このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています。 Windows7編:USBドライバのインストールに失敗した場合の対処方法

Windows10でIntel系のグラフィックドライバーの更新と再インストール手順

このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています

デバイスマネージャーを開く 「Windows」マークを右クリックし、メニューにある「デバイスマネージャー」をクリックします。 この画像は「Windows10 Creators Update」以前のものです。 「デバイスマネージャー」が開きます。 コントロールパネルから開く 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 システムとセキュリティ画面の「システム」をクリックします。 システム情報が表示されるので「デバイスマネージャー」をクリックします。 デバイスドライバの再インストール デバイスドライバの再インストールは、ドライバを一旦削除して再度インストールする方法と、ドライバの更新機能を利用して再インストールする方法があります。 ここでは、ドライバの更新機能を利用して再インストールする方法を紹介しています。 デバイスマネージャーに表示されている、目的のデバイスの「〉」アイコンをクリックして展開します。 目的のデバイス名を右クリックした「ドライバーの更新」をクリックします。 デバイスドライバの更新方法を選択します。 ドライバの再インストールでは「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を実行。 このドライバの更新方法は、パソコン内に既にあるドライバを選択するか、任意でドライバファイルを準備して、その場所を指定する二つの方法があります。 「次の場所でドライバーを検索します。 」 既に利用しているドライバではなく、ドライバソフトウェアが有り任意で指定してドライバを再インストールする場合を指定する。 適用できるドライバが見つからない場合は「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」と表示され、再インストールされません。 「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します。 」 パソコン内にある利用可能なドライバを表示させ、選択してドライバを再インストールする。 「ディスク使用」は、周辺機器に同封されているドライバが入っているディスクなで、ドライバの再インストールをする場合。 上記、どちらの方法も準備ができたら「次へ」をクリックします。 再インストールが終了すると、「ドライバーが正常に更新されました」を表示されので「閉じる」をクリックします。 これで、ドライバの再インストールは完了です。 ドライバの再インストールができない、問題が改善されない ドライバが再インストールできない場合の解決方法として、ドライバを一旦削除してパソコンを再起動させることで、Windows が接続されている周辺機器のドライバを自動で検索して再インストールすることができます。 ただし、ドライバソフトウェアに不具合がある場合はインストールが失敗したり、周辺機器の問題も改善できません。 この場合、周辺機器メーカーのウェブサイトで最新のドライバをダウンロードして、上述の「次の場所でドライバーを検索します」の方法で、ダウンロードしたドライバの場所を指定してドライバを再インストールします。 デバイスドライバを、インターネットから自動で検索して適用できるドライバソフトウェアがあれば、ドライバを更新する。 適用するドライバが見つかれば自動で更新され、なければ更新されずに終了します。

次の

デバイスドライバーを完全に削除する

このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています

3 概要 Windowsではデバイスドライバを一度インストールすると、ドライバストアに保存され、次回以降、デバイスが検出された際にはドライバストアからデバイスドライバがインストールされます。 この記事ではドライバストアからデバイスドライバーを完全にアンインストールする手順を紹介します。 手順 infファイル,PNFファイルの削除 Windowsフォルダ内の"inf"フォルダを開きます。 デバイスマネージャーから削除したいデバイスのプロパティウィンドウを開きます。 削除したいドライバのinfファイル名、メーカー名を調べておきます。 また、[ハードウェア ID]も調べておきます。 "INF"フォルダ内に削除したいドライバのinfファイル名と同じファイルがあれば、そのファイルを調べます。 なければ "oem00. inf" の形式のファイルを開いて内容を確認します。 infファイル内には、対応するハードウェアIDやメーカー名が記載されています。 今回の例では"oem38. inf"が削除したいデバイスのドライバinfファイルでした。 "INF"フォルダ内の"oem38. inf"と"oem32. PNF"ファイルを選択して削除します。 デバイスのアンインストール 続いてデバイスをアンインストールします。 デバイスマネージャーのウィンドウを表示し、削除したいデバイスを選択します。 右クリックしてポップアップメニューを表示し、[デバイスのアンインストール]をクリックします。 下図の削除ダイアログが表示されます。 [このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します]のチェックボックスにチェックをして、[アンインストール]ボタンをクリックします。 [このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除します]のチェックボックスが表示されない場合は、USB 2. 0ドライバーなどのOS標準のドライバーに変更されている可能性がありますので、その場合は元のドライバーに変更してから再度アンインストールを実行してください。 pnputil での確認 pnputilでドライバーの一覧から削除されているかを確認します。 PowerShellまたはDOSプロンプトのウィンドウを表示し pnputil -d infファイル名 コマンドを実行します。 今回の例では pnputil -d oem38. inf コマンドを実行します。 デバイスがインストールされている状態の場合「ドライバー パッケージを削除できませんでした : ひとつ以上のデバイスが現在、指定された INF を使用してインストールされています。 」のメッセージが表示されます。 この場合は、先に紹介したデバイスマネージャーからデバイスドライバーのアンインストールを実行します。 既にデバイスドライバーがアンインストールされている場合は、下図の「ドライバーパッケージを削除できませんでした : 指定されたファイルが見つかりません。 」のメッセージが表示されます。 デバイスの再検出 デバイスマネージャーのウィンドウを開き、右クリックし ぽっぷあっぷポップアップメニューを表示します。 [ハードウェア変更のスキャン]メニューをクリックします。 先ほど削除したデバイスが再検出されます。 プロパティウィンドウを表示します。 OEMのドライバではなくMicrosoftのドライバーで検出できています。 OEMのドライバーをドライバストアから削除できました。

