あずき茶 効能。 あずき茶は効果なし?!効能や副作用・作り方を管理栄養士が解説

今話題の小豆茶とは?良い効能ばかりで作り方も簡単!

あずき茶 効能

食欲が増して、ついつい食べ過ぎてしまう…。 そんなとき、飲むだけでやせるような飲み物があったら心強いですね。 さまざまな不調を防ぐ強い抗酸化作用やデトックス効果がある小豆をいって煮出した、「あずき茶」が注目されています。 実際飲むと、はたしてどんな結果に? ESSE読者が試してみました。 ダイエットに効果的。 香ばしくて飽きずに飲み続けられるあずき茶 漢方医学、自然療法、食事療法を組み合わせ、さまざまな病気の治療に取り組んでいるイシハラクリニックの石原新菜さんによると、赤飯や和菓子などでおなじみの小豆は、ダイエット食材としても大注目だそうです。 「小豆には、さまざまな不調を防ぐ強い抗酸化作用やデトックス効果があり、まさにスーパーフード。 小豆をいって煮出すあずき茶は、カロリーを気にすることなく、そのパワーを凝縮して手軽にとることができます。 利尿効果が高く、むくみ太り解消に効果大。 そのうえ香ばしくておいしいので、お茶代わりに毎日の食事に取り入れられるから、ムリなく続けられるのもメリットです」 煮出したあとの小豆にも、あずき茶ではとることができない食物繊維やタンパク質、ミネラルなどがたっぷり。 食事と一緒に、こまめに飲んで。 ・利尿作用でむくみ解消 小豆には、体内の余分な塩分を排出するカリウム、利尿作用があるサポニンが豊富。 そのため、顔や脚などのむくみの解消を促進。 ・ポリフェノールで美肌に 小豆の赤紫色は、ポリフェノールの一種・アントシアニン。 抗酸化作用が高いので、シミやシワなどの予防改善が期待され、美肌に導きます。 粒の大小は、好みでOK) 【つくり方】 (1) 洗った小豆をふく 小豆はさっと水洗いしたら、ザルに上げて水気をきる。 バットなどに広げて、ふきんやペーパタオルで完全に水気をふき取る。 (2) フライパンでいる フライパンに(1)を入れて、弱火~弱めの中火にかける。 焦げないよう、木ベラなどで常に混ぜながら約10分、香ばしい香りが立ってきて、褐色になるまでいる。 (3) 30分ほど煮出す 鍋に(2)と水を入れて火にかける。 沸騰したら弱火にし、30分煮出す。 湯が茶褐色になり、3カップ程度になるまで煮詰める。 (4) ザルでこす (3)をザルでこし、あずき茶と小豆に分けて、冷めたらそれぞれ保存容器に入れ、冷蔵庫で保存する。 小豆はすぐに食べない場合、冷凍で1か月間保存も可能。 冷温どちらでも効果は変わらないので、好みで温めて。 栄養豊富なぶん、傷みやすいので、冷蔵保存で2~3日で飲みきるのが基本。 それを目安に、家族構成などで1日に飲む量を把握し、つくる量を加減しましょう。 また、「つくるたびに小豆をいるのが面倒」という人は、まとめていってもOKです。 フライパンに重ならない程度の分量でいって、冷めたら湿気を防ぐように保存し、1か月を目安に使いきりましょう。 ただし、いりたての方が風味はいいです。 残った小豆も食べれば、さらに好ましい! 残った小豆にも栄養たっぷりなので、捨てずにぜひ活用しましょう。 煮出しただけの小豆はややかためです。 そのままさまざまなメニューに加えて歯ごたえを楽しむのもいいですし、やわらかくして食べたいなら、肉ジャガや筑前煮、カレーなどに加えて煮込んでもおいしくなります。 「小豆のビタミンB&Eは脂溶性なので、ヨーグルトと一緒にとることで吸収がアップ。 はちみつにも腸内環境を整える効果があります」。 「ものたりなくなりがちなおかゆを、かさ増しできるだけでなく、小豆の食物繊維やタンパク質、カリウムなどが加わって、栄養面も充実しますよ」。 読者が「あずき茶」の効果を試してみた! 今回挑戦してくれたのは、中野明子さん(仮名・大阪府・44歳)。 上半身は細めなのに下半身は太めで、着やせするタイプ。 パンツをはくと、上にポッコリのってしまうおなかの脂肪が悩みでしたが、あずき茶の効果はいかに…? あずき茶を始める前の中野さんのおなかです。 12日間で、下腹部が85cmから79cmにサイズダウン。 「パンツにのっていた脂肪もスッキリです」。 「小豆をいるという作業が大変かと思ったんですが、そこまで手間にはなりませんでした。 始めてみると、初日から尿の量が一気に増え、脚のむくみが消えてビックリ! 味がおいしいので自然と続けられ、普通のお茶や水代わりに、ときには温めて1日に5~6杯飲みました」。 体重に変化はなかったものの、下腹部のサイズが85cmから79cmと、なんと6cmもダウンしました。 「10カップ分つくって、お茶代わりに飲みました」。 煮出した小豆も、おやつ代わりにパクパクつまんで楽しんだそうです。 「あずき茶を飲むようになって、尿とともに体にたまっていた毒素が排出されている感覚が…。 こんなに手軽でおいしいのに、即効性があるのがうれしいです。 中学生の娘もすっかり気に入った様子。 これからも飲み続けようと思います」と、中野さん。 中野さんのように下腹部が気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。 紹介したドリンクが体に合わないと感じた場合は、飲用をおやめください。 また、妊娠中や持病などがある方は、かかりつけの医師に相談のうえ、お試しください。 漢方医学、自然療法、食事療法を組み合わせ、さまざまな病気の治療に取り組む。 著書に『』(宝島社刊)がある <撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部> 『』 中高年の三大悩み、血圧・血糖値・悪玉コレステロール値を下げ、がん予防や老化防止から、便秘や肥満、薄毛予防まで、たくさんの健康効果が期待できる! と評判の、煮あずきパワーに迫ります。

