広告 で ゴミ箱 の 作り方。 【新聞紙やチラシで作るゴミ箱】の作り方♪生ゴミや食卓のゴミ入れに活用しよう

チラシゴミ箱の折り方と活用法|台形/正方形/長方形

広告 で ゴミ箱 の 作り方

洗った水筒やペットボトルなどもここに立てて乾かせておけるので、とても便利な商品で、私も重宝しています。 私は、生ゴミ用と、水筒用と、用途で使い分けたいので2つ持っています。 水筒用はtowerの商品ですが、生ゴミ用は100均の似たような商品を使っています。 でも、やはりtowerの商品の方が、しっかり重みがあり、安定感も抜群で気に入っています。 100均の商品は軽く、残念ながら水筒の重みには耐えきれません。 話が少しずれてしまいましたが、その生ゴミ用にビニール袋を使うのが毎回毎回もったいないなと感じていたので、新聞紙(広告紙)で作ったゴミ入れを使ってみました。 すると、とても良かったのでご紹介したいと思います。 輪になっている方を、真ん中の折り目に向かって折ります。 こんな感じです。 次に手前の1枚だけを、上に半分に折ります。 さらにもう1回、上に向かって折ります。 裏返して、 真ん中の線に向かって折ります。 できました。 次は、このように下部分を上に向かって折ります。 (この工程はなくても大丈夫ですが、折り目をつけた方が、綺麗に仕上がります。 ) 折り目をつけたら、内側に入れ込みます。 上から見たら、このような感じです。 ですから、時間のある時にまとめてたくさん作っています。 でも、このままだと収納しづらい形なので、私はここからさらに、 半分に折り、 それをまた横に半分に折ります。 すると正方形になるので、 それを、このような感じに紙袋に入れて収納し、使いたい時に取り出しています。 テーブルに、使ったティッシュをじかに置くと不衛生ですしね。 その他にも、子ども達の工作中にこれを置いておくと、ハサミで切った紙の切れ端や、ちょっとしたゴミなどもすぐに捨てられるので、机の上が散らからずに済んでオススメです。 新聞紙なのでエコですし、惜しみなく捨てられるのも利点です。 今は、ビニール袋もお金を払って買わなければならないですし、プラスチック削減のためにも良いと思います。

