タイ マンゴー 切り 方。 マンゴーの美味しい切り方−基本編

マンゴーの切り方、食べごろ、保存法

タイ マンゴー 切り 方

タイ産マンゴーの代表ナームドークマーイ タイ産マンゴーといえばナームドークマーイ。 ナンドクマイじゃありませんよ。 「なんじゃそりゃ?」 とタイの人に笑われそう。 日本に輸入されるマンゴーはメキシコからが最も多く、タイは2、3番ぐらい。 けっこう奮闘。 そしてそのほとんどはナームドークマーイ品種。 好評ぶりがうかがえますね。 花の蜜のように甘い ナーム(水)ドークマーイ(花)は「花の水、液」の意味。 つまり「花の蜜のように甘い」ということ。 花の雫ではありません。 日本ではさすがにナームドークマーイではピンとこないのでしょう、ゴールデンマンゴー、イエローマンゴーなどの適当な名前がつけられているようです。 どうせならそのまま訳して「花蜜」とでもすれば響きもいいしおいしさが伝わると思うのですが・・・。 現在タイマンゴーの主力品種 ナームドークマーイ 現在、ナームドークマーイはタイの完熟食用マンゴーの主力品種で、タイ国内の市場も大半はナームドークマーイです。 ほとんど知られていませんが、普通のナームドークマーイ以外にも鮮やかな紫色したものなど、いくつか種類があります。 お勧めはナンバー4(バー スィー)と金色(スィートーン)でしょうか。 味の特徴 特徴はその糖度。 完熟すればマンゴー界でもトップクラスの甘さ。 そしてきめ細やかな肉質。 繊維が少ないのか細いのか、果肉にナイフを入れると抵抗なくすっと切れます。 切ったとたんジュースが滴るほどジューシーでなめらかな舌触り。 それでいて案外しっかりしている。 癖がなくわかりやすい味ですから万人受けします。 ただ一つ残念なのは、香りに欠ける、ということですかね。 外見の特徴 色は黄色が強く、先っぽが少し尖がっているのですぐにわかります。 皮は薄いですが、逆にいえば傷みやすいため取り扱いには注意が必要です。 ナームドークマーイ種は通常 300g 程度 大きいものは 500g を超える マンゴーはもともと呆れるぐらい種の大きな果物。 品種によっては食べられる部分より種の方が大きい、ということもありますが、この品種は種がそれほど厚くなく果肉がたっぷりなのも特徴です。 出回る季節 ナームドークマーイ種はほかのマンゴーに先駆けて2月頃から旬を迎え5月頃まで市場に並べられます。 北部、中部、東部で収穫期が異なるため、このほかの季節も出回りますが量は格段に減少。 値段は張るものの、大手スーパーにはほとんど年中置いてありますから、せっかくタイに来たのにナームドークマーイが食べられない、ということはあまりないと思われます。 完熟マンゴーの切り方 タイの人たちはけっこうきちんと皮を剥いてスライスし、適当な大きさに切った果実を皿に盛ります。 でもマンゴーの皮剥きは手がべとべとになるし面倒。 マンゴーは3枚におろして食べる もっと簡単な方法がいい! という方は、マンゴーの側面からナイフを入れて種を中心に三枚におろします。 おろしたマンゴーは皮の部分を下にしてスプーンですくって食べれば食器もいりません。 角が立つのはいいことなのだ 常々、果物は刺身と同じで切り口が立ってなきゃいかん、と思っております。 そこへ誰が考えたのか花切りの登場。 3枚におろしたマンゴーの縦と横にナイフを入れた花切り そう。 三枚におろした一つを手にし、包丁で縦横に切れ目を入れてひっくり返すというか、皮の方からぐっと押しだすと、あら不思議、でもなんでもないのですが、角の立った立方体がいくつもできます。 角マニアの方、マンゴーを切るなら花切りです。 *買い方と選び方については をどうぞ。 マンゴーの効能 マンゴーは、皮膚を美しくする。 気分を爽やかにする。 目を健康に保つ。 便通、排尿をよくする。 胃や腸の働きをよくする。 などとタイではいわれています。 マンゴーを数十年バカのように食べ続けて何か影響があった、と感じたことはありませんが、病気らしい病気をしないのはもしかするとマンゴーが貢献しているのかもしれません。 編集後記 あれ?検索に出てこない ナームドークマーイの日本での評価が気になって検索してみたらまったくひっかかりません。 え?そんなはずはない。 もしかして自分が間違っているのか タイ語をチェックし直したけれど、やっぱりナームドークマーイ。 あれこれ検索して出てきたのはナンドクマイでした。 すごいショック。 これじゃあ無理だわ。 ということは、ぼくが正しいタイ語というか、極力タイ語に近いカタカナ表記でいくら頑張ってブログを書いても検索されないわけです。 書く以上、読まれないと意味ないですから、検索されるためにはタイ語とまるでかけはなれたカタカナ表記を使わないとならない。 いつまでも修正されない悪循環。 これだけネットに情報が溢れかえっているのに、いや、溢れかえっているからこそ、正確な情報は伝わりにくいということかな。 検索上位にあるのは半端な模倣記事が多い、と知っていながら、やっぱり見てしまうしね。 元凶は誰だ ナームドークマーイを日本のサイトの多くは「花の雫」と訳してあって、 「おいおい、そりゃないだろう」 「ナーム ドークマーイ、花の水、液、なのだから花蜜じゃないか」 なぜこんな妙な訳がまかり通っているのだろうと訝りながら昔自分の書いた本をパラパラめくってみるとそこには、 〈ナームドークマーイは、花蜜、花の雫、ぐらいの意味〉とありました。 あっちゃー。 もしかしてぼくの本が元凶? 思い出しました。 自分の文のようなふりをして人の文を丸写しした記事をネットに載せる人がけっこういるため、本を書くとき、引っかけてやろうと思い、わざとおかしな訳を添えたのでした。 それを誰かが記事に使い、コピーされまくったのかも。 もし本当にぼくが元凶なら申し訳ない。 そういえばこのほかにあちこちに仕掛けをしたような・・・。

