アリ 王子 の お 通り 英語。 【歌詞和訳カタカナ】実写版Prince Ali(アリ王子のお通り) アラジン

アラジン (1992年の映画)

アリ 王子 の お 通り 英語

Prince Ali の英語歌詞と和訳 [ENSEMBLE] Make way for Prince Ali! アリ王子のお通りだ、道を開けろ! Say hey! It's Prince Ali! 「はい!」と答えよ、この方はアリ王子だ [GENIE AS WOMAN] Hey! Clear the way in the old bazaar ちょっと!古びたバザールの道をあけなさい Hey you! Let us through! ちょっとそこの人!通しなさい! It's a brand new star! 新しいスターのお通りだよ! Oh come, be the first on your block to meet his eye! こっちに来て、この辺で彼と目が合う初めての人になりなよ! [GENIE] Make way! Here he comes! 道を開けろ!彼が来たぞ! Ring bells! Bang the drums! ベルを鳴らせ!ドラムを叩け! You're gonna love this guy みんな彼のこと大好きになるさ [GENIE] Prince Ali! Fabulous he! アリ王子!なんて素晴らしい! Ali Ababwa アリババ様 Show some respect, boy, genuflect, down on one knee 膝をついて尊敬の念を見せるのだ、ひざまずけ Now, try your best to stay calm 興奮しないように、落ち着いて Brush up your Friday salaam 身なりを整えて丁寧な挨拶をするのだ Then come and meet his spectacular coterie そして華々しい取り巻き達に会いに来たらいい [GENIE] Prince Ali! アリ王子! Mighty is he! 万能なお方! Ali Ababwa アリババ様 Strong as ten regular men, definitely! 男10人分の強さを持つお方、本当に! He's faced the galloping hordes 全力で駆ける馬の大群にも向かっていかれる A hundred bad guys with swords 刀を持った100人の悪党にも立ち向かう Who sent those goons to their lords? 誰がそんな間抜け達をご主人様の元に送ったのか? Why, Prince Ali 何故、アリ王子 Fellas, he's got 皆、彼は全部持ってるのさ [MEN] He's got seventy-five golden camels 彼は金色のラクダを75頭持ってるのさ [GENIE] Woo, uh-huh, now the ladies, what he got? ワーオ、ねえレディー達、彼は何持ってるんだって? [WOMEN] Purple peacocks, he's got fifty-three 紫色の孔雀を53羽も [GENIE] Uh-huh, uh-huh, uh-huh なるほど When it comes to exotic-type mammals, everybody help me out! Handsome is he アリ王子!なんてハンサムなの There's no question this Ali's alluring 彼の魅力には文句のつけようがない Ali Ababwa アリババ様 Never ordinary, never boring 非凡なお方、楽しい方 That physique! あの体つき! Everything about that man 彼の全てが素晴らしい How can I speak, weak at my knees 言葉が出ないわ、膝がガクガクしちゃう Just plain impresses ただただ素晴らしい You yummy boy! なんてイケメンなの! So, get on out in that square ここから出て広場へ行けば He's a winner, he's a whiz, a wonder 彼は勝者、魔法使い、驚異的な魅力 Adjust your veil and prepare ヴェールを整えて、心の準備を He's about to pull my heart asunder 彼は私の心を引き裂いてしまうだろうから To gawk and grovel and stare at Prince Ali, oops ポカンと彼に見とれて、ひれ伏し、そしてじっと見つめてしまうから And I absolutely love the way he dresses! 彼の着こなしも最高にイケてる! [ENSEMBLE] He's got ninety-five white Persian monkeys ペルシアン・モンキーを95匹持ってるんだ [GENIE] He got the monkeys, a bunch of monkeys 彼は猿を持ってる、たくさんの猿をね [ENSEMBLE] And to view them he charges no fee それにその猿を無料で見せてくれるんだ [WOMEN] He's generous, so generous 彼ってなんて優しいの [ENSEMBLE] He's got 10,000 servants and flunkies 彼には奴隷と使用人が1万人いるのさ Proud to work for him! 彼に仕えるのを誇りにしてるんだ They bow to his whim, love serving him 彼の我儘にも従うし、彼のお世話をするのを楽しんでる They're just lousy with loyalty to Ali! アリ王子への忠誠心でいっぱいなのさ Prince Ali! アリ王子! Prince Aaa- 王子様 [GENIE] We waitin' for you! みんな君を待ってるんだ! We're not going 'til you go! ほら! [GENIE, ENSEMBLE] Prince Ali! アリ王子! Amorous he! Ali Ababwa 愛しいアリババ様 [GENIE] Heard your princess was hot! Where is she? プリンセスは美しいお方だって聞いたよ、どこにいるんだい? And that, good people, is why he got all cute and dropped by だから彼はキュートになって立ち寄ったのさ [ENSEMBLE, GENIE, Both] With sixty elephants, llamas galore For real!? 象が60頭、ラマはたくさん(マジ?) With his bears and lions a brass band and more What? 熊とライオンのブラスバンドもある(なんだって?) With his forty fakirs Oh! his cooks, his bakers Oh! 音程に合わせてさえずる鳥だっている Make way for Prince Ali! 道を開けて、アリ王子のお通りだ!.

