伝統的建造物群保存地区。 重要伝統的建造物群保存地区一覧

国選定 金ケ崎町城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区

伝統的建造物群保存地区

金ヶ崎町城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区 藩境の緑ゆたかな要害 ご注意:保存地区内の住宅はすべて非公開住宅でありますので、観光および見学の際は、勝手に住宅敷地内に入らないで下さい。 金ケ崎町城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区 概要 保存地区は、近世期において伊達領上胆沢郡西根村であり、北上川以西では領内の最北で南部領との境に位置していました。 伊達氏は領内に21の要害を置き、大身家臣に治めさせました。 その一つである金ケ崎要害は北上川と胆沢川の合流地点の舌状台地上にあります。 北上川に沿って要害を取り囲むように武家町、南北に走る奥州街道の南北両端に足軽町、中央部に町人町が形成され、要害は樹木帯によって周囲の河川や田園地帯とは明確に区画されます。 金ケ崎要害の骨格は、正保元年(1644年)に移封された大町定頼によって整備されたと考えられます。 保存地区は東西690m、南北980m、面積約34.8haの範囲で、かつての要害と武家町のほぼ全域にあたります。 武家町内の小路はほぼ江戸時代のままで、鉤形や桝形、弓形の道路を組み合わせ城下町特有の形態を示しています。 各屋敷地はサワラヒバの生垣で区画され、北西方向にはエグネと呼ぶスギの屋敷林をはじめとして、様々な樹木が植えられています。 侍住宅は寄棟造茅葺の建物で、小路に沿った生垣とその背後の屋敷林の合間から武家屋敷の大きな屋根が見える景観は、当地方の武家地の典型的な姿を良く伝えています。 重要伝統的建造物群保存地区取得の経過 保存地区調査 平成 3年 町並調査 平成 5年 庭園・樹木調査 平成 8年 伝建群保存対策調査 条例・規則 平成11年 9月 町議会定例会にて保存条例議決決定 平成11年10月 金ケ崎町伝統的建造物群保存地区保存条例・規則を公布 平成11年10月 条例公布について県を通じて文化庁に報告 平成12年 9月 保存地区決定 平成12年 9月 保存計画決定 平成13年 6月 文化庁より重要伝統的建築物群保存地区に選定 平成13年 3月 補助金交付規則制定 平成13年 6月 建築基準法緩和条例の制定 平成13年12月 固定資産税の軽減条例の制定 伝統的建造物群保存地区保存審議会 平成11年11月 第1回保存審議会 平成12年 1月 第2回保存審議会 平成12年 3月 第3回保存審議会(保存地区答申) 平成12年 8月 第4回保存審議会(保存計画答申) 平成12年12月 第5回保存審議会 平成13年 3月 第6回保存審議会 平成13年11月 第7回保存審議会 保存地区の決定 平成12年 8月 町都市計画審議会 平成12年 8月 県都市計画審議会 平成12年 9月 保存地区告示 保存計画の決定 平成12年 9月 町教育委員会(保存計画決定) 平成12年 9月 保存計画告示 役場内の体制整備 平成 9年12月 保存対策検討委員会設置(委員長助役、委員課長等)以後年に3回程度検討委員会を開催 地区説明会 平成 6年 9月 地区住民との懇談会 平成 6年11月 地区住民との懇談会 平成11年 2月 地区住民への説明会 平成11年 4月 地区住民への説明会 平成11年10月 地区住民への説明会 平成11年12月 地区住民への説明会 平成12年 4月 地区住民への説明会 平成12年 9月 地区住民への説明会 平成13年 