車 は あくまでも 歌詞。 ドナドナ

スピッツ「青い車」ガチ考察!意味は?草野マサムネ!本当に心中の歌?

車 は あくまでも 歌詞

1994年にリリースされた9枚目のシングル「青い車」について書きたい。 スポンサーリンク よくこの歌は「心中の歌」であると言われている。 今回は、フレーズひとつひとつを検証することで、この歌詞に隠された「意味」を検証していきたいと思う。 一番のAメロ・Bメロの歌詞について 冒頭のフレーズ郡で「僕の手が君の首筋に咬みつく」という部分が出てくるが、これは首を締めている描写ではないかという指摘。 ここで気になるのは冷えたという言葉のかかり方である。 死んだ君の首が冷えるならわかるのだが、この歌詞では、冷えているのは僕の手とある。 もし殺しをしたならば、それくらい血の気が冷えていると言えなくもないけど、微妙な線である。 さらに続くフレーズでは、「永遠に続く掟」と出てくる。 このフレーズは、この世で生きていくシガラミみたいなことを指していて、この世には見切りを付けてあの世に行こうよ、と言っているように聞こえる。 「シャツを着替えて」なんて爽やかな言葉でまとめているが、要は今の身体を捨てて魂だけになってあの世に行こうよ、と歌っているのではないか、とも取れる。 シャツ=現世の肉体で、それを着替えて魂だけになっちゃおうよ、みたいな。 でも、どうにも腑に落ちない。 「君の首筋に咬みつく」というのは、首を絞めている比喩とも言えるが、犬が戯れるような感じで、かるーく君の首にかみついただけのような場面に見えなくもない。 また、「掟」というのはスピッツの歌詞においてはセックスを意味していることがよくある。 それを考慮してみると、マンネリ化するカップルの営みに飽きてしまったことを「永遠に続く掟」と表現しているだけかもしれない。 実際、掟と永遠を「ような」という言葉で結んでいるということは、掟自体は永遠に続くものではないとも取れる。 本当に永遠に続く掟なら「ような」と言わずに、永遠の掟と言わなければならないはずだ。 そしてもし、掟が夜の営みだとしたら、シャツを着替えて出かけよう、というフレーズは文字通りの意味に受け取れてしまうから、面白い。 一番のサビについて 海という言葉が出てくるが、これは草野の詞において、もっとも死を連想される言葉である。 これは他のスピッツの歌詞考察でも散々言ってることなので、ぜひ参照してほしい。 さて、この歌のサビではのっけから、そんな海に行こうとしている。 やはり、これは心中の歌ではないか。 そう言いたくなってしまう。 さて、この歌では、そんな海に何かを置いてきたといっているのだが、何をおいてきたのかはここではわからない。 この段階ではスルーしよう。 ただし、海に事前に「置いてきている」わけだから、この二人 あるいは僕一人かもしれないが は海に一度やってきている可能性が高い。 つまり、この海は死んでからでないといけない場所ではない可能性が高い。 確かにサビの末尾に出てくる「もう何も恐れないよ」というフレーズは、死への覚悟のような言葉に聞こえる。 でも、海というのは怖い何かの象徴で、一度僕はそれに触れようとしたけど怖くなって逃げてしまった。 そのときに何かを置いてきてしまった。 今回は君の車でそこにやってきた。 今回は逃げないぞ。 もう何も恐れないんだから、的な物語を紡げる気もする。 さて、サビの重要フレーズである「輪廻の果て」という言葉。 これこそがもっとも心中の歌ではないかと想像させる必殺のフレーズなわけだが、果たして実際のところはどうなのだろうか。 ここでは「飛ぶ」とか「終わりない」とか「変わっていく」という、草野の死を予感させる単語がことごとく登場していることがわかる。 このため、余計にこの歌が心中の歌であるという印象を強める。 が、輪廻ってそもそもどういうものなのかをちゃんと捉えないと話がややこしくなる。 輪廻:生きかわり死にかわりすること。 車輪が回転してきわまりがないように、霊魂が転々と他の生を受けて、迷いの世界をめぐること。 つまり、心中して生まれ変わるという意味にしたいのであれば、輪廻の「果て」でなく、輪廻そのものに飛び込む必要があるわけだ。 なのに、僕は果てに飛びたいという。 つまり、転生がしたいわけではないのだ、僕は。 むしろ、生まれ変わりたくないと思っているから、輪廻のずっと先にある「果て」に行きたいと願っているのだ。 今の魂のままずっといたい、つまり君とずっといたいという草野の独特の愛の告白なのではないか。 だから、輪廻の果てに飛び降りるのだ。 また、草野は死を予感させるときは身体を空高く、上に上に身体を持っていくようなイメージの言葉を使う。 が、青い車では「飛び下りよう」とか「落ちていこう」とか、どちらかというと空に行きそうになっている魂を地上に引き寄せようとするイメージの言葉が使われていることがわかる。 そして、この歌の最大のポイントは青い車である。 気になるのは2点。 なぜ車が「青い」のかと、その車が「僕の」ではなく「君の」車であることだ。 実はこの辺の構想は、草野はこの歌を七夕にリリースしたかったという話とリンクするのだが、ここではひとまず置いておこう。 スポンサーリンク 2番のAメロ・Bメロについて 2番の最初のフレーズはやたらと「生命」について意識させられるフレーズが登場する。 