カリビアン ビーチ リゾート。 海外おすすめビーチリゾート10選!人気のモルディブ・南イタリアなど|海外旅行のSTW

一度は泊まってみたい!カリブ海を望む憧れのリゾートホテル8選。

カリビアン ビーチ リゾート

海なし県の群馬桐生には、ボディボードで遊べるほどの大波が来るビーチがあるんです。 そこは桐生にあるカリブの海?カリビアンビーチというところです。。 もしかしたら桐生に生まれた子供たちは日本海や太平洋を見る前にカリビアンビーチにくる波、浜辺を先に見るかも?というぐらい桐生周辺に住んでる人たちにも人気で有名な所で遠方からワザワザ来るほど十分楽しめるビーチとなってます。 しかも1年中入れる常夏のビーチなんです。 1年中入れますが、特に混んでるのが子供の夏休み期間中ですね~!その中でも土日祝日やお盆休みなどのお父さんもお母さんも一緒に休みの日は家族連れに若いグループたカップルのデートスポットとして大混雑してる時が多かったです。 何故1年中冬の寒い日でも入れるかと桐生市新里温水プール言うと隣にという施設があり焼却炉から出た熱をカリビアンビーチの室内、プールの水は温水へとしてるからなんです。 エコですね~~。 ちなみにカリビアンビーチの正式名称は桐生市新里温水プールです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 営業時間:10時~21時まで(入場20時まで) 定休日:10月~4月は毎週木曜日(祝日除く)、12月31日、1月1日と2月中は点検で休業 平日入場料:大人510円、小中学生300円、幼児100円(7月21日~8月31日までは平日でも土日料金) 土日祝日入場料:大人820円、小中学生500円、幼児100円 3か月、半年、年間パスポート会員の料金設定もあります。 割引券や割引クーポン情報:JAF会員証提示で平日100円引き、土日150円引き・15名以上で団体割引・を使うと平日大人100円引き、土日大人160円割引になります。 脱衣所のロッカー数に限りがあるので混雑時は入場制限される時もあります。 3歳未満はカリビアンビーチに入れません。 また日常オムツを使用してる人も入れません。 飲食物(フロントで買われたものも含む弁当、お菓子、水筒、ペットボトル、アルコールなど) は一切持ち込み禁止:入場後の館内にレストラン、カフェ、自販機があります。 ペット、ビデオカメラ、レジャーシート類、浮き輪、ビーチサンダル、ボディーボード等遊具類は持ち込み禁止:浮き輪などはプールサイドでレンタルがあります。 館内は裸足移動なのでビーチサンダルも必要ありません。 小学生2年生以下は保護者同伴 水着以外の服装も利用不可、彫り物をされてる方(ワンポイントは除く)はラッシュガード等を着用 プール内ではメガネ、アクセサリー等の金属類をつけての利用もご遠慮くださいだそうです。 入場後は一時退館は不可になるので車の場合は車内に忘れものがないかチェック 館内禁煙です。 水中へのカメラの持ち込みも禁止です。 ウォータースライダーは無料1コース、有料で2コースありますがいずれも120cm未満は利用できない身長制限があります。 体重制限はないようです。 フロントで入場料金を支払います。 写真上は空いてますが、混んでる時は人が並んでいて20分ぐらい待たされる時もありますよ。 リストバンドを渡されます。 このリストバンドは脱衣所のロッカーナンバーが記されてるロッカーキーになってます。 なのでロッカーは無料で100円とかのコインは必要ありません。 館内では有料で浮き輪などが有料レンタルされてますが、この リストバンドを見せて支払いは退場の時に清算します。 ウォータースライダーの料金や館内のレストランや自販機のジュースなど全てリストバンドで購入して後で精算になります。 だから 脱衣所からプール内に小銭等をもっていく必要はありません。 このように日帰り温泉施設のような料金システムなんです。 浮き輪は1日レンタルで大きいのが410円、中っくらいが310円、ちっちゃいのが210円です。 ボディボードは大人310円、中学生210円です。 上の浮き輪写真を見てもらうとデザインとかは同じ浮き輪が多数あるので一度借りたら、返す時まで自己管理です。 ホッぽりだして適当な所に置くと後で誰のだかわからなくなります。 波の出るプール回りには誰が借りたのかわからなくなってしまった行き場のない浮き輪がよく転がってします(笑) スライダーは2コース有料で浮き輪を使って滑ります。 2人乗りと1人乗りの浮き輪があります。 この浮き輪を1日レンタルする事で1日中滑り放題です。 料金は大人520円、小中学生410円です。 しかし浮き輪を借りるという形になってますが、実際は乗る前に浮き輪置き場から取って、乗り終わったら浮き輪置き場に返すという形になります。 浮き輪のウォータースライダー代金を払って人か払ってない人かの区別は、ロッカーキーとは別のリストバンドを付けてくれます。 だから1度このリストバンドをつけたら帰る時まで乗りたくなった時にだけ浮き輪を借りて滑れます。 カリビアンビーチの館内マップです。 館内は2階建てになっています。 脱衣所を出ると目の前に波のプールがお出迎え! この波のプール、波の大きさが日や時間によって違います。 通常は小さい子供でも安心の小波。 大波は土日祝日に2回。 さらに凄いボディボード用の大波もあります。 大波は溺れそうなくらい激しくて楽しいですが中学生以上でないと入れません。 また小波でも沖に行かないようにお客を線引きしていて、小さい子が沖に行こうとするとスタッフに「ピピィー」と笛を鳴らされ注意されてしまいます。 カリビアンビーチは至る所に休憩できるイスがあるので子供を見ながらイスに腰掛けてる事もできます。 次に楽しいのが流れるプール。 水深1mで全長は150mもあります。 浮き輪に腰掛けてプカプカ揺られてると気持ちいいんです。 