新型 コロナ ウィルス 発生 源。 中国外交官、新型ウイルスの発生源探しをBBCに否定

www.videocon.com : 新型コロナウイルス、ヘビが感染源の可能性 武漢の市場で販売

新型 コロナ ウィルス 発生 源

新型コロナウイルスに感染し病院に収容される患者=1月18日、中国湖北省武漢市(EPA時事) 【ワシントン時事】新型コロナウイルスをめぐり、中国湖北省武漢市の研究所で行われていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性を指摘したり、「研究所が新型ウイルスの発生源」と指摘したりする米メディアの報道が相次いでいる。 新型ウイルスは武漢市で最初に発生したが、中国側は発生源の特定を避けている。 FOXテレビ(電子版)は15日、複数の関係筋の話として、新型コロナウイルスの起源は武漢市にある研究所だったと報じた。 生物兵器として開発していたのではなく、中国のウイルス研究が米国と同等以上だと示すための取り組みだったという。 関係筋は、ウイルスがコウモリから所員に感染し、それから武漢に広がったとの見方を示した。 トランプ大統領は15日の記者会見でこの報道について聞かれ、「それについては話したくない。 この恐ろしい状況の徹底的な調査をしている」と述べるにとどめ、確認を避けた。 ワシントン・ポスト紙(同)も14日、米当局者が2018年1月に武漢のウイルス研究所を訪問した後、同研究所がコウモリのコロナウイルスに関する危険性の高い研究を行い、安全性の確保が十分でないと指摘する公電を送っていたと報じた。 公電はこのウイルスが人間に感染し、重症急性呼吸器症候群(SARS)のような世界的流行を引き起こす危険性を警告していたという。 一方、ニューヨーク・タイムズ紙(同)は11日、トランプ政権内に「研究所発生源説」を唱える高官がいるが、米情報機関はその証拠を得ていないと指摘している。

次の

新型コロナウイルスはいつから流行し始めた?いつ発生・発見したか

新型 コロナ ウィルス 発生 源

公式ウェブサイトによると、同センターはアジア最大のウイルス保管施設で、1500株以上を保管している。 同研究所では2015年、病原体レベル4(P4)を扱える最高水準の安全性を確保した実験室が完成し、2018年に稼働を開始。 P4は人から人への感染の危険性が高いウイルスを指し、エボラウイルスなどが含まれる。 P4実験室の建設に当たっては、仏バイオ企業の創業者アラン・メリュー()氏が顧問を務めた。 同研究所では病原体レベル3(P3)実験室も2012年に稼働を開始している。 AFP記者が最近、同研究所を訪れたところ、内部に人の動きはみられなかった。 ワシントン・ポスト紙が入手した外交公電からは、当局者らが特に重症急性呼吸器症候群(SARS)に類似したコウモリコロナウイルスの取り扱いをめぐる安全対策の不備に懸念を示していたことが明らかになった。 FOXニュースは、同施設で研究対象となっていたコウモリ由来のウイルス株に感染した人物が「0号患者」となり、そこからウイルスが武漢の住民に広まった可能性があると伝えた。 中国の科学者らは、新型コロナウイルスは武漢の野生動物市場で動物から人へと感染した可能性が高いとしているが、インターネット上では武漢ウイルス研究所が起源だとの疑惑をめぐるさまざまな陰謀説が拡散。 ついには米政府もこの疑惑に言及し、当局がウイルスの出所をめぐり「徹底的な調査」を行っていることをマイク・ポンペオ()国務長官が表明するに至った。 同研究所は17日、コメントを拒否したものの、今年2月にはうわさを否定する声明を出していた。 また中国外務省の趙立堅()報道官は17日、同研究所から新型コロナウイルスが流出したとの説を否定した。

次の

コロナウイルスの発生源は中国研究所で漏れたウイルス?新型肺炎の初期症状や予防法とは

新型 コロナ ウィルス 発生 源

そこには、文化、経済、政治的な背景が潜んでいる。 この種のデリケートな問題を解決しなければ、中国発の新型ウィルスは繰り返し猛威を振るうことになるだろう。 「食べられるものは何でも食べる」という習慣 欧米諸国と違い、動物愛護の発想は、こと食に関しては歴史的に存在しないのが中国だ。 長年にわたり、食糧不足に苦しんできた中国では、「食べられる物は何でも食べる」という習慣が定着してきた。 もちろん、今では食糧問題は解決されているのだが、「珍しい生き物を食べることは多様な民族で構成される中国では歴史に根差した民族の誇り」でもあるようだ。 ぶっちゃけ、中国人が食文化を根本的に変えない限り、こうした問題の再発は押さえられないだろう。 () ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の