4月 地区住民への説明会 主な建築物一覧 建築物名 創建年代 間取り形式 備 考 坂本家住宅 18世紀中期 広間型3間取り 家老 大沼家住宅 19世紀中期 整形田の字型4間取り 医師 三好家住宅 18世紀中期 広間型3間取り 上級家中士 菅原家住宅 19世紀中期 前-常居型喰違い4間取り 中級武士 佐藤家住宅 明治35年(1902) 整形田の字型4間取り 家老 笹井家住宅 19世紀末期 整形田の字型4間取り 上級家中士 鈴森家住宅 19世紀末期 式台を持つ6室間取り 修験道場浄信院 片平丁・旧大沼家侍住宅 18世紀末 広間型3間取り 中級家中士 添田家住宅 19世紀後期 喰違い4間取り 家老 土合丁・旧大沼家侍住宅 18世紀初期 奥-常居型喰違い4間取り 中級家中士 1. 坂本家住宅 坂本家は、表小路の武家地入口にあります。 この地は大手入口を守る重要な位置でありました。 屋敷は700坪あり、生垣、主屋、附属屋からなっています。 主屋は桁行7.5間、梁行4.25間の石場建、間取りは簡素な広間型3間取りです。 18世紀中期以前の創建と考えられます。 大沼家住宅 大沼家は、大町氏の御抱医師でした。 屋敷は、約860坪あり、石積み、生垣、庭、主屋、菜園、エグネからなっています。 主屋は、桁行8間、梁行4間の整形田の字型の間取りで江戸時代後期の建築と考えられます。 小路と平行な横屋であることがめずらしいです。 三好家住宅 三好家は江戸時代は黒田家でした。 屋敷は石積み、生垣、棟門、主屋、庭からなります。 門からは、河原石敷に導かれて、サルスベリの前をとおり、玄関にいたります。 主屋は広間型3間取りで、18世紀中頃と考えられます。 菅原家住宅 菅原家は江戸時代は狩野家でした。 屋敷は、約600坪あり、石積み、生垣、主庭、露地庭、主屋、エグネからなります。 主屋は桁行8間、梁行4.5間の整形田の字型4間取りです。 庭とサルスベリの巨木は見事であり、江戸期の侍住宅をよく残しています。 佐藤家住宅 佐藤家は表小路南端で、達小路境の桝形道路沿いにあります。 屋敷は約1000坪、石積み、生垣、庭、主屋、板倉、土蔵、便所、風呂場、エグネからなります。 主屋は、整形田の字型4間取りで、明治35年の創建ですが、完成された武士住宅を踏襲しています。 築山山水型の庭園はみごとです。 大松沢家庭園 大松沢家は、山林奉行を務めたことがあり、位置は表小路と達小路境の桝形道路沿いです。 敷地は760坪あり、四脚門(江戸時代後期)、板塀、石積み、エグネ、庭園が残っています。 築山を中心とした大庭園でエノキ、カエデ等の巨木があります。 笹井家住宅 笹井家は、大町氏の小姓組などを務めていました。 屋敷は約1000坪あり、石積み、生垣、土蔵、主屋、庭、菜園からなります。 主屋は桁行9間、梁行4間の整形田の字型4間取りで、明治中期以前の創建と考えられていますが、古い武家住宅の形を踏襲しています。 鈴森家住宅 鈴森家は、大町氏家中で、浄信院と称する修験(山伏)の家でした。 屋敷は達小路が矩の手に大きく北折する角地にあります。 主屋は桁行6.5間、梁行4間の喰い違い6間取りで、修験者の遺構とも見ることが出来ます。 明治10年代の創建と考えられます。 片平丁・旧大沼家侍住宅(町指定有形文化財) 大沼家は金ケ崎要害(城)の大庭に沿った屋敷で、主屋、馬屋、庭が残ります。 主屋は桁行7.5間、梁行3.5間の広間型3間取りで、18世紀末頃の創建と考えられます。 馬屋は明治期に建てられたものですが、当保存地区に唯一残っているものです。 平成17年、創建時に復原しました。 平成18年に厠を新築し当地方特有の建物配置である三ツ家形式を見ることができます。 遠藤家庭園 遠藤家は、大町氏の御抱医師でした。 