次の

あずき茶ダイエットの成功するやり方と効果や口コミ!

あずき茶 効能

お伝えすること:目次• 江戸時代から民間療法として利用されており、生活習慣病や冷え性、むくみの改善が期待できます。 あずき茶がもつ10の効能 画像引用: 食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できる便利なサイトです。 すでにたくさんの女性がはじめています。 ポリフェノールとカリウムがたくさん入ってるって。 — のり norinori093 ちょっと高めだったけど無糖・カフェインゼロだから買ってみた。 あずき美人茶美味しい! — 豚汁になった日 tyuuuuin 1. 母乳を増やす効果 母乳の原料は血液です。 あずきには鉄分や亜鉛、ビタミンも豊富に含まれており、母乳に必要な栄養がたっぷりです。 さらに中国の薬膳の考えでは、 「解毒排膿」(げどくはいのう)できると考えられていて、 乳腺炎や耳下腺炎には粉末にしたあずきとはちみつを混ぜて湿布として使われたりします。 便秘解消 あずきに含まれる食物繊維は、「不溶性食物繊維」なので便秘に悩む女性にはうれしい成分です。 水に溶けずに胃や腸で水分を吸収しながら便になります。 そのため便の量が増えて腸の動きもよくなります。 さらにビタミンB群は、肌の新陳代謝アップに働き、亜鉛が爪や皮膚を美しく保ってくれます。 疲労回復 ビタミンB群が疲労回復を促進してくれます。 ビタミンB1は疲労回復に効果的で、100gあたり0. 45mg含まれています。 デトックス効果 不溶性食物繊維が豊富で、さらに利尿作用もあるので体の中の不要なものがしっかり出ていきます。 むくみ改善効果 あずき茶にはカリウムが100gあたり1500mg含まれています。 カリウムがむくみの原因になる余分な水を体の外に出します。 貧血改善 鉄分、銅、葉酸、さらには亜鉛やマグネシウムも含まれており、慢性的な鉄分不足に悩む女性にはうれしい成分配合です。 鉄分が多いと言われているほうれん草と比べると、5倍以上含まれています。 鉄分、ビタミンC、ビタミンB12、葉酸、炭水化物、たんぱく質、その他のビタミン、ミネラルをバランスよく摂取しましょう。 冷え性改善 あずき茶に含まれているサポニンが冷え性改善に働きます。 高麗人参(こうらいにんじん)はご存知ですか? 美容健康、長寿によいとされている高麗人参にもサポニンが含まれています。 毛細血管の血流を改善する効果があり、血栓を抑制する働きがあります。 参照: 9. エイジングケア あずきにはたくさんのあずきポリフェノールが含まれています。 体のサビ(活性酸素)が増えると、皮膚のたるみやシワ、シミの原因になり、血管がもろくなってきます。 ポリフェノールは、いつまでも若々しい体をもたらせてくれます。 あずきポリフェノールの種類には、 高脂血症、動脈硬化症、高血圧症の患者に大豆サポニンを投与すると、血中脂質について総 コレステロール が71%、中性脂肪が88%改善されたという報告もあります。 わかさ生活 あずき茶の作りかた 材料(1回分)• あずき:50g• お湯:1リットル 作りかた• あずきは水洗いしておきます。 フライパンで焦がさないように乾煎りします。 10分くらい• 沸騰したお湯1リットルに50gのあずきを入れて煮出します。 時間は7分を目安に好みの味に煮出してください。 乾煎りする時間を変えると、甘みや香ばしさが変わります。 長く焙煎すれば甘みより香ばしさが際立ちます。 200gくらいでも、フライパンで乾煎りできればまとめて作れます。 煮出しの時間を変えると、スッキリから深みのある味を調節できます。 煎ったあずきは、常温で1週間くらいは保存できます。 (できるだけ早く使いきるようにしましょう) 作ったあずき茶は、できるだけ早く飲みきりましょう。 材料(1回分)• あずき:50g• 水:400ml 作りかた• あずき50gを水洗いして、軽く水気をとるためにキッチンペーパーでおさえる• 水気をとったあずきを、アルミホイルの上に重ならないように並べる• 1000wのトースターで5分加熱• 加熱したあずきと、水400mlを器に入れる。 