流れるプールの回りに自販機コーナーがあります。 流れるプールの横には子供用プールもあります。 水深30cmと40cmと75cmの小さなプールがあります。 水が滝のように落ちてくる所もあってチビッコたちの楽しい声が響いてました。 本格的に泳ぎたい人には競泳用プールもあります。 ここを泳ぐには競泳用キャップを借りて泳ぎます。 子供の歓声が聞こえるロデオマウンテン。 小学生だけが利用できる無料のすべり台です。 13,6mと11,7mと12,7mの3コースあります。 ロデオマウンテンを滑る際の注意書きです。 そして大人気のウォータースライダー。 チューブの中を滑ります。 このチューブは建物の外に一度出ます。 ただチューブなので外の光は入ってきません。 そしてザブーンと滑り落ちてきます。 一番右の黄色のチューブのスライダーは無料です。 他二つは有料で専用の浮き輪に乗って滑りますが、この黄色は浮き輪を使わず体だけで滑ります。 有料スライダー代金は1日大人520円、小中学生420円です。 一人乗りと2人乗り好きなほうで楽しめます。 無料も有料も身長制限があり1m20cm未満の人は乗れません。 プールの回りにはお風呂に近い温度のジャグジーがあります。 ジャグジー風呂はアチコチに複数あります。 サウナもジャグジーも水着着用ですよ。 サウナルームもあります。 サウナルームの前を通ってレストランに行けます。 カリビアンビーチは昼食や夕食が食べられるレストランがあります。 レストランも水着を着たままです。 大きな窓があり外を眺めながら食べる事ができます。 レストランも裸足のままです。 レストランメニューです。 カリビアンビーチレストランは11時~20時まで営業しています。 しょうゆラーメンとから揚げ 夏は外のカフェテリアでも食事する事ができます。 外のカフェテリアではファーストフード的な食べ物になります。 泳いだ後にお腹減った時は何食べても美味しいですよね。 波の出るプールの横には通年営業のカフェテリアがあります。 ソフトクリームやコーラなどのソフトドリンクが注文できます。 トレーニングルームもあります。 しかしこのトレーニングルーム制約が多すぎる・・・ フロント周りでは水着を売ってました。 焼きそばとかは帰りのカリビアンビーチのお土産に。 またフロント周りにはUFOキャッチャーやガチャガチャなどのゲームコーナーもありました。 カリビアンビーチ園内マップ カリビアンビーチパンフレット 子供が小さい時は入場料もそんなに高くはないのでしょっちゅう行って遊ばせてました。 また遠いにも行った事がありますが、プールの内容に関しては、居心地、楽しさはカリビアンビーチのほうが上と感じました。 1年中入れるし、波のプールも流れるプールも大きいしスライダーも迫力あるので大人でも子供でも楽しめる上等なプール施設かと思います。 休憩時間もあって一斉にプールから上がらせる安全面、健康面もしっかりしています。 ただ・・・・真夏日などに特にプールに行きたくなる気が誰しもすると思いますが、ここは屋内なんです。 だから館内全体がちょっとしたサウナにいるかのように空気がモヤっとしてる感じがするのと、野外にあるプールと違って水が冷たくてスッキリ、サッパリした気分にはなりにくいかも~温水プールですから。 また夏の混雑日は人出も多いからでしょうか?衛生面的に塩素の量も多くなってるのか若干濁ってる感じがします。 春や初夏や秋、冬に行くと濁りは一切感じないんですけど~~~。 私個人的には夏真っ盛り以外のシーズンにカリビアンビーチに行って泳ぐのが好きです。 夏のいい点は野外プールだと日焼け止めなどやサンオイル等が必要な場合がありますが、カリビアンビーチは屋内だから日に焼けるという心配はありません。 日焼けしたくないけど水遊びをしたい人には最適なプールなんです。 :住所:群馬県桐生市新里町野461 電話: 0277-70-2121 遠方から高速道路を走ってくる場合のアクセスは、北関東道太田藪塚インターや太田桐生インターより、伊勢崎インターからのほうが近くここで降りれば約8キロ、約15分で行く事ができます。 JR桐生駅からカリビアンビーチまで車で約11キロ、約25分前後で行く事ができます。 桐生市内なんですが元新里村なので気持ちは少し遠いと感じてしまう距離です。 最寄り駅は上毛電鉄新里駅ですが、バスがないのでタクシーで行くか・・・歩くとなると約2,7キロもあります。 20~30分かかります。 デマンドタクシー利用すれば約5分です。 バスを利用してカリビアンビーチに行く人は、 JR両毛線伊勢崎駅南口からバスが出ています。 地図上はタクシーなどを使った場合の時間ですが、バスだと伊勢崎駅から大体35分で到着します。 伊勢崎駅南口から出るバスは「いせさきしコミュニティバス~あおぞら」の赤堀シャトルバスとなります。 なんとこの バス料金は何と!1日乗車賃200円だそうです。 だから往復200円でOK! 凄いな~伊勢崎市~JR桐生駅からも新里駅からもバスがないのに!!何故桐生のプールなのにないんだろう?? > 車で行く場合は道路沿いにカリビアンビーチ入入口が出てます。 カリビアンビーチに行くまでの道中は畑や田んぼなのでこの清掃センターの建物の煙突も目印です。 ここを左折します。 左折すると左側にある広大な空き地のようなスペースが カリビアンビーチの無料駐車場です。 なおここに車を停めて隣の清掃センターの敷地へポケモンGOをする人がいたそうですが、今は入場禁止の看板があるし、大型の清掃車が走るので危ないから絶対入ってはいけません。 無料駐車場は800台分もありますが、 混んでる日はとことん混雑しています。 自分が行きたいと思う日は大体他の人も行きたくなる日なんですね。 近くの宿泊施設で泊まりでカリビアンビーチに行く人は(近い)、(近い)、、あたりがいいかも! 車を降りたら目の前にカリビアンビーチの建物があります。

