ポケモン 知識。 【ポケモン剣盾攻略】事前知識編、ポケモンのステータスについて解説します

【ポケモンGO】小ネタ・豆知識

ポケモン 知識

本日は10月31日、ハロウィンの日です。 そしてポケモン剣盾発売の11月15日まであと半月となっております。 ポケモンの発売が楽しみで仕方がない人が大勢いることでしょう。 とはいえポケモンシリーズというものは普通にプレイするだけなら問題ないのですが、 対戦などを考え出すとかなりの知識ゲームであることも事実。 発売まで、ポケモン対戦などに必要そうな知識をブログで記載していこうと思います。 私は結構簡単に書くので、触りだけここで学んでwikiや攻略サイトを見に行けばすんなり入るかと思います。 いきなりwikiや攻略サイトから入るとパンクするレベルの量ですからね。 今回はステータス編です。 ポケモンのステータス 拾った画像です。 対戦環境に常にいるポケモンの1体、メタグロス君です。 HP・・・ポケモンの体力。 Hと略すことが多い こうげき・・・物理攻撃力。 Aと略すことが多い ぼうぎょ・・・物理防御力。 Bと略すことが多い とくこう・・・特殊攻撃力。 Cと略すことが多い とくぼう・・・特殊防御力。 Dと略すことが多い すばやさ・・・ポケモンの速さ。 最重要ステータス。 Sと略すことが多い 画像に載っているステータスの6つの数値は「実数値」と呼ばれています。 ちなみにこの6つの数値は -レベル -種族値 -個体値 -努力値 -せいかく という値から作られています。 意味不明な数字が3つ出てきましたね。 これは隠しステータスと言われているもので普通は見れません。 正確には世代が進むごとに見えるようになってきていますが、厳密には隠しステータスです。 3つの隠しステータス ・種族値 ポケモンの種類ごとに設定されている数値。 これはググって調べるしかない。 例えばメタグロスなら 「80・135・130・95・90・70」が種族値です。 みんな大好きピカチュウさんは 「35・55・40・50・50・90」が種族値です。 メタグロスの化け物さが分かる数値ですね。 数値が6つ・・つまり左から 「HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさ」の種族値となっております。 ・個体値 ポケモン1体ごとに設定されている数値。 6つのステータスに0から31までの32段階の数値がついています。 つまり「HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさ」すべてが31だったら最強です。 6Vなんて呼ばれ方をします。 当然簡単には手に入りません。 ガチ勢が何十体もポケモンをタマゴから羽化させているのはこの数値を厳選するためです。 ・努力値 ポケモン1体が倒したポケモンから得られる数値。 ある意味第2の経験値。 各ステータス252がMAXで合計は510がMAXです。 例えばこうげきとすばやさに252振ると残り6しか振れません。 これは入手が簡単でポケモンを倒せばいいだけ。 例えばポッポを1体倒せばすばやさの努力値が1手に入ります。 どのポケモンがどのステータスの種族値を持っているかはポケモンごとに違うのでググるしかない。 せいかく 何気なく記載されているが、超重要ステータス。 せいかくは25種類存在し、下の表のようにステータスが上下します。 さっきのメタグロスはようきなので とくこうが0. 9倍に下がり、素早さが1. 1倍に上昇します。 メタグロスは物理で攻撃するタイプなのでとくこうがいらないから「ようき」にしてるんでしょうね。 ちなみにサンムーンの頃は1体のポケモンを作成するのに大体1~3時間はかかります。 ダイヤモンドパールの頃は1~10時間はかかりましたけどね・・。 剣盾ではどれほど時間がかかるのか楽しみです。 まぁステータスにこだわらないなら1体につき、数十分で完成しますけどね。 とはいえ対戦環境では対戦相手は何時間もかけて作ったポケモンだらけなので ステータス厳選は必須になります・・・。 これが初心者と上級者の敷居なんですが・・正直壁が高いですよね。

