京都 ラーメン。 ラーメン激戦区の京都で地元ラーメンマニアが歩いて食べた「京都ラーメン」厳選ランキング

5000杯食べたマニアがオススメ!京都市激ウマラーメン15選

京都 ラーメン

1.鶏豚骨の濃厚な極旨さが衝撃的であるドロ系スープ【頑固麺】 2013年にオープンするも瞬く間に人気店となった伏見区屈指の行列が出来るラーメン店です。 オススメの鶏豚骨は、 ドロドロとした高粘度のフルボディな鶏豚骨で、鶏ガラ豚骨に野菜や乾物を加え、高火力で丁寧に焚いた熟成スープ。 凝縮した動物系の旨味が詰まったコクに深みのあるものだが、 余計な油分を抑えている分、全く重たさやクドさを感じず、すっきりとした後味が素晴らしい逸品。 これに合わせた『麺屋棣鄂』謹製で低加水の中太ストレート麺は、濃厚で力強いスープにも引けを取らず存在感がある相性抜群の麺で、たっぷりと濃厚なスープに絡みついて、食べ終える頃にはほとんどスープが無くなってしまうほど。 具材は、低温調理の肩ロースチャーシュー・穂先メンマ・刻み玉葱・刻み葱です。 このしっとりと柔らかい大判の肩ロースチャーシューは、食べ応えもあって美味しい。 濃厚スープの中に入っている甘味のある刻み玉葱は、シャキシャキの食感で口内をすっきりとフラットにしてくれます。 また不定期で提供されるMONDAY限定のつけ麺も実直に美味い。 非常に拘りを持った唯一無二な鶏豚骨に感動すら覚える一杯なのですが、店員さんの対応も非常に丁寧でとても好印象のお店でございます。 紹介しているブログはこちら! 2.和の趣がある麺と洋風なスープとの見事なマリアージュ【麺心 よし田】 2013年創業で、つけ麺マンのセカンドブランドである『麺匠 たか松』の派生で、京阪 伏見桃山駅から直ぐに位置する人気ラーメン店です。 メニューは、特選鶏の京らーめん・豚バラらーめん・煮干しらーめん・鶏魚介つけ麺・辛味噌つけ麺・濃厚海老つけ麺・豚バラつけ麺に、セットメニュー・替麺・トッピング類・替つけスープ・ごはんものに一品ものと、ドリンク類となります。 また、麺類は、並盛・大盛も同一料金です。 鶏魚介つけ麺は、 長野県産の小麦粉である『龍麺』を使用し、石臼挽き全粒粉を小麦に練り込んだ自家製麺は蕎麦の様にも見え、 ぷつっと歯応えの強い風味豊かなもの。 ツルツルとした喉越しとざらざらとした舌触りで、この濃厚なつけ汁の旨味をしっかりと乗せてきます。 この麺は何も付けなくても十分美味くて、好みもあるかもですが、個人的にはドンピシャで是非ともオススメしたい。 ぽてっとしたとろみのある濃厚な鶏白湯に魚介を合わせたつけ汁は、ギュッと鶏の旨味が詰まった深みあるコクで、濃厚ながらもクドさは皆無の甘旨な味わい。 途中からレモンを絞ってあげる事で爽やかな酸味がまた心地よいです。 具材は、鶏叉肉・メンマ・煮玉子半個・刻み葱・微塵切りの玉葱・水菜・レモンです。 つけ汁が冷めればセルフでレンチン出来る配慮も有難いし、指南書に従いながら食感の変化や味の変化を楽しめ、最後は卓上にあるステンレスボトルに入った出汁でスープ割りにして、完食全汁と飽きる事なく最後まで戴けます。 人気メニューでもある濃厚海老つけ麺は、クリームの入った海老の風味が豊かで、 まさしくビスクの様な洋風テイストなつけ汁。 それに和の趣がある蕎麦の様な麺が見事にマッチングしている。 麺の上に乗ったバケットをつけ汁に浸けても凄く美味いしですし、 これは素晴らしい和と洋の見事なマリアージュです。 サイドメニューの焼きめしも美味しいので是非ともセットで戴くのもオススメです。 紹介しているブログはこちら! 