ヨッシー。 ヨッシー(スマブラ)

ぷりログ: ヨッシー

ヨッシー

イ! ぼくは から なかまをたすける たびにでます。 ごようのかたは ざんねんでした。 ヨッシー ヨッシーとは、に登場するである。 曖昧さ回避• - の• - の 概要 「」(、)でのとして初登場。 である。 「」(、)で役。 その後「」(・、)「ヨッシーの」(、)を経て、「」(、)で本流での役を務めた。 「」(、)から氏がを担当。 この作品から少々体が縮んだ。 「」の頃のヨッシーのつづりは「 YY」だったが、発売の「」あたりから「 」になっている。 なお、では一貫して「 」のつづりが採用されている。 よく、に乗り捨てされる。 劇場でも乗り捨てることをにしたが多い。 ,-、. 最大の特徴は長いベロでを食べる点。 「」からは食べた敵をにして生み、そのを投げる技が加わった。 ほか滞時間がふんばりや、垂直落下攻撃のなどの技もある。 「」ではやなどにする「」のもある。 「」ではだとを受ける一部の敵(など)の上を傷でる。 足が強いというがあるのか、だと系のに優れている事が多い。 一方重さについては軽量級だったり中量級だったりと作品によってツキがある。 色の違い 今までに11色( ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・)のヨッシーが確認されている。 (ヨッシーを除く) ・・・は「」から、・・・色は「」から、・は「」から、は「」から各々登場している。 「」における(通常)・・・の4種はそれぞれ性が異なっている。 敵を食べたり、スピン相当の踏みつけが行えたり、乗り捨てる事が出来たり、口に含んだ甲羅の色によって特殊を発揮できる点は4色とも共通である。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を吐き出す場合、何色の甲羅であっても甲羅を吐き出す時のように炎を吐く」を持つ。 炎は強な攻撃手段でもあるが、の甲羅を吐き出してにぶつける等のが行えなくなる。 なおの甲羅以外のものはに吐き出す。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように着地のたびに地きを起こす」を持つ。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように羽が生えてが飛べる」を持つ。 の通常ヨッシーはのいたるところで発見出来るが、残りの3色は「のヨッシー」であり、に存在するの中でしか発見できない。 また発見した時点ではであるため、いくつか物を食べさせて成長させないとヨッシーとして使えない。 なお、「ヨッシーの羽」を入手してへ行くと、それまで乗っていたヨッシーがヨッシーに変化するため、ヨッシーに限ってはこの方法でも入手可。 とはまで行ってのお守りをするしかない。 「」の ヨッシーは好き嫌いがく、他の色のヨッシーが苦手なものも食べられるほか、を投げた時のやなどにも違いがある。 「」以降では「」を除いてこのような化はくなり、色の違いは単なる個体差程度のものとなった。 鳴き声 登場初期のヨッシーの鳴きが「」と聞こえることから、上ではこの鳴きやヨッシー自身を「」と呼ぶ事が多い。 ただし「ウィッ」と言う鳴きで有名な「」(一氏作)によれば、く「あの鳴き()はヨッシーと言っている」とのこと。 特にでは「ヨッシー」より「」の名称の方がよく使われるため、を探す際もそちらの方が多くする。 詳しくは「」の項も参照。 はのの一人である氏 のが加工されたものが使用されており、「ヨッシー」「…」「オアッオー」「アワワワワ…」などいろいろ種類が増えた。 人ので「ヨッシー」と当てられたは、「」(、)が最初。 は不明。 対戦で確認できる。 性別について よくオスかメスかでになることがあるが、「(現:)」の質問で、当時の広報担当である本郷好尾氏 が「を産むからメスです」と回答している。 その回答にが「ヨッシーはだから性別はないのではないか」と摘し、本郷氏は「メスという回答に、社内では反対意見はありませんでしたよ」と回答している。 一方で、氏と卓志氏がにおいて「ヨッシー(と)は中性である」と答えている。 トリビア のドによれば、ヨッシーのは「T. Muhs」(T. ヨシザウルス・ムンチャクッパス)とされている。 もこの設定が生きているかは定かではない。 の「 元気ハツラツぅ? 」のイマドキいてる20人の中の1人(匹)に選ばれたことがある。 見たやから「」と思われているが、実はの設定。 では「ヨッシーはの。 のも実はラ」と記載されている。 ただし、 で「なのかなのかわかっていない」と記載されていたり、ほかの媒体でもさんざんやと記載がある為、の要素があると見るべきかもしれない。 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるヨッシー では時代からの。 やと同様、からではなく自身の作品からの参戦という形になっており、やも専用のものを持っている。 は一貫して氏が担当。 最大の長所は、なんといっても「ふんばり」による中機動の高さ。 また、他のと違ってがの殻になりを受けても小さくならない、舌を伸ばして相手を捕らえるためつかみのが長いなどの特徴がある。 も相手をの殻の中に閉じ込める「産み」、地上を高速で移動しながら攻撃する「」など個性豊かなものがい、「」により決定も十分。 上の「投げ」は当初上昇が全くなかったが、『X』からは中で使うと技発に浮くようになった。 は『X』『for』では「」。 一間自在に飛び回れるようになり、火炎や火球で攻撃する。 『』では大量のヨッシーが押し寄せる「あつまれヨッシー」に変更された。 これは『DX』のの1が。 ちなみに前述の性別についてはやのでもにされている。 関連動画 関連静画 関連商品 amiibo 関連項目•