以前の屋敷は2200坪を有していました。 石積み、生垣、エグネ、庭からなります。 庭は、現住宅と六軒丁との間につくられ、庭入口のドウダンツツジ刈り込み門を入ると、池と景石と築山のある回遊林泉式庭園が広がっています。 伊東家侍住宅 伊東家は六軒丁北西側、表小路との境に位置しています。 敷地は約750坪あり、生垣、庭、主屋が残っています。 主屋は、桁行7.5間、梁行4.5間の整型田の字型4間取りです。 平成19年一部創建時に復原しました。 金ケ崎城(金ケ崎要害)(町指定史跡) 金ケ崎城は古代からの伝承があり、中世にも北上川中流域で軍事上注目されていた場所とされます。 城は北上川、宿内川沿いに自然の谷を利用して二の丸、蔵館、本丸、東館、観音館、大庭の六つの郭がありました。 江戸時代、城に代わって金ケ崎要害が置かれました。 北上川の侵食が激しく蔵館は消失、大庭を除いた他の郭も一部欠損し、当主であった大町氏は二の丸で治世にあたったといわれます。 二の丸は北と西を金堀沢・土塁、南を堀とさらに大庭で区切られています。 金堀沢による堀跡の景観は藩境の要害を今に伝えています。 添田家住宅 添田家は、大町氏の家老を務めていました。 屋敷は、1400坪あり、門、板倉、主屋、庭、菜園からなり、全域を生垣が回っています。 主屋は桁行9間、梁行5間の、喰い違い4間取り、門、板倉とも江戸時代後期の創建と考えられています。 旧坂本家侍住宅 坂本家は、文政年間(1818年~1829年)に伊達氏の預足軽から大町氏の家臣となりました。 天保元年(1830年)に当屋敷を拝領し、主屋を建てています。 敷地は560坪あり、主屋の他に生垣、庭が残っています。 主屋は、桁行8間、梁行4.75間の喰い違い4間取りです。 平成21年に復原しました。 金ケ崎神社(旧諏訪神社) 前九年合戦の際、源頼義が諏訪の大神に戦勝祈願をし、勝利したため勧請したと伝えられます。 本殿は、桁行3間、梁行2間の、3間社流造りで、寛保元年(1741年)に造られました。 境内から東方(北上川、北上山地)の眺望は絶景です。 天明5年(1785年)菅江真澄が当地で「陸奥胆沢郡須輪神社法楽八景和歌」を詠み、神社に奉納しています。 細目家庭園 細目家は、仙台藩直属の家臣、御給主でした。 屋敷は約1000坪あり、石積み、ドウダンツツジ、サツキツツジ混植の大玉物とアイクロ松の主庭は、他に例を見ません。 土合丁・旧大沼家侍住宅(町指定有形文化財) 大沼家は大町氏の家臣で、正保元年(1644)大町氏が藤沢から移封となったときにお供してきました。 「大沼家先祖書留」には文化14年(1817)に古家を拝領したとの記述があります。 主屋は桁行7.5間、梁間4.5間の喰い違い4間取りです。 平成23年創建時に復原しました。 金ケ崎要害歴史館 当地の歴史文化、侍屋敷の特徴や街並みなど、映像や展示を通して詳しく知ることができます。 (下記をクリックするとガイドマップ、案内が表示されます。 ) 白糸まちなみ交流館 () 城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区ガイドのお知らせ 伝建群ガイド 佐和良会では、ご希望に応じて城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区の案内を行っております。 (添付ファイル参照) ガイドを希望される場合は、一週間以上前に白糸まちなみ交流館(0197-41-2355)までにご連絡ください。 皆様のお越しをお待ちしております。 金ケ崎町城内諏訪小路伝統的建造物群保存地区保存計画 伝統的建造物群保存地区における修理基準・修景基準・許可基準の手引き.