3.伏見産の酒粕を使った酒処の地らしい名物ラーメン【玄屋】 日本を代表する酒処である伏見。 古来より 『伏水』とも呼ばれる、良質な地下水に恵まれた地で、 有名な蔵元の酒粕を使用したラーメンを提供する1987年創業の老舗銘店です。 外観からも伺える様に酒蔵を連想させられる造りです。 オススメの酒粕拉麺は白濁した鶏ガラ豚骨を軸に、伏見にある蔵元の酒粕と醤油を合わせたもので、アルコールが飛んでいるのか、独特な香りはふわりとした感じで、 優しくて滋味深い酒粕の味わいが身体にじんわりと沁み入ります。 卓上には七味唐辛子や胡椒等があり、途中から七味を入れる事でピリッと締まった味わいを楽しめます。 啜り心地が良く柔めの食感をした低加水のストレート細麺が、スープに寄り添う様に抜群な相性を魅せる。 この柔めの麺が凄くいいんです。 具材は、チャーシュー・油揚げ・大根のツマ・刻み葱です。 かす汁に入っている短冊状の油揚げや、シャキシャキとした食感の大根のツマが、この酒粕ラーメンに合わない訳がなく、これまた美味い。 薄切りのチャーシューは、しっとりと柔らかいです。 伏見の酒粕を使った酒処の地らしい一杯であり、滞在時、終始満席の入れ替わり状態でしたが、地元の方々から観光客まで幅広い客層に親しまれているのを垣間見ました。 過去にも色々な酒粕を使ったラーメンを食べた経験はありますが、古くからこんなに美味しくて個性のある酒粕ラーメンがあったのには驚きです。 紹介しているブログはこちら! 4.驚きのコストパフォーマンスで戴ける、昔ながらの京都ラーメン【大黒ラーメン】 場所は伏見桃山駅から近く、昔ながらの京都ラーメンとして親しまれている 昭和59年創業の老舗人気ラーメン店で、メニューは至ってシンプルな構成です。 茶濁の色合いをしたスープは、適度な油分を持たした鶏ガラ豚骨の醤油味。 見た目に反したあっさりした味わいは、臭みも無くカドの立たない円やかさで、どこか懐かしさを感じる様な、 京都らしい昔ながらの味わいで、ほっこりとしてしまいます。 麺は、柔らかめな食感の中細ストレート。 このスープにこの麺ありきな相性で、少しクタッとしているのがまたいい。 固めが好きな方は固めもオーダー出来ます。 具材は、チャーシュー・もやし・刻み葱とシンプル。 しっとりした脂身の少ないチャーシューが美味しいです。 胡麻油の風味立つ焼きめしは、お米がしっとりとして家庭的な仕上がりです。 このクオリティで価格はなんと220円。 ラーメン一杯が 驚きの500円なんですが、会計時に戴けるサービス券は、次回の来店時に使用が出来る割引券で、 更に100円引きしてくれるので一杯が なんと400円。 焼めしを合わせても 620円と驚 異的なコストパフォーマンス。 大半の来店客が地元のリピーターだと思われますが、凄く賑わっている様子が伺える人気ぶりです。 紹介しているブログはこちら! 5.中毒患者続出のヤミつきになる二郎系ラーメン【ラーメン荘 地球規模で考えろ】 昨年10年目を迎えた関西二郎系の代表格である『夢を語れ』@一乗寺の派生店。 『地球規模で考えろ』、『歴史を刻め』、『その先にあるもの 閉店 』、『これが好きだから』、『おもしろい方へ』等、メッセージ性のある変わった屋号ではありますが、『夢を語れ』で修行された派生が関西の各地に根を張っているのですが、こちらもまた関西二郎系として学生さんを中心に常に行列が絶えないという人気店です。 食券制で、おしぼり・お箸・お水はセルフとなり、メニューはラーメン・豚ラーメン・豚Wラーメンに、大ラーメン・大豚ラーメン・大豚Wラーメンと汁なし。 