ここでやたらと命について説き始めるから、故にこの歌が心中の歌ではないかと思わせるのだ。 死ぬ間際になって「生きる」ことを改めて意識したのだ、と。 どんなモノだって生きているのだ、と改めて思ったたわけだが、なぜそこに気づいたのかが、やはりポイントになる。 死ぬ間際だから気づいたのか? それだったら生きるということではなく、死んじゃうということは、と言ってもよかったのではないか。 むしろ、生きることを強く自覚したから、ここでこのようなフレーズが出てきたと考える方が辻褄が合わないだろうか。 その次に「愛で汚されたちゃちな飾り」というフレーズが出てくる。 これは何だろうか。 実は心中説を唱える人ほど、この辺のフレーズをスルーしているのだ。 愛で磨くとかだったらわかるが、汚すということは、愛に触れる前はキレイだったということだ。 ここでは、これを心ではないかと推測する。 その人を愛すれば愛するほど嫉妬心なども生まれてしまい、心は汚れてしまうからだ。 そして、ちゃちな飾りとは頬を伝う波ではないかと個人的に思っている。 ここに関しては、具体的な理由は明示しない。 ただし、イメージとしては、愛で汚れてしまった心 嫉妬心? のせいで、涙を流してしまった、という絵をイメージしてもらえばいい。 そして、それを見て僕は美しいといっているのだ。 ここでもポイントは美しい光ではなく、美しく「見える」光といっていることだ。 つまり、それが美しいかどうかは人によって変わるという絶妙な言い回しなのだ。 言い換えれば、僕だからこそそれを美しいと感じるが、他の人はそれを美しいとは感じないかもしれない、というニュアンスも含んでいるわけだ。 ちゃちな飾りがが涙ではなかったとしても、僕だからこそ美しいと感じるモノである、ということはわかる。 2番のサビについて AメロBメロでは、涙とか心とか君の内面に関するフレーズが出てきたことがお分かりだろうか。 途端、君の青い車というのがなんとなく腑に落ちてこないだろうか。 草野はこの歌を七夕にリリースしたがっていたという話を思い出してほしい。 この君の青い車とは君の涙という比喩なのだ。 だから、青い車に乗るとき、君はそこにいないのだ。 サビの歌詞を注意深くみてみよう。 海というのは涙が生まれてくる場所とでも言おうか。 悲しみの出処とでも言おうか。 そこに置いてきたものである。 おそらく、僕は君を何らかの理由で泣かしたのだ。 それは別れの言葉を言ったからかもしれないし、ケンカをしてひどい言葉を投げたからかもしれない。 いずれにせよ、触れることすら躊躇するような「傷」を作ってしまったことは間違いない。 また、この記事では、海のことをこのように指摘している。 そのときに何かを置いてきてしまった。 今回は君の車でそこにやってきた。 今回は逃げないぞ。 その傷に触れることを僕はもう恐れないといっているのだ。 僕が覚悟を決めて、君の中に潜り込もうとしているようなイメージが想像できるだろうか。 そして、そのあとに、つまらない宝物と偽物のカケラを僕は見つけていることがわかる。 これは君との思い出の数々を言い表した比喩であろう。 君の内面へ潜り込んだ僕。 君の中には色んなモノが落ちていたのだろう。 つまらない宝物とは、君が昔好きだった恋人との思い出のことかもしれない。 あるいは僕と過ごしたありふれた日常のことなのかもしれない。 ニセモノのカケラとは最初は好きでもないのに「好きかも」というときの思い出 つまりは、僕が君に告白されてオーケーしたときの曖昧な感情とかかな? かもしれない。 あるいは、本当は悲しんでいたのに無理して笑っていた僕との日々の思い出とかかもしれない。 いずにせよ、それらは君の記憶のことであり、思い出そのものなわけだ。 その全部をおれは受け止める。 その全部はおれは愛する。 それくらいの勢いで君を包みこもうとしているのだ。 最初は恐れて、そんな覚悟なんてなかったけど。 今ならできる、と僕は言っているのだ。 だから、この歌のサビは変わっていこう、というフレーズで締められるのである。 Cメロのフレーズ、そして最後のサビについて Cメロではやたらと「鼻」にスポットを当てていることがわかる。 目から涙がでたら、鼻もジュルジュルになるよね。 潮のにおいなんて言ってるけれど、涙に濡れた鼻水のことを指しているのだ、これは。 その鼻水をすするように真夏の風と吸い込めば、さっきまでの悲しみ気持ちなんてウソみたいになくなってワクワクするかもね、と言っているのだ。 たぶん。 そして、最後のサビのフレーズでもう一度出てくるこのフレーズ。 「輪廻の果てへ飛び下りる」というのはもう二度と君を離さない、ということを草野流に表現した言葉だと事前に指摘していたが、それがよくわかるではないか。 おそらく、今回は死と対極のイメージ、つまりは生きる喜びを与えたかったからこそ、下に下に落ちていく言葉をイメージさせる言葉を連ねたのだ。 だから、この歌はどちらかといえば、心中しようとしていた僕が もしかすると、君と別れてようとしたのかもしれない 、君の涙をみて、いま死ぬんてバカなことをするのは止めて、死ぬまで本気で愛そうという愛の告白の歌なのだ。 というか、個人的にはそっちの方がしっくりとくるという感じ。 ここから、冒頭の冷たい手とか、永遠に続く掟に話を接続し直すこともできるが、さらに長くなるので、今回はこの辺で締めることにする。 関連記事: スポンサーリンク.

