プレシジョン システム サイエンス。 プレシジョン・システム・サイエンス[7707]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)【7707】株の基本情報|株探(かぶたん)

プレシジョン システム サイエンス

【沿革】 昭和60年7月 理化学機器(臨床検査機器)の保守メンテナンスを目的として、東京都板橋区に設立。 昭和61年9月 本社所在地を東京都府中市に移転。 平成元年2月 自社製品として、分注装置、希釈装置、洗浄装置等の理化学機器の製造販売を開始。 平成3年2月 研究開発施設として、千葉県松戸市に松戸研究所を設置。 平成4年4月 生産工場として、東京都稲城市に稲城工場を設置。 平成5年1月 稲城工場を本社社屋として転用し、本社所在地を東京都稲城市に移転。 平成6年4月 磁性体粒子法を利用した免疫測定装置の研究開発に着手。 平成6年10月 磁性体粒子法を利用したDNA抽出装置等の研究開発に着手。 平成7年6月 磁性体粒子法を利用した化学発光免疫測定装置(HiMICO)の製品化に成功。 開発技術について、日本、米国、欧州等の世界各国に特許出願し、Magtration Technologyと名付ける。 平成7年10月 Magtration Technologyを利用したDNA自動抽出装置等の製品化に成功。 平成8年8月 ㈱とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成9年11月 スイスのF. Hoffmann-La Roche Ltd. とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成10年12月 ドイツのBoehringer Mannheim GmbH(現 Roche Diagnostics GmbH)とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成11年7月 ノルウェーのGenoVision AS(現 Qiagen AS)とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成12年10月 スウェーデンのMagnetic Biosolutions Sweden ABとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成13年2月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現 ヘラクレス市場)に株式を上場。 平成13年4月 研究開発施設と生産工場を統合し新本社社屋に集約。 本社所在地を千葉県松戸市に移転。 平成13年7月 海外子会社PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. 、米国カリフォルニア州)、Bio-Strand, Inc. (米国カリフォルニア州)及びPrecision System Science Europe GmbH(ドイツマインツ市)を設立。 平成14年2月 国際標準規格ISO9001認証取得。 平成14年6月 英国Tepnel Life Sciences PLCとMagtration Technologyを応用する技術に係るライセンス供与契約を締結。 平成14年7月 子会社ユニバーサル・バイオ・リサーチ㈱(千葉県松戸市)を設立。 平成14年8月 ノルウェーのQiagen ASとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成14年8月 ドイツのQiagen GmbHとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成15年9月 PSS Bio Instruments, Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )が実施した株主割当増資についてUS$1,500,000. 00を全額引受。 平成16年6月 海外子会社PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. 、米国カリフォルニア州)とBio-Strand, Inc. (米国カリフォルニア州)を合併。 PSS Bio Instruments,Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )を存続会社とする。 平成16年8月 ㈱三菱化学ヤトロン(現 三菱化学メディエンス㈱)と小型免疫化学発光測定装置に関するOEM契約を締結。 平成16年8月 国際認証規格ISO13485(医療機器における品質マネジメント)認証取得。 平成17年9月 PSS Bio Instruments, Inc. (現 Precision System Science USA, Inc. )が実施した株主割当増資についてUS$3,000,000. 00を全額引受。 平成18年5月 米国Invitrogen CorporationとDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成18年7月 投資会社として、子会社PSSキャピタル㈱を設立。 平成18年7月 当社及びPSSキャピタル㈱が出資 出資比率25%)し、PSSキャピタル㈱が共同無限責任組合員となる、投資ファンド、バイオコンテンツ投資事業有限責任組合が設立される。 平成18年8月 米国Bechman Coulter, Inc. とDNA自動抽出装置等に関するOEM契約を締結。 平成18年12月 ㈱及び㈱とビーズアレイ技術について実施許諾契約を締結。 平成19年1月 収容反応測定装置及び収容反応測定法に関する米国特許取得。 平成19年2月 米国NanoString Technologies, Inc. とサンプル精製・反応処理システムに関するOEM契約を締結。 平成19年7月 タンパク質の自動精製装置及び試薬キット(Purelumnシステム)に関して、GEヘルスケアバイオサイエンス㈱と国内独占販売契約を締結。

次の

モーニングスター [ PTS価格 プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 ]

プレシジョン システム サイエンス

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:2,475. 0円 始値:2,511. 0円 高値:2,619. 0円 安値:2,453. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

プレシジョン・システム・サイエンス(7707)