次の

【ポケモン剣盾】ランクバトルの階級を上げるためのガチ勢の知識を解説【ポケモンを職業にできる?】

ポケモン 知識

『』シリーズを遊ぶ際に最初に悩むのは、パートナーポケモンを誰にするかだ。 本作ではくさタイプのサルノリ、ほのおタイプのヒバニー、みずタイプのメッソンから選ぶこととなる。 これらの3匹およびその進化系のポケモンたちの特徴については以下の記事で解説しているので、パートナー選びの参考にしてほしい。 ちなみに、本作ではひとつ目のジムがくさタイプ、ふたつ目がみずタイプ、3つ目がほのおタイプとパートナーポケモンとおなじ3すくみのタイプになっているので、どのタイプのポケモンを選んでも序盤のストーリー進行にはあまり影響してこない。 パートナーを選んだら、さっそく旅に出発しよう! 本作の舞台であるガラル地方はUKがモチーフになっており、主人公の家に暖炉があったりレンガ造りの家が立ち並んでいたりと異国情緒があふれている。 街を歩いているだけでも旅行気分が味わえるのだ。 筆者個人としても本作のストーリーは歴代のシリーズ作品と比べてもとくに質がよいと感じているし、SNSなどでも同様の意見が多数みられる。 『ポケットモンスター』シリーズのコアファンのあいだでは、「ストーリーをクリアーしてからが本番」などとも言われるが、本作はとくに純粋にRPGとしてのクオリティーがとても高いので、ぜひ期待してほしい。 ちなみに、筆者が本作のストーリーをクリアーするまでにかかった時間はだいたい15時間くらいだった。 記事執筆や個人的な趣味嗜好の都合で急いでクリアーした経緯があるが、それを抜きにしてもだいたい20~25時間くらいのボリュームだろう。 昨今のRPGとしては多すぎず少なすぎず、ちょうどいいボリューム感ではないだろうか。 なお、ファミ通. comでは本作の攻略チャートをまとめているので、ストーリー進行中に困ったことがあった場合はこちらを参考にしてほしい。 そのため以下の記事にて旅パにおすすめのポケモンたちをピックアップしているので、こちらもご覧いただきたい。 合わせて、ポケモンの特殊な進化条件についてまとめた以下の記事もおすすめしたい。 クリアー後の要素も豊富で無限に遊べる? さて、かなりテンポよくストーリーが進行するうえに、年末年始などでがっつり遊べる時間があることも踏まえれば、数日でクリアーまでたどり着くことは珍しくないだろう。 しかし本作にはクリアー後の要素もたくさん用意されているので、プレイヤーが望むならその何倍もの時間を楽しめる。 筆者のプレイ時間を確認してみたところ、記事執筆時点で約300時間となっている。 なんてコストパフォーマンスのいいゲームなんだ……。 ここからは、そんなクリアー後の要素について紹介。 ストーリー中でも挑戦できるものの、高難度のマックスレイドバトルに挑戦できるようになるのはストーリーをクリアーしてからとなる。 ポケモン図鑑の完成を目指すにしろ、本格的にポケモンバトルを楽しむにしろ、マックスレイドバトルは重要な役割を担う。 マックスレイドバトルに関する基礎的な知識は以下の記事にまとめている。 ほかのプレイヤーとのポケモンバトルを楽しみたい方は、まずはバトルタワーに行こう。 ここでは、コンピューターを相手にポケモンバトルができる。 お互いに使うポケモンはレベルが50に統一されるため、レベルが固定さているジムリーダーやチャンピオンたちよりもある意味で手ごわい存在と言える。 バトルに勝利するともらえるBP(バトルポイント)は対戦などで大いに役に立つどうぐと交換できるので、練習しながら準備も整う一石二鳥の施設というわけだ。 だが、コンピューターと言えど侮るなかれ。 バトルタワーの攻略についてはつぎの記事を参考にしてほしい。 ジャッジ機能については以下の記事に詳しくまとめている。 さて、ジャッジ機能を使えば、同じ種類のポケモンであっても個々に能力が違うことがわかるようになる。 当然、能力が高いポケモンのほうがバトルには向いているため、なるべく能力の高いポケモンを育成するのがおすすめとなる。 それでも新作が発売されるたびにこの手順は簡略化されてきており、本作でも画期的な新要素が追加された。 ポケモンは生まれ持った正確によって育ちやすい能力と育ちにくい能力が決まっており、バトル向きの性格とそうでない性格が存在する。 そのためストーリーをプレイ中にたまたま捕まえたポケモンをそのまま通信対戦で使うことは難しかったのだが、このミントを使用することで、性格はそのままに能力の育ちやすさを変更することができるのだ。 これから始めて経験する人にとっては、やや複雑かもしれない。 本格的にポケモンバトルを遊んでみたいと思ったら、ぜひ見てほしい。 ポケモンバトルをしていて勝ちたい思いが強まってきたら、以下の記事で流行りのポケモンたちの特徴やその対策について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。 また、ファミ通の公式YouTubeチャンネルにて筆者がポケモンバトルをしている動画を投稿しているので、ぜひこちらもご覧いただけるとありがたい。 最後に、ポケモンライターとして、そしてひとりのポケモンファンとして、より多くのポケモントレーナーがガラル地方の冒険に出発することを願っています。 つぎはぜひ、ゲーム内でお会いしましょう!.

