おみくじ 何 回 も 引い て いい のか。 おみくじを引く回数は何回までOK?おみくじの効力のルールとは?

おみくじの作法とは?効果はいつまで?何回引いてもいい?

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

おみくじの引き直しはOK? おみくじの結果に不満な場合、引き直しはアリなのでしょうか?また引く回数に制限はあるのでしょうか? 結論から言いますと、 おみくじの引き直しはあまり 「意味がない」です。 おみくじを引く回数に制限はありませんので、いくら引いても悪いことが起こるとかそういうことはないのですが、何回も引いてもあまり意味はありません。 なぜかというと、おみくじは神様からのアドバイスだからです。 アドバイスの効き目があるかどうかは、受け手側の気持ちのあり方によって全く変わります。 せっかくいいアドバイスをもらっても、聞く方が真剣に聞かなければ意味がないということです。 ですから、 そもそも何回も引くようなマインドで引くおみくじには効果がないのです。 おみくじを引く回数は年に何回? 初詣の時におみくじを引いても、その後に何回も神社に行かれる方は多いでしょう。 その際、 おみくじは何回も引いて意味があるのでしょうか? この場合も、 おみくじを引くあなたの向き合い方によります。 つまり、毎回きちんと、 神様からの教えを聴くつもりで引くのであれば意味があるし、そうでなければ意味がありません。 また、1年に引く回数には決まりはありません。 先生やコーチから指導してもらうのに、回数制限とかないのと同じです。 (有料のコンサルとか回数制限あるものはありますが。。 ) なので、初詣の時に引いたおみくじのの内容が、 次回引いた時に上書きされるのか?どちらの方が効力が高いのか?という差はありません。 要するに、神様は究極の先生と考えればいいと思います。 先生の教えに、古いから前回の教えは忘れてね〜なんてのはないということです。 教わることは、積み重ねて全てあなたのものにしていただければいいのです。 また、引く時に「今私に必要な教えを授けてください」とお願いすれば、おみくじの内容は「今あなたに必要な教え」になりますから、そのメッセージを優先的に大切にしてもらえればよいと考えます。 別の神社でおみくじを引いたら、どっちが上? 1年に何回も、異なる神社に参拝される方は多いでしょう。 旅行などしても、神社でおみくじを引くことはよくありますよね。 そこで気になるのは、 おみくじを引く神社によって上下はあるの?ということです。 これも答えとしては、上下はないです。 というか、 上下があると思って引くようなら、神様からの功徳は受けられないと思います。 例えばあなたが後輩や部下に教育する時、 「この人は部長よりも下だから、話半分に聞いておこう」とか思われたら、そんなやつを大事にしてあげようとか思わないですよね。 神様も同じだと考えて頂いて間違いないです。 この場合も、 おみくじを引く前の気持ち、引いた後の向き合い方が大切なのです。 神社巡りをする場合は・・・ 神社巡りが趣味な方もいると思います。 私も神社という場所は好きですから、いろんなところには行きますが、 たくさん回ったからといって幸運になるというようなことはないです。 特に、パワースポットなどとメディアで宣伝されて流行ってしまった神社などは、逆に 多くの邪念にまみれてますから注意がいります。 (もちろんその場所自体が悪いのでなく、欲ばかりの大勢の人の想念で散らかるからです。 ゴミで汚れるのと同じで、目に見えないだけの違いです) なので、たくさん巡るということ自体に意味はないです。 つまりおみくじも、 毎回軽い気持ちで引くなら、それはただの紙にすぎないのです。 しかし、いろんな先生の話を聴くことももちろん大切ですから、たくさん行かれる方はどんどん巡ってください。 その際におすすめのやり方は、少なくとも 祀られている御祭神の名前と、どんな性格の神様なのかを調べてから参拝することです。 教える側としても、きちんと予習してくる生徒はかわいいですよね。 おみくじの効果はいつまでなのか? 初詣に引いたおみくじの効力はいつまで続くの?という疑問もあると思います。 1年間有効なのか、次の参拝までなのか?ということですね。 これも、おみくじに書かれているアドバイスに対して、あなたがどう捉えるかによります。 人によってはずっと続くテーマでしょうし、人によってはクリアして次の課題が必要です。 ですので、 おみくじの内容をしっかり実践した、課題をクリアした、と感じれば、その時までが効力となります。 もちろん、 一つの教えをずっと大事にして、常に自分を戒めるために大事にするのも素晴らしいことだと思います。 そのようにおみくじを扱うのなら、それは一生効力があるとも言えます。 さいごに 今回はおみくじを引く回数と効果について、ということでしたが、引く回数自体にルールなどはありません。 そしてどのおみくじが優先とか、効果がどうとかという問題は、総じてあなた自身のあり方によって変わるということが言えます。 これは人から教えてもらう場合も、神様に教えてもらう場合も同じなのですね。 ということで、おみくじの結果に一喜一憂するのでなく、超目上の人から教えをいただくような気持ちで、おみくじを引いていただければ間違いないかなと思います。

次の

おみくじは複数回引いても大丈夫?引き直す時の注意事項もご紹介します!