次の

折り紙の「箱(ゴミ箱)」の簡単な作り方

広告 で ゴミ箱 の 作り方

たくさんの反響が得られたのは、どちらのチラシでしょうか? 答えは「B」です。 どちらのチラシも同じ学習塾で、新聞や地域情報誌の折込み媒体をつかいましたが、 Bのチラシの方が、10倍以上のレスポンスが得られました。 (問合せのお電話が10倍!) ちなみに、チラシBはイラストレーターを使わず、私がワードでサクっと作ったチラシです。 見た目のデザインは、お世辞にもよいとは言えませんが、なぜ、これほどの差がでたのか? 今回は、この事例をもとに、反応の良いチラシの作るための方法をお伝えします。 目次 ・事前準備 1. ・コピーライティング 6. ・デザイン 11. ・見直し 15. チラシに対する考え方を変えよう! チラシは読まれると思っていませんか? もし、そう思われているのであれば、 制作うんぬんの前に考え方を変えなければなりません。 広告界の巨匠、マックスウェル・サックハイムは以下の格言を残しました。 「お客さまは、あなたの広告を読まない」 「お客さまは、あなたの広告を信じない」 「お客さまは、あなたの広告を読んでも行動しない(買わない)」 つまり、 チラシは、お客さまにとって「読むのが面倒な紙切れ」でしかないということ。 まず、この考え方を持つことが何よりも大切。 そして、 「どうすれば、お客さまにチラシを読んでもらえるか?」、 という意識を強く持つことが、反応の良いチラシを作るうえで欠かせない心構えです。 ターゲットと切り口は正しいですか? チラシを書きはじめる前に、やるべきことがあります。 それは、「誰に、何を言うのか?」を決定すること。 つまり、「どんなターゲットに、どんな切り口で商品を伝えるか?」ということですが、 ターゲットと切り口の設定がズレていると、どんなチラシも反応は得られません。 これは、 「ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基本」です。 ターゲットと切り口の設定について深く学びたい方は、以下の記事をご参照ください。 ・ ・ 3. 配布先、配布時期、配布エリアなどは適切ですか? どれだけ優れたチラシでも、適切にプロモーションせねば反応は得られません。 チラシを配布する場合は、ぜひ、以下4つのポイントにご注意ください。 【1】配布エリアは適切か? あなたのサービスが地域密着型ならば、エリアを拡大してチラシを配布する必要はありません。 広告費がムダになるだけです。 もし、地域密着型のサービスであれば、配布エリアを絞り込み、そのエリアのお客さまのためだけにチラシを作成したほうが、反応はよくなります。 【2】配布時期は適切か? あなたのサービスが最も必要とされる時期はいつになりますか?また、新聞に折り込むのであれば、何曜日が一番良いでしょうか?この質問に即答できなければ、目の前にあるチャンスを逃しています。 チラシを配布するたびに、かならず、配布日時とレスポンスを記録しておきましょう。 【3】適切なターゲットにアプローチできるか? 若者向けのサービスであれば、新聞よりもフリーペーパーの方が適切なターゲットにアプローチできます。 高齢者にアプローチしようと思えば、新聞の方が有効です。 このように、媒体によって、アプローチできるターゲットは異なります。 【4】到達率は高いか? 到達率とは、 「実際にチラシがどれくらいの人に見られたか」を示す割合のこと。 有料購読の新聞やカタログであれば、お客さまが同封されたチラシを見る機会も増えるでしょう。 しかし、頼んでもいないチラシがポスティングされた場合、お客さまの多くがチラシをゴミ箱へ捨ててしまいます。 到達率が低い媒体の場合、キャッチコピーの役割は、より重要となります。 また、「チラシを手書きにする」「グラバーを付ける」など、 「思わずチラシに注目してしまう仕掛け」を考えねばなりません。 詳細は、以下の記事をご参照ください。 ・ 4. チラシに載せるべき内容を知っていますか? 「チラシで何を書いたらいいかわからない!」と、悩む方はたくさんいらっしゃいますが、 チラシに掲載する情報は、大きく分けて以下の通りです。 【1】キャッチコピー キャッチコピーの役割は、 お客さまの注意を一瞬にして掴むこと。 お客さまが無視できない情報を、できるかぎり大きく表示します。 【2】リードコピー リードコピーの役割は、キャッチコピーで注意を掴んだ お客さまの興味を膨らませること。 このチラシを読むと、「お客さまにとって、どれだけ良いことがあるのか?」「どれだけ、有益な情報が得られるのか?」などを簡潔に語ります。 【3】ボディコピー チラシを読み進めるお客さまを説得するパートです。 