ポケットwi-fi 繋がらない。 Wi

ワイモバイルのポケットWiFiをおすすめしない全理由

ポケットwi-fi 繋がらない

スマートフォンやパソコンなどインターネットに接続できる端末を使っていて、「Wi-Fiは繋がってるのに繋がらない……」という症状に悩まされることがあります。 端末にWi-Fiマークが表示されているのに、実際にはインターネットに接続できないような状況です。 なぜ、マークが表示されているのにWi-Fiでインターネットに繋げることができていないのか? 考えられる原因と対処法について解説していきます。 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらない原因 まず、Wi-Fiに繋がっているのにインターネットに接続できないときに考えられる原因を列挙してみます。 以下のどれかに当てはまることが多いでしょう。 ・Wi-Fiルーター・端末の不具合・故障 ・Wi-Fiルーターの設定・認証ミス ・Wi-Fiルーターが複数ある ・誤ったWi-Fiの電波に接続しようとしてしまっている ・回線事業者・プロバイダー業者側の障害 ・セキュリティ・ファイアウォールの不具合 ・WANポート、LANポートの不具合(あるいは逆に刺している) ・WAN側(インターネット側)の不具合 Wi-Fiが繋がってるのに繋がらないときの対処法 ここからは対処法です。 以下の方法を試してみましょう。 Wi-Fiルーター・端末の電源を入れなおす Wi-Fiルーターか端末のいずれかにトラブルがある場合、電源を入れなおして再起動することでインターネットに繋がるようになる可能性があります。 Wi-Fiルーターは電源ボタンが付いていないことが多いので、その場合は電源コードをコンセントから抜き、30秒~1分程度時間を置いてからコンセントに刺して電源を入れなおしてみましょう。 ルーターのトラブルの多くはこれで改善します。 スマートフォンなどの端末も一旦、電源を切り、再度起動すると症状が改善することがあります。 家族などが持っている他の端末があって、その端末はインターネットに繋がっているのであれば、自分の使っている端末が不具合・故障を起こしている可能性が大きいです。 これはWi-Fiを一度切断してから再び接続しなおすと、正常に繋がるようになることがあるためです。 Wi-Fiルーターの接続先を変更する 最近のWi-Fiルーターには大抵、5GHzと2. 4GHzの2つの周波数帯が用意されています。 Wi-Fiルーター本体を見ると、2. 4GHzと5GHzの2つのランプが並んでいることが多いので確認してみてください。 ルーターから2種類の異なる電波が飛んでいるということです。 このうち2. 4GHzは、5GHz帯に比べて床や壁などの障害物の影響を比較的受けづらく、遠くまで届く性質があります。 しかし、同じ周波数帯の電波を使用する家電などが多いため電波干渉が起きやすいという弱点があります。 環境によっては、電子レンジを使うとインターネットの接続が途切れるということも。 ちなみに、コードレス電話や、パソコン・オーディオ製品などのBluetoothも同じ周波数帯を利用しています。 いつも使っている周波数帯が2. 4GHzなら、5GHzに変更すると安定してインターネットに繋がるようになる可能性もあります。 スマートフォンのWi-Fiの設定を開いて、使っているルーターなどの名前がついている接続先(ネットワーク)が2つあれば、どちらかが5GHzだと考えられます。 接続先を変更してインターネットに繋がるかどうか試してみてください。 ポートも含めWi-Fiルーターを設定しなおす Wi-Fiルーターを、光回線のONUや、回線業者からレンタルしているルーター(Wi-Fi機能のないタイプ)と接続している場合、LANポートやWANポートとの接続方法が間違っていることがあります。 基本的に、ONUから伸びているLANケーブルはルーターのWANポートに接続します。 古いルーターと新しく買い足したWi-Fiルーターを接続する場合は、「二重ルーター」状態になっていて速度が遅くなっていることもあります。 これを解消するには、Wi-Fiルーターを「ブリッジモード」などで使用します。 やり方は製品によって異なるので詳しくは取扱説明書を見てみてください。 Wi-Fiルーターを新しく購入したり、買い替えたりした場合は、プロバイダーと接続するための初期設定が必要です。 初期設定は通常パソコンで行いますが、Wi-Fiルーターならスマートフォンで行うこともできます。 この初期設定に問題が生じてインターネットに接続できなくなっている可能性もあるので、取扱説明書などを読んで確認してみましょう。 セキュリティ・ファイアウォールを一時的に無効化する Wi-Fiへの接続がファイアウォールによってブロックされている可能性がありますので、一度無効化してWi-Fiに接続できるかどうかを試します。 