次の

【歌詞和訳カタカナ】実写版Prince Ali(アリ王子のお通り) アラジン

アリ 王子 の お 通り 英語

2つ目の願いについて オリジナルアニメでも大きな議論を呼んだ、有名な「2つ目の願い」 ジャファーによってアラジンが拘束されたまま海? に放り込まれたシーンです。 オリジナルアニメでは意識を失ったアラジンの手がランプに触っており、その反動でジーニーが現れます。 が、意識を失ったアラジンは願い事を発言できず、ジーニーが抱き起こしたことで頭が上下に動いただけ。 その動きを利用してジーニーは忖度でアラジンを助けます。 この場合、アラジンは明確に願を発していないため、2つ目の願いとしてカウントされないのでは、というのが、議論の焦点でした。 関連記事: 実写版ではこの問題の部分をこの様に変更していました。 アラジンが拘束されたまま水の中に投げ入れられ、意識を失うところまでは一緒です。 ランプからジーニーが現れ、ジーニー自身が「グレーゾーン」と表現していますが、前日の日付になっている契約書にアラジンの手を動かして、サインさせていました。 その契約書には、 2つ目の願いとして、命の危険があった際に、その状況から助かることを願う と書かれており、日付は前日のものになっています。 魔法のじゅうたんでのデート オリジナルアニメではアラジンはジャスミンを魔法のじゅうたんでデートに連れ出し、エジプト、ギリシャを経て最終的に中国までやってきます。 とても神秘的な深夜の秘密のデートですが、よくよく考えるととんでもない距離をほんの僅かな時間で移動していますよね。 しかも時差のことも考えると、ほぼ瞬間移動したことになります。 アグラバー王国が例えばイラクのバグダッドにあったとして、中国の北京都の時差は5時間。 つまりバグダッドが5時だった場合、北京は10時ということになります。 すでに暗くなって明かりを灯す時刻のバグダッドを出発し、まだ人々が起きて花火を楽しんでいる時刻の中国に到着しなくてはいけないことになります。 もう少し近くのアフガニスタン、カブールだとしても3時間半の時差。 ここにそれぞれの都市の距離や夏時間採用かどうかの条件を加えると、とんでもないスピードで移動しないと不可能ということがわかると思います。 実写版では移動距離を縮め、アグラバー王国近隣だけを回り、最終的にアグラバーの街の人々の生活をみながら話し込んでいました。 これであれば、魔法のじゅうたんが超音速旅客機も真っ青のスピードで飛ぶ必要はありません。 さらにジャスミンが自国の国民をとても愛していて、彼らのためにサルタンになりたいという思いを、視聴者に納得しやすくする伏線にも使うことになるのでした。 ジャスミンとジャファーの年の差問題 オリジナルアニメではジャファーはサルタンになることもそうですが、それよりもジャスミンと結婚したいという願望が強かったように描写されていたように思います。 古いおとぎ話によくありがちな、きれいなお姫様がヒーロー的行動の報酬として扱われている典型のような設定です。 しかし、よく考えるとジャスミンは15歳から16歳になるという年齢。 一方でジャファーはその年齢は明かされていませんが、どう見てもジャスミンの年齢に近い男性であるとは思えません。 日本でも法律的には16歳からしか結婚できませんし、北米では18歳以下の若者に対して性的関心を持っての接触は重犯罪に該当します。 