次の

タイ産マンゴーのおすすめ品種1 ナンドクマイ

タイ マンゴー 切り 方

Contents• 〇マンゴーとは マンゴーは、ウルシ科マンゴー属の果樹です。 原産地は、インドからインドネシア半島周辺と推定されておりインドでは、4,000年前からマンゴーの栽培がおこなわれております。 今では、メキシコ・フィリピン・タイ・オーストラリア・台湾が主要な生産国となっております。 日本でもマンゴー生産はされており、沖縄県・宮崎県・鹿児島県・和歌山県・熊本県で栽培されております。 中でも宮崎県のマンゴーは、「太陽のタマゴ」と言うブランドを展開し東国原元知事により全国的に知られるようになりました。 マンゴーの品種は、現在500以上ありますが「アップルマンゴー」「キーツマンゴー」「ペリカンマンゴー」「タイマンゴー」「ミニマンゴー」「ピーチマンゴー」が主に栽培されており出荷量が多いマンゴーとなっております。 〇マンゴーの食べ方・切り方・食べごろ マンゴーを食べるに当たり「食べ方」「切り方」「食べごろ」を紹介します。 生だとマンゴーの美味しさが直に伝わりますので、日本産の高いマンゴーは、 生のままカットフルーツとして食べることをおススメします。 その他に「マンゴースムージー」「マンゴープリン」「マンゴーシャーベット」「マンゴージャム」「マンゴーアイスクリーム」などにしても美味しく頂けます。 ちなみに私がマンゴーを調理して食べる時は、「クックパッド」を参考にしています。 【クックパッド検索】• その他にも多数マンゴーレシピが掲載されているので、もし上記の他にも美味しいマンゴーの食べ方がありましたら紹介頂けると幸いです。 実の真ん中に大きな種が1個だけあるのですが、この種も平べったい形をしていて、その向きは実と同じ。 つまり実を安定した状態に置いたとき、種は水平になっています。 そのまま切ろうとすると種に包丁が当たってしまうので、 マンゴーを立てて種をよけるように切ります。 真ん中の部分に付いた果肉を削ぎ落とすと、 白くて大きな種が出てきます。 マンゴーの切り方は、画像付きで「」で説明しています。 また、造血作用のある「葉酸」も多く含まれているので、貧血予防や母乳の出をよくする効果もあります。 腸の働きを整える食物繊維も多く、便秘改善にも役立つでしょう。 ナトリウムの排出を促進するカリウムも比較的多く、高血圧や動脈硬化、脳梗塞や心筋梗塞予防にも作用します。 またがん予防にも期待が出来る食べ物となっています。 また「葉酸」も多く含まれるとのことなので出産前後の妊婦さんに喜ばれるフルーツと言えるでしょう。 そんなキーツマンゴーを食べたときの感想です! 結論から言うと・・・ 一般的なアップルマンゴーより、酸味を感じるものの 甘みが 強くマンゴーの風味も強く感じる マンゴーです。 しかし難点が1点「食べごろ」が分かりずらいことです。 食べごろの目安日が案内文に記載されているのですが、あくまでも目安であるので正確なモノではありません。 早熟で食べてしまうと、酸味が強くマンゴーの良さを全て消し去ることになってしまいます。 詳しくは「」に記載していますので、興味のある方は参考にして下さい。 〇【番外編】マンゴーツリーに行ってきました。