追加トッピング等は券売機で購入出来るものと直接現金で支払うものがあります。 基本的にはデフォルトで麺量は300g、大で400gとなり、サーブされる前に「ニンニクいれますか?」と問い掛けられます。 その時がコールのタイミングとなるのですが、野菜・アブラ(背脂)の有無、また、量を増やしたり追加トッピングをオーダーする事が出来ます。 大豚ラーメンのヤサイマシアブラマシマシカラメチーズチーズですが、適度に乳化した豚の旨味がたっぷりで生姜の効いたスープに、キレのある醤油が立つカエシ、コクに深みとパンチを効かせる背脂の、三位一体となる豚肉豚骨醤油です。 そこに、たっぷりのニンニクが、中毒性を醸しだしてくれ、一度食べればヤミつきになります。 噛めば口内で暴れる程の弾力を持つゴワワシとした自家製の極太縮れ麺に、ホロッと柔らかくしっかりとした味付けの肉塊ウデ肉が凄く美味しく、トッピングのチーズを乗せて食べるのも面白い。 胃袋に自身のある人は、是非ともオススメしたいお店です。 紹介しているブログはこちら! 6.中華テイストの異色なまぜそば【ラーメン たぬき屋】 2015年2月に開業されたばかりの比較的新しいお店です。 オススメのまぜそばは、具材が角煮チャーシュー・もやし・水菜・ 豆チ・背脂となります。 辣油や唐辛子に甜麺醤と味噌を合わせた醤油ダレで、 この甘辛いタ レがよく麺に馴染み、グイグイと喰わせます。 ムチッと詰まった感のある、 このやや平たい太麺はもっちりとしたコシの強い歯応えで美味い。 シャキシャキの水菜の食感や、 熟成した塩気のある豆チが良いアク セントになっていて面白いし、 食べ進む途中から卓上のカレー粉やお酢で味変も楽しめます。 また、熟成豚骨ラーメンは、ぽてっとしたとろみのあるスープで、 豚骨の旨味が濃厚で円やかな口当たりの鶏ガラ豚骨は、 某人気店を 彷彿させる完成度の高い一杯である。 豚挽肉と豆板醤らしき辛味のある『たぬきソース』 を投入する事で劇的な味わいの変化を楽しめ、 最後まで飽きる事なく戴けます。 中華料理店出身ならではの中華テイストな異色のまぜそばと、 人気ラーメン店で学んだ後に開業してから2ヶ月後に納得いく味に 完成させたという熟成豚骨。 どちらもオススメです。 紹介しているブログはこちら! 紹介しているお店はこちら! 店名:ラーメン たぬき屋 住所:京都府京都市伏見区深草泓ノ壺町11-9 第二池田ハイツ 電話番号:非公開 7.『お腹も心も満たせるラーメン店』を目指す、体に優しい鶏白湯【ラー麺 陽はまた昇る】 元々は近鉄伏見駅前に2012年にオープンされていたのですが、2015年8月に外国人観光客も多く訪れる観光スポットである『伏見稲荷大社』付近に移転された、某雑誌の鶏白湯部門でグランプリを獲得するほどの実力のある人気ラーメン店です。 オススメのとりとんこつラー麺ですが、とろんとした茶濁のスープで、魚貝の乾物等を忍ばせた濃いめのカエシに鶏ガラと豚背骨からとった出汁を合わせたもの。 動物系由来のコクがしっかりとして物足らなさを全く感じない無化調仕立てで、 油分を抑えているので、後味がすっきりとした飲み口のスープです。 スクエアタイプで低加水の全粒粉入り中細ストレート麺は、小麦の風味が非常に豊かで、パツンと歯切れの良い食感とつるつると喉越しの良い自家製麺。 存在感あるスープに匹敵する強さがしっかりと寄り添う、抜群の相性です。 具材は、低温調理の肩ロースのチャーシュー・半熟玉子半個・穂先メンマ・浅葱・海苔です。 