プレシジョン システム サイエンス

Contents• pcr全自動検査装置を製造する会社が松戸市にあった!プレシジョン・システム・サイエンス社を知っていましたか? 5月30日のNHKのニュースで「フランスなどで導入されている全自動のPCR検査装置を製造する千葉県松戸市のメーカーが国内での販売を目指して厚生労働省に臨床試験のデータを提出しました。 」と報道されました。 えぇっ!そんな凄い会社が松戸のどこにあるんだ? と驚きました。 松戸市にマツモトキヨシやマブチモーターマブチモーターの本社があるのは知っていました。 他にもこんな優れた会社があったんですね! プレシジョン・システム・サイエンス社の所在地 正式な社名は、 プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 本社所在地は、千葉県松戸市上本郷88です。 JRの松戸駅と北松戸駅の間、ヤマザキパンの工場や物流センターの建物が並んでいる工業地帯の一角です。 プレシジョン・システム・サイエンス社の事業内容 「プレシジョン precision 」の意味が解らなかったので調べてみました。 「精密」でした。 社名を直訳すると、 精密・系統・科学株式会社と言ったところでしょうか。 systemは、他にも方式、体系、組織など沢山の意味がありますが、妥当だと思うものを選んでみました。 精密機器を製造するだけでなく、研究も含め守備範囲が広い会社ということのようです。 会社概要によると、事業内容は以下になっています。 遺伝子検査、たんぱく質検査などの体外診断(IVD)における研究開発や、その実用化で用いられる自動化装置、その他理化学機器、ソフトウェアなどの開発および製造販売。 自動化装置に使用される試薬およびプラスチック消耗品の製造販売など。 つまり事業内容は ・研究開発 ・研究したものを実用化する装置製造 ・装置を使うのに必要なソフト開発 ・装置を使用するのに必要な消耗品製造 ・製造したものを販売 という会社なのですね。 凄くシステマティックです。 世の中の役に立ちそうな印象! ビジネスとしてもゆるがない強さがありそうです! pcr検査で注目を浴び、株価も伸びていますね。 (東証マザーズ上場) プレシジョン・システム・サイエンス社の規模や業績 社員数は166名。 事業内容を見ると、優秀な研究者や技術者が沢山いるのだろうなと思いますね。 連結子会社という形の子会社が、 国内は、 松戸市と秋田県大館市に1社ずつ、 海外では、 アメリカとドイツにも1社ずつあります。 業績としては、科学の知識がなくても分かり易いのは、 DNA抽出の装置です。 遺伝子の研究が実を結んだもので、 警察のDNA鑑定で大きな成果を出しています。 pcr検査もウイルスの遺伝子を増幅させて検出する検査法ということで、 遺伝子の研究が功を奏したことは間違いなさそうです。 プレシジョン・システム・サイエンス社のpcr自動検査への取り組み 世界的パンデミックとなった新型コロナウィルス拡大に際して、 プレシジョン・システム・サイエンス社の製品は海外で、既に大きく貢献しています。 pcr検査でフランス大使から感謝状が贈られていた! 4月24日に、プレシジョン・システム・サイエンス社がプレスリリースで、 駐日フランス大使から全自動pcr検査システム供給に対して礼状を受け取ったと発表していました。 この報道は見ていたので、 日本での新型コロナのpcr検査がなかなか進まないのに、海外で日本の会社が作った検査システムが使われている!と知り、驚きました。 プレスリリースによると、プレシジョン・システム・サイエンス社に 感謝状が贈られた理由は、 フランスの会社のブランドとしてOEMで全自動pcr検査システムを供給していて、 そのシステムと検査に必要な消耗品を供給し続けたことがフランスの医療現場で貢献している、と評価されたためです。 素晴らしいですね! ですが、一方で、 なぜそのシステムが日本国内で活用されないのだろうか?と疑問がわきます。 プレシジョン・システム・サイエンス社のpcr全自動検査が国内で使われないのはなぜ? この素朴な疑問が、5月6日配信のヤフーニュースで取り上げられていました。 *PSS社はプレシジョン・システム・サイエンス株式会社 PSS社の田中英樹・取締役総務部長がこう言う。 「手作業によるPCR検査では、なかなか検体数も増えないでしょう。 (なぜ、全自動PCR検査システムが使えないのか)分かりませんが、とにかく、早く今の状況を何とかしたい。 とても歯がゆい思いをしています」 つまり、会社側はこのシステムを採用してもらいたいと思っているのに、 国が採用してくれない のですね。 3月に国に使用を求める申請をしたのに、「進展がない」状態 (5月6日時点 だそうです。 その後も申請が通ったというリリースや報道は目にしていません。 5月31日現在 pcr自動検査に関してプレシジョン・システム・サイエンス社が国内で目指していること pcr検査が機械でできるようになれば 医療従事者の負担が大幅に軽減されることは容易に想像できます。 更に、現在のpcr検査では判定に6時間かかりますが、この全自動システムなら2時間で結果が出るそうです。 検査判定の時間が大幅に短縮できます。 また、5月28日のプレスリリースによると、「pcr全自動検査装置と一体化したpcr試薬の厚生労働省への保険適用のための申請」をしたそうです。 このpcr全自動検査装置 geneLEAD は、 遺伝子検査の専門技術を持たない医師でも遺伝子検査ができる他にはない装置で、しかも破格の100万円を切る価格で提供できるそうです。 この申請が通れば、試薬は 保険適用が可能になります。 そうなると、とても助かりますね! 早く、日本でも全自動検査ができるようになることを願います。 プレシジョン・システム・サイエンス社の理念 会社情報によると、企業理念は 多様なバイオ分野において、高精度かつユーザーフレンドリーな オープンシステムの提供を通じ、遺伝子、タンパク質、免疫等に関する 生体情報の有効活用を推進することで、社会貢献します。 となっています。 また、田島秀二社長の挨拶文からは、 自社の研究開発に誇りを持っておられることや、今後益々世界で社会貢献していきたいという志が感じられます。 更に、挨拶の結びにある 「お互いに技術を持ち寄り、世の中に貢献出来る事業を行うことが出来るなら大きな喜びです。 共感して下さる方々との出会いが楽しみです。 」 という文章には、このような経営者がいることに嬉しさや尊敬を感じます。 これからの若い人達が、こういう会社で活躍できるといいなぁと思います。 最後まで読んで下さりありがとうございました。

次の