次の

宮城県村田町

伝統的建造物群保存地区

津和野町後田の橋北地区の一部は平成 25 年 8 月 7 日に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。 当地区、津和野伝統的建造物群保存地区の位置する津和野城下町橋北地区の歴史は16世紀まで遡ることができます。 発掘調査した結果や地名「後田」と呼ばれていることから、中世以前は城の西側が人々の生活区域であり、当地区のある東側には田畑が広がっていた区域である可能性が高いと思われます。 そのため、当地区のまちなみの発生は江戸期から始まります。 江戸期以前の吉見氏の時代では、前述のとおり城下町は西側にあったと伝えられており、江戸期に入り岡山から坂崎氏が津和野に入り当地区の城下町としての整備が本格的に実施されました。 坂崎の治政の16年ののち、亀井氏が鹿野(現:鳥取市鹿野町)から入城し、現状に続く地割整備を完成させました。 幕末、嘉永の大火(1853年)が城下町全域に及び、現状のまちなみはそれ以降の建物で占められています。 大火直後幕末期の建物として殿町の旧津和野藩家老多胡家表門と藩校養老館野校舎の一部(武術棟)、町家の分銅屋とささや呉服店などが現在まで残っています。 城下町として整備した江戸初期からの地割り、幕末から昭和初期の建造物群等から構成される歴史的風致(まちなみ)を未来に受け継ぐために、保存や整備をする手助けを行政では行っております。 当地区の保存計画、住民や所有者向けの手引きおよび修景デザインガイドがダウンロードできますので、ご確認ください。 (ダウンロードは下部) 外部リンク: ダウンロード• (別ウィンドウで開きます。