そんな年齢の少女が、オリジナルアニメでは胸だけ覆い隠す上半身の服装で、鎖に繋がれ、更には色仕掛けでジャファーの気をアラジンから遠ざけ、最後には魔法の大きな砂時計の中に閉じ込められて、命の危険にさらされるのです。 2019年という時代にディズニーという子供をターゲットにしたエンターテインメント会社が、同じような状況を実写版として大スクリーンに映し出すということはできなかったのはよく理解できます。 実写版ではジャスミンの外見もそうですが、キャラクターとしての人物像も、自分の意志で結婚したいと思う男性と結婚したいというだけの願いを持つだけの娘から、サルタンの娘として、アグラバーという国とそこに住む国民のことを心から思う女性に変貌させていました。 それほど間抜けではないジャファー オリジナルアニメではジャファーは、アラジンの口車に乗って最終的にジーニーとなり、魔法のランプの中に閉じ込められることになります。 アラジンが機転を利かせて、大逆転をおさめる最高の見せ場ですが、ともするとジャファーが勝利を過信しすぎて、墓穴にハマってしまう、とんでもない間抜けなキャラクターとして描かれていることも無視できません。 実写版ではこの部分を2つのステップを使って変更していることに、お気づきでしょうか? まず、ジャファーの最後の願いは、 世界で最も力を持つ存在になる と、はっきりと発言しています。 オリジナルアニメのようにジーニーになりたい、とは発言していません。 原文では「Most powerful BEING in the universe, more powerfule Genie himself. 」と発言しています。 つまり、実写版のジャファーは「ジーニーになりたい」とは願っていないのです。 2つめのステップはジーニーのいう「グレーゾーン」の悪用。 つまりジャファーをジーニーのして魔法のランプの中に閉じ込められる結果にしたのは、ジーニーが彼の意思で行ったということです。 この「グレーゾーン」を使うことで、実写版のジーニーは、かなりの裁量を持ってご主人様の願いを叶える存在になっています。 ジーニーはアラジンにも、詳細まで詰めた願いをするように、とアドバイスしていますし、物事を決める際にはすごく細かいところまではっきりさせる契約社会の北米の考え方を反映させているように感じましたね。 行商人の正体 オリジナルアニメのオープニングは行商人が語るもの語たりとしてアラジンのお話が始まるような、演出になっています。 長い間ファンの間で、この行商人は誰なのかが議論の的となっていました。 ブルーレイバージョンの「アラジン」では、制作スタッフが、この行商人とジーニーとの間に何かしら関係があるようにしたいと常々考えていたことを明かしています。 オリジナルアニメのエンディングでは、この行商人のセリフで幕を閉じますし、絵コンテの段階では、魔法のじゅうたんに乗ったアラジンとジャスミンがキスをした後、去っていったあと、行商人が画面に映し出される形で「終わり」のクレジットが映し出されるようになっていました。 さらに、ジーニーも行商人も声を担当したのはロビン・ウィリアムスです。 これでジーニーと行商人の間に何の関係もないと考えるほうが、おかしいくらいです。 実写版では、行商人は登場しませんが、よりはっきりと、物語を語り始める人物とジーニーとの間に大きな関係があるように、描かれており、オリジナルアニメからの議論の論争に終止符を打っています。 