パソコン line 通話 イヤホン。 Lineの通話で自分の声が聞こえる・ハウリングする時の対策

Lineの通話で自分の声が聞こえる・ハウリングする時の対策

パソコン line 通話 イヤホン

イヤホンのマイクとPCについて みなさんはPCでスカイプを使って通話をしたことはありますか?ノートパソコンのスピーカーと備え付けのマイクを使って行われる方もいるかもしれませんが、相手の話が聞こえづらかったり、こちらの声が相手に届きにくいことがあったりと通話のトラブルが起きやすいです。 そんなときに、iPhoneにイヤホンマイクを使用して通話しているときと同じように、PCのスカイプ通話ができたら相手の声も聞こえやすいですし、こちらの声も届けやすいので、便利だと思いませんか? この記事ではそんなイヤホンのマイクとPCについて解説していこうと思います。 iPhoneの純正マイク付きイヤホンでスカイプをしたいと思ったことがある人も多いはず iPhone付属のマイク付きイヤホン「EarPods」 iPhoneを購入すると付属してくるイヤホン、実は優れモノでマイクが搭載されていることはご存じでしょうか?iPhoneで音楽を聴くだけでなく、そのまま通話もすることができるんです。 iPhone7以降のEarPodsはPCには接続できない iPhone7以降に発売されたiPhoneはイヤホンジャックが廃止されてしまったため、付属のマイク付きイヤホンもLightningコネクタという特殊なコネクタを採用しています。 このため、 iPhone7以降のマイク付きイヤホンはPCに接続することができません。 iPhone7以降でPCとiPhoneのマイク付きイヤホンを共有するためには、 Bluetoothに対応したイヤホンマイクを購入するという方法が良いでしょう。 Bluetoothに対応したイヤホンマイクを使用すると、PCとイヤホンマイクの間を無線にすることが可能です。 iPhone6までに付属されていたマイク付きイヤホンはPCにも接続可能です。 ただし、接続するパソコンがこのマイク付きイヤホンに対応している必要があります。 イヤホンのマイクがそのまま使えるパソコンと使えないパソコンを見極めよう iPhone6以前のイヤホンのマイクが使えるパソコンの特徴 オーディオジャック搭載されていることことが必要です。 また、実際に イヤホンを挿すジャックの部分を見てみると、ヘッドセットの絵柄が描かれていることもありますので、確認してみると良いでしょう。 iPhone6以前のイヤホンのマイクが使えないパソコンの特徴 「イヤホンジャック」や「ヘッドホンジャック」と「マイクジャック」が別々に搭載されている。 「ヘッドホンジャック」しか搭載されていないPCではイヤホンのマイクはそのまま利用することができません。 イヤホンを挿すジャックの部分を見てみると、ヘッドホンの絵柄しか描かれていない場合は、マイクが使えないかもしれません。 (実際に挿してみると使える場合もあるので、試してみることをお勧めします。 ) Bluetoothを使用したイヤホンのマイクが使えるパソコンの特徴 Bluetoothを使用したイヤホンのマイクを使うためには、 Bluetoothに対応したPCである必要があります。 Bluetooth対応のPCであるかどうかは、メーカーのカタログに記載されているか、WindowsPCであれば、コントロールパネルにBluetoothの表記があれば、Bluetoothに対応しています。 MacPCであれば、画面の上部のバッテリの残量表示の左側に米印のようなマークがあれば、Bluetoothに対応しています。 PCでイヤホンのマイクが使えるようにする方法 オーディオジャックにマイク付きイヤホンを接続して使用する場合 オーディオジャックにマイク付きイヤホンを挿すだけで使用することができるようになります。 特に設定などは必要ありません。 イヤホンを挿した後に、スカイプなどの通話ソフト上で音量を調整しましょう。 一度ペアリングを行うと、次からはペアリングを行わずともマイク付きイヤホンを使うことができます。 マイク付きイヤホンの説明書に書かれている方法でペアリングを行って下さい。 多くのマイク付きイヤホンは電源と共通化された通話ボタンが一つか、通話ボタンと音量ボタンがついていますので、通話ボタンを長時間押すことで、ペアリング待ちの状態になります。 ペアリングが確立すると、「機器を接続しました」という表記が出て、マイク付きイヤホンが使用できるようになります。 