商品のメリットや優位性、その証拠、お客さまがあなたの商品に申込まなければならない理由などを、あますことなく伝えます。 【4】オファー オファーとは、 お客さまへ提供できる「お得な約束」のこと。 たとえば、無料体験、割引、特典、プレゼント、返金保証、サポートなどがあります。 【5】レスポンスデバイス 電話番号やハガキ、FAX申込みなど、問合せ先(申込み先)です。 どうすれば即ゴミ箱行きを防げるのか? チラシ作りでもっとも注意すべきことは、なんでしょうか? それは、チラシがゴミ箱行きになるかどうか、 お客さまは、「1秒以内」に判断してしまうこと。 では、ゴミ箱行きをどうやって防げばよいのか? その秘訣は、ファーストインパクトで「なにこれ?」と思わせること。 ファーストインパクトは、「キャッチコピー」と「チラシの見た目」で決まります。 キャッチコピーで、 お客さまが無視できない情報や、お客さまにとって有益な情報を簡潔に伝えなければ、どれだけ時間をかけて作ったチラシでも、一瞬でゴミ箱に放り込まれてしまいます。 赤丸で囲まれた部分が、キャッチコピーです また、今回のチラシでは、競合塾の多くが横書きのチラシだったので、 チラシの見た目でインパクトをもたせるために、縦書きのチラシを採用しました。 お客さまが無視できないキャッチコピーとは? お客さまの注意を一瞬で掴めるキャッチコピーとは、どのようなものか? それは、以下3つの要素を満たしたキャッチコピーになります。 【1】「ベネフィット」を伝える お客さまは、自分にとって有益な情報があるかどうかを知るためだけに、チラシへ目を通します。 つまり、お客さまにとって、どんなベネフィットがあるのかを真っ先に伝えなければ、お客さまはチラシを読み進めることなくゴミ箱に投げ入れます。 赤枠内には、どのような情報を記載すべきか? チラシ本文には、最低でも以下5つの情報を盛り込むべきです。 【1】他ではなく、あなたの商品を選ばなければならない理由 これだけたくさんの商品やサービスがあふれかえる今、お客さまは「正しい選択をしたい!」と思っています。 つまり、あなたの商品を選ぶことが、お客さまにとってもっとも賢い選択である理由や根拠を伝え、他社では手に入らないベネフィットを伝えなければなりません。 【2】あなたの商品やサービスが信頼できる証拠 どれだけ売り手が「うちのサービスは最高ですよ!」と伝えても、それは、お客さまにとって、耳の痛いセールストークにすぎません。 あなたの商品やサービスが信頼できることを伝えるには、 お客さまの声、実績、権威ある人や著名人の推薦文など、客観的なデータを見せる方法が何よりも有効です。 【3】お客さまが抱えそうな疑問には、すべて答えをだしておく チラシでは、お客さまが知りたいと思う内容について、すべて回答しておく必要があります。 なぜなら、少しでも疑問が残ったために、不安な気持ちが膨らみ、問合せを躊躇するお客さまもいらっしゃるからです。 【4】お客さまの不安やリスクを解消するオファー 誰もが買い物で失敗したくありません。 そして、この失敗したくない気持ちが、お客さまの購入をためらわせます。 お客さまの背中をひと押しするためにも、 返金保証、メールサポート、お試し、無料体験、無料相談などのオファーを用意しましょう。 【5】いますぐ、問合せ(申込)しなければならない理由 チラシに興味を持ったものの、「後で電話してみるか。 」と思ったお客さまのほとんどが、その後アクションすることはありません。 チラシで使える「コピーライティング術」 反応の高いチラシを作るには、 文学センスや優れた国語力は必要ありません。 必要なのは、「お客さまの欲しい気持ちに火を付けるコピーライティング術」です。 ここでは、すぐに使えるコピーライティング術を9個ご紹介します。 【1】ベネフィットを語る お客さまが求めているのは、 あなたの商品でもなければ、あなたの商品の特徴やメリットでもありません。 お客さまは、ベネフィット(商品を使うことで手に入る嬉しい体験)を求めています。 【2】お客さまの感情を刺激する マーケティングには、 「人は感情で行動する」といった常識があります。 あなたの商品が、お客さまの悩みを解消し、欲求を満たすことを語り、読み手の感情を刺激しなければなりません。 【3】読み手と共感する あなたのことをよく理解してくれている人と、あなたのことを理解していない人。 あなたが好感を持ち、信用したくなる人はどちらでしょうか?チラシの文章では、 あなたが読み手のことを深く理解していることを語り、読み手から共感を得なければなりません。 【4】ただの自慢話で終わらない チラシの主役は、商品でも、販売者でもありません。 