ただし、ファイアウォールを無効化するとウイルスなどに感染する恐れがありますので、注意が必要です。 回線事業者・プロバイダー業者に問い合わせる 初期設定の仕方がわからない、あるいはインターネットに接続できない理由がどうしてもわからないといった場合は、回線事業者もしくはプロバイダー業者のサポートセンターに問い合わせるのが確実です。 その場合、事前にWi-Fiルーターのランプがどのような状態にあるのか確認しておくとよいでしょう。 ランプの色や点滅などの意味は、取扱説明書に書いてあるはずです。 Wi-Fiルーターが原因で繋がらないだけでなく、遅くなることも Wi-Fiルーターが原因で回線の速度が極端に遅くなり、インターネットに接続しづらくなるケースもあります。 もしWi-Fiルーターを触ってかなり熱くなっているようであれば、一度電源を切り、本体を冷やしましょう。 それだけで、速度が改善されることもあるようです。 また、使用しているケーブル類が古くなっていたり、汚れていたりすることが速度に影響する場合もあります。 使用期間が長いようであれば、一度メンテナンスをしてみるといいでしょう。 最新のIPoE接続対応ルーターを無料で使えるDTI with ドコモ光 Wi-Fiルーターが原因でインターネットに接続しづらくなり、Wi-Fiルーターの買い替えを検討される方に朗報です。 をご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、IPoE接続対応の高性能ルーターが無料でレンタルされます。 また、ほかにもさまざまなメリットがあるので、下記にまとめました。 ぜひ、チェックしてみてください。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 あらためてお伝えしますが、ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるもおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。 が所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。 その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します.

次の

ポケットwifiが繋がらない時の対処法

ポケットwi-fi 繋がらない

もくじ• まず理解したいポケットワイファイが繋がりにくい環境 ポケットワイファイユーザーになるなら、持ち歩いた先でバリバリ使い倒したいですよね。 そんな時、つながりにくい環境を事前に知っておかないといざというときに不便を感じてしまうと思います。 今や多くの人が所有しているスマホでさえも、電波のつながりにくい場所ってありますよね?それと同じでポケットワイファイにも繋がりにくい場所や環境があります。 WiMAXの電波はもともと室内の環境に弱い WiMAXの使っている電波は「直進する特徴のある電波」なので、建物の素材によっては電波が届きづらくなり、その建物内での使用が不安定になるという特徴があります。 例えば、入ったカフェでWiMAXを使おうと思ったら電波が入らない・・・という事もあるかも知れません。 しかし対応エリア内の地域であれば、すぐに諦めずに 窓際の席を利用してみてください。 席が埋まっている時には、店員さんに頼んで窓際にWiMAXのルーターだけ置かせてもらえばOKです。 これだけで電波が改善される可能性は十分にあります。 また、公式にはこのように記載がありますので オフィスビルやマンション等の集合住宅 、Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)、スマホ等が多い混雑した場所等においては、速度低下の事象がある場合があります。 混雑している場所にいる時には他の電波と干渉して繋がりにくくなっている事も考えられます。 その場合は、後で書く「本体のチャンネル切り替え」を試してみてください。 ポケットワイファイが繋がりにくい場所を覚えておこう ポケットワイファイユーザーになったら、外で存分にWi-Fiを楽しみたいでしょうから、繋がりにくい場所やお店をある程度把握しておくのは大事だと思います。 私の場合はよく行くカフェやファミレスなどでここは電波が入る、ここは繋がりにくいという情報をある程度把握しています。 公園のベンチでのんびり動画を観たり(仕事をさぼっているわけではありませんよ)屋外使用ではほぼ快適なので、よく立ち寄るお店の方だけチェックしておけば問題ありません。 ポケットワイファイは室内では繋がりにくい特徴があるとは言っても、建物によっては特に問題なく使えるので、一度WiMAXのルーターを持って色々な場所に足を運んでチェックしてみるのが良いでしょう。 