この肩ロースのチャーシュー、某銘店のパストラミチャーシューの様なペッパーの効いたもので、そのままで食べるのも良し、浸してピリッとスープを引き締めるアクセントにも良しな、とても美味しいチャーシューです。 海苔を除けば、某店を彷彿する様なビジュアルですが、似て非なるものであり個性さえも感じるもので、体に優しい一杯はオススメです。 紹介しているブログはこちら! 8.瞬く間に人気店へと登りつめ、新天地にて新たな勝負をする気鋭店【フカクサ製麺食堂】 2015年、開店当初から話題となり、人気店の仲間入りを果たしたのですが、この2016年11月に移転前の位置から目と鼻の先ではあるのですがキトロ町へと移転をされました。 新天地ではメニューが一部変わり、鶏醤油らーめん・鶏白湯らーめん・おさかな鶏白湯らーめんに、からあげセット・ミニチャーシュー丼セットにトッピング類・単品メニュー・ごはん・ドリンク類となります。 また麺は太麺か細麺から選べ、太麺に関しては アマニの粉末を練り込んだ拘りの自家製麺を使用。 卓上にある調味料は、以前のものと変わらない様です。 オススメの鶏醤油ラーメンは、醤油色をした透き通ったスープで、ふくよかな鶏の旨味が溢れており、味わいに奥行きのある鶏醤油清湯。 カエシのほんのりとした甘味に、適度な油分と、しっかりとした旨味の出汁が、バランス良く合わさっており、デフォで胡椒を少し効かせる事で輪郭をくっきりとさせた、とても美味しいスープです。 割と歯応えのある中細ストレート麺は、ぱつんとした歯切れも良いハリのある麺で、小麦の風味も豊か。 スープに寄り添う相性抜群の自家製麺です。 具材は、低温調理された肩ロース肉のチャーシュー・材木メンマ・半熟味玉半個・刻み白葱・糸唐辛子です。 以前のお店で戴いた時のですが、 ハンドブレンダーで攪拌されたカプチーノの様に泡立つ鶏白湯は、ザラつきも無く クリーミーでコクに深みのある円やかな口当たりです。 重たさやクドさも無く、見た目以上に軽やかで上品な味わい。 やや色合いが茶色く、アマニ入りの自家製の縮れ太麺を合わせた此方のラーメンもオススメです。 紹介しているブログはこちら! 紹介しているお店はこちら! 店名:フカクサ製麺食堂 住所:京都府京都市伏見区深草キトロ町33-14 9.独自のセンスで創りあげた繊細で気品さのある燕三条系インス【セアブラノ神 伏見店】 過去に、関西と関東のキュレーターとのコラボ記事である 『【京都】実はラーメン激戦区!1000年の都でオススメしたい人気10軒』 にて、 超ラーメンフリークこと、ラーメン官僚の『田中一明』氏が【京と新潟燕三条、2種の背脂文化が奇跡の競演】と題し本店を紹介されていましたが、こちらは本店とは趣を変えたメニューを展開する、行列人気店『セアブラノ神 壬生本店』の 2号店です。 同じくしてオススメしたい背脂煮干しそばは、鶏ガラ豚骨と水出しした煮干しを合わせたもので、表層がたっぷりの背脂で覆い尽くした新潟燕三条系のリスペクト的な一杯。 煮干しの強い風味とほろ苦さのあるビターなスープに、甘味やコクを持たせる背脂が合わさる事で全体に丸みある輪郭に形成したもので、 背脂がたっぷりでもアブラっぽさが無くあっさりとしており、とても美味く戴けます。 麺は、これまた『麺屋 棣鄂』謹製である平打ちの縮れ太麺で、蜜の詰まったムチッモチッとしたコシの強い麺がこのスープに良く合う。 具材は、低温調理の肩ロースチャーシュー・メンマ・みじん切りのレッドオニオン・刻み葱・海苔です。 しっとりと柔らかく色合いの綺麗な薄切りのチャーシューは肉の旨味がしっかりとしており、美味しいです。 