次の

WDW ディズニー直営ホテル モデレートリゾートまとめ

カリビアン ビーチ リゾート

常夏の楽園でビーチを満喫しよう!南太平洋の真珠 フィジーとは南太平洋に位置する330もの島々からなる常夏の楽園です。 330もの島があるので、いたるところにビーチがあり、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティを楽しむことも可能です。 島ごとに特色が異なるフィジーは、モルディブのうに1島1リゾートの滞在型リゾートから、人々が昔ながらの生活を営んでいる島、サラサラの白砂が自慢の島など様々です。 また、明るく陽気なフィジアンが多い国フィジーは子供にも優しい国です。 子供向けのキッズプログラムや、ベビーシッターなどを完備しているホテルも多く、家族向けにもお勧めのリゾートです。 是非ご検討ください! 美しいカリビアンブルーが自慢! メキシコ随一の憧れリゾート カンクンはカリブ海を望むユカタン半島先端に位置しするカリブ海屈指の豪華リゾートです。 長さ20kmの白砂ビーチには豪華なラグジュアリーホテルが立ち並び、世界中の憧れとなっています。 また、カンクンはビーチだけではなく、観光でもお楽しみいただけます。 中でも有名なのがマヤ族によって作られた「チェチェン・イッツア」。 世界遺産の他に「新世界七不思議」にも認定されただけあり、壮大な遺跡に圧倒されること間違いありません。 他にも、神秘の天然泉、「セノーテ」でのシュノーケリング・ダイビングなど、魅力がたっぷりつまったカンクン。 リゾートが充実しているので、家族連れにもお勧めです! お財布いらずのオールインクルーシブを満喫 キューバ随一のビーチリゾート・バラデロ ハバナ市内から車で2時間半程の位置にある、キューバ最大のビーチリゾート。 バラデロは横に長い土地の造りで、ビーチの目の前にたくさんのホテルが建てられています。 カリブ海の透き通り青さと白い砂浜のグラデーションは息をのむほど。 バラデロのリゾートホテルはほとんどが「オールインクルシブ」制。 ホテル内での食事・ドリンク・プールやジムも無料で利用可能で、ホテル主催の各種アクティビティーにも追加料金なしで参加できます(マッサージ代金、電話代などは有料)。 何をするでもなく、海とプールでぼぉ~と過ごす、そんな優雅なひとときを過ごせる、今、注目のリゾート地です!.

