デオウ 効果。 デオコを男性・おじさんが使用するのはなぜ?効果は?ツイッターから考察してみた!

デ・オウ薬用クレンジングウォッシュ人気に踊らされた私の感想

デオウ 効果

「パパの枕はクサイ!」 父親にとって痛烈な一撃となる娘のこのひと言が、「デ・オウ」開発のきっかけとなった。 「6年ほど前、私は30代後半だったのですが、非常にショックでしたね。 ただ、これを機に、他の男性はどうなんだろうと考えるようになりました」 そう振り返る墨田康男氏は、当時商品企画部のマネージャーという立場だった。 一般の男性がどのような悩みを抱えているのか常に考えていた時期でもあり、すぐに調査を開始。 すると、30〜60代の男性の3人に2人が「自分のニオイが気になる」と回答し、体臭に悩む男性が多いことが明らかになった。 「しかし、2013年頃はまだ男性のニオイをケアするアイテムはそれほど市場に出回っていませんでした。 そこで、何とか体臭に悩む男性の力になりたいという想いから、ニオイケアの商品開発をスタートさせました」(墨田氏)。 商品づくりに向けてのコンセプトワークでは、ニオイの中でも「加齢臭」に着目することに決定。 当時、加齢臭という言葉はすでに認知され、原因成分も特定されていたが、ケアできる商品は少なかった。 ここにビジネスチャンスがあるとみて、加齢臭対策ブランドを立ち上げようということになった。 「加齢臭の原因成分であるノネナールは水では落ちにくく、嗅覚閾値、つまり同等の濃度での臭いやすさの値が低いため、低濃度でも臭うという特徴があります。 この成分にどうアプローチするか、製品開発部とマーケティング部で議論する中で処方が完成。 さらに、薬用炭(吸着剤)も配合しました」(墨田氏)。 竹炭や備長炭など多様な種類の中から選択。 さらに研究を重ねイオンポリマー(粘度調整剤)も配合した泡でニオイの元を浮かせて落とす処方にした。 香りにもこだわり、強い香りでニオイを打ち消すのではなく、シトラスハーブの香りによるニオイベール効果で、イヤなニオイを包みこみ、良いニオイへ変える工夫も施した。 試行錯誤しながら完成した「デ・オウ薬用クレンジングウォッシュ」は、数年で市場を牽引する存在へと成長。 ニオイの元となる汗や皮脂、汚れを吸着し、洗い流す処方に加え、スポーツジムや出張先でもニオイをケアしたいというニーズに応えて、持ち運びに便利な「スマートボトル」も提供。 今後も加齢臭対策ブランドとして一番に想起される存在になるべく、たゆみない挑戦を続けていく。 籾殻を用いた炭素材料で、3つの異なる大きさの穴からなる多孔質構造により、高速吸着性能など特異な吸着性能を持ち、水・空気の浄化、化粧品、薬品分野、新型電池といった数々の応用研究で多くの特許を取得しています。 2014年の全国発明表彰の21世紀発明奨励賞受賞を機に、他社との協業による新規事業創出の取り組みを開始しました。 社内の知見が不足していた化粧品分野では、人のニオイに関する先進的な研究を行っているロート製薬と組み、商品化を進めました。 この素材を配合した「デ・オウ」が、男性のニオイをしっかり洗浄し、気持ちよく過ごすことの一助になればと思います。

