ウテナ オープニング。 A Japanese animated cartoon song in YouTube.【少女革命ウテナ】輪舞

OPパロディタグの一覧とは (オープニングパロディタグノイチランとは) [単語記事]

ウテナ オープニング

関連タグ ネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい 「抑圧された自我」の象徴であり、この「自我の解放」すなわちアンシーの「(精神的)革命」が本作のテーマである。 よって、アンシーがだとも言える。 (オープニングテーマ「輪舞revolution」の歌詞はのテーマだと考える人が多いが、実はアンシーのテーマである) [生徒会編] 彼女とエンゲージすると「 世界を革命する力」が与えられると言われる「 薔薇の花嫁」 鳳学園生徒会のメンバーでもあるデュエリスト達が繰り広げている決闘ゲームの 優勝賞品である。 失われた王子様の力の結晶たる「ディオスの剣」を体内に宿しており、彼女とエンゲージしたデュエリストのみがその剣を抜く事が出来る。 物語開始時点では西園寺が彼女を『所有』していたが、西園寺がウテナに敗れた為、その夜から寮内のウテナの部屋に移り住み、ウテナに仕える事を告げる。 決闘で女の子を奪い合っているという事実に憤慨し、アンシーを運命から解放してみせると息巻くウテナの様を、従順に振る舞いながらも冷ややかに見ており、稀に酷薄な素顔を垣間見せていた。 冬芽に敗れたウテナの元を一旦は離れるが、再び立ち上がったウテナのひたむきさにかって自分が愛したディオスの姿を一瞬、重ね見てしまい、自分でも思いがけず、ウテナに加勢していた。 [黒薔薇編] 千唾馬宮を新たに薔薇の花嫁の座に据えようと目論む御影草時の繰り出す「黒薔薇のデュエリスト」達に命を狙われる事となる。 だがそんな事態すらもあまり気にならないのか、この時期は何故だかいつも眠そうにやたらとあくびや居眠りばかりしているが……。 実は現在、 御影の傍らにいる馬宮はアンシーの変装した偽物である。 眠そうにしてたのは 一人二役 アンシーと馬宮 で忙しかった為。 [鳳暁生編] ウテナと共に寮を離れ、兄・暁生の居る理事長室に移る事になる。 「十年後も笑って一緒にお茶が飲める友達になろう」と言うウテナに徐々に心を開いていっているかの様にも見えるが、一方で暁生に誘惑され、 籠絡されていくウテナの様をどこか突き放した様な表情で眺めてもいた。 また一時期、理事長室に居候していた七実に暁生とまぐわっている姿を目撃されている。 兄妹二人で立派に近親相姦を地で突っ走っているのである 翌朝、何食わぬ顔で普段と変わらず、七実とウテナに接する兄妹に、 七実は背筋を凍らせる。 [黙示録編] 影絵少女達の演劇「 薔薇物語」で明かされたその正体は、 かって民衆を守る事に忙殺されていた王子様を守る為に、王子様を封印した「王子様の妹」 王子様の妹なので、世界中の女の子の中で唯一、 お姫様になる事が出来ない。 王子様を封印した事で「 魔女」と罵られ、民衆の憎悪を一身に受ける事となり、 常に百万本の剣にその身を貫かれる痛みに耐えている。 だが、彼女がそうまでして守った王子様=ディオスはいつしか純粋なひたむきさを忘れた大人となり、世界の果て=鳳暁生と成り果て、失われた王子の力を取り戻す為に、ひたむきな若者達=デュエリスト達による決闘ゲームを仕組んだ。 妹を救う為でなく、自らの野心の為に。 暁生とアンシーの関係を知り、打ちひしがれながらも、それでもアンシーを運命から解放する王子様になる事を改めて決意し「世界の果て」との決闘に臨むウテナ、 だがアンシーはそんなウテナを……、 後ろから剣を刺し、そして..... 関連記事 親記事.

次の

日々の雑文

ウテナ オープニング

お弁当の話というのが一瞬思い浮かびませんでしたが、トラウマシーンという事はきっと33話のあのシーンですね。 ウテナは人気は高いですし自分も好きですが、はっきり言って『人を選ぶ作品』だと思います。 演劇や宝塚みたいなのを意識して作られている為この独特な雰囲気が好きな人はまず惹かれる作品です。 あと、かなり中二チックです。 それを叶える為に「世界を革命する力」を授けるといわれる薔薇の花嫁を手に入れる決闘を行います。 その決闘へと至る物語が丁寧に語られているので、キャラへの共感度というか理解度が高まり好きになったりします。 前述しましたが、この作品はかなり人を選ぶと思います。 このご時世にテレビで流したら高い確率でPTAとかから電話がかかってくるレベルですw ・トラウマシーン程ではないですが、そういう事やってるだろうって描写がそこそこある。 ・普通の恋愛描写もありますが、近親相姦・百合描写・ややBLっぽいの等結構カオスです。 ・変身とかで女性が半裸になるシーンがあります。 あと、後半になるとスタッフの遊び心?か何かで男共も無駄にはだけます。 ウテナは他では見ない本当に独特の世界観で成り立っています。 中二や電波、抽象的な表現からの考察が好きな人には向いてる作品かと。 かなりカオスになるのは第3部からなので、とりあえず1話だけ見てみて気にいるかどうかを見極めてみたらいかがかと思います。

次の

アニメ『少女革命ウテナ』世界を革命した少女の話

ウテナ オープニング

総説 [ ] 『少女革命ウテナ』監督のは、仮タイトルは「Take my revolution」あるいは「輪舞 〜Take my revolution〜」だったと自身ので述べている。 また、作品の世界観を表現する「光さす庭」「革命する」「総てを失う」「脱ぎ捨て 裸になる」「世界を変える」といった言葉を歌詞に入れるよう依頼した。 なお、劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』においても挿入歌として使われている。 オープニングで使用されたTVサイズ版では、CD版とは別に収録された歌唱パートが使用されている。 また、コーラス部も若干異なっている。 アルバム『』では〈red rose version〉として収録されている。 2019年3月1日、のアニメソング人気投票キャンペーン「」において作詞賞(1989年 - 1999年)に選出された。 シングル「輪舞-revolution」 [ ] 「 輪舞-revolution」 の 初出アルバム『』 I can't… リリース 規格 () 奥井雅美 矢吹俊郎 チャート最高順位• カップリング曲「I can't…」は、アルバム『』では〈daydreamix〉として収録されている。 「輪舞-revolution」収録曲 [ ] (全作詞:奥井雅美、作曲・編曲:矢吹俊郎)• 輪舞-revolution [4:33]• I can't… [5:33]• 輪舞-revolution()• ジャケットイラストは、による描き下ろしのウテナとアンシーである。 輪舞-revolution [4:33] 作詞:奥井雅美、作曲・編曲:矢吹俊郎、歌:奥井雅美• [4:27] 作詞:、作曲:、編曲:、歌: カバーバージョン [ ] 輪舞-revolution• 登場人物の1人・春日楠を演じるがカバーしている。 の中でカバーしている。 Animelo Summer Live2008で、奥井雅美とのデュエットで演奏された。 『Minori Chihara Live Tour 2009 〜Parade〜』の中や『Minori Chihara Live 2009 SUMMER CAMP』、『Minori Chihara Live Tour 2016 ~Innocent Age~』の中でも演奏された。 - 『』関連• - 『百歌声爛』関連• - 『百歌声爛』関連• アルバム『V-ANIME ROCKS evolution』収録(2013年) 脚注 [ ].

次の