主役はお客さまです。 もし、自慢したい話があるのなら、 それが、お客さまにとってどんなベネフィットになるかを説明しましょう。 【5】小見出しで注意を掴む 小見出しには2つのメリットがあります。 1つ目のメリットは、文章を読みやすくすること。 2つ目は、流し読みするお客さまの注意をつかみとることです。 もし、小見出しが魅力的であれば、流し読みするお客さまをチラシ本文へ誘導できます。 【6】難しい言葉は使わない 「難しい」「よくわかんない」と思った瞬間、お客さまはチラシを読むのをやめてしまいます。 チラシに記載する内容は、誰でもわかる表現を心がけましょう。 もし、どうしても難しい話を伝えなければならないのであれば、 「たとえ話」や「ストーリー」、「図解」を使うことをおすすめします。 【7】ひとつの文章を、もっと短く! 歯切れよくサクサク読める文章でなければ、読み手は疲れてしまい、チラシを読むのをやめてしまいます。 もし、ひとつの文章が数行にわたってしまったら、その文章を、いくつかに分割して短い文章にできないかを考えてみてください。 そうすれば、読みやすさは抜群にアップします。 【8】意味の分からない文章に注意 どれだけわかりやすく書いたつもりでも、読み手からすれば意味がわからない文章になることはよくあります。 ご家族やご友人など、関係者以外の人にチラシを読んでもらい、意味がわからなかったパートを指摘してもらいましょう。 【9】数字や比較を使い、具体的に表現する 数字や比較を使った具体的な表現は、説得力を高めます。 たとえば、 「とても大きな国!」と 「日本の10 倍大きい国」、 「毎日たくさん売れている!」と「10秒に1個売れている!」では、どちらがイメージしやすいでしょうか?もし、具体的な表現ができるパートがあれば、すべて言い換えましょう。 わかりやすく、反応しやすい問合せ先ですか? 電話番号などの問合せ先(申込先)の表示ですが、注意点が5つあります。 【1】問合せ先は、わかりやすい場所へ大きく表示すること 問合せ先は、チラシを読み興味をもったお客さまが「すぐに見つけられる場所」に配置すべきです。 なぜなら、「連絡先がよくわからない」というささいな理由で、問合せをやめてしまう方もいらっしゃるからです。 通販会社のチラシやホームページのように、電話番号などの問い合わせ先は、わかりやすい場所に大きく、目立つように表示しましょう。 問合せ方法は、1種類よりも2種類 【5】「くわしくはホームページで!」という問合せ先は最悪 時々、URLだけを掲載しているチラシを見ますが、あれは本当によくありません。 お客さまは、そこまで、あなたのために時間と手間を割いてくれません。 伝えるべきことはチラシでしっかりと伝え、読んだ後すぐに電話したくなるようなチラシが、反応の高いチラシです。 チラシの表面と裏面、それぞれの役割を知っていますか? もし、両面刷りのチラシを作るのであれば、以下の点にご注意ください。 【1】表面だけでも、購入を決断できるだけの情報を記載 お客さま全員が、裏面までじっくりとチラシを読む時間があるわけではありません。 お客さまによっては、表面の案内だけでレスポンスすることもあります。 よって、表面だけでも、お客さまが商品の購入を決断できるだけの情報と、問合せ先やオファーを表面に記載しておくべきです。 表面で伝えられなかった情報を裏面で伝えます 11. わざわざ、読み難いデザインにしていませんか? プロならば、デザインにこだわるのは良いことです。 しかし、素人がデザインにこだわると、 逆にチラシが読み難くなってしまう場合があります。 ここでは、そうならないためのポイントをご紹介しましょう。 オグルビーは著書の中で、 広告のデザインは何よりも、読みやすさを重視すべきとおっしゃいました。 デザインに迷った場合は「KISS」を思い出し、シンプルで読みやすいアイディアを採用しましょう。 【2】奇をてらったフォントは読み難いだけ フォントは、読者が普段から見慣れているものを使うこと。 紙媒体であれば、書籍、雑誌、新聞などで使われているテキストと同じフォント(明朝体やゴシック体)を推奨します。 ただし、手書きフォント関しては、読み手の注目度が高まるのでキャッチコピーや小見出しなどで活用できます。 【3】アイフローを意識して情報を配置する チラシのレイアウトは、「お客さまの目の動き=アイフロー」を想定して決める必要があります。 縦書きの広告であれば「N型」のアイフローを、横書きの広告であれば「Z型」のアイフローを意識してください。 白抜き文字は、読みにくくなります 12. レスポンスを高める画像とは? 写真やイラストはチラシのスペースを大きくとってしまいます。 