次の

マンゴーとマンゴスチンの切り方と食べ方

タイ マンゴー 切り 方

マンゴーの食べ方と品種 マンゴーを食べ方でわけると次のようになります。 完熟果のみを食べる品種 マハーチャノック、オックロン。 など 2. 青マンゴー(未完熟果)のみを食べる品種 ファーラン、バオ、など。 完熟果も青マンゴーも食べる品種 ナームドークマーイ、ケーオカミン、など ひょろっと長いの ころっとしたの 青マンゴーも色々ある これ、けっこう大切なことで、完熟食用のマンゴーを未完熟のうちに食べたり、完熟した未完熟食用のマンゴーを食べてもおいしくありません。 見分け方は簡単。 基本、色づいたマンゴーは完熟食用、緑色のまま売られているのは未完熟食用です。 酸っぱい青マンゴー、酸っぱくない青マンゴー さらに青マンゴーは、酸味の際立つ酸味マンゴー(マムアン プリアオ)と、酸味の柔らかな滋味マンゴー(マムアン マン)に大別できます。 この辺の区別はタイの人もよくわからないらしく、売り子に、 「これ、プリアオ、それともマン ?」 と訊いているところをよく見かけますが、ようするに超酸っぱければ酸味マンゴー、それほどでなければ滋味マンゴー。 この二つは食べ方が異なりますので買う際に気を付けなければなりません。 手軽に食べられるのは滋味マンゴー 酸味マンゴーはよほどの酸味マニアでない限りそのままかじったりはしません。 ナムプラーと砂糖からつくるねっとり甘いタレ、甘ナムウラー(ナムプラー ワーン)につけて頂くのが定番です。 甘ナムプラーはコンビニやスーパーで瓶詰めが簡単に手に入ります。 昔、ぼくたちは庭に落ちてきた隣の家の超酸っぱいマンゴーを砂糖を放り込んだだけのナムプラーにつけて食べてました。 これはこれでけっこううまかったです。 酸っぱあああい青マンゴーと甘ああああいタレ 酸味の弱い青マンゴー、滋味マンゴー(マムアン マン)は皮を剥いてそのまま普通の果物のように食べられます。 あるいはタイの人たちのように、砂糖、塩、唐辛子を混ぜたプリック クアをつけて食べるのも悪くありません。 剥き方は、まず外皮を剥き、ピーラーなどで薄くスライスするか、スティック状に切ります。 皮はけちらずなるべく厚めに剥いた方がおいしいです。 皮に栄養があるんだ!という方はご自由に。 食べ頃は自由自在青マンゴー 先日食べた滋味マンゴーは熟れ具合が絶妙。 先の方はほんのり酸っぱく、こりこり。 尻の方ははんなり甘く、むにゅむにゅ。 1個で色々な味が楽しめました。 マンゴーは枝にぶら下がっている方から甘くなる 青マンゴーはすぐに食べれば酸っぱいし、しばらく寝かせて食べれば甘味が出てくる、 という具合に、好みの段階で食べられるのが良いところです。 食べ頃の見分け方 基本、青マンゴーは硬ければかなり未完熟で、熟れるにつれ微妙に柔らかくなります。 ですから、食べ頃は軽く押してみたときの柔らかさで判断。 酸味派は硬めのものを、甘味派は柔らかさが出てきたものを頂く、ということになりますね。 あるいは、少し若めのものを買ってきて、1日~3日ほど常温に置いておき、頃合いを見計らって食べる方法も悪くありません。 すぐに食べるのか、どの程度の熟れ具合が好きなのか、などによって食べ頃は変わってきますので上記のことを参考に各自で判断してください。 品種は食べ比べて選ぶのみ 大きい品種は軽く1キロを超える 熟れ具合も大切ですが、それ以前に好みの品種を選ぶのも大切。 少しざらざらしたやつや、タクアンのようなしこしこした歯ごたえのあるやつ、滅茶苦茶酸っぱいやつ、甘いやつ。 色々食べ比べてみるのも楽しいですよ。 青マンゴーは完熟マンゴーより財布に優しいしね。 個人的には、歯ごたえがあり、酸味と甘味のバランスがよいペット バンラートをよく食べています。 近年はこれが滋味系青マンゴーの主力のようで手に入りやすい品種です。 酸味系であれば小さなマンゴーが鈴なりになったマムアン バオを甘いタレにつけて食べるのがタイ人の間では人気があります。 酸味の強い品種を好む人、甘めの品種を好む人、その中間を好む人。 好みは人それぞれですから、この辺は、食べ比べて選ぶしかありませんね。 何事も経験です。 どこで買えるの? スーパーでも売っていますが、普通は市場で買います。 市場などで山積みされているマンゴーを選ぶさいは、おばさんにわからないようにこっそり押してみること。 でないと叱られます。 マンゴーはキロ売りで、1キロだいたい3個から4個。 選んだものを差し出せば計って値段を決めてくれます。 けっこうアバウト(笑)ですが、気にしないように。 値段は市場の方が安いです。 熟れ具合のチェックに関しては、スーパーの方が気兼ねなく行えます。 ただ、多くの人が触りまくっている可能性があるし全体に高いですけどね。 冷蔵庫に入れた方がいいの? 買ってきたマンゴーがすでに食べ頃であった場合、常温に放置しておくとどんどん熟れてしまうので、すぐ冷蔵庫に入れて追熟を止めます。 一般に青マンゴーは熟し過ぎるとおいしくありません。 まだ食べ頃でなかった場合は数日様子を見て、食べ頃の少し手前で冷蔵庫へ入れると長持ちします。 すぐに食べない場合にお勧めの方法です。 食べ頃でない硬いマンゴーを冷蔵庫に入れてしまうと、長持ちはしますがそのときの熟れ具合のままで、徐々に萎びていきます。 では、完熟マンゴーとは違った青マンゴーの魅力をぜひ味わってくださいませませ。

次の