次の

ディズニーズ カリビアン ビーチ リゾート (Disney's Caribbean Beach Resort)

カリビアン ビーチ リゾート

勘の良い方はもうお気づきかも知れませんが、リトルマーメイドのセバスチャンのレストランです。 料理はもちろんカリビアン料理ですが、意外と日本人の味覚に合うかと思います。 セバスチャンのレストランと言っても、キャラクターダイニングではなく、カジュアルスタイルのテーブルサービスレストランになります。 カリビアンビーチリゾート カラフルな色合いで南国の雰囲気がたっぷりな当リゾートは、数あるWDWディズニーリゾートの中でも古株。 僕が10年程前に滞在した際には、施設の古さにかなりがっかりした覚えがあります。 そんなリゾートも数年前から大リニューアルを開始し、新しいリゾートに生まれ変わりつつあります。 当リゾートのメインエリアもリニューアルが完成し、このレストランのオープンもそのリニューアルの一環です。 リニューアルでもっと魅力的なリゾートに おそらく来年中には、リニューアルも完結し、おそらく人気リゾートになる事は間違いないでしょう。 まずは立地が最高で、EPCOTとハリウッドスタジオが道を挟んで向かい側。 徒歩では無理ですが、両パークともロープウェイで繋がる予定で、当リゾート内に巨大なロープウェイの駅が建設中です。 またDVC ディズニーバケーションクラブ の専用ホテルも湖の反対側に建設中。 古いリゾートが便利で綺麗なリゾートとして生まれ変わります。 レストランの場所 カリビアンビーチリゾートのロビーやフードコートを備えた、「Old Port Royale」というメインエリアがレストランのある場所です。 沢山の施設が集まるエリアですので、初めてだとわかりにくいので、キャストさんに聞いてみてください。 僕が聞いた時にはキャストさんがわざわざレストラン入口まで連れて行ってくれました。 価格 レストランの価格帯としてはカジュアルレベルです。 僕の経験から、高級価格帯レストランのサービスは大抵堅苦しく、ディズニーらしさを失いお高い感じが否めないレストランが多く、その割には味の差はない事が多いです。 このレストランは値段も控えめで味も最高です。 料理 とにかくのオススメはJerk Chicken というカリビアンの代表な鶏肉料理。 カリビアン料理のレストランでは登場回数も多いので、わざわざこのレストランで食べなくてもいいと思っていたんですが、サーバーさんのオススメで注文したら、これが驚くほどの美味しさでびっくり。 少し甘目のソースにJerk ソース特有のピリ辛が加わったジューシーな鶏肉。 今思い出してもまた食べたくなる、そんなレベルで、2週末続けて食べに行ったくらいです。 その他、アパタイザーとして頼んだ「pull apart Rolls」や「ゴートカレー」も本気で美味しかったです。 こじんまりとした大きさのレストランです。 インテリアはモダン色が強く、ややカリビアンテーマに欠けているところはあるものの、新しいだけに清潔感が漂って、キャストさん達のやる気も満々です。 セバスチャンも、トイレで彼の歌声を聞けたり、アートに度々登場したりと、隠れセバスチャンを探してみるのもこのレストランの楽しみかもしれませんね。 かなりの人気のレストランになりつつある様ですので、予約はされていかれた方が、待ち時間が少なくて済みます。 カリビアンビーチリゾートに宿泊をされなくても行ってみて!とオススメしたくなるレストランでした。

次の