19 アンタレス。 巻き物専用に使いたい19アンタレスと、期待が膨らむ20メタニウム

19アンタレス【速攻インプレ】僕は買わない

19 アンタレス

僕の場合はすでに決まっていて、HG(ハイギア)モデルを巻き物用に使おうと思っています。 それはなぜか? 19アンタレスを撃ち物に使ってはいけない すでに購入している人たちで以外に多いのが「メタルボディの剛性感と、MGLスプール3の立ち上がりを生かして撃ち物(フロッグ含む)に使う」という声。 撃ち物用リールに欲しいスペック• 自重の軽さ ロッドが重いからといって重いリールでバランスを取るのは無意味。 軽ければ軽いほどベター。 高ギア比 巻き取りスピードは早ければ早いほどベター。 高レスポンス スプールの立ち上がりも早ければ早いほどベター。 以上です。 剛性? バスワンでも十分ですよ、そんなもん。 で、結局は これらをいい塩梅で煮詰めたリールが理想的なリールだと思います。 スポンサーリンク どうせ20メタニウム出るんでしょう? 散々書きましたが、 最大の理由はこれ。 19アンタレスよりも撃ち物への適正(つまり軽さと速さ)を追求したNEW メタニウムの登場がすでに秒読みの段階に入っているということです。 もうわざわざ言うまでもないことですが、 次のメタニウムには今回19アンタレスに搭載された機構が間違いなく引き継がれます。 モデルチェンジ周期からして、2020年。 20メタニウムが従来のラインナップ(NG、HG、XG)で発表されるなら、撃ち物用タックルのレギュラーの座は、どう考えてもメタニウムに譲る格好となります。 そういう意味では、 19アンタレスは巻き物専用の不動のレギュラーとして長く愛用するのが正しい使い方と言えるんじゃないでしょーか。

次の

【正直インプレ】シマノ19アンタレスの悪い所・良い所

19 アンタレス

閉じる• マグナムライトスプール スリー 低慣性化を徹底追求した超薄肉スプール。 水面を這うがごとく、意のままに狙い撃つ。 スプールのさらなる薄肉化に挑み、耐久性を損ねることなく、従来を上回る低慣性化を実現しました。 遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブルレス性能の大幅な向上を実現しています。 2 5. 2 5. 4 5. 4 5. 左右非対称のコンパクトボディは、とにかくフォルムがカッコいい。 ボディが銀ピカなところはいかにもアンタレスらしいんだけど、今までのものとはまた違う気品を感じるよね。 そして、実際に投げてみて…感動しました。 最後の伸びが凄くて、失速感なく狙ったところまでルアーが到達する。 そのキャスタビリティの高さにビックリしました。 僕の中で、こんな感動を受けたリールって今までにないくらい、強烈なインパクト。 魚釣りするよりも、ずっとルアーを投げていたいと思うくらいヤバイです(笑)。 キャスティングゲームを幅広くカバーできる 第一印象はサイズがコンパクトになって、中身が詰まっているというか、全体がグッと凝縮された感じがしました。 小さいけれど、がっしりとしているイメージですね。 デザインもシャープでスタイリッシュになりましたよね。 フィールドで使ってみると、従来よりも軽いルアーを扱え、かなり軽い力で投げることができるので驚きました。 7gくらいのルアーだと普通のリールでは投げづらいのですが、12g、14gとウェイトが上がっていくとベイトフィネスリールでは難しい。 ウェイト的に中心となるこれらのルアーをすべてカバーできるNEWアンタレスは、キャスティングゲームのメインリールとして活躍してくれると思います。 薄肉化の限界に挑み、耐久性を犠牲にすることなく低慣性化を実現。 スプールのさらなる薄肉化に挑み、耐久性を損ねることなく大幅な低慣性化を実現している。 従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、さらなる飛距離の伸び、そしてトラブルレス性能の大幅な向上を実現している。 ベアリングの内外径や軸受外径にOリングを入れることにより、シャフトやフレームとの密着度を高めてガタつきを低減。 スプールの回転ロスを排除し、高い静穏性と滑らかな回転フィーリングを得られるサイレントチューン。 スプール自体のブレや回転部のガタつきといった各所の振動を徹底的に抑え込むことで、回転ロスの排除、静穏性の向上、爽快なキャストフィールを実現。 なぜ、これほどまでにシマノがスプールの低慣性化にこだわるのか。 それは低慣性化がもたらすメリットが、ベイトリールにとって極めて大きなものだからだ。 低慣性のスプールは「回転の立ち上がり」が速く、「より軽い力」で、「より低弾道」で、「より軽いルアー」をキャストしやすくなる。 また、慣性が低いとスプールの「回転スピード」を変えやすく、キャスト後のルアーの失速に合わせて回転数が反応良く下がっていくので、バックラッシュを起こしにくい。 反対に、慣性の高いスプールはルアーが失速して放出されるラインの量が減っても勢い良く回り続け、バックラッシュを誘発しやすい。 そのため、ブレーキでの制御が必要になり、飛距離が伸びにくくなってしまうのだ。 水面を這うがごとく、意のままに狙い撃つ。 スプールのさらなる薄肉化に挑み、耐久性を損ねることなく、従来を上回る低慣性化を実現しました。 遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブルレス性能の大幅な向上を実現しています。 従来ギアとの振動比較においても振動レベルは半分以下(当社比)、またかみ合う歯数が増えたことにより従来ギアを凌ぐ強度も確保。 滑らかなフィーリングと強さを両立したシマノ独自のギアシステムです。 従来ギアとの振動比較においても振動レベルは半分以下(当社比)、またかみ合う歯数が増えたことにより従来ギアを凌ぐ強度も確保。 滑らかなフィーリングと強さを両立したシマノ独自のギアシステムです。