ラップをかけて500wの電子レンジなら10分加熱 あずき茶を飲むときの注意点 ノンカフェイン、ノンカロリーなので子供もおいしく飲めますが、 大豆アレルギーのある子供は控えたほうがよいでしょう。 あずき茶は販売もされています 最近は、各メーカーからあずき茶が販売されています。 妊娠中や授乳中のママでも安心して飲めるあずき茶があります。 育児雑誌でも紹介された「母なるおみぐみ」を紹介します。 母乳は、赤ちゃんの体型にも大きな影響を与えます。 高脂肪な食事が多いと母乳の質が低下して、糖分や脂肪分が増えてしまい赤ちゃんが太り気味になる傾向があります。 あずき茶はダイエット効果も期待できるので、食生活の偏りをサポートしてくれます。 さらに授乳中は赤ちゃんに栄養を与えるためにいつもよりたくさんの栄養補給が必要です。 安全でなおかつ水分と栄養が同時に摂取できるのが「母なるおみぐみのあずき茶」です。 あずき茶「母なるおみぐみ」を飲んだ先輩ママの声 妊娠中から飲み続け三年ほどお世話になっています。 今では子供も一緒にのんでいるのですが、飲みやすくて助かっています。 また注文したいと思います。 今回も母乳で育てたいと思い、飲み始めました。 味や香りは特に癖もなく、あずきの風味で美味しく飲む事が出来ます。 あずき茶を飲んで、子育てを頑張りたいと思っています。 母乳育児中で、ノンカフェインで鉄分もとれるとのことで購入しました。 ほうじ茶のような味で美味しいです。 母乳育児をしているので、こちらを購入しました。 味はほうじ茶に近い感じで美味しくいただけました。 飲みづらさは私は感じませんでした。 このお茶のおかげかはわかりませんが、完全母乳で育児しています。 カフェインレスコーヒーを飲んでいましたが、さらに赤ちゃんと母乳に良いものをと思い購入。 早速飲んでみました。 癖もなく飲みやすく、母乳も出が良くなったのか、ちょっとむせる程 笑 私は濃いめの味が好きなので、濃いめにして飲んでます。 飲み始めたら本当に母乳の出が良くなったので購入して良かったです。 妊娠中から飲み始め、毎日欠かさず飲んでます。 おかげ様で母乳だけで育児をしています。 煮出して飲むだけでなく、水出しもできればいいなぁと思います。 3か月の息子に、母乳が足りていないのか泣くことが多かったので買ってみました。 ものすごいというわけではないのですが、母乳量が増えたような気がします。 味もすっきりしていてとてもおいしいです。 何度目かのリピです!妊娠期からずっとお世話になっていて、授乳期が終わった今も毎日飲んでいます。 今はコーヒーよりもこっちのほうがお気に入りです。 出産を機に、完全母乳を目指して購入してみました。 おかげか、完全母乳でいけています。 すこしでも母乳や体にいいものを取り入れたくて購入しました。 いままでは、麦茶をよく飲んでいましたが、同じ感覚でゴクゴク飲めるようにこちらを選びました。 わたしは飲みやすいです。 創業91年のプロが選んだ北海道あずき 通常のあずきには、「欠点豆」と呼ばれる虫食い豆や、死に豆が混入しています。 母なるおめぐみは、職人さんが一粒ずつ手作業で選別しています。 あずき同士がぶつかって皮が破れないように注意したり、苦味がでないように均一に火入れをしたりしています。 自家製なら自分好みに作ることができますが、失敗する確率も高くなります。 製造工場もISO22000認定の食品工場で製造しています。 商品概要 商品名:母なるおめぐみ• ノンカフェイン• カロリーゼロ• 内容量:2g、30パック(1カ月分)• 葉酸、鉄分、ビタミンB、マグネシウム、亜鉛の栄養補給をサポート。 ポリフェノールは赤ワインの約2倍• サポニンで冷えることによる乳房の硬さを体のめぐりをスムーズにしてポカポカサポートします。 パンパン対策として、カリウム配合。 食物繊維配合。 (あずきの食物繊維は100gあたりゴボウの約3倍)• 合成添加物一切使用していません。 あずき茶の効果的な成分 あずき茶の効能をみると妊娠中、授乳中のママにはもちろんダイエット中の女性は飲むとよいのがよくわかりました。 