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

スポンサーリンク おみくじは何回引いてもいい? おみくじをやると、必ず出るのがこの問題。 ちょっと厳しい内容や凶なんか出た日には「いいのが出るまでやりたい!! 」って人多いですよね。 何かそれだと、おみくじの意味がないような気がしますが、おみくじのマナー的には 「おみくじは何回引いてもOKです!! 」 神様はそんなことでは怒らないそうです(笑)それに現実的なことを言えば、おみくじを引いた分、その神社の為になってますからね。 私もあんまり悪いのが出ると「あと1回だけ・・・」と2回引いちゃいます(笑)私の友達は正月早々「大凶」を引いていましたが、あまりのショックか?引きなおしていませんでした。 正月早々大凶って、逆にすごいですよね・・・。 おみくじのマナー 上記には「結んでも持ち帰ってもどちらでもいい」と書きましたが、正式には 「おみくじは持って帰るのがマナー」だそうです。 その理由としては「おみくじは神様からの言葉であり、今現在の自分が進むべき道を示してくれている」ので、 持ち帰って見直すことが大事なのだそうです。 なので、おみくじを持ち帰る意味は 「自分を戒める為に」「神様の助言を忘れない様にする」といった意味合いがあります。 一番やってはいけないマナー違反とは、おみくじをそこら辺にポイっとしてしまうことです。 おみくじは神様からあなたに向けてのメッセージです。 そのお言葉が書かれたおみくじをそこら辺に捨ててしまうのは、とても失礼なことです。 持ち帰るのが嫌ならそのまま神社の結び所へ結びましょう。 旅行先などで引いたおみくじを持ち帰った時って、またその神社へ結びに行くって中々できないですよね。 私は、旅行先で買ったお守りなども、いつもお参りに行っている神社へ納めさせてもらっています。 おみくじの結び方 おみくじを広げて3つ折り、または4つ折りしてから、おみくじが横向きになるように1つ結びをします。 (この記事の一番上にある写真のように結びます) このとき、おみくじが縦結びにならないように気をつけて下さい。 ひねってしまうのも良くないです。 特に縦結びは死者の装束に使われる結び方なので、神様に対して失礼にあたってしまうので気を付けてください。 そして結ぶときに、おみくじが破れてしまい「縁起が悪い」と気にする方がいますが、そこまで神経質にならなくて大丈夫です。 最近は木の生育が悪くなる為、木に結ばず、結び所を作っている神社も多いです。 ちゃんと神社の決まりに指示に従いましょう。

次の

初詣おみくじで凶が出た!何回までOK?持ち帰る場合の処分方法

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

スポンサーリンク おみくじは何回引いてもいいの? おみくじは1回だけ引くもの おみくじは運勢を占うものです。 そう考えると、おみくじは、本来は1回だけ引くものと言っても良いでしょう。 でも、明確な決まりがあるわけではありませんので、おみくじの結果にどうしても納得がいかない場合は、 もう1回おみくじを引いても構いません。 おみくじに書かれていることが良くないことだと、不安な気持ちになり、すぐに引き直したくなりますが、2回目を引く場合は、日をあらてためて参拝した後にしましょう。 また、願いごとが違う場合は、何度も引いても良いとされています。 ただし、この場合も連続して引くのではなく、日をあらためて参拝した後にする方が良いでしょう。 おみくじは自分への戒め おみくじは現在の自分への戒めの意味を持つともいわれています。 たとえ凶などの結果が出たとしても、それを戒めとして自分を見つめ直せば良いのです。 おみくじに書いてあるアドバイスを参考に、日々の行動をよく振り返り、謙虚な気持ちで過ごしていけば、おみくじの結果も変わってくることでしょう。 おみくじの有効期限はいつまで? おみくじには有効期限があるとされていますが、場面によって異なります。 場 面 有効期限 願掛けしておみくじを引いたとき 願い事が成就するまで 1年に1回おみくじを引くとき 1年を有効期限として、おみくじの内容に留意する 1年に複数回おみくじを引くとき 次に引くまで おみくじは引いたときとそのときのアナタの状態によって吉凶がでてきます。 現在の自分がどんな状態なのかを確認するのにも良いのです。 凶が出た場合は、「決して慢心することなく、努力を続けて精進するように」という神様からの大切なメッセージと受け止めましょう。 おみくじが、あなたにとって望んでいない結果であっても、日々の精進を続けることで、祈願成就までの期間を短くすることができると考えてください。 決して吉凶の結果に一喜一憂することなく、毎日の努力と心がけを怠らないようにすることが大切です。 スポンサーリンク おみくじの由来は? 最後に、おみくじの由来についても確認しておきましょう。 「おみくじ」の言葉の意味は? まず「おみくじ」という言葉を漢字で書くと「御神籤」となります。 「お」という文字は尊敬語につく言葉で、「御礼(おれい)」などとして使われていますよね。 同じように「み」という文字も尊敬語につく言葉で、「御心(みこころ)」などと言います。 つまり、「くじ」という言葉に尊敬語を二重につけたのが「おみくじ」という言葉になります。 本来の「おみくじ」の使われ方は? 本来のおみくじは、神社で行われる祭事の役割を決めるとき、御神慮に適う人が選ばれるようにと用いられていました。 古代の日本では、政治の決め事や後継者を決めるときなど、大事な場面でも占いが使われており、このとき使われていたのがくじです。 おみくじは占い的な意味合いが強かったのですね。 これが変化していき、現在のように神社にお参りするときに、お参りした人の吉凶を占うために使われるようになったのは鎌倉時代からだと言われています。 まとめ おみくじを引くときは、雑念を捨て、願い事や神様に伺いたいことを明確に思い浮かべながら、謙虚な気持ちでおみくじを引いてください。 そしてどのような結果が出ても、真摯な気持ちで受け取めましょう。 おみくじに書かれた、表面的な吉凶だけにとらわれないことが大切です。 祈願成就のためには、書かれている内容を読み返し、自らの行動を振り返るようにしてくださいね。

次の