ポケットワイファイの設定で繋がらない状況を改善できる 実は、使用する電波の設定(チャンネル)を切り替える事で繋がらない状況を改善できる場合もあります。 WiMAXには2つのチャンネル設定があって、タッチパネルで簡単に切り替えられます。 チャンネルは2. 4GHzと5GHzの2つ。 それぞれに特徴があります。 4GHz 電波が遠くまで届きやすい特徴を持っています。 障害物に強いので屋外でも室内でもおすすめできるチャンネルでが、他の家電製品もこの周波数を使っているものが多いため、電波干渉を受けやすいというデメリットもあります。 5GHz 電波干渉が少なく、速度も速いチャンネルです。 室内ではこちらを使った方が快適にインターネットに接続できる場合があります。 ただし、障害物や建物に弱いので、室内で使うときにはこちらと割り切って使用した方がいいです。 WiMAXの5Ghz帯って切り替え面倒で今まで全然使ってなかったんだけど下りめっちゃ早くねえかこれ…。 思わぬ速度が出ることもあるかも知れません。 自宅で繋がりやすく速度も安定させる簡単な方法 自宅で使う場合に、ポケットワイファイをつながりやすくする簡単な方法がいくつかあります。 1人暮らしで固定回線を引かずに自宅でもWiMAXを使いたい!と考える方はこれらの方法を覚えておくと良いですよ。 別売りのアンテナ付きクレードルを使用する• 100均でボールとアルミホイルを買ってくる 王道は、クレードルと呼ばれる3,000円程度で購入できる別売りのスタンドのようなものを買う方法。 自宅でパソコンやタブレット・スマホと接続をするときにはかなり安定しますし、速度が出ます。 WiMAXのルーター本体を乗せるだけ。 有線でパソコンにつなげるとさらに通信が安定します。 もちろんパソコンにつなげながら、同時にWi-Fiでスマホなどに接続することもできます。 同時に10台の端末に接続できるので、1人暮らしでは使いきれないほどですね。 サイドのアンテナが電波をキャッチしてくれるので、繋がりにくい場所でもかなりの改善を期待できます。 もうひとつの方法が「100均でボールとアルミホイルを買ってくる」というもの。 決してふざけているわけではありません(笑) WiMAXにしたんだけど、どうも電波が弱かったから、前にネットで見たパラボラアンテナ擬き作ってみたらマジで改善して驚いたわ — MOHI mohikandesu こんな感じで簡易的なアンテナを作成して、その中にWiMAXの本体を置くというもの。 見た目は当然あれですが、電波の強度は本当に上がります。 1人暮らしで誰に見られるわけでもないし、これで十分だ!と思った方は200円ほどの出費で作成可能なので是非お試しください。 屋外でポケットワイファイを使うときは繋がらない場所を避ける 正直、スマホのプラチナバンドと呼ばれる、つながりやすい電波と比べるとまだまだポケットワイファイの電波は届きにくい場所が多く、現在急ピッチで基地局を増やしている状況のようです。 携帯電話も昔はエリア狭かったですもんね。 今の時代、キャリアさんも頑張ってくれるのですぐに改善していってくれるでしょう。 上で書いた通り、繋がらない場所、繋がりにくい場所は把握しておいて、どうしても使う時には窓際に置くなどの措置をとりながら使ってみてください。 ポケットワイファイは屋外でスマホを接続して使えるので、データ通信量の節約もできますし、上手に付き合えば本当に便利で良いものです。 どうしても電波が入らない場所ではフリースポットを探してみる 海外に比べるとまだまだ少ないですが、日本でもフリーWi-Fiのスポットがかなり増えました。 コンビニでもありますし、ファミレスやカフェでも提供しているところはあります。 ポケットワイファイを使おうと思ったけど、電波がどうしても入らないという場所ではフリースポットを利用させてもらうようにしてください。 ただし、セキュリティ面で不安なときには個人情報を取り扱うような用途には使用しないこと。 万が一があるので慎重になってください。 まとめ 電波や設定のことを理解して上手に活用すればストレスは軽減できる! たしかに繋がらない場所はあるけど、ポケットワイファイの電波のことや、繋がりにくい場所のことを理解して、うまく付き合っていけばストレスは軽減できます。 私の場合は、上記を踏まえて毎日愛用しているので、繋がらないという時のストレスよりも屋外で高速インターネットを楽しめるというメリットの方を強く感じています。 自宅で使う時にはクレードルや中継器、100均の物で作れる自作アンテナを用意するなどして電波の強度を高めるとさらに快適になります。 ここ数年でとてつもない速度が出るようになってきたポケットワイファイ。 エリアのさらなる拡大と電波の改善を願いながら愛用していきたいですね。

次の

ポケットWi

ポケットwi-fi 繋がらない