また、たっぷりの紫玉葱の微塵切りはシャリシャリとした食感と甘味を持ち、とても良いアクセントとなっております。 独学で創りあげた新潟燕三条系のリスペクトの一杯は、 独自のセンスによる本場より洗練されたもので、上品さもありとても美味しく仕上がっております。 紹介しているブログはこちら! 10.麺の風味と食感が卓越した美味さのつけ麺【つけ麺 きらり】 最後のトリを締めくくる此方のお店は『京阪 中書島駅』付近に位置し、連日この一杯を求めるリピーターが後を絶たない、行列覚悟の非常にハードルが高いお店です。 メニューは、魚介豚骨つけ麺・辛つけ・カレーつけ・海老つけ・塩とんらぁめん・きらりめし・TKK・肉めしに、トッピング類。 麺量は、並(200g)も大(300g)も同額の嬉しいサービスです。 人気メニューである魚介豚骨つけ麺は、どろっと粘度のある濃厚豚骨魚介醤油の無化調仕様です。 骨太で重厚な豚骨を軸に鰹や鯖等の節系を合わせた濃厚な旨味を引き出したつけ汁です。 つけ汁の中には微塵切りの玉葱が入っており、シャクシャクした食感と甘みが良いアクセントになってます。 途中から卓上にある生ニンニクを絞って投入する事で味わいの変化を楽しめますが麺側にも味変の工夫が施されています。 うどんと同じ中力粉のみで打つ自家製の極太ストレート麺は、小麦の風味が非常に豊かで、モチモチとした食感とコシの強さを兼ね備えており、濃厚なつけ汁をしっかりと持ち上げてくれます。 具材は、つけ汁の中にサイコロ状のチャーシュー・刻み玉葱・刻み葱。 麺上に、半熟煮玉子半個・材木メンマ・海苔です。 チャーシューはとても柔らかくジューシーで、メンマは適度な歯応えがあり、煮玉子もしっかりとした濃い目の味付けです。 無化調といえど、濃厚で充分な旨味に全く物足ら無さを感じさせませんし、自家製極太麺もとても美味いです。 接客の対応も非常に丁寧で気持ちが良いですし、自信を持ってオススメできるお店です。 紹介しているブログはこちら!.

次の

【2020年最新!】京都府の京都ラーメンで今年人気のおすすめ30店

京都 ラーメン

014 4 () 89. 316 5 () 88. 248 6 () 88. 140 7 () 87. 266 8 () 86. 348 9 () 85. 939 10 () 85. 414 11 () 84. 978 12 () 84. 490 13 () 83. 581 14 () 83. 550 15 () 81. 738 16 () 81. 686 17 () 81. 419 18 () 81. 272 19 () 81. 051 20 () 80. 989 21 () 80. 887 22 () 80. 763 23 () 80. 688 24 () 80. 535 25 () 80. 502 26 () 79. 924 27 () 79. 936 28 () 79. 883 29 () 79. 708 30 () 79. 586 31 () 79. 307 32 () 79. 131 33 () 79. 090 34 () 79. 045 35 () 79. 036 36 () 78. 896 37 () 78. 618 38 () 78. 488 39 () 78. 302 40 () 78. 188 41 () 77. 959 42 () 77. 914 43 () 77. 878 44 () 77. 871 45 () 77. 787 46 () 77. 746 47 () 77. 619 48 () 77. 552 49 () 77. 543 50 () 77. 520.