特徴的な成分を紹介します。 ノンカフェイン、ノンカロリー あずき茶の原料はあずきのみでノンカロリーなので、ダイエット中の飲みものとして最適です。 ノンカフェインなので、授乳中のママの栄養補給に最適です。 授乳中のママが飲むノンカフェイン、ノンカロリーの飲料としてはたんぽぽ茶(たんぽぽコーヒー)も有名ですね。 食物繊維が豊富 あずき茶には不溶性食物繊維がたくさん含まれています。 便秘予防、改善によいでしょう。 あずきには100gあたり17. 8gの食物繊維が含まれています。 1日の目安が5. 7gなので食物繊維が不足ぎみの女性にはうれしいですね。 水に溶けずに胃や腸で水分を吸収しながら便になります。 そのため便の量が増えて腸の動きもよくなります。 ビタミン群が豊富 あずきの成分はエイジングケアやダイエット、授乳中の女性には必要な成分です。 45mg ビタミンB2 0. 16mg ナイアシン 2. 2mg ビタミンB6 0. 4mg 亜鉛 2. 3mg 銅 0. 67mg あずき100gあたりの量 データ引用:カロリーSlim 亜鉛が豊富 亜鉛には味覚を感じるために必要で、その他にも抗酸化作用、免疫力アップ、美しい髪やお肌の維持、うつ症状の緩和、男性生殖機能の改善、子供の生殖に必要な栄養素です。 いろいろな食品に含まれており、5000種類以上のポリフェノールがあります。 その中のひとつとして、あずきには「あずきポリフェノール」が含まれています。 あずきポリフェノールの種類には、• カテキン• カテキングルコシド• ルチン• プロアントシアニジン• シアニジン重合体 が含まれています。 参照:旭川医科大 赤ワインは100g中に約300mg、あずきには400mg~600mg含まれています。 出典: ポリフェノールはエイジングケアにかかせない成分です。 いつまでも若々しくありたい女性はしっかり補給しましょう。 民間療法のひとつですが、お薬の飲めない妊婦さんには「あずきの茹で汁」を飲んでください。 と指導する助産師もいます。 カリウムを大量に含むあずき茶なら、茹で汁より美味しく簡単にむくみ予防ができます。 カリウムが不足してしまうと、筋肉がケイレンしたり足がつったりします。 血圧も高くなる可能性があります。 体の水分代謝にはナトリウムとカリウムの関係がカギになります。 ナトリウムとの関係がカギ ナトリウムはカリウムと一緒に、体内の水分バランスを適切に保つ働きをします。 神経や筋肉を動かすためにも必要な成分です。 カリウムの過剰摂取に注意 腎臓の機能に障害があると、尿の排泄がうまくできずに高カリウム血症や月経前緊張症(PMS)のリスクがあがります。 生理(月経)前3~10日くらいから、イライラや乳房のはり、甘いものが食べたくなるなどの体調不良が出てきます。 生理になると症状が消えていきます。 サポニンが豊富 高麗人参にも含まれているサポニンですが、冷え性改善に効果的です。 毛細血管レベルの血流改善が期待でき、血栓ができにくい状態にしてくれます。 鉄分が豊富 あずき100gには、5. 4mgの鉄が含まれています。 成人の1日の所要量は10mgです。 しかし、妊娠後期や授乳中だと20mg必要です。 出典: 鉄分は食事から摂取する機会が多いと思いますが、飲みものから手軽にとれるあずき茶は便利ですね。 カテキングルコシド カテキングルコシドはあずきポリフェノールのひとつで抗酸化作用がとても高いです。 ポリフェノールは水に溶けやすいので、あずき茶にして飲むとポリフェノールをしっかり摂取できます。 あずき茶を利用してご飯を炊くのもよいでしょう。 まとめ 授乳中のママならたんぽぽ茶でもよいかもしれません。 しかし、栄養素の豊富さやダイエットやむくみ、冷えに関してはあずき茶がよいでしょう。 とくにあずきポリフェノールは魅力的な成分です。 大豆アレルギーがなければ子供でもおいしく飲むことができます。 焙煎が難しいですが、自家製あずき茶にもぜひチャレンジしてみてください。 \ SNSでシェアしよう! / キラっと ~すべての輝く女性を応援するメディア~の 注目記事を受け取ろう•