次の

ポケモン廃人クイズ

ポケモン 知識

ポケモン対戦で勝つ為には。 皆さまポケモン対戦してますか? ポケモンの醍醐味といえば、自分が手塩にかけて育てたポケモン達を全国の猛者達と戦わせるポケモン対戦です。 ポケモン対戦が奥が深くて本当に面白い! 自分が育てたポケモンで勝つのはホントに気持ちがいいです!! 自分の構築を見直したり、新しいポケモンの可能性を探ったり、無限にある組み合わせから最強の6匹を決めるのはとっても大変ですよね。 ユーザーのレベルも上がってきた。 私がポケモン対戦を始めたのは、2016年発売の「ポケモンサン・ムーン」からですが、当時と比べて対戦環境でのユーザーの知識量も低く、今より比較的楽に勝ち越すことができました。 今作になって一気にユーザーが増え、ユーザーのレベルが一気に上がり勝ち越すのが難しくなった印象です。 勝つために必要な知識 今回はポケモン対戦で勝つ為に最低限の知識を羅列してみます。 勝つための基礎知識 ポケモン対戦では、大切な最低限の知識があります。 ポケモン対戦をするにあたって覚えておきたい知識が以下の通りです。 ポケモンのタイプとタイプ相性 タイプごとの相性は、技のアイコンの下に出てくるので、やってるうちに慣れるとおもいますが、タイプ相性を知らないと対戦で勝てません。 基礎中の基礎の知識だと思ってください。 そして相手にするポケモンごとのタイプは、必ず把握しておく必要があります。 相手のポケモンにとってタイプ相性が悪いポケモンをぶつけても勝てる見込みは少ないです。 ポケモンごとの種族値 ポケモンは、1匹ずつ必ずそのポケモン固有のステータス「種族値」というものを持っています。 ポケモンごとの種族値を覚える事で、ポケモンごとの強みと弱みを理解して、より対戦を有利に進めることができます。 沢山ポケモンがいるので全てを把握するのは不可能に近いですが、ポケモン対戦でよく使われているポケモンの種族値は覚えておくととても便利です。 とくせい ポケモンはそのポケモンごとに持っている固有の「とくせい」を持っています。 例えばロトムやサザンドラ、フライゴンが持っている「ふゆう」という特性は地面タイプの技を無効にします。 とくせいの数は「288」種類あり、とくせいを理解してうまく使うことがポケモン対戦への勝利につながります。 ポケモン対戦環境には沢山のポケモンがいて、様々な状況が起こりますのが、冷静な判断を忘れないようにしましょう。 対戦環境でよく使われるポケモンの特性は覚えておくと便利です。 状態異常 ポケモンにおける状態異常は 「どく」「もうどく」「まひ」「やけど」「ねむり」「こおり」の6種類があります。 それぞれスリップダメージを与えたり、能力を下げたり、行動不能にしたりと役割が違います。 突然の状態異常にも対応できるようにするのが、うまい構築作りです。 その他にも「やどりぎ」「のろい」など状態異常ではないですが、スリップダメージを与える技も存在します。 天候:フィールド 天候は「ひざしがつよい」「おおあめ」「すなあらし」「あられ」の4種類。 フィールドは「サイコフィールド」「エレキフィールド」「ミストフィールド」「グラスフィールド」の4種類です。 天候やフィールドによって、スリップダメージを与えたり、技の威力が変わったり、状態異常が効かなかったりします。 天候は全てのポケモンに効果を反映しますが、 一部の特性を除く フィールドは浮いているポケモンには効果は反映されません。 「こだわりスカーフ」や「こだわりハチマキ」「こだわりメガネ」「とつげきチョッキ」など、制約を課してステータスを上げる持ち物や 「くろいてっきゅう」「こうこうのしっぽ」「くろいヘドロ」など持たせるとマイナス補正になるアイテム 「たつじんのおび」「いのちのたま」などの火力アップアイテム 特定の条件で発動する「じゃくてんほけん」や「だっしゅつボタン」「レッドカード」 「きのみ」一つだけで戦局が、がらりと変わる事もよくあります。 