次の

麺屋 極鶏

京都 ラーメン

京都駅からも近い、五条にある大人気ラーメン店が、ここ「 吟醸らーめん 久保田」です。 ここでぜひ食べてほしいのが、写真の「 吟醸つけ麺味噌」で、多くのお客さんがこれを注文しています 写真は並サイズで税込870円。 味噌ダレのきいた濃厚スープには、魚粉にスパイス・ラー油などが入って、かなり食欲を刺激される仕上がり。 つけ麺では、あまり見たことがない珍しいタイプの味わいで、おいしいと同時に個性的で素晴らしい。 太麺との相性も文句なしです。 「吟醸らーめん 久保田」は、京都駅からアクセスしやすいこともあってか、既に訪日旅行客も多く訪れています。 期間限定ラーメンも積極的に提供しているので、複数人で訪れた場合は、いろいろ食べ比べてみるのもよいでしょう。 唯一無二の濃厚鶏白湯ラーメン「麺屋 極鶏」 一乗寺 京都市のラーメン激戦区・一乗寺でも、一番人気と言っても過言ではない有名ラーメン店が、ここ「 麺屋 極鶏 ごっけい 」です。 鶏を使った独特の濃厚なラーメンを提供しており、初めての場合なら写真の「 鶏だく」がオススメ 税込750円。 スープには、鳥の骨だけではなく大量の鶏肉も使っているそうで、 驚くほどとろみがあって濃厚な仕上がりが特徴的。 しかしながら、決してくどくなく、絶対に他店では味わえない個性的なラーメンに仕上がっています。 京都に来たら、 ラーメンというジャンルに留まらず、ぜひ訪れておきたい飲食店の1つだと、自信を持ってオススメできます。 ただ行列が長くなりすぎたせいか、混雑時は整理券制となっています。 それでも回転は早いので、待ち時間は意外と短くて済むはず。 京都でつけ麺なら外せない「つけめん 恵那く」 一乗寺 京都市のラーメン激戦区・一乗寺で、つけ麺が評判を呼んでいる人気ラーメン店が、ここ「 つけめん 恵那く えなく 」です。 通常のつけ麺以外に、辛いものとカレー味、合計3種類ある中で、やはりまずは基本の「 つけめん」を食べてみてほしい 税込780円。 京都市内のつけ麺でも、1、2を争うレベルと言っても過言ではないでしょう。 食べ応えのある太麺との相性も抜群で、更に小・並・中サイズが同料金になっているのも嬉しいところ。 夜に訪問する場合は、食べ比べてみるのも面白いでしょう。 おいしくて身体に優しいラーメン「麺処 鶏谷 とりたに 」 西院 今の京都市で、個人的にイチオシのラーメン店が、この「 麺処 鶏谷」です。 鶏をメインに、あっさりからこってりまで幅広いタイプのラーメンを提供しており、筆者のオススメは「 熟成鶏そば」です 写真は、チャーシュー増しで税込900円。 適度に濃厚、かつ深みがあって抜群においしく、さらに無化調・無添加で身体に優しいのが嬉しい。 また、プラス150円で 肉増しにすると、写真のように驚くほど大量の肉が入ります。 お腹が空いていたら、遠慮なく肉増しにするのがオススメです。 提供されるラーメンの一部は、仕入れ状況によって変わるようで、それがまた「麺処 鶏谷」の魅力の1つでもあります。 何度行っても飽きずに楽しめるので、筆者は京都を訪れると、ほぼ毎回必ずここに立ち寄っています。 不便な場所でも並ぶ価値あり「らぁ麺 とうひち」 北大路 最近の京都市で、トップクラスの評価を受ける人気ラーメン店が、この「 らぁ麺 とうひち」 です。 看板メニューは、写真の「 鶏醤油らぁ麺」で、タイプとしてはシンプルな醤油ラーメンですが、率直に言ってとんでもなくおいしい 税込850円。 醤油の香りと鶏の旨味が合わさったスープに、国産小麦を使った自家製麺も、1つ1つのレベルが高く、それらのバランスも完璧です。 唯一の難点がアクセスの悪さで、最寄駅の北大路駅からもかなり遠いので、 バスや自動車を使うのがベターでしょう。 ただ、そんな場所でも行列ができているという事実が、「らぁ麺 とうひち」 のラーメンのおいしさを証明しているとも言えます。 優しい味わいの鶏白湯スープ「らーめん 鶴武者」 西院 京都市西部で、筆者が以前から好きなラーメン店が、この「 らーめん 鶴武者」です。 