次の

デオウ薬用プロテクトデオジャムがワキガ脇汗に効果あるか試してみた

デオウ 効果

) お勧めの人 脇汗とワキガが軽度の方 脇のちょっとした汗やニオイが気になる方 第一印象 「汗・ニオイ」を徹底ブロックとうたっていますが、あくまで非ワキガさんのちょっとした脇汗とニオイを防いでくれる程度でした。 中程度のワキガで重度な多汗症の私のニオイと汗は防ぎきれません。 確かに塗った直後はニオイをブロックしてくれるのですが、すぐに汗をかき始めニオイが出てきてしまいます。 また、無香料とありますが、やや アルコール臭が強い印象があります。 私のように 中程度以上の脇汗ワキガな人には向かないでしょう。 以前レビューしたが薬局内では良かったので、期待していただけに残念です、個人的にリピートはありません。 メントール成分のためか 塗った後は少しスースーするので、この効果は夏場の暑い時期には重宝してくれるかもしれません。 ワキガに対しての制臭力は? 制臭力はワキガのニオイを軽減できるレベルなので、満足できる効果を得られるのはワキガの症状が軽度以下の方までかなと。 脇汗に対しての制汗力は? 残念ながら制汗力もあるとは言えません、ないよりはあったほうがマシかなレベルです。 ワキメンは重度の多汗症なので、使用してもすぐに汗じみを作ってしまいます。 緊張した時にかく精神性発汗も抑えられません、気づいたら脇からツーっと汗が流れてしまいます。 ですので、 脇汗多汗症の方にもお勧めは出来ません。 中程度以上のワキガと脇汗両方に悩んでいる方には、ワキメンが愛用している海外の制汗剤をお勧めします。 デオウ薬用プロテクトデオドラントの持続性は? 脇汗をほぼ防げなかった為、良くて 持続性は2,3時間程度といったところでしょうか。 デオウ薬用プロテクトデオドラントの特徴 塗りすぎるとヒリヒリする スースーする成分が入っている為か、暑い日には気持ちが良いのですが、 塗りすぎるとスースーを通り越してヒリヒリすることがあるので、塗りすぎには注意が必要です。 塗りやすい大きめのロールオン 最近の男性用ロールオンタイプは、ロール部分が大きめに作られているのが多い印象です。 液が多めに出てくるので、脇に塗る際は1,2周程度でまんべんなく塗ることが出来ます。 黒一色の男性らしいデザイン デオウさんらしいデザインといいますか、黒一色でシンプルです。 大きさは直径5cm、高さ12cm程で、やや大きめな印象です。 デオウ薬用プロテクトデオドラントの料金体制 デオウ薬用プロテクトデオドラントロールオンはどこの薬局でも販売されているかと思います。 また、アマゾンや楽天でも販売されています。

次の

デオウシャンプーの口コミを理容室のお客さんに使ってもらって検証!