2回目以降はマイク付きイヤホンの電源を入れてしばらくすると、自動的にマイク付きイヤホンが使用できるようになります。 これで、PCのスカイプでマイク付きイヤホンが使用できるようになります。 PC専用のマイク付きイヤホンもあります iPhoneと共用できるBluetoothタイプやオーディオジャック式のマイク付きイヤホンの他に、 PC専用のイヤホンマイクも有ります。 USBを使用しているものもあり、そちらは Bluetoothとは違い、初期設定が簡単なので、 「Bluetoothは難しいけど、PC用にマイク付きイヤホンを使用したい!」という方には PC専用のイヤホンマイクを利用されることをお勧めします。 一方、Bluetoothタイプやオーディオジャック式のイヤホンマイクを購入すると、 iPhoneのイヤホンマイクとしても使用することができますので、普段はPC用、外出時はiPhone用として利用することもできます。 ここで、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 PC専用のUSBタイプのイヤホンマイク メリット:接続が簡単でほとんど全てのPCで使用可能。 ヘッドセットタイプが多く、長時間使用していても楽 デメリット:有線である。 PC専用で他の用途に使えない。 (iPhoneでは使えない) Bluetoothタイプのイヤホンマイク メリット:iPhoneでの使用も可能。 ケーブルがないため作業しながら使用しても苦にならない。 一度ペアリング登録してしまえば、使用時の準備がほとんど不要。 デメリット:PCで使用する場合、Bluetooth対応PCが必要。 初めてペアリング登録する際、初心者が操作しづらい。 オーディオジャック式のイヤホンマイク メリット:接続が簡単。 iPhone6以前であればiPhoneで利用可能。 ポータブルオーディオ iPodやウォークマンなど)でのイヤホンとしても使用可能。 デメリット:PCで使用する場合、オーディオジャックがイヤホンマイク対応である必要がある。 両耳から音声が聞こえるタイプとしては78グラムと軽く、長時間装着していても疲れません。 長い時間、スカイプを利用して通話をされる方で、PC専用でも良いので、簡単に利用したいという方にはお勧めのヘッドセットです。 Bluetooth接続なので、iPhoneやPCとの接続にケーブルが不要であるため、iPhoneをバッグに入れた状態で音楽を聴いたり、通話をすることがとても簡単にできます。 マルチポイント接続に対応しており、 ウォークマンで音楽を聴きながら、iPhoneで通話することも可能です。 ノイズキャンセリング機能もついており、周囲の音をシャットアウトして音楽を楽しむこともできます。 また、本体部分にステレオミニジャックを搭載しているため、 自分好みのイヤホンに接続して自分だけのマイク付きイヤホンを作ることができます。 通話時は左耳に引っかけるタイプのヘッドセットとして、 音楽を楽しみたいときは付属の右耳用イヤホンを接続することでBluetoothステレオイヤホンとして利用することができます。 利用シーンに応じて使い方を変えたい、という方にはお勧めのマイク付きイヤホンです。 ポータブルオーディオを楽しむ感覚で、そのまま通話にも利用することが可能です。 コードの長さを調節できるアジャスター付きで、邪魔なコードもスッキリと収納することができます。 また、マイク部分にマルチファンクションボタンがあるため、 通話の開始、終了をiPhoneを取り出さなくても行うことができます。 まとめ 目的に合ったマイク付きイヤホンでPCでもiPhoneでも楽々 いかがだったでしょうか?今回はマイク付きイヤホンを紹介させて頂きました。 iPhoneだけで使いたい人、PCだけで使いたい人、iPhoneでもPCでも使いたい人、 通話がメインの人、音楽を聴くことがメインの人、と使い方に応じて最適なマイク付きイヤホンを探してみることが大事だと思います。 マイク付きイヤホンの選定のポイント 「どの用途をメインに使いたいのか」「どの機器に接続したいのか」によって ベストなマイク付きイヤホンが決まると思います。 その二つの観点から、接続方式(USB、Bluetooth、イヤホンジャック)と装着方法 耳掛け方式、ヘッドセット、イヤホンタイプ を選択されてみてはいかがでしょうか? また、下記の記事では、イヤホンマイクの便利な使い方について解説しております!ぜひ合わせてご覧ください! 記事:.

次の

iPhoneの純正イヤホンで電話ができる!マイク機能の使い方と位置・通話方法は?