次の

19アンタレス!HGモデルを発売日に入手しました【シマノ】

19 アンタレス

釣り場で自分を見かけたら、是非自分のタックルで試投してみてください!! 関東のバサー歓喜!? のサイズ感 まず、見た目の大きなところでサイズ感がかなり変わっております。 12アンタレスの用途としては、 近距離で小型〜中型ビッグベイトを扱う釣りに使用していました。 ナロースプールの違和感!? シマノのMGLスプールも第3世代になり、 従来よりもさらに低慣性化を達成しているそう。 この第3世代のMGLスプールがアンタレスで 初搭載。 さらに、アンタレスには 通常のスプールよりもナローなものが採用されて「立ち上がり」と「伸び」が向上した上で、トラブルレスに! でも…フィッシングショーでみた時ちょっとこのナロースプールに違和感があったんです。 それは低慣性化がもたらすメリットが、ベイトリールにとって極めて大きなものだからだ。 低慣性のスプールは「回転の立ち上がり」が速く、「より軽い力」で、「より低弾道」で、「より軽いルアー」をキャストしやすくなる。 また、慣性が低いとスプールの「回転スピード」を変えやすく、キャスト後のルアーの失速に合わせて回転数が反応良く下がっていくので、バックラッシュを起こしにくい。 反対に、慣性の高いスプールはルアーが失速して放出されるラインの量が減っても勢い良く回り続け、バックラッシュを誘発しやすい。 そのため、ブレーキでの制御が必要になり、飛距離が伸びにくくなってしまうのだ。 低慣性化はスプール回転のレスポンス向上をもたらし、より軽い力でキャストすることができる。 そのメリットはショートレンジのキャストにおいては特に効果的。 水面を這うような低弾道キャストや、スキッピングなどのテクニカルなキャストも決まりやすく、より緻密なコントロールが可能になる。 今までの感覚で投げると、あまりにも低弾道で飛んでいくので逆に着水点が手前になってしまいました(苦笑 低い弾道で投げようとせずとも、リールの性能のおかげで勝手に低弾道になるという… これぞ、圧倒的!! 立ち上がりの良さと、そのまま減速せずにどこまでも糸がスムーズにスルスル出る感覚 うんちくとかどうでもいいから兎に角使ってみれば分かります!!! サイドプレートを開けるとブレーキはバンタムMGLと同じく4つのブレーキシューが。 自分は1つだけ非稼動にして使ってみました。 あまりにもスムーズに糸が出て行くので、はじめのうちは慣れずに何度かバックラッシュしかけましたが軽傷で済みました。 ブレーキ弱めだと糸がフカフカになってしまっていたのでブレーキはちょい強めに設定してみました。

次の