デオウ 効果

ロート製薬発の薬用ボディソープ製品です。 テレビCMが非常に印象的な1本。 CM効果もあってかどこのドラッグストアにも置いてあり、お店で比較的目立つ扱いをされているようです。 ボディケア・ヘアケア・制汗と幅広いラインナップで品数も豊富なデ・オウ。 トータルな男性デオドラントを目指したシリーズです。 ボディソープでは今回購入した520mlのスタンダードボトルを筆頭に、300mlのキャップ式ボトル、250mlの詰め替えパックのラインナップがあります。 デオウボディソープの特徴として、 「 無数の吸着孔をもつデオウ独自配合の薬用炭(吸着剤)が加齢臭やニオイのもととなるアブラや皮脂などを強力に吸着」 そのほか、 「 イオンポリマー配合の泡、殺菌有効成分・ベンザルコニウム塩化物配合、ニオイベール効果で加齢臭までスッキリ!! 」といった特徴があります。 デオウ・ボディソープで洗って五段階評価 評価 使ってみた感想 加齢臭抑臭作用 皮膚の汚れをしっかり落とせるボディソープだと感じます。 濃密な泡で身体をしっかり洗えます。 ボディソープの香りはシトラスハーブ。 その香りを身体をまとうタイプです。 香り自体は強めで無臭・無香料を好む人にはオススメできません。 洗い上がり 洗浄力の強さからか、洗い上がりに肌がヒリヒリしたり、かゆみをおぼえる方もいるかも知れません。 保湿力が弱めに感じます。 ニオイが気になる箇所への保湿は忘れずに。 家族で使える? 男性専用のボディソープと考えてよいでしょう。 とくに肌が弱い方(女性も)にはオススメしません。 テレビCMの印象から若い世代にも注目されていますが、その洗浄力の高さから皮脂分泌が高くなる30代以降の男性がターゲット層と思われます。 一日当たりの値段 17. 520mlボトルを購入。 たっぷり使っても1. 5~2か月はもちます。 価格は千円超えですが、夏場など暑い時期のみ使うならそれほどコスパは悪くないと感じます。 この商品の良いところ 身体のべとつきをスッキリさっぱり洗いあげる男性向けボディソープ。 洗浄力と泡立ちに関しては市販品ではトップクラスといえるでしょう。 洗いあがり にニオイの気になる場所を乳液などで保湿することを忘れずに。 シトラスハーブの香りを身体にまとうボディソープです。 デオウ薬用クレンジングウォッシュを実際に使用してレビューします さっそくデオウボディソープを実際に使用してみましょう。 有効成分を含むデオウ(薬用ボディソープ)。 身体のニオイをどの程度抑えてくれるか楽しみです。 まずは液の色と香りについて。 デオウの色と香りは? デ・オウには薬用炭が配合されているためか、液の色は黒っぽい感じ。 液自体はそれほどネットリしていません。 けっこう水っぽいです。 香りは「シトラスハーブ」とボトルに記載されています。 自然な香りというより人工的な香りに感じます。 けっこう強めに香ります。 泡立ちはどお? 洗いやすさにも大きく関わる泡立ちです。 手で泡立てた場合と泡立ちタオルの場合と2つのパターンで泡立ててみます。 まず手で泡立てたのが下の写真。 特別泡立ちが豊富という印象はありません。 泡立てると共にシトラスハーブの香りがお風呂場に広がります。 続いて泡立ちネットで泡立ててみます。 泡立ちネットには2プッシュ分使ったのですが、非常に濃密な泡が出来上がりました。 画像でもわかるとおり、本当に泡が立つほどの濃密な泡です。 これなら余裕で全身をカバーできるでしょう。 下の画像のように、泡を逆さにしても落ちないこの泡の濃密さ、わかって頂けるでしょうか? これならワキや首、耳の後ろなどニオイの気になる場所の汚れをキレイに落とせそう。 泡立ちが豊かなだけでなくモコモコしたこの泡。 泡持ちも良さそうです。 泡を流した際の泡切れもスッキリ良好です。 すすぎやすい。 洗い上がりの感じはどお? このようにデオウは濃密な泡でしっかりと身体を洗えるボディソープだと感じました。 しかし、その反面 洗いあがりの肌が カサカサする感触がしたので注意が必要です。 洗浄力が強めのデオウボディソープで 洗った後は保湿をしっかりする必要があると感じます。 そのため、 肌の弱い人はできるだけ使用を避けた方がいいでしょう。 ちなみに管理人は肌が強いほうではありません。 そのためデオウで洗ったあと少し肌がヒリヒリしてしまったのが惜しい。 自分にはデオウボディウォッシュはあってないのかもしれません… デオウ・クレンジングウォッシュの主な配合成分について ベンザルコニウム塩化物 微生物や殺菌の繁殖を抑える効能が期待できる。 ベンザルコニウム塩化物は制汗剤などに使われている有効成分で配合量に規制があるもの。 強めの殺菌力・消臭力がある成分といえるでしょう。 薬用炭 炭にはニオイの元となる物質を吸収して消臭する働きが期待できます。 薬用炭は洗顔フォームやボディソープなど広く使われている成分。 知名度は高いです。 2018年のマンダムではこの炭を白色に変える新技術が開発され、白色活性炭を使ったデオドラント製品が販売されています。 デオウ・クレンジングウォッシュのまとめ 今回試したデオウは男性向けボディソープ製品のなかでトップクラスの洗浄力を誇るボディソープだと感じました。 管理人は肌が弱いせいか、洗ってから肌が少しヒリついたので、今後デオウは使えそうにありません(もったいないですが、合わないものを無理して使いたくないので) 脂性肌かつ皮膚のベタつきをスッキリさせたい方にはオススメできるボディソープです。 市販品で入手もしやすいですしね。 洗い上がりの保湿感は乏しいと感じます。 気になる方は臭いの気になる箇所を乳液などでの保湿を年頭に起きつつ使うのが良さそうです。 要所をしっかり抑えた使い方をすればキッチリ体臭対策できるボディソープだと感じました。 最後までお読みいただきありがとうございました。 デオウのレビューはここまでです。 ほかにもニオイ対策向けボディソープを試して以下にまとめています。

次の