次の

【スバルのCMソング】聴いたことある!かっこいい人気の邦楽&洋楽CM曲

車 は あくまでも 歌詞

Rawhide Yah! rawhide! 注:日本のコピーは参照のために公正である 「ローハイド」のテーマ の歌詞 Theme from 'rawhide' の歌詞和訳 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 しかし、ストリームがはれています。 それら長野の圧延を保つ ローハイド 雨と風と天気 地獄のための革が曲がっています。 私の女の子の希望私のそばにいた すべての事私は耳を貸さない 良い victuals、愛とキスしたりしたいです。 私の乗るの終わりに待っています。 それらの上を移動 ('' 日を頭) '' 日を頭 (それら) 移動 それらの上を移動 ('' 日を頭) ローハイド それらをカット (それらに乗る 全角 (ホールデム カット) に乗る それらをカット (それらに乗る ローハイド 続ける進むよ進むよ進むよ進むよ進むよ進むよ しかし、disapprovin'' それらの移動犬を保つ ローハイド それらを理解しようとしないでください。 ちょうどロープ、投げ、それらのブランド すぐに私たち高、広いリビングになります 私の心を計算する 私の真実の愛を待っているだろう 私の乗るの終わりに待っています。 それらを移動 '' 日を頭) '' 日を頭 (それら) 移動 それらの上を移動 ('' 日を頭) ローハイド それらをカット (それらに乗る 全角 (ホールデム カット) に乗る それらをカット (それらに乗る ローハイド Yah! それらの上を移動 ('' 日を頭) '' 日を頭 (それら) 移動 それらの上を移動 ('' 日を頭) ローハイド それらをカット (それらに乗る 全角 (ホールデム カット) に乗る それらをカット (それらに乗る ローハイド Yah! 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 Yah! 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 歩きまわってください。 Yah! ローハイド Yah! 生皮 ! 注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。 歌詞は教育の目的のみで掲載されています。 フォーチュン 500 社 - 芸術家 アーティスト• 何かがある場合 - 芸術家 アーティスト• 牛肉のです。 - 芸術家 アーティスト• 女性の仕事 - 芸術家 アーティスト• 疲れきった休日 - 芸術家 アーティスト• インパラ - 芸術家 アーティスト• 月曜日・ ミ ・ アモール - 芸術家 アーティスト• トラック運転手の国歌 - 芸術家 アーティスト• 私はもうあなたより求めることはできません。 - 芸術家 アーティスト• 私は幸せでない - 芸術家 アーティスト• 甘い脱出 - 芸術家 アーティスト• 私の列車がやって来る聞く - 芸術家 アーティスト• 黄河 - 芸術家 アーティスト• 私の音楽になります - 芸術家 アーティスト• アヒルの壁 - 芸術家 アーティスト• アーメンを拒否します。 - 芸術家 アーティスト• 九つの命 - 芸術家 アーティスト• 猿ミックス - 芸術家 アーティスト• 町の粗い側 - 芸術家 アーティスト• 根底にある抑うつ - 芸術家 アーティスト.