注: 当記事では 「ポケット WiFi」=「持ち運んでネットができる端末」を指します 工事不要で届いた瞬間から、自宅でも 外出先でもあなたのスマートフォンやタブレット、PCでのネット接続が誰でも簡単に可能になります。 ワイモバイルのポケットWiFiをおすすめしない理由 ワイモバイルのポケットWiFiは、以下の理由でおすすめしません。 スペックが同等の他のポケットwifiよりも料金が高い その根拠として、以下でワイモバイルとその他ポケットWiFi主要4社を比較しました。 1-1. ポケットWiFi主要5社のサービス内容を比較 以下の表は、ワイモバイルとその他ポケットWiFi主要5社のサービス内容を比較したものです。 速度や通信制限などのスペックには大差がないので、 あえてワイモバイルでポケットWiFiを契約するのはおすすめしません。 上記主要5社をさらに詳しく比較した結果は、「」に記載しています。 1-2. ワイモバイルのその他の注意点 また、ワイモバイルのポケットWiFiサービスについては、その他にも下記2つの注意点があります。 動画や写真を快適に見れない可能性がある• 無制限プランのエリアは広くはない あなたが契約してから後悔しないように、その理由を具体的にご紹介します。 注意点1. 動画や写真を快適に見れない可能性がある androidが画質悪いんじゃなくて、これY! mobileだから画質悪いんだよなぁ。 SBかdocomoにしたい。 ワイモバイル側の通信量を削減するために、勝手にデータ内容を省略されます。 そのため、下記の2つのデメリットがあります。 動画や写真を開く時に時間がかかる• 他社の通信に比べて画質が悪くなる 以下の公式ページからの引用をもとに、どういうことかわかりやすくご紹介します。 出典: Y! mobile 動画や写真を開く時に時間がかかる まずは通信速度の制御ですが、上記対象の通信を利用する場合、速度制限がかかっていない時でも通信速度を抑えられます。 具体的には、 動画・写真関係を使う時は通信速度が遅くなることが多いと考えて良いでしょう。 他社の通信に比べて画質が悪くなる docomo、au、WiMAXなど他のポケットWiFiサービスでは、このようなことは確認する限りありません。 ワイモバイルは、かなり特殊で、使い勝手の悪いポケットWiFiサービスといえます。 注意点2. 無制限プランのエリアは広くはない ワイモバイルのポケットWiFiでは、月額684円で7GBを超える通信でも無制限で使える「アドバンスモード」というオプションがあります。 出典: Y! mobile このアドバンスモードで対応するエリアは非常に狭いです。 これを知らないで、携帯などの電波で使われている「LTE」が無制限で使えると思っていて、いざ契約したら全然つながらなかったという人も多いと聞きます。 問い合わせてみても、携帯で使えるLTEの電波だと思ってたら違うみたいで…最悪の買い物でした。 実際にどれくらい狭いのか見てみましょう。 以下の画像は、 ワイモバイルの通常エリア(赤色)と アドバンスモードエリア(青色)の対応エリアを色分けしたものです。 (2018年11月) 引用:Y! mobile 赤色の「通常エリア」は都市から山まで広く対応していますが、青色の「アドバンスモード」対応エリアは圧倒的に少ないのが一目瞭然ですね。 なので、ワイモバイルでの契約はおすすめはしませんが、もし契約を検討する場合は、自分の自宅や職場が対応しているか確認しておきましょう。 ポケットWiFi主要5社を徹底比較 結論としては、 『UQ WiMAX』という会社から出ている『W06』というポケットWiFiがおすすめです。 選定の理由としては、下記の通りシンプルです。 「無制限」でデータ容量が使える• 「速度制限」がかかりづらい• 「操作」が簡単• 「コストパフォーマンス」が一番高い 実際にUQ WiMAXの『W06』を後述の販売代理店経由で購入すると、下記のような最高の条件で利用が可能です。 UQ WiMAX 『W06』 Y! これらの5社を 「データ容量」「速度制限」「月額料金」「高速通信できるエリア」の4つのポイントで徹底比較したのが以下の表です。 この章では、各項目の重要性と各社の詳細についてわかりやすくご紹介します。 ポイント1. データ容量をたくさん使えるか ワイモバイルで契約したけど、7GBのデータ容量だとyoutubeとか見てると全く足りなかった。 通勤で使うだけでも3日くらいで制限がかかってしまいます。 第一のポイントとして、月間データ容量のプランが「無制限」で使えるかどうかはとても重要です。 どういうことかというと、各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記の2パターンあります。 月に5GB、7GBなどデータ容量が制限されるプラン(携帯料金と同じ)• 月のデータ容量に制限がない(無制限)のプラン 無制限プランにもデメリットはありますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限にするのがおすすめです。 