なので、写真やイラストを載せるならば、 以下の点に注意してレスポンスを高める素材に厳選すべきです。 【1】イラストよりも写真がオススメ! イラストよりも、写真のほうが伝える情報に信憑性をもたらせますから、読者の注意を惹く上で効果的です。 例外として、漫画形式で、商品やサービスを説明する場合、イラストはとても効果的です。 【2】シズル感の高い写真を使う シズル感の高い写真は、キャッチコピーと同じようにお客さまの注意を一瞬で掴めます。 シズル感の高い写真とは何か?それは、 「閲覧者の欲求が、激しくかきたてられる写真」とお考えください。 たとえば、焼き肉であれば、お皿に盛られた肉ではなく、肉汁があふれだす焼きたての肉か、今まさに口元に運ばれているシーンの写真となります。 【3】写真を証拠として使う 「百聞は一見に如かず」ということわざが意味するよう、 どれだけ優れた論証よりも、たった一枚の証拠写真の方が、人々を説得できます。 もし、あなたが、効果効能をベネフィットとする商品やサービスを扱っているならば、その劇的な効果が、目で見てすぐに分かる写真を用意してください。 また、塾や英会話、治療院など、人を集めるビジネスの場合、たくさんの受講生が通っている事がわかる写真も 「そのサービスが信用できる証拠」として使えます。 【4】人の顔写真を使う 人の顔の写真を入れることは、多くの場合、効果的です。 なぜなら、人の顔は目に止まりやすいからです。 しかし、人の顔写真を使う場合は、以下のどれかにあてはまる必要があります。 なぜなら、販売側の顔出しは、「自信があるから顔をだせる!」といった心理効果を生み、商品やサービスの信用力アップにつながるからです。 【5】キャプションを付ける キャプションとは、写真の下に入れるテキストのこと。 キャプションがある画像は、読者の注目を得た後、すかさずメッセージを伝えられる「コミュニケーション装置」になります。 なぜなら、人は、画像を見た後、その下にあるテキストを読んでしまう習性があるからです。 つまり、キャプションで、あなたの商品の魅力を伝える文章があれば、画像に注目した人のほとんどに、商品の良さを訴求できます。 また、キャプションに気になる言葉が書いてあれば、画像に注目した人のほとんどが、そのチラシを読んでみようと思います。 【左】文字と文章が被ったダメな例、【右】文字と文章を分けた例 13. 見た目ではなく「内容の濃さ」を重視 見た目で目立つことは、お客さまをチラシに注目させるうえで大切ですが、 それはキャッチコピーの役割とお考えください。 ボディコピーでは、チラシを読みはじめたお客さまへ、 あなたの商品やサービスがいかに優れているかを、余すことなく伝える必要があります。 「読みやすくする工夫」をしていますか? チラシでは、伝えるべき情報をあますことなく記載せねばなりません。 とはいえ、あまりに文章ギッシリのチラシだと、お客さまは読む気が失せてしまいます。 しかし、以下の「読みやすくする工夫」をほどこせば、 文章量が多くなっても、お客さまにとって読みやすいチラシを作れます。 【1】小見出しをつける 全体の文字数が多くなる場合は、文章を分割し小見出しを付けて、全体を「小さなセクション」に分けましょう。 【左】枠を活用していない例、【右】枠を活用した例 15. チラシの反応を高めるチェックリスト チラシを作ったあと、即印刷してはなりません。 まずは、完成したチラシを2日間ほど放置しましょう。 そして、以下のチェックリストを参考に、チラシを見直してください。 反響の高いチラシを完成させるために、 どこをどのように改善すべきかがわかります。 また、スーパーや家電、アパレル、賃貸物件、 飲食デリバリーなど、複数の商品を一度にお伝えするチラシの作り方ではありません。 単品通販、塾や習いごと、治療院、美容院、士業、セミナー、コンサルティング、不用品買取、興信所など、1つの商品、または、1つのサービスを紹介するチラシの作り方です。 チラシ作りというと、いまだ、多くの方が「見た目」や「デザイン」、「イメージ」を重視しがちですが、チラシは制作者や会社のセンスを表現する芸術作品ではありません。 チラシの一番の目的は、お客さまから 1件でも多くの反響を得ること。 つまり、チラシは、印刷された優秀な営業マンでなければなりません。 今回お伝えしたのは、そのために必要な 「効果実証済みのテクニック」です。 ぜひ、業者任せにせず、今回のテクニックを使って「売れるチラシ」を作ってみませんか? 売れるチラシを作るのに必要なことは、イラストレーターやフォトショップを使いこなすスキルではなく、「レスポンスをだす方法」を、どれだけ使いこなせるかです。