次の

車はあくまでも快適に暮らす道具

車 は あくまでも 歌詞

「スバル」のダイナミックな走りとドライビングライフを提案するCM。 スタイリッシュな映像とキャッチーなサウンドでインパクトがありますよね。 CMで流れた曲が気になって、速攻WEBサイトやブログで情報を調べたことがある人も多いのではないでしょうか。 気に入り過ぎて、 YouTubeでCM連続再生している方もいるかもしれませんね。 「スバル」のCMソングには、CMソングランキングの上位に入る素晴らしい楽曲が使われているのです。 CMのタイアップ曲には、街中もしくは自然の中を駆け抜ける姿が思い浮かぶような曲や、家族や友だちと過ごすあたたかいイメージの沸く曲など、 耳に残る名曲がたくさん起用されています。 このページでは、そんなSUBARU CMソングを邦楽・ 洋楽まとめて紹介していきます。 CM情報も一緒に掲載するので、気になっていた楽曲を思い出すのに利用してみてください。 追いかけて 届くよう 僕等一心に羽ばたいて 問いかけて 嘆いた夜 故郷 まち は一層輝いて 『ワタリドリ』は成長し続ける大人気バンド「アレキサンドロス」の代名詞ともいえる名曲です。 YouTubeにアップされたビデオクリップの再生回数は8,500万回を超えています。 映画「明烏」の主題歌に起用された楽曲ですが、新たに スバルXVのCMソングにも起用されました。 着うたでも人気です。 疾走感のある歌詞をのせた躍動感溢れるサウンドが、 スタイリッシュかつ自由に街中の道を駆け抜けるCM映像と絶妙にマッチしています。 耳に残る楽曲なので、スバルのカタログ写真や車の画像を見るだけでもメロディが蘇ってくるでしょう。 東京VICTORY|サザンオールスターズ 時を駆けるよ Time goes round 変わりゆく My hometown 彗星 ほし が流れるように 夢の未来へ Space goes round 友よ Forever young みんな頑張って それ行け Get the chance!! 2018年7月に発売された 新型フォレスターのCMに起用されたのが、サザンオールスターズの『東京VICTORY』。 サザンオールスターズは、 1980年代~2010年代にわたる4つの年代でチャート1位を獲得した記録を持ちます。 幅広い世代に支持されているサザンオールスターズの楽曲は、 家族が登場する SUBARUフォレスターのCM曲にぴったりです。 この曲を家族旅行のドライブミュージックにすれば盛り上がること間違いなしですね! Where You Are|降谷建志 to where you are brand new dawn beyond the night to where you are the sun pours million of lights Dragon Ashのフロントマンとして活躍し続ける降谷建志さん。 スバル・レヴォーグのCMソングとして公開された『Where You Are』は、CM放送開始直後からリリースを望む声が多数ありました。 そのため、2ndソロアルバム「THE PENDULUM」のリード曲として収録予定でしたが、発売前に先行配信されました。 光と広がりを感じさせる楽曲がクールなCM映像を引き立てています。 君という名の翼|コブクロ あきれる程真っ直ぐに走り抜けた季節を 探してまだ僕は生きてる 間違いだらけのあの日々に落とした涙と答えを 胸いっぱいにかき集めて もう一度 あの夏空 あの風の向こう側へ 君という名の翼で デコボココンビのボーカルユニットといえばコブクロのお二人ですね。 2018年1月に放映が開始された レヴォーグのCMソング『君という名の翼』は、もともと2006年に放送されたドラマの主題歌のために書き下ろされた13枚目のシングル曲です。 LEVORG CM夫婦のリアルな演技が好評で、人気を博しました。 グルービーで爽やかな曲調が、ドライビング篇にぴったりですね。 雪のクリスマス|DREAMS COME TRUE 手袋にそっと載せて 目を凝らしてると結晶がきれい みるみるうちに小さな雪原になる公園 街のざわめき全部を吸い込んでくHoly night 「ドリカム」の雪の似合う素敵なクリスマスソング『雪のクリスマス』は、1990年のリリースから26年後の2016年に、 新型SUBARUインプレッサTVCMのクリスマス特別篇CMソングに起用されました。 邦楽ポップス界で圧倒的な存在感を誇るDREAMS COME TRUEの8枚目のシングルで、時を経ても色褪せない名曲です。 