なので、ポケットWiFiを選ぶ際は、 「自分が無制限で使いたいかどうか」「どの会社が無制限プランを提供しているのか」の2点を確認しましょう。 無制限で使えるのは『au』『Y! mobile』『UQ WiMAX』の3社 ここで5社の月間通信量を比較すると、月間通信量が無制限で使えるのは、 「au」「Y! mobile」「UQ WiMAX」の3社です。 月間通信量 docomo 5GB or 20GB au 7GB or 無制限 SoftBank 7G Y! mobile 7GBまたは無制限 UQ WiMAX 7GBまたは無制限 docomoとSoftbankは、データ容量が決まったプランしかないので注意しましょう。 無制限プランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 繰り返しになりますが、速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったら無制限プランにするのがおすすめです。 ポイント2. 速度制限がかからないか 3日で1GB使うと次の日速度が遅くなるということは合意の上購入しましたが、容量に達していなくても動画が見れないほど遅くなります。 たくさんデータを使うことができても、 使い過ぎることでまったく使い物にならないレベルで速度制限をすぐに受けてしまう会社もあります。 会社によって大きく変わってくるので、5社の月間通信量と速度制限の条件、制限時の通信速度を下記に比較しました。 (1)無制限プランではない場合の違い|5社すべて共通で速度制限が厳しい どの5社であっても無制限プランでない場合は、契約時に決めた月間データ容量(7GBなど)を超えてしまうと128kbpsというほぼ使い物にならないレベルの速度制限を受けてしまいます。 特に注意なのが『SoftBank』で、無制限プランでなくても「3日合計で1GB使うと、128kbpsの速度制限」があります。 なので、迷ったら基本的には無制限プランを選択しておけば、いかなる状況でも安心なのでおすすめです。 (詳しくは、後述します) (2)無制限プランありの3社の違い|『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』 2017年5月5日をもって、『Y! mobile』『au』『UQ WiMAX』の3社はほぼ横並びの無制限プランになりました。 旧:3日で3GBを使うと、128kbpsに通信速度を制限(ほぼ使えない) 新:3日で10GBを使うと、1Mbpsに通信速度を制限(youtubeが視聴可能な速度) 上記の「1Mbps」はYoutubeの動画を標準画質で見れるぐらいの速度なので、「Y! mobile」「au」「UQ WiMAX」は制限を受けても快適に使い続けることができます。 しかし、『Y! mobile』はおすすめしない 前述の通り、当サイトでは「Y! mobile」は下記の理由からおすすめしません。 料金が割高(次章で説明)• 契約期間が3年と長い(通常2年)• 無制限プランのエリアが狭い• 動画や写真を快適に見れない• サービス内容の改悪が著しい 要するに、 「料金が割高」かつ「細かい部分で様々な罠が仕掛けられている」ということです。 ただし後述しますが、「UQ WiMAX」にはプロバイダをしっかり選べば3万円以上の割引を受けられるので、そちらを確実におすすめします。 ポイント3. 月額料金が安いか 私が住んでいるのは地方になるので、電波が届くか届かないかで選ぶしかなくてdocomoにしました。 エリアも速度もそんなに不満はないんですけど、料金だけが…docomoユーザーならセット割引があるとかもう少し安くならないですかね… 高い料金を払えばたくさん使えるのは当然の話なので、いかに安い料金でたくさんのデータ量が使えるのか知りたいところです。 通信会社別の「月額料金」と「月間通信量」、「割引」は下図の通りです。 「docomoユーザーだから割引」というキャンペーンもないので、価格面ではおすすめは難しいです。 (2)他4社は横並びだが、セット割・プロバイダ割で差がでる 月額料金と月間通信量に関して、一見するとdocomo以外の料金は横並びのように見えます。 ・一番お得なのは、WiMAX|プロバイダによる割引がお得すぎる 結論から言うと、WiMAXにはプロバイダ(販売代理店)による割引があるので、自分がどの携帯会社を使っていても最安です。 例えば『GMOとくとくBB』というWiMAXのプロバイダを利用すれば、下記の通り2年間で3万円以上もお得に契約できます。 au:「」• SoftBank:「」 しかし、月1000円程度の割引なので、WiMAXのプロバイダを活用した方が安くなります。 速度制限受けてないのに、遅い。 スピードメーターで速度計測したけど、1Mbpsも速度が出ないからストレス!