次の

ディスプレイドライバーはどこから入手できますか?|Q&A

このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています

操作の案内の前に伝えておきたい事 操作案内の前に伝えておきたいことがあります。 ドライバーは本当に更新する必要があるのか確認しよう ドライバーを更新することにより、消費電力を抑えられたり、繋がらなかったインターネットが繋がったりとメリットがありますが、今のところ何の問題がない場合は、ドライバーは更新しない方がいいです。 何の問題もないのにドライバーを更新すると、別の不具合が生じたり、繋がっていたインターネットが繋がらなくなったりする場合もあります。 よって、特に何も問題がない場合は、ドライバーの更新は控えましょう。 標準ユーザーのアカウントの場合はドライバーを更新することは出来ない ログインしているアカウントが「標準ユーザー」の場合、デバイスマネージャーを開くと下記の画像が表示されて、ドライバーを更新することは出来ないので「管理者」でログインして行う必要があります。 現在ログインしているアカウントが管理者なのか確認したい場合は、下記の記事を参照してください。 「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」について ドライバーを更新する際に、2つの項目が表示されます。 ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索 インターネットを通じて自動的に最新のドライバーをインストールします。 よって、インターネットが繋がっていないとドライバの更新はできません。 コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索 ご自身でメーカーのHPに行き、ドライバーをダウンロードしてパソコンにインストールします。 古い機器の場合は、ドライバーがない場合もあります。 最近ではドライバー単体ではなく、アプリケーション EXE をダウンロードしてインストールするものも増えてきており、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」は使用しないように各メーカもなってきてます。 【サウンドドライバーのアプリケーション】 初心者の方からすれば、デバイスマネージャーから自分で設定するのがハードルが高いため、よりシンプルにすることにより、アプリケーションからインストールする方法を各メーカーは対策をとっているのかもしれません。 よって、ここでは「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」の案内はしておりませんのでご了承ください。 操作手順 では「Windows10 デバイスドライバーを更新して問題を改善する」の案内に入りたいと思います。 【標準ユーザーとしてログオンしていますと表示された場合】 ・ 「OK」ボタンを左クリックして、管理者でログインしてください。 ・デバイスマネージャーが開きます。 ・ここではBluetoothのドライバーである「インテル R ワイヤレスBluetooth R 」を例に案内していきます。 更新したいドライバーを選択してください。 「Bluetooth」をダブルクリックします。 ・ 「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を左クリックします。 ・ドライバーのインストールが始まるので待ちます。 ・「ドライバーが正常に更新されました」と表示されたら、右下にある 「閉じる」ボタンを左クリックします。 最後にパソコンを再起動して、不具合があった機器が正常に動作するか確認してみてください。 【更新できるドライバーが無い場合】 「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」と表示された場合は、現時点で更新できるドライバーが無いので、下にある 「Windows Updateで更新されたドライバーを検索する」を左クリックします。 Windows Updateの更新プログラムを最新な状態にすることにより、最新のドライバーが自動的に更新される場合があります。 ・Windows Updateの更新プログラムの画面が開くので 「更新プログラムのチェック」を左クリックします。 ・「更新プログラムを確認しています」と表示されるので待ちます。 ・「再起動が必要です」と表示されたら、ここでいったんストップしてください。 注意点が2つあります。 【1点目】 「今すぐ再起動」ボタンを押すと再起動が始まり、最新の更新プログラムのインストール準備に入るので、作業中の保存していないデータは全て失われます。 保存したいデータがあるのであれば、この画面は閉じてデータを保存した後に、ご自身でパソコンを再起動してください。 【2点目】 最新の更新プログラムが適用されるので、一時的にパソコンが使用できなくなり、更新プログラムのファイルが大きい場合は時間が掛かることがあります。 そして、ノートパソコンをお使いの方は、バッテリー残量を確認してください。 最新の更新プログラム適用中にパソコンの電源が落ちてしまうと、最悪の場合パソコンが起動できなくなる恐れがあるので、バッテリーの残量が少ない場合はACアダプターを繋いでください。 ・よければ 「今すぐ再起動する」のボタンを左クリックして再起動をします。 再起動後、新しいドライバーがあれば自動的にインストールされているので、デバイスマネージャーからドライバーの更新をする必要はありません。 問題があった機器が改善されたかどうか確認してください 「Windows10 デバイスドライバーを更新して問題を改善する」については以上になります。 参考になればよかで~す^^.

次の