アリ王子を知っていた? アラジンがジーニーの力でアリ・アバブワ王子となってアグラバー王国にやってきます。 その「アリ王子のお通り」は作品の中でも、有名なシーンでしょう。 とはいえ、サルタンを含めたアグラバー王国の人々がアリ王子やアバブワ王国の存在に対してなんの疑問を抱かないのは、不自然ではないでしょうか? 特にジャファーだけはその存在を疑っているのですから。 しかもジーニーが作り出した架空の王国の架空の王子というのが真相です。 アバブワ王国から来た、と言われて不思議に思わないほうが不思議ではないでしょうか。 実写版では、この問題についてアラジンが不安を感じていましたし、ジーニーがはっきりと答えていました。 ジーニーの魔法の力で、人々がアバブワ王国の存在を信じるようになっていたのです。 つまりジーニーの魔法はアラジンだけでなく、他の人々にも影響を与えていたことになるのでした。 とはいえ、ジャスミンとジャファーはその魔法にかかることなく、アバブワ王国の存在を疑問視していましたので、ジーニーの魔法も完全というわけでは内容です。 魔法の洞窟の掟 「アラジン」の中での有名な矛盾の一つとして、魔法の洞窟があります。 ランプ以外触ってはいけないはずの洞窟内で、アラジンが魔法のじゅうたんを触ったり、金貨や宝石を踏んづけたりしてもOKなのか、というのが、それです。 実写版ではこの矛盾を生じさせないように掟を変更しました。 「触ってはいけない」ではなく「持ち去ってはいけない」としたのです。 そのため、持ち去ろうという意志がない限り、ただ触ったり触れたりすることは問題なくなりました。 関連記事: オープニング曲「アラビアン・ナイト」英語バージョン オープニング曲である「アラビアン・ナイト」も「アラジン」を語る上で有名な曲の一つとなっています。 が、その英語の歌詞を見てみると、かなりステレオタイプ的なアラビアの世界を意識したものになっており、ある意味差別的な表現になっているのです。 」 (平坦で広大で暑さがひどい) と変更されました。 」 (野蛮な場所、でもそれが故郷) は変更されていません。 これは日本語の歌詞で言うところの、 「見渡す限り砂丘が続く それがおいらの故郷」 に当たる部分です。 りんごを盗んだジャスミンへの罰 オリジナルアニメでは、お腹をすかした子どもたちのためにりんごを盗んだことになってしまったジャスミンに対し、店の主が 「盗みの罪は腕の切断だ」 と、刀を振り上げるシーンがあります。 やはりこの描写も2019年にはふさわしくなく、実写版では完全にカットしています。 とはいえ、ジャスミンは店の主に、盗人として荒々しく手を掴まれてはいますが。 ただし、その後のセリフは急いで間に割って入ったアラジンの出現で、口に出されることも刀を抜くなどの行動に移されることもありませんでした。 アリ王子のお通りの変更 英語バージョン 「アリ王子のお通り」の英語の歌詞も、正しいものにと変更されていました。 英語の歌詞ではオリジナルアニメでは「Sunday Salaam」としていたところを、イスラム文化の金曜が祝日ということを反映して「Friday Salaam」に変更されています。 ちなみにSalaamとは「額手の礼」と訳され、「敬意を込めた挨拶」のことを意味します。 」 (何千もの召使や人足が彼に仕える) に変更されました。 アラジンとジャスミンの衣装 ジャスミンについてはすでに触れていますが、アラジンもオリジナルアニメと実写版とでは上半身の衣装が変更されています。 