都心なら、100Mbps以上出るはずなのに。 ポケットWiFiを利用するのに、速い速度で利用できるエリアが広いかどうか気になりますよね。 最後に、通信速度と通信エリアについて解説していきます。 通信速度について 下記のように提供会社によって差があります。 速い方がいいに越したことはありませんが、 実はこの速度はそこまで重要ではありません。 理由は2つあります。 最大速度を気にしなくていい理由1. あくまでも理論上の値 公式サイトには、必ずどの会社にも小さく注が振られています。 下記はdocomoの例です。 あくまでも「最高の環境が揃えば、技術的にはこれくらい出るよ!」という数値なので、一つの参考程度にしましょう。 大事なのは実測値です。 現時点では、 WiMAXが実は一番早く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。 最大速度を気にしなくていい理由2. 高速通信のエリアが限られている 実はこの最大速度が出るエリアは限られています。 首都圏の一部エリア以外は当面は対象外ですので、やはり参考程度にしたほうがよいでしょう。 通信エリアについて 以前はdocomoが一番つながることで有名でしたが、最近は各社共にエリア拡大にかなり力を入れてきていて、以前ほど繋がらないエリアの差はなくなってきています。 ご自分の自宅や職場、よく行く場所などで使えるエリアなのか、またどのくらい高速で通信できるのかを下記のリンクで判定をして比較してみてください。 結論:ポケットWiFiなら「WiMAX」がベスト UQ系WiMAXの通信量は 月間無制限で利用することができ、3日間で10GB以上使って速度制限を受けても1MbpsというYoutubeの動画を標準画質で見るのにストレスを感じないほどの速度で使い続けることができます。 価格も他のサービスと比較しても最安値で、2020年7月現在、 ポケットWiFiの中でただ一つの選択肢と言って良いでしょう。 さらに納得してポケットWiFiを選べるように、下記でワイモバイルとWiMAXの端末スペックと料金を徹底的に比較しました。 ワイモバイルとWiMAXを比較 ワイモバイルは以下の2点でWiMAXより優れたサービスとは言えません。 端末の通信速度が速いわけではない• 実質的な値段が高く、コストパフォーマンスが悪い それぞれ見ていきましょう。 端末の通信速度が速いわけではない ワイモバイルの最新機種「803ZT」の通信速度は、WiMAXの「W06」より遅いです。 モバイルWiFiを選ぶ上で端末の通信速度は重要な要素になります。 そのため、WiMAXで最も優れた機種である「W06」とワイモバイルの最新機種「803ZT」の最大通信速度を比較しました。 803ZT WiMAX W06 下り最大通信速度 988Mbps 867Mbps 上り最大通信速度 37. 5Mbps 75Mbps これだけ見るとワイモバイルの803ZTの方が通信読度が速いと言えますが、これはUSBケーブル接続時の場合に限られます。 無線LAN接続時は下り最大通信速度は、866Mbps程度なので、W06 とほぼ変わりません。 ただし、上り最大通信速度はW06の半分しか出ないので注意が必要です。 実質的な値段が高く、コストパフォーマンスが悪い ワイモバイルの月額料金はそんなに安くはありません。 実際に負担する金額をきちんと明示しないで、広告では安く思える数字を大きく表示しています。 しかし実際は、アドバンスオプション加入による無制限プランで「4,380円」とそんなに安くありません。 どこのプロバイダで買えばいいかについては、後述しますが、全20社比較した結果、2020年7月現在、『GMOとくとくBB』一択の状態です。 2020年7月17日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月17日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 最もお得にWiMAXを契約するための全手順 ポケットWiFiを契約するのであれば、ワイモバイルのポケットWiFiよりもWiMAXが月額料金が圧倒的に安くおすすめです。 WiMAXを申し込むために、下記3点を決めなければなりません。 契約プランを決める• 機種を決める• プロバイダを決める それぞれ結論からいうと、契約プランは「ギガ放題」、機種はW06 、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選びましょう。 順番に解説します。 3-1. 契約プランを決める プランは「通常プラン3670円(税抜)」か「ギガ放題プラン4350円(税抜)」で選びます。 