宮司 愛海 写真 集。 フジ宮司愛海アナ、写真集が発売4日で重版 女子アナの中でも頭1つ抜ける人気ぶり

【女子アナ】フジ宮司愛海アナ(28)、写真集が発売4日で重版決定!

宮司 愛海 写真 集

フジテレビ・宮司愛海アナウンサーのフォトブック「S-PARK特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ」 講談社刊 の重版が2月1日に決まった。 1月29日の発売からわずか4日目での決定となる。 想定された40~50代のスポーツ好きな男性層に加え、20~30代の女性層にも支持されていることが判明。 さらなる売れ行きが見込めると判断しての重版。 近年、さまざまな女性アナウンサーやキャスターが写真集を発売しているが、類書と比較して1. 2~1. 5倍の売れ行きという。 初回出荷限定で特製ステッカーが封入されたが、今回の重版分までステッカーが入ることも発表された。 SNSには「女優さんみたい」「綺麗が留まることを知らないみたい」「可愛いくて綺麗」など称賛の声が多数寄せられている。 フォトブック「S-PARK特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ」 引用元:.

次の

宮司愛海アナ写真集発売4日で重版決定 田中みな実に続くか|日刊ゲンダイDIGITAL

宮司 愛海 写真 集

そんな彼女を初めて本格的に撮りおろした本書は、『S-PARK』のテーマでもある「スポーツの力」をベースに構成。 柔道、サーフィン、バスケットボールなど本人も初体験となるいくつもの競技に挑戦したり、スポーツ取材の傍ら彼女がスマホに残した「現場写真」、さらに収録時のファッションやメイクなどの「舞台裏」を初公開。 さらに自身初となる「撮りおろし」ではテレビでは絶対に見ることのできない素のシチュエーションにもチャレンジ。 リラックスした表情や飾ることのない仕草は必見となっている。 また、読み物としても充実。 彼女の意外過ぎる一面が興味深いロングインタビューのほか、『S-PARK』で共演する中村光宏アナ、鈴木唯アナ、黒瀬翔生アナとのスペシャルトークを収録。 番組の目指す方向性や人間関係も垣間見える。 ほかにも宮司本人が書き下ろした各競技を体験してのエッセイが随所にちりばめられるなど、話題性も十分の構成となっている。 撮影は広告やファッション撮影でも高い評価を受ける三瓶康友。 数多のアーティスト、女優を手掛けてきた注目の若きクリエーターが今回は「見た人が、え、これ宮司さんなの?って思うカットを撮りたい」と撮影に臨んだ。 「アナウンサーらしい凛々しさ」「アイドル顔負けの愛らしさ」などの厳選されたカットで宮司ファン、アナウンサー好きを満足させる一方で「スポーツのエッセンス」をライフスタイルに取り入れているという宮司アナが語る美容やファッションへのこだわりは、そういったジャンルへの情報感度の高い女性層やアナウンサー志望の女子学生などにも楽しんでもらえる。 2020年東京五輪に向け、ありそうでなかった「局アナのリアル本」の誕生だ。 【宮司愛海さんコメント】 様々なスポーツの体験やスタジオ内外での写真撮影、そしてロングインタビューなど、局に勤めるアナウンサーとして今後きっと無い、貴重な経験をさせていただけたと思っています。 また、普段テレビ局で働く人間として、出版社の方々のお仕事風景を間近で見られたことも興味深く、今後の糧になりました。 私自身あまり感情の表現は器用な方でなく、普段の番組などでは我慢していたりどうしていいか分からなかったりする部分が多いのですが、この本の中では素直に、嘘をつかないでいようと心がけました。 もし、番組を見てくださった方の中に「どういうことを普段考えているのかな」「どう仕事に向き合っているのかな」「どんな私生活を送っているのかな」なんて思ってくださった方がいれば、手に取っていただきたいです。 【書誌情報】「S-PARK特別編集 宮司愛海フォトブック まっすぐ」 撮影・三瓶康友 講談社より1月29日発売B5判2200円(税別).