筆者はここの「 つけ麺」が大好きです 写真は、チャーシュー増しで税込1,080円。 鶏白湯スープに魚介を加えたスープは、つけ麺にしてはマイルドな仕上がりです。 優しい味わいのため、最初は物足りなく感じるかもしれませんが、食べていくうちにそのよさがわかるはずです。 自家製麺や、色鮮やかな低温調理チャーシューも、素晴らしくおいしい。 店舗周辺に京都らしい観光地などはないものの、ラーメン好きならわざわざ足を運ぶ価値はあります。 火曜と土曜の夜限定で提供される、 できたてチャーシューつきラーメンも絶品で、もし火曜か土曜に京都にいれば、ぜひ食べてみてほしいです。 京都随一の濃厚つけ麺「麺屋 さん田」 西院 和食のイメージが強い京都ですが、なぜかラーメンはこってり系が多いです。 そんな京都のこってりラーメンの中でも、最近のイチオシがこの「 麺屋 さん田」です。 基本メニューは、鶏白湯のラーメンとつけ麺のみで、まずは写真の「 つけ麺」をぜひ チャーシュー増しで税込1,100円。 超濃厚な鶏白湯スープながらも、油っぽさなどは感じさせず、意外と食べやすくて実においしい。 とても無化調とは信じられないほどの旨味で、それだけ原価をかけて丁寧に作っていることが伝わります。 こってりラーメンの多い京都でも、ここまで濃厚なものは珍しく、こってり好きにはぜひとも食べてみてほしい。 また、通常のメニュー以外に、時折提供される 限定ラーメンも、見逃せないものばかりです。 看板メニューは、写真の「 背脂煮干そば」です 税込750円。 煮干しの風味豊かなスープと、上質な背脂のおかげか、むしろ驚くほど、あっさり食べられるラーメンになっています。 唐揚げやご飯ものなど、数種類ある サイドメニューとのセットが、お得でオススメです。 また、期間限定ラーメンなども積極的に提供しており、それにも根強いファンが多くいるようです。 繁華街のお洒落ラーメン店「麺処 蛇の目屋」 河原町 京都随一の繁華街、河原町にある人気ラーメン店が、この「 麺処 蛇の目 じゃのめ 屋」です。 煮干しを使ったラーメンと鶏白湯ラーメンの2種類あり、まずは写真の「 鶏煮干そば」をぜひ食べてみてほしい 税込800円。 盛り付けの美しさが、とても印象的です。 素材のよさ、特に 醤油の香りのよさを生かして作り上げたラーメンという印象で、まろやかで飲みやすく、実においしいスープです。 今回紹介する京都のラーメンの中でも、特に安心して誰にでもオススメできるものの1つですね。 「麺処 蛇の目屋」は、ラーメン以外にもサイドメニューが充実しており、 ご飯ものや唐揚げとのセットがお得でオススメです。 また、今時のラーメン店らしく、オシャレな内装で入りやすく、これからの京都でさらに流行っていくのは確実でしょう。 他にはない絶品焦がしラーメン「京都 五行」 四条・烏丸 海外にも進出している人気ラーメン店「一風堂」の別ブランド「 京都 五行」が、京都中心部にあります。 焦がしの技法を使った、京都では他にない独創的なラーメンを提供しており、オススメは写真の「 スペシャル焦がし味噌麺」です 税込1,290円。 高温に熱したラードで味噌を焦がすことにより、通常の味噌ラーメンとは全く異なる、独特の深みある味わいとなっています。 かといって苦みなどはなく、焦がし具合が本当に絶妙な塩梅で素晴らしい。 ちょっと値段は高めですが、その価値のあるラーメンです。 「京都 五行」は、ラーメンダイニングとして営業しており、 一品料理やお酒も豊富に揃っています。 京都らしい和食のようなものも多く、季節限定ラーメンもあります。 店内は非常にオシャレでゆったりとした造りとなっており、ゆっくりと食事を楽しめます。 人気ラーメンチェーンの総本山「天下一品 総本店」 茶山 日本全国に店舗展開する人気ラーメン店、「 天下一品」の総本山が、ここ京都にあります。 総本店限定のものも含め、ラーメンの種類は多数ありますが、まずはやはり天下一品の代名詞とも言える「 こってり」を食べてみてください 税込700円。 たっぷりの鶏と野菜を長時間煮込んだスープは、驚くほどドロドロ濃厚ながら、それほど重く感じないから不思議です。 