次の

伝統的建造物群保存地区について

伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区 です。 重要伝統的建造物群保存地区に指定されている地域は2017年11月28日現在、97市町村の117地区です。 ここでいう伝統的建造物群とは、周囲の環境と一体をなして景観を形成している建造物のことを指します。 こ の制度の特徴は一建造物という「点」ではなく、周辺環境も含めた「面」で保存しようとするところにあります。 そのため、この地域では寺社や民家のような建造物単体はもちろんのこと、 門や水路、庭園、樹木といった周辺の工作物や環境も保存の対象となるので注意が必要です。 伝統的建造物群保存地区の建築制限 それでは、伝統的建造物群保存地区にはどのような制限があるのか、具体例を挙げながら説明しましょう。 つまり、 元々その地域に古くからあった伝統的な建築様式を守ることが求められるわけです。 そのため、たとえば京都府の美山町や岐阜県の白川郷のような山村地域の場合には、茅葺屋根の民家が残った町並みを保存することが求められますし、一方で神戸市の北野町山本通りや長崎市では煉瓦造りの異国情緒溢れる港町らしい景観を守ることが求められます。 ただし、こうした地域では住民が暮らしながら歴史的景観が保存されることが前提となっています。 そのため、外観においては制限が多くあるものの、 電気や水道、冷暖房といった内装設備のリフォームについては比較的自由に行えます。 昔ながらの建物だからといって、暮らしも昔風にしなければならないわけではありません。 しかし、建物の外観を変更する場合には、あらかじめ市町村の許可を取る必要があります。 この地域の建造物は個人の財産であると同時に社会的な資産として扱われるため、いくら自分の所有する建造物だからといっても好き勝手に増改築することができないのです。 補助金もある伝統的建造物群保存地区 こうした伝統的建造物群保存地区では厳しい建築に関するルールがあるため、その他の地域よりどうしても建築コストがかさんでしまいます。 その結果、維持したくてもできずに建造物などを手放さざるを得なくなる人が増えてしまうでしょう。 すると、結果的にその地域が伝統的建造物群保存地区に選定されたがために廃れてしまった、ということになりかねません。 そのようなことになっては本末転倒です。 そこで、そうした事態を防ぐため、多くの自治体では、 指定地域での新築や対象建造物を増改築する際に補助金制度を整備しています。 補助金の多くは外観を保持するための防災事業に関するもので、建築やリフォームの際に国や市町村がおよそ5割程度負担してくれる、といったケースが多く見られます。 また、そうした歴史的建造物は通常の建造物よりも維持するためのコストがかかってしまうといった理由から、 相続税や固定資産税の面で減額などの優遇措置があることも覚えておきたいポイントです。 当該地域の建造物は個人の財産であると同時に社会的な資産でもあるからこそ、維持管理のために住民の税金が投入されるというわけです。 伝統的建造物群保存地区の問題 伝統的建造物群保存地区は建造物の所有者や地域住民にとってメリットの多い制度である一方、いくつかの課題も抱えています。 たとえば、伝統的建造物群保存地区の多くが過疎地域と同じように 後継者不在や世帯数・人口の減少、空き家対策、転出者の増加といった問題に直面しています。 その理由として、そうした地域は辺鄙な農村部にあることが多い、ということが挙げられるでしょう。 そもそもこうした地域は、 インフラ整備などの都市発展から取り残されたがために結果として歴史的景観が保たれた、というケースが多いです。 ということは、どうしても交通などの利便性の面において、その他の地域よりも劣る地域が多いのです。 それでは周辺の交通状況などのインフラ整備をすれば問題が解決するかというと、話はそう単純ではありません。 というのは、観光客を誘致するために道路を広げたりガレージを作ったりしてしまうと、その地域の景観が損なわれてしまう可能性があるためです。 遺された景観を守りながらいかに生活上の利便性を確保していくのか、ということが伝統的建造物群保存地区における重要な課題となっています。 伝統的建造物群保存地区での不動産売買 さまざまな制約やルールのある伝統的建造物群保存地区ですが、そうした地域の不動産であっても一般の不動産と同様に売買できます。 ただし、そのような地域の場合、建物を買い取っても外観を変更するような工事を自由に行うことができないという特徴があります。 外観を変更するような工事の際には前もって市町村に申請を行い、協議会による審議を受けなければなりません。 そうした不便さから、 伝統的建造物群保存地区の物件は通常の地域と比較するとあまり人気がないというのが実状です。 その一方、伝統的建造物群保存地区の建造物は増改築の際に市町村からの補助金を受けられる場合があるため、そうした制度を上手に利用することもできるでしょう。 また、多くの地域では歴史的景観を活用した地域おこしの活動も盛んに行われています。 そういった活動と連携を取ることによって新たな経済的価値を創出しようという動きも出始めています。 さらに、年々増加している外国人観光客の間でも、昔ながらの日本的な街並みは人気です。 外国人観光客をターゲットとしたビジネスを始めたい人にとっては、メリットのある物件が多いとも言えます。 地域の歴史的遺産をマイナスの遺産ととるか、それともプラスの遺産ととるかによってその価値は大きく変わってくるでしょう。 どんな制限があるのかを確認しよう 伝統的建造物群保存地区はその名の通り、昔ながらの雰囲気を体感できる素晴らしい環境が魅力です。 そのため、観光客をターゲットとしたビジネスを始めたい人だけでなく、都会の喧騒を離れて田舎でゆったり暮らしたいという人も、この地域の空き家を買い取って移住するとよいでしょう。 伝統的建造物群保存地区であれば、都会の物件よりも比較的割安であることが多いというメリットもあります。 ただし、その際には、外観においてはさまざま制限やルールが存在します。 購入したからといって好き勝手にできるというわけではありません。 購入する際にはどのような制限があるのかということをしっかり確認しておくことが大切です。 とはいうものの、生活上の利便性を守るために内装においての制限は少なく設定されていることが多いです。 昔ながらの家であってもある程度のインフラは確保できるでしょう。 まずは興味ある物件があれば、不動産会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。 まとめ 伝統的建造物群保存地区は伝統的な街並みを残している地区です。 それ故に外観のリフォームにおいては多くの制限がありますが、内装に関しては比較的自由です。 その上防災に関するリフォームなどには行政からの補助金が出るなどメリットも多い建物です。 都会の喧騒を離れて生活したいという人や、観光客を相手にしたビジネスをしたいという人はぜひ一度購入を検討してみてはいかがでしょうか?.

次の