相手のポケモンが、何の道具を持っているのか、ある程度予想して立ち回ることができれば、勝ちが見えてきます。 技といえばポケモンと言うほど大切です。 ポケモン対戦でよく使われている技の性能を把握しておくことは勝利への最低限の課題です。 攻撃技 メインウエポン タイプ一致技とも言われ、繰り出すポケモンと同じタイプの攻撃技のことをメインウエポンと言います。 最大火力を出す事ができるため、アタッカーは勿論、ほとんどのポケモンに採用されます、 サブウエポン タイプ一致技の他に覚える事ができる、別タイプの攻撃技のことです。 主にタイプ一致技が通らない不利なタイプに通すための補完として採用します。 サブウエポンはメインウエポンよりはダメージが出にくいですが、タイプ一致技より分かりにくく対応しにくいです。 その他の攻撃技 ダメージはあまり大きくありませんが、他の特別な役割を持った攻撃技です。 「ほっぺすりすり」や「ほのおのムチ」「がんせきふうじ」「アシッドボム」「かわらわり」など、特別な追加効果を持ったものや 「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」などの交代しながら攻撃できる技は、相手に削りを入れながら有利ポケモンを後出しすることができます。 「でんこうせっか」「アクアジェット」「かげうち」などの先制技も戦局に大きな影響を及ぼす技です。 変化技 攻撃技以外の全ての技を相性して変化技と呼びます。 「つるぎのまい」「わるだくみ」「コスモパワー」自分の能力を上げる「積み技」 「いやなおと」「しっぽをふる」「あまえる」など相手の能力を下げる技 「ねむりごな」「さいみんじゅつ」「でんじは」「どくどく」などの状態異常を起こす技 「ちょうはつ」「くろいまなざし」などの相手の動きを制限する技 フィールドや天気を展開したり、他にも様々な効果の変化技が存在します。 ポケモン対戦で勝つためには 沢山の型を知る ポケモンを育成するにあたって、考慮すべきは「型」というものです。 具体的にいうと 「ポケモンは一般的にどのタイプやどのポケモンを倒す為に育てられ、どんな道具を持たせ、どんな技を覚えさせているのが多いのか。 」です。 型を知ることで、初めて対策が打てますし、避けた方が良い対面も知る事ができます。 またポケモンによって様々や役割を持つ事ができるため、人それぞれ育成に個性が出たり、はたまた一芸のみに秀でた結果、誰が育てても全く同じ育て方をするポケモンも存在します。 器用な例「ミミッキュ」 ミミッキュは、特性「ばけのかわ」で攻撃技を一度無効に出来るため、行動保証がありとても強いポケモンです。 基本のアタッカー型は、「ばけのかわ」を盾に「つるぎのまい」を積み相手を無双していく、最も一般的な型。 あらゆるポケモンを対面で処理できる非常に優秀な型ですが、 守りが硬い物理受けポケモンには受け倒されてしまいます。 なんとスリップダメージであらゆる受けポケモンを封殺する事ができます。 他にも状態異常を撒いたり、トリックルームを張ったりするサポート型も存在します。 5%で当てる事ができます。 バタフリーは種族値が低く、アタッカーや受けなどの役割を持たせるのは荷が重が重いですが、この特性「ふくがん」はとても強く。 バタフリーよりすばやさが遅い「ねむり」状態への耐性がないポケモンは、眠らされハメ倒されてしまいます。 その為に起点作りポケモンに「おいかぜ」を持たせてすばやさをサポートしたり、すばやさランクをあげてバトンタッチしたり、様々なお膳立てを行います。

次の