パソコン line 通話 イヤホン

LINEはメッセージアプリとしてトークのやり取りが多いですが音声通話が無料で出来る無料通話機能も人気です。 通話の音質も昔に比べると随分と良くなってますし、音ズレもほぼなくなってきている状態なので電話よりもLINEの無料通話を利用している方も多いのではないでしょうか。 スマホを使ってLINEの無料通話をするのは普通ですが、PC版のLINEでも無料通話ってできるんですよね。 あまり活用している人はいないかもしれませんがPC版でも十分に使える機能となってます。 私の場合、最近ではfacebookメッセンジャーかLINE無料通話を使って通話する事が多いですね。 電話番号を知らない相手でも通話できるし、PCで作業しながら通話できるのも便利です。 このページではPC版LINEの無料通話についての使い方を詳しく解説していきます。 ・マイクの設定がオフになっている ・スピーカーの設定がオフになっている 上記のようなケースでは無料通話の発信ができない、もしくは発信しているが相手には着信が届いていないという状態になります。 特にどちらかがブロックしている場合には発信も着信もできないですが、発信音は鳴っている状態となるので注意が必要です。 また、マイクやスピーカーの設定がオフになっている場合には発信する時に以下のようなエラー表示がされます。 ただし、実際に私が試した時に気になった事が一つあります。 それは、Windows10版LINEの音声通話は混線しやすいという事。 丁度色々と調査していた時なのですが、Windows10版LINEから自分のスマホに無料通話を行った時に上手く通話ができませんでした。 ザーッと音が鳴っていて会話が聞き取れない状態です。 そこで、PCをスピーカーではなくヘッドホンにして試してみると普通に通話ができました。 つまり、Windows10版LINEで音声通話をした時にスピーカーの音とスマホの音が混線して正常に通話ができない状態だったわけです。 それで普通に通話できるようになるはずです。 上記の原因ではなく何か別のエラーなどが出て通話できない場合には最新版のWindows10版LINEをインストールしましょう。 再インストールする事で問題が解決して通常通り通話ができるようになります。 Windows10版LINEのインストールは以下の記事を参考にどうぞ。 関連リンク•

次の

PCでskypeやLINEの通話をイヤホンやヘッドセットで行う時の設定【Mac】

パソコン line 通話 イヤホン

LINEはメッセージアプリとしてトークのやり取りが多いですが音声通話が無料で出来る無料通話機能も人気です。 通話の音質も昔に比べると随分と良くなってますし、音ズレもほぼなくなってきている状態なので電話よりもLINEの無料通話を利用している方も多いのではないでしょうか。 スマホを使ってLINEの無料通話をするのは普通ですが、PC版のLINEでも無料通話ってできるんですよね。 あまり活用している人はいないかもしれませんがPC版でも十分に使える機能となってます。 私の場合、最近ではfacebookメッセンジャーかLINE無料通話を使って通話する事が多いですね。 電話番号を知らない相手でも通話できるし、PCで作業しながら通話できるのも便利です。 このページではPC版LINEの無料通話についての使い方を詳しく解説していきます。 ・マイクの設定がオフになっている ・スピーカーの設定がオフになっている 上記のようなケースでは無料通話の発信ができない、もしくは発信しているが相手には着信が届いていないという状態になります。 特にどちらかがブロックしている場合には発信も着信もできないですが、発信音は鳴っている状態となるので注意が必要です。 また、マイクやスピーカーの設定がオフになっている場合には発信する時に以下のようなエラー表示がされます。 ただし、実際に私が試した時に気になった事が一つあります。 それは、Windows10版LINEの音声通話は混線しやすいという事。 丁度色々と調査していた時なのですが、Windows10版LINEから自分のスマホに無料通話を行った時に上手く通話ができませんでした。 ザーッと音が鳴っていて会話が聞き取れない状態です。 そこで、PCをスピーカーではなくヘッドホンにして試してみると普通に通話ができました。 つまり、Windows10版LINEで音声通話をした時にスピーカーの音とスマホの音が混線して正常に通話ができない状態だったわけです。 それで普通に通話できるようになるはずです。 上記の原因ではなく何か別のエラーなどが出て通話できない場合には最新版のWindows10版LINEをインストールしましょう。 再インストールする事で問題が解決して通常通り通話ができるようになります。 Windows10版LINEのインストールは以下の記事を参考にどうぞ。 関連リンク•

次の