通常プラン:データ量が月間7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかります• ギガ放題プラン:データ量の月間制限がないため制限を気にせずインターネットを楽しめます どちらのプランにすべきか悩んでいる方へ 7GBというのがポイントになります。 データ容量7GBの基準は、下記の通りです。 速度制限がかかってしまうとストレスを感じるほど遅くなるので、 迷ったらギガ放題にするのがおすすめです。 3-2. 機種を決める WiFiルーターは主に6機種から選ぶことができますが、結論としては 「W06」が圧倒的に優れており、具体的には以下4つの理由から間違いなくおすすめです。 通信速度が最速(558Mbps、LTE利用で867Mbps)• 格段につながりやすい• 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能• 上記のポイントをひとつずつ簡潔にご紹介します。 通信速度が最速 「W05」が発売されたときにも大きな進化だと感じた点ですが、下り最大通信速度が558Mbps(有線接続の場合1237Mbps)と現存するどのポケットWiFiと比較しても最速です。 WiMAXは当然ながら通信速度が最重要なので、この時点で選択肢は「W06」に絞られます。 「WX06」や「WX05」を選んでしまうと、118Mbpsも最高速度が遅くなってしまいます。 ポイント2. 格段につながりやすい 「W06」は、基地局からの電波を受信する性能と、接続端末へ電波を送信する性能の両方が向上しており、つながりやすさが大幅に上がっています。 前代機種の「W05」にはない、以下の2つの機能が備わっているからです。 高性能ハイモードアンテナ• 建物の中の窓から遠い場所など、これまで繋がりづらかった場所から繋がりやすくなります。 通常は放射線状に発信される電波を、接続する端末の位置を自動検知して、その方向に集約して発信します。 「WX05」にも同様の機能が搭載されていますが、クレードルに設置した状態でのみ有効でした。 「W06」はクレードル不要で、この機能を使うことができます。 ポイント3. 「au 4G LTEモード」に対応し、万が一のときも高速通信が可能 何ができるかというと、「au 4G LTE ハイスピードプラスエリアモード 」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度867Mbpsの高速通信が可能です。 「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」とは 主にWiMAX回線が通っていないエリアで使われるモードで、「au 4G LTE回線」を使用して通信が可能になります。 利用した月は1,005円の費用がかかるデメリットはありますが、タッチパネルから簡単に切り替え操作ができて、 電波が弱いエリアへの出張や旅行など万が一のときに非常に重宝するモードです。 ポイント4. 上り通信速度も大幅アップ あまり馴染みのない用語かもしれませんが、「上り最高速度」も最新機種WX06や前代機種のW05と同様、それ以外の機種よりも2. 5倍と大幅に速いです。 W06・WX06・W05:上り最大 75Mbps• WEBの閲覧などは「下り速度」と言い、ポイント1で説明した速度のことです。 上り速度が向上することにより、写真や動画のアップロードが高速化しているので、InstagramやFacebook、Twitter、Youtubeで投稿する際に、よりサクサク快適に利用することができます。 今までなかなか改善されなかったら上り速度が、「W06」「WX06」「W05」では2. 5倍と大幅に向上しています。 クレードル・USBケーブルは同時購入すべきか? クレードル(WiMAXを充電する台のようなもの)とケーブルは同時購入が可能ですが、 高いので公式ページで購入する必要はありません。 クレードルはそもそも購入しても使わない人が多いですが、必要だと感じたらAmazonで「WiMAX クレードル」と検索すれば3,000円前後で手に入ります。 3-3. プロバイダを決める 2020年7月の最新情報です。 WiMAXのプロバイダを安全に選ぶには、下記の唯一のポイントで選ぶことが重要です。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 結論として、選ぶべきプロバイダは、2020年7月現在、下記一択です。 『』 次の項目でまとめる表で、一番安いプロバイダはどこか比較していきます。 「ベストな機種(ルーター)」でキャッシュバックを含めた実質費用が安いか 選ぶプロバイダでWiMAXの速度やサービス自体は一切変わらないため、料金はとにかく重要です。 注目すべきなのは、キャッシュバックを含めて3年間使った場合のトータル費用がどれだけ安いかです。 「月額料金」を見せかけで安くして、『付帯サービス料金』などで水増ししているプロバイダもあるので、注意してください。 