オリジナルアニメでは、アラジンは裸の上半身にベストを身に着けているだけですが、砂漠のアグラバーでは、おそらく夜間に低体温症になってしまう恐れがあるでしょう。 日中も照りつける太陽に、重度の日焼けをしてしまう恐れがあります。 ジャスミンの衣装は、オリジナルアニメでは、ウエスト部分を丸出しの、装飾品のない極めてシンプルなものとして絵がかれていましたが、実写版では完全にウエスト部分も覆う服装に変更されています。 また、多くの装飾品で飾られており、インタビューではデザイナーは中東だけでなく、南部インドの服装文化も意識をしてデザインをした、と答えていました。 というのも、設定ではなくなったジャスミンの母親の出身が、インドに近い地域であったということなっているからだそうです。 アラジンが出会った女性たち 映画の初めに披露されるアラジンの逃走劇「一足お先に」 そこの中でアラジンは若い女性3人がいる部屋の中に迷い込んでしまいます。 作品中ではその女性たちがどのような職業なのか、はっきりと名言はされませんでしたが、その服装や、アラジンの表情から夜のエンターテイナーではないか、という意見が大半を占めているのが現状です。 事実歴史的に、そういった女性がいたという記録は残っていますし。 とはいえ、ディズニー作品では、そのような女性ではないか、と想像されることだけでも避けなければならないですので、実写版ではその一室は学校、そこにいる少女たちは学生、という描写に変更されています。 まとめ いかがでしたでしょうか? アニメから実写への変更ということでのキャラクターの性格の修正、動物たちの描写のされ方などが、大きく変わりましたが、その他にも多くの変更がなされています。 一番気を使ったと思われるのが、近年大きく注目されてきている「ポリティカル・コレクトネス」 特に世界規模の視聴者を相手にしないといけないディズニーは、どんな文化に対しても差別的、軽蔑的な描写をすることはご法度ですので、かなり神経を使ったのではないかと思われます。 また、厳しいマニアの目による矛盾点の指摘もできるだけ、少なくなるようにしなりをのつじつま合わせをしないといけません。 その問題の対処も、上手くできた様に感じました。 もし、ここで紹介した以外の矛盾点や変更点を見つけましたら、教えてくださいね。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: ディズニー映画を視聴できる動画配信サービス紹介 最後にディズニー映画を無料で視聴できる方法があるので、お知らせしたいと思います。 「アラジン」に代表されるディズニー映画は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することができます。 しかも条件によっては無料で視聴することができる方法もあります。 U-NEXTでディズニー映画を視聴する方法 U-NEXTでは多くのディズニー映画は有料作品に分類されています。 しかし、初めてU-NEXTに登録する方には31日間の無料トライアルサービスを利用することができ、有料作品を視聴する際に利用できるボーナスポイントをもらうことができます。 つまりそのサービスを利用すれば、もらえたボーナスポイントを使って 無料でディズニー映画を視聴することができるのです。 もし興味がありましたら、下のリンクよりお試しください。