次の

新聞紙やチラシを使ったゴミ箱の作り方・折り方!用途別で簡単に作れる!

広告 で ゴミ箱 の 作り方

この折り方が一番おすすめの折り方です。 ごみ箱というより、クズ入れ箱といった規模ですね。 取っ手付きのゴミ箱に出来上がるので、移動したり、向きを変えたりするときなど、取り扱いに便利なんですよね。 このチラシのゴミ箱は、我が家では一気に大量に作って、広げる一歩前の畳んだ状態のものをストックしています。 リビングの机の上に一つ置いておくと、いざというときに便利なんですよね。 リビングにある机に置くのであれな、広告チラシの大きさから作っていくのであれば、ちょうどいい大きさのゴミ箱になると思います。 リビングではなく、普通のお部屋にある机には、A4用紙で作ったゴミ箱がちょうどいいと思います。 A4サイズから作ると出来上がった完成品は手の平サイズくらいの大きさに仕上がります。 どのくらいのゴミが出るか、あらかじめ分かっているのであれば、そのゴミに応じた大きさの用紙で作ってもいいですね。 まあ『不要な』広告チラシで作るゴミ箱であることがミソなので、どうしても大きさにこだわるなら、チラシ広告をA4くらいの大きさにカットして作る、といった対応をしてみてください。 さて、ご紹介したのは取っ手付きのゴミ箱ですが、取っ手無しのバージョンもありますので、以下の動画にてご紹介します。 基本的に折り方は一緒で、最後の工程で少し手を加えて取っ手となる部分を、仕舞い込むように折りこみます。 個人的には、取っ手があった方が便利でいいと思いますが、この辺はお好みなので、綺麗な箱型になるゴミ箱がいいのであれば、こっちの折り方を参考にしてください。 この折り方で作るゴミ箱なのですが、完成したゴミ箱は底が浅目のものになってしまいます。 底が深めのものや、もっと大きめのゴミや紙くずなどが出る場合や、水分が多く含んだゴミが出るのであれば、後にご紹介する特集記事の新聞紙を使ったゴミ箱入れがおススメです。 チラシ ゴミ箱 長方形 折り方 便利トレイ作り方 最後にご紹介するのは、長方形タイプのゴミ箱なんですが、ゴミ箱というかチラシ用紙を使った簡易トレイの作り方・折り方になります。 今回ご紹介するゴミ箱・ゴミ袋に比べると、折り込み手順も多く、少し難しくなります。 スポンサーリンク ゴミ箱というばかりでなく、トレイとしても使えるので、利用方法の幅も広いのではないでしょうか? 動画でもご紹介しているように、折り畳みが容易で綺麗な形でしまえるので、場所もとらずにたくさん保管しておけます。 チラシを使ったゴミ箱とはえいえ、グレードの高い造りになるので、手作り工作の感覚で作ってみてもいいと思います。 この長方形のチラシごみ箱は、作っていても楽しいので、正方形タイプと一緒に子どもやお年寄りの手先の運動も兼ねて、一緒に遊びで作ってみてはどうでしょう。 チラシ ゴミ袋 折り方 丈夫な作り方 次にご紹介するのが、チラシ用紙を使ったゴミ袋の作り方・折り方です。 箱型ではなく袋型タイプです。 チラシで折る便利袋・クズ袋といったところでしょうか。 底が深いタイプのゴミ箱は、新聞紙を使ったゴミ箱作りでご紹介していますので、底の深い正方形タイプのゴミ箱を作りたいのであれば、以下にご紹介する特集記事を参考にしてみてください。 チラシ広告用紙にも色んなタイプのものがあり、中には厚めのしっかりした用紙もあります・・・とくに値段の高い商品(高層マンションや高級車など)の広告チラシは高級感を出すために厚手のものが使われてますよね。 実際に厚手の広告用紙で作ってみたのですが、上部の縁の折り込みをしていくのに、ちょっとしんどかったですね・・・丈夫なゴミ袋にはなるんですけどね。 丈夫なゴミ箱を作るのか、丸めてコンパクトに捨てやすいゴミ箱を作るのか・・・この辺も、用途に応じて、柔らかめのチラシ・硬めのチラシといった紙質も考えて作ってみてくださいね。 大きいゴミ箱が欲しければ、新聞紙で作ってみてもいいですね。 チラシ広告を使ったゴミ箱のほかにも、新聞紙を使ったゴミ袋(生ごみや水分の多いごみ処理などにおススメ)の作り方も特集記事としてまとめていますので、そちらの方も参考にしてみてくださいね。 今回ご紹介した折り方よりも、もっと簡単に作れる折り方など、色々まとめています。 チラシで作るゴミ箱の折り方も、いろいろとありますね。 これは本当に便利なんですよね。 使い勝手もよく、折りたたんでたくさん保管できるのも大きなメリットとしてあげられます。 すでに述べましたが、ウチでは畳んだ状態のチラシゴミ箱を大量にストックしています! チラシ広告を使ったゴミ箱・ごみ袋は、コンパクトに仕上がりますし、紙質もいい物が使われているので、けっこう丈夫で素敵なものが出来上がるんですよね。 色んなタイプのものを作っておいて、用途に応じて取り出して使ってみてくださいね! Your Message メールアドレスが公開されることはありません。

次の