愛する人を想う女性の心情が丁寧に綴られている歌詞に、共感した方も多いのではないでしょうか。 2018年には SUBARU 担当者から新たな依頼を受けて、 SUBARU NEWインプレッサCMソングとして『』のCM用ニューバージョン 版を提供しています。 広瀬未花さんらが出演しているCMに起用され注目されました。 wonderful life|小田和正 風はまだ少しだけ 冷たいけれど 空はどこまでも 晴れ渡っている 行き交う人たち そして君の笑顔 どこか遠くへ 行きたくなる SUBARUブランドCMに使用された小田和正さんの『wonderful life』。 2016年に発売された小田和正さんのベストアルバム「あの日 あの時」に収録されています。 小田和正ファンイチオシの楽曲です。 車とは人生を乗せるもの。 乗る人が素敵な人生(wonderful life)を送れるように、より安全な車を、というスバルの思いが込められているのでしょうね。 小田和正さんは、70歳を過ぎても精力的に「Kazumasa Oda Tour」を開催している日本音楽界のレジェンド。 明治安田生命のCMでの歌声が印象的な小田和正さんですが、SUBARUブランドCMもとても素敵なCMです。 SUBARUブランドCMは、人気上位の 小田和正CM といっても過言ではありません。 【洋楽】かっこいい!スバルの人気テレビCMソング 洋楽に興味がなくても、CMで流れる曲が耳に残って、曲名やアーティストが気になってしまうことがありますよね。 そんなかっこよくて印象の強いスバルCMの人気曲を紹介します。 ホール&オーツのカバー曲『Everytime You Go Away』は、全米チャート1位に輝き、彼の代表曲となりました。 この曲が 初代フォレスターCMソングに起用されています。 未練の残る別れの切なさを綴った歌詞と美しいメロディがグッときます。 全米チャートで1位を獲得した楽曲です。 日本でも大ヒットした曲で、80年代のオムニバスにも取り上げられています。 開放感のある明るいロック調の曲で、聴くと元気が出ます。 【番外編】他の自動車CMソングも名曲揃い スバルに限らず車の人気CM曲は、どれもかっこよく耳に残る名曲ぞろいです。 話題になったCMの中から、話題性の強い2曲を紹介します。 《ホンダ ジェイド》LOSER|米津玄師 アイムアルーザーどうせだったら遠吠えだっていいだろう もう一回もう一回行こうぜ僕らの声 アイムアルーザーずっと前から聞こえてた いつかポケットに隠した声が 18年の紅白歌合戦へ出演決定した際は、日本中が、と言っていいほど盛り上がった米津玄師さん。 そんな米津さんが手がけた『LOSER』は ホンダジェイドのCMにタイアップされました。 『ナンバーナイン』との両A面シングルの表題曲として発売された『LOSER』は、米津玄師さんの代表曲の1つです。 ハイブリットなビートが引き出す躍動的なサウンドと、ジェイドがスタイリッシュに大自然の中へ駆け抜けていく映像が、 ショートフィルムのように目を引き付けるCMとなっています。 通常盤以外に初回限定でLOSER盤とナンバーナイン盤も発売されました。 CM動画の映像は、 SEKAI NO OWARIのライブさながらの華やかな仕上がりになっています。 スバルのテレビCMソングは耳に残る名曲ばかり! いかがでしたか?聴き覚えのある曲がたくさんありましたね。 この記事からわかるように、車のコマーシャルソングには 名曲といわれる曲や人気アーティストによるキャッチーな曲が使われています。 技術力に定評のあるブランド・スバルのCMは、 車のコンセプトにマッチした曲と映像が特に印象的です。 タイアップ曲を効果的に使って、ドラマティックに仕上げたCMもたくさんありますよね。 名曲ぞろいになるのも当然の結果です! スバルの公式YouTubeでは、CM一覧を見ることができます。 普通のTVCM以外にも「CM OUTBACKライフ篇」など魅力的なコンテンツがたくさんあります。 あわせてチェックしてみてください。 ほかにも北海道スバルでは、スバル車と一緒に 写真を撮って応募すればCMに出演できるという キャンペーンが実施されていました。 スバルCMの作成者になることができたのです!期間限定のキャンペーンでしたが、自分がスバルのCMに出れたら最高の思い出になりますよね。 いろいろなCMをチェックして、 お気に入りのアーティストが見つかったら、関連アーティスト情報も見てみましょう。 きっと他にも素敵な音楽に出会えるはずです。

次の