次の

山寺宏一 アリ王子のお通り 歌詞

アリ 王子 の お 通り 英語

『アラジン』は1992年にプレミア上映されました。 それ以来、この映画はみなさんの心の中に特別な記憶として留まっていることでしょう。 ジャスミンは強さと独立心を教えてくれます。 ジーニーは印象深く、心に残るキャラクターです。 そしてアラジンは、人間の価値は、その人の過去だけを見て決めるものではない、ということを教えてくれます。 『アラジン』は愛、友情、そして正しい行いについての物語です。 その主人公たちのドラマに、邪悪な大臣ジャファーがスパイスを添えています。 この映画には想像以上にいろいろなものが詰まっているのです。 ここで、その記憶を呼び戻してみましょう。 『アラジン』でお気に入りの瞬間を、キャストやファンのみなさんにインタビューしてみました。 その中からいくつかご紹介しましょう。 【1】『アラジン』を映画館で初めて観た瞬間を今でも鮮明に覚えています。 今か今かと心待ちにしてきた『アラジン』が、映画館の大スクリーンに映しだされたときの高揚感は、いつまでも消えることはないでしょう。 【2】魔法の洞窟は素晴らしいけれど、ちょっと怖かった! 彼の眠りを邪魔すると大変なことに。 でも、あなたがアラジンのように冒険心旺盛ならば挑戦してみるのもアリです。 【3】ハーレムパンツが印象的!アラジンはたちまちファッションアイコンになりました。 ハーレムパンツを着たことはありますか?実はとても着心地がいいんです!オシャレなストリートファッションでしょう? 【4】パンツと言えば、魚をとっさにパンツ代わりにした宮殿の番兵を覚えていますか? オシャレを先取りするためなら、臭い魚のパンツをはいてみることもいといません。 【5】アクメッド王子から子供たちを守り、「本当の勇気」を教えてくれたアラジン。 この巻き髭の男は信用できませんね。 幸運にも、子どもたちはそこに居合わせたアラジンに救われます。 【6】荘厳な王宮! ジャスミンは宮殿に閉じ込められて、ウンザリしているかもしれませんが、宮殿はこの世のものとは思えないほどの美しさです。 【7】一度でいいからラジャーみたいなトラをペットにしてみたい! ラジャーの従順さ、フワフワ感、そして防衛本能は、ネコ科動物の優れた特性ですね! 【8】ジャスミンは情熱的な人! ジャスミンは、真実の愛を願うことの素晴らしさを教えてくれました。 でもその愛は自分の力で勝ち取るものなのです。 【9】鳥籠を開け放つ瞬間! このシーンは、ジャスミンがもつ善良で優しい心を表しています。 同時に、彼女も籠の中に閉じ込められているように感じていることを表現してもいるのです。 【10】アラジンが初めてジャスミンを見た時の表情。 「一目惚れって本当にあるんだ!」と信じさせてくれる瞬間です。 【12】おしゃべりなイアーゴがカワイイ! イアーゴが何を言っているのか想像できますね(笑)。 【13】ジャファーとイアーゴは、"悪人だって面白い"ということを教えてくれました。 「イ~ッ」と言い合う二人。 【14】「アラジン危ないっ!」と息を飲むシーン。 でも、アラジンはなんとか切り抜けました!ほっ、ひと安心。 【15】ジーニーと初めて会った瞬間を決して忘れないでしょう。 ジーニーはたくさんの素晴らしい場面を生み出してくれています。 どの場面が一番良かったかを決めるのは難しいですよね。 でも、ジーニーが特別な存在なのは、登場シーンからもわかります。 そうそう、1万年も生きていれば、首だってガチガチですよね! 【16】挿入歌「アリ王子のお通り」は、まるでサーカスみたいなにぎやかさ! ジャスミン王女を感動させるために必要な品目:ラクダ75頭、クジャク53羽、白いペルシャザル95匹。 そして忘れてならないのは、アラジンには悪者が100人いたってなぎ倒せる強い力が備わっているってことです! 【17】挿入歌「ホール・ニュー・ワールド」が流れる魔法のような時間。 お気に入りのデートシーンです! 特に、アラジンが花をつかんでジャスミンに渡す瞬間が最高!自然で、愛情にあふれ、まさに花の渡し方のお手本です。 【18】ジャファーが敗れ、王様が王族の婚姻法を廃止したシーンでは、みんな拍手喝采! 真実の愛はすべてを克服します。 意地悪な大臣も、おしゃべりで嫌味なオウムも勝てません。 ああ、ジャスミンの髪が風にたなびく様は何て美しいのでしょう! 【19】このシーンにはいつだって感動させられます。 ジーニーはいつもアラジンのそばにいました。 【20】みんなでハグ! 素晴らしい映画の素晴らしいエンディング! やっぱり良い映画でしょう?今思い出しても、胸がキュンとして、笑顔がこぼれちゃいますよね!.

次の