・・.

次の