次の

小豆茶の効能や作り方は?あさイチやサタデープラスでも紹介♩

あずき茶 効能

あずき茶のダイエット効果の1つ目は、 むくみの改善です。 むくみとは、血液中の余分な水分が、血管の外にしみ出すことにより、 皮膚と皮下組織内に溜まって膨らむ状態です。 長時間立ち続けていたときなど一時的なものと、身体の疾患が原因で起こるものがあります。 また、女性の場合にはホルモンバランスの乱れによるむくみもあります。 あずき茶に含まれている、 カリウムと サポニンの効果により、むくみの改善をしてくれます。 カリウムは、 体内の水分量の調整する働きがあり、 余分な水分や塩分を排出する効果があります。 さらに、利尿を促して、むくみの原因となる余分なナトリウムを体外へ排出させます。 また、 サポニンも 身体の水分量を整える働きがあり、塩分を摂りすぎて体中のナトリウムが多くなった場合に、 高い利尿作用を発揮し、身体のむくみの原因となるナトリウムを除去する効能があります。 どちらも、余分な水分を排出してくれることか らダイエット効果も期待できます。 あずき茶のダイエット効果の2つ目は、 中性脂肪の増加を防ぐ効果によりダイエット効果があります。 中性脂肪は、エネルギーの素であるブドウ糖が不足した場合に、補うために蓄えられているものです。 体内で吸収されエネルギーが余った場合、 肝臓で中性脂肪が作られ、 皮下脂肪として蓄えられます。 そして、 中性脂肪が必要以上に蓄えられられた状態が肥満です。 あずき茶には、 中性脂肪の増加を防ぐ サポニンが含まれています。 サポニンには、吸収されたブドウ糖が脂肪として蓄積されることを抑える効果があります。 中性脂肪の増加を防ぐことにより ダイエット効果があり、血液中のコレステロールの増加も防ぐことから 健康維持にも役立ちます。

次の