次の

“週末夜の顔”フジ宮司愛海アナ初「写真集」5位に初登場

宮司 愛海 写真 集

2020年を目前に、フジテレビスポーツ報道の顔として大注目の宮司愛海アナ。 『S-PARK』する人気局アナの初撮りおろし! 「もし、番組を見てくださった方の中に『どういうことを普段考えているのかな』『どう仕事に向き合っているのかな』『どんな私生活を送っているのかな』」なんて思ってくださった方がいれば、手に取っていただきたいです」と語る宮司愛海アナウンサー 28歳。 フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』のメインキャスターとして、土曜、日曜の夜の顔ともいうべき存在だ。 入社5年目の若手ながら、誰からも好かれる清潔感、明るさと、知的な美貌に加え、抜群の安定感をみせるアナウンス能力で、いまや同局の「スポーツ報道の顔」でもある。 そんな彼女を初めて本格的に撮りおろした本書は、『S-PARK』のテーマでもある「スポーツの力」をベースに構成。 柔道、サーフィン、バスケットボールなど本人も初体験となるいくつもの競技に挑戦したり、スポーツ取材の傍ら彼女がスマホに残した「現場写真」、さらに収録時のファッションやメイクなどの「舞台裏」を初公開。 さらに自身初となる「撮りおろし」ではテレビでは絶対に見ることのできない素のシチュエーションにもチャレンジ。 「私自身あまり感情の表現は器用な方でなく、普段の番組などでは我慢していたりどうしていいか分からなかったりする部分が多いのですが、この本の中では素直に、嘘をつかないでいようと心がけました」と語るように、リラックスした表情や飾ることのない仕草は必見となっている。 また、読み物としても充実。 彼女の意外過ぎる一面が興味深いロングインタビューのほか、『S-PARK』で共演する中村光宏アナ、鈴木唯アナ、黒瀬翔生アナとのスペシャルトークを収録。 番組の目指す方向性や人間関係も垣間見える。 ほかにも宮司アナ本人が書き下ろした各競技を体験してのエッセイが随所にちりばめられるなど、話題性も十分の構成となっている。 撮影は広告やファッション撮影でも高い評価を受ける三瓶康友氏。 数多のアーティスト、女優を手掛けてきた注目の若きクリエーターが今回は「見た人が、え、これ宮司さんなの? って思うカットを撮りたい」と撮影に臨んだ。 「アナウンサーらしい凛々しさ」「アイドル顔負けの愛らしさ」などの厳選されたカットで宮司ファン、アナウンサー好きを満足させる一方で「スポーツのエッセンス」をライフスタイルに取り入れているという宮司アナが語る美容やファッションへのこだわりは、情報感度の高い女性層やアナウンサー志望の女子学生などにも楽しんでもらえる。 2020年東京五輪に向け、ありそうでなかった「局アナのリアル本」の誕生だ。 このフォトブックは宮司アナのファンの方はもちろん、宮司アナのことをよく知らない方でも読み応え十分な万人向けの作品だと思います。 S-PARKメンバーをはじめとしたテレビ関係者や様々なアスリート関係者と忙しなく関わる職場。 人事尽くして天命を待つをモットーとしたその直向きな仕事への向き合い方は個人的にとても共感ができ、ビジネス本としても参考になりました。 また、フォトに写っている宮司アナは非常に自然体で嫌みがなく(おそらく元々がそういう方なのだと思います)、ビューティーコラムなども掲載されているので女性の方にもお勧めだと思いました。 個人的に1番読み応えがあったのが巻末のロングインタビューで、宮司アナが現在に至るまでのルーツが詳細に書かれています。 その道程は決して順風満帆ではなく、まっすぐどころか紆余曲折も多々。 でも、宮司アナは度々道を壁に阻まれて曲がることを強いられても腐らず、曲がった先で常に次に進むべきまっすぐを選んで歩み続け、その結果として今の宮司アナに至っているのだと解釈しました。 そんな宮司アナの生き方に共感する方や、勇気をもらいたい方は老若男女問わずこの「まっすぐ」をお勧めします。 フジテレビアナウンサーで「S-SPARK」のMCを務める宮司アナの番組特別編集の写真集である。 フリーアナウンサー田中みな実の写真集がバカ売れしているが、宮司アナの場合はフリーではないので、こういう編集コンセプトになった。 宮司アナの女性としての魅力を見せるのではなく、あくまでも番組の中で活躍する宮司アナのアナウンサーとしての仕事ぶりをフォトにしている。 セクシーさや美ボディを期待していたファンの方は少々がっかりしたかもしれないが、タレントではなく、局アナなので、それを期待するのは無理だ。 しかし、この番組編集こそが、宮司アナの魅力を醸し出している。 仕事に臨む姿勢やコメントに価値がある。 宮司アナの語りに注目したい。 女性としての性的魅力を封印しているが、それが今回は良かったと思う。 今後の楽しみに残しておきたい。 これだけ思いのままに語る人であれば、本の出版も期待出来る。 カトパンのエッセーもヒットしたが、宮司アナの本も売れるに違いない。 次回はそれを楽しみにしたい。 しかし、仕事スタイルのフォトでも、宮司アナの美しさや可愛らしさは抜群だ。 露出だけが写真集ではない。 こういう楽しみ方もあるのだ。 お勧めの一冊だ。

次の