下記の表で、「月間データ通信容量無制限」に絞って、WiMAXのプロバイダと機種の組合せの「1ヶ月あたりの実質費用」を比較しました。 2020年7月現在、安い順に上位9通りを記載しています。 その中でも 27,500円のキャッシュバックを受け取ることをおすすめします。 なぜなら、「W06」は、下り最大通信速度が867Mbps(有線接続の場合1,237Mbps)と現在手に入るどのポケットWiFiと比較しても最速であり、最も優れた端末だからです。 2020年7月17日最新情報 現在、新型コロナウイルス拡大の影響により、一部プロバイダでWiMAX端末の在庫切れが発生しています。 WiMAXは数種類から端末を選ぶことができますが、基本的に 現行端末で最も優れた「W06」を選ぶことをおすすめします。 しかし、 なるべく早く使用したい場合は、機種問わず在庫があるうちに購入することをおすすめします。 2020年7月17日現在、WiMAXお試しサービス『Try WiMAX』と WiMAXの最もお得な申し込み窓口『GMOとくとくBB』を含む国内プロバイダ8社の「端末在庫状況」と「問い合わせ調査結果」は、以下の通りです。 「W07」は法人契約のみ取り扱い KDDIは 法人向けサービスとして、「Speed Wi-Fi NEXT W07」を取り扱っています。 しかし、 個人で契約することはできないため、 実際に手に入るWiMAXの中で最もおすすめの機種は「W06」です。 お得な契約期間は「3年間」 2018年11月より 主要プロバイダの契約プランが、「2年間」から「3年間」に移行しました。 また、 2019年10月以降は「1年間」のプランが登場しています。 しかし、以下の表の通り、 料金条件が良く、最もお得にWiMAXを使うことができるのは、「3年間」の契約プランで す。 プラン au 4G LTE 機種代金割引 3年 無料 有 2年 有料 有 1年 有料 無 それでは、GMOで買うべきか? 現状では一番おすすめできる選択肢で、買うべきと言えます。 ただし一点だけ、 購入前に知っておくべき注意点があります。 それは 『ある手続きを忘れてしまうとキャッシュバックが1円も受け取れない』という注意点で、 何も知らずに購入してしまうと、キャッシュバックが受け取れず、高くついてしまいます。 簡単ですが、手続きを忘れると、キャッシュバックは一切もらえず、救済措置はありません。 『GMOとくとくBB』に限らず、全てのプロバイダで同様の手続きが必要になるため、上記だけは必ず覚えておきましょう。 GMO以外のプロバイダはどうなの? 結論からいうと、弊社の調査ではおすすめできるプロバイダはありませんでした。 なぜなら、 速度などサービスは一切変わらず、料金はGMOが最も安いからです。 簡単な手続きを行うだけでキャッシュバックを受け取ることができ、キャッシュバックがなく月額が安い他のプロバイダと比べても、総費用が約1万円安くなります。 また、「途中解約した場合キャッシュバック金額を返金しなければならない」や、データ端末代が無料ではないというように、プロバイダごとに微妙に違うルールがあるときがありますので、一見安くても十分に注意してください。 なぜGMOはキャッシュバックがこれだけ高いのか? 『GMOとくとくBB』はWebでの集客に特化しているため、人件費や事務所費用を安く抑えることができます。 そのため、削減した費用をそのまま購入者にキャッシュバックすることができています。 また『GMOとくとくBB』の運営元であるGMOインターネット株式会社はネットでの販売代理店の中でも最大手です。 最大手のため月間の販売台数も多く、WiMAX本家からの販売奨励金をたくさんもらっており、ネット販売代理店の中でも最高レベルのキャッシュバックを実現しているという背景があります。 プロバイダ選びについて|まとめ プロバイダ選びについては重要なので長々と書いてしまいましたが、要点を下記にまとめます。 キャッシュバック金額を含めた「実質費用」で比べる• 2020年7月現在、『GMOとくとくBB』()が最もお得• 理由は明確で、口頭のやりとりだと 契約後にキャンペーンが適用されていないトラブルの可能性があるからです。 必ず上記内容が明記されているのフォームから最終的に申し込むようにしましょう。 まとめ ワイモバイルは、他のモバイル通信サービスと比較して、ずば抜けて端末の性能が高いわけではないのでおすすめしません。 ポケットWiFiならWiMAXを選択した方が、高額のキャッシュバックを受け取ることができるのでお得です。 この記事のまとめとして、WiMAXの契約をされる場合、2020年7月現在、契約プラン・機種・プロバイダは下記が一番おすすめです。 料金プラン:ギガ放題• 機種:W06• サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい).

次の