この天下一品独自のラーメンを求めて、京都だけでなく、日本全国からラーメン好きが集まってきます。 唐揚げやチャーハンなどのサイドメニューも豊富で、ラーメンとセットで頼むのがお得でよいでしょう。 人気ラーメン店の総本山だけあって、昼などピークの時間帯はやはり混雑するので、 少し時間をずらしての訪問がオススメです。 自家製麺がとにかくおいしい「山崎麺二郎」 円町 最近の京都に増えてきた、あっさり系ラーメンを出す店の中でも、個人的にはこの「 山崎麺二郎 やまざきめんじろう 」がイチオシ。 醤油ラーメン・塩ラーメン・つけ麺と、3種類ある中で、個人的には写真の「 つけ麺」が1番好きです 写真は味玉付きで税込800円。 モチモチした食感の自家製麺が、まず抜群においしく、スープはそのよさを引き立てる あっさり醤油味。 ラーメンよりもボリュームはありますが、この麺ならいくらでも食べられそうです。 お腹が空いていたら、絶対に大盛りがオススメです。 ランチ時はかなり混雑するので、開店直後か、逆に 少し遅めの時間を狙った方がよいでしょう。 ただし、夜は早い時間で売切終了になることもあるので、閉店間際の時間は避けた方が無難です。 メニューは豊富にある中でも、まずは写真の「 拳ラーメン濃」をぜひ食べてみてください 税込750円。 生の魚を使っているせいか、 少々クセがありながらも、鶏と合わせることで食べやすさも持ち合わせた仕上がりです。 個性がありつつも、決して個性が強すぎない感じで、京都はもとより、東京でも見られないタイプのラーメンです。 「拳ラーメン」では、期間限定ラーメンも積極的に展開しており、 ほぼ毎週何かしら異なるラーメンを提供している印象です。 そういった限定ラーメンにもファンが多く、何度訪れても楽しめる、本当に面白い店です。 魚や肉を大量の塩で包んで蒸し焼きにした料理 14. 京都を代表する老舗「新福菜館 本店」 京都駅 京都駅近くにある、京都を代表する老舗ラーメン店が、この「 新福菜館 本店」です。 2018年で、創業から80周年を迎えます。 ラーメンは1種類のみなので、写真の「 中華そば」をぜひ 税込700円。 見た目から味が濃そうに感じられるラーメンですが、実際はそんなことはなく、 優しい味わいとのギャップに驚きます。 さらにノーマルでもたっぷり入るチャーシューが嬉しく、プラス200円で肉増しにするのもオススメです。 サイドメニューの「 ヤキメシ」も新福菜館の名物で、ラーメンと一緒に注文しているお客さんが多いです。 京都の地元民・観光客問わず、いつも多くの人で混雑していますが、それを避けたいなら午前中早めに訪問するのがよいでしょう。 透き通った豚骨スープが絶品「本家 第一旭 たかばし本店」 京都駅 上記の「新福菜館 本店」と同じく、京都を代表する老舗ラーメン店が、この「 本家 第一旭 だいいちあさひ たかばし本店」です。 この店も提供しているラーメンが1種類のみで、写真はチャーシューなどが増量される「 特製ラーメン」です 税込み850円。 スープは 豚骨ベースですが、白濁した豚骨ラーメンとは違い、透き通った見た目が特徴的。 それでいてしっかりとコクがあり、実においしい。 トッピングの 九条ネギとの相性がよく、ネギ増しは無料で対応してくれるのがありがたいです。 開店時間は午前5時と、非常に朝早くから営業しており、早朝に京都駅到着、もしくはそこから移動する前に気軽にラーメンを食べられるのもよいところ。 昼のピークになると、どんどん混雑してくるため、そういう意味でも早めの時間帯の訪問がオススメです。 京都のラーメンを食べ尽くそう 京都市内にも、たくさんのラーメン店があるということが、お分かりいただけたかと思います。 京都にお越しの際は、旅の中にぜひラーメン巡りも組み込んでみてください。 きっと、京都の新たな魅力に気づけるはず。 本記事の情報は取材・執筆当時のものです。 記事公開後に商品やサービスの内容・料金が変更となる可能性があります。 ご利用の際は改めてご確認ください。

次の