次の

【スマブラSP】ヨッシー性能評価

ヨッシー

イ! ぼくは から なかまをたすける たびにでます。 ごようのかたは ざんねんでした。 ヨッシー ヨッシーとは、に登場するである。 曖昧さ回避• - の• - の 概要 「」(、)でのとして初登場。 である。 「」(、)で役。 その後「」(・、)「ヨッシーの」(、)を経て、「」(、)で本流での役を務めた。 「」(、)から氏がを担当。 この作品から少々体が縮んだ。 「」の頃のヨッシーのつづりは「 YY」だったが、発売の「」あたりから「 」になっている。 なお、では一貫して「 」のつづりが採用されている。 よく、に乗り捨てされる。 劇場でも乗り捨てることをにしたが多い。 ,-、. 最大の特徴は長いベロでを食べる点。 「」からは食べた敵をにして生み、そのを投げる技が加わった。 ほか滞時間がふんばりや、垂直落下攻撃のなどの技もある。 「」ではやなどにする「」のもある。 「」ではだとを受ける一部の敵(など)の上を傷でる。 足が強いというがあるのか、だと系のに優れている事が多い。 一方重さについては軽量級だったり中量級だったりと作品によってツキがある。 色の違い 今までに11色( ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・)のヨッシーが確認されている。 (ヨッシーを除く) ・・・は「」から、・・・色は「」から、・は「」から、は「」から各々登場している。 「」における(通常)・・・の4種はそれぞれ性が異なっている。 敵を食べたり、スピン相当の踏みつけが行えたり、乗り捨てる事が出来たり、口に含んだ甲羅の色によって特殊を発揮できる点は4色とも共通である。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を吐き出す場合、何色の甲羅であっても甲羅を吐き出す時のように炎を吐く」を持つ。 炎は強な攻撃手段でもあるが、の甲羅を吐き出してにぶつける等のが行えなくなる。 なおの甲羅以外のものはに吐き出す。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように着地のたびに地きを起こす」を持つ。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように羽が生えてが飛べる」を持つ。 の通常ヨッシーはのいたるところで発見出来るが、残りの3色は「のヨッシー」であり、に存在するの中でしか発見できない。 また発見した時点ではであるため、いくつか物を食べさせて成長させないとヨッシーとして使えない。 なお、「ヨッシーの羽」を入手してへ行くと、それまで乗っていたヨッシーがヨッシーに変化するため、ヨッシーに限ってはこの方法でも入手可。 とはまで行ってのお守りをするしかない。 「」の ヨッシーは好き嫌いがく、他の色のヨッシーが苦手なものも食べられるほか、を投げた時のやなどにも違いがある。 「」以降では「」を除いてこのような化はくなり、色の違いは単なる個体差程度のものとなった。 鳴き声 登場初期のヨッシーの鳴きが「」と聞こえることから、上ではこの鳴きやヨッシー自身を「」と呼ぶ事が多い。 ただし「ウィッ」と言う鳴きで有名な「」(一氏作)によれば、く「あの鳴き()はヨッシーと言っている」とのこと。 特にでは「ヨッシー」より「」の名称の方がよく使われるため、を探す際もそちらの方が多くする。 詳しくは「」の項も参照。 はのの一人である氏 のが加工されたものが使用されており、「ヨッシー」「…」「オアッオー」「アワワワワ…」などいろいろ種類が増えた。 人ので「ヨッシー」と当てられたは、「」(、)が最初。 は不明。 対戦で確認できる。 性別について よくオスかメスかでになることがあるが、「(現:)」の質問で、当時の広報担当である本郷好尾氏 が「を産むからメスです」と回答している。 その回答にが「ヨッシーはだから性別はないのではないか」と摘し、本郷氏は「メスという回答に、社内では反対意見はありませんでしたよ」と回答している。 一方で、氏と卓志氏がにおいて「ヨッシー(と)は中性である」と答えている。 トリビア のドによれば、ヨッシーのは「T. Muhs」(T. ヨシザウルス・ムンチャクッパス)とされている。 もこの設定が生きているかは定かではない。 の「 元気ハツラツぅ? 」のイマドキいてる20人の中の1人(匹)に選ばれたことがある。 見たやから「」と思われているが、実はの設定。 では「ヨッシーはの。 のも実はラ」と記載されている。 ただし、 で「なのかなのかわかっていない」と記載されていたり、ほかの媒体でもさんざんやと記載がある為、の要素があると見るべきかもしれない。 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるヨッシー では時代からの。 やと同様、からではなく自身の作品からの参戦という形になっており、やも専用のものを持っている。 は一貫して氏が担当。 最大の長所は、なんといっても「ふんばり」による中機動の高さ。 また、他のと違ってがの殻になりを受けても小さくならない、舌を伸ばして相手を捕らえるためつかみのが長いなどの特徴がある。 も相手をの殻の中に閉じ込める「産み」、地上を高速で移動しながら攻撃する「」など個性豊かなものがい、「」により決定も十分。 上の「投げ」は当初上昇が全くなかったが、『X』からは中で使うと技発に浮くようになった。 は『X』『for』では「」。 一間自在に飛び回れるようになり、火炎や火球で攻撃する。 『』では大量のヨッシーが押し寄せる「あつまれヨッシー」に変更された。 これは『DX』のの1が。 ちなみに前述の性別についてはやのでもにされている。 関連動画 関連静画 関連商品 amiibo 関連項目•

次の

ぷりログ: ヨッシー

ヨッシー

イ! ぼくは から なかまをたすける たびにでます。 ごようのかたは ざんねんでした。 ヨッシー ヨッシーとは、に登場するである。 曖昧さ回避• - の• - の 概要 「」(、)でのとして初登場。 である。 「」(、)で役。 その後「」(・、)「ヨッシーの」(、)を経て、「」(、)で本流での役を務めた。 「」(、)から氏がを担当。 この作品から少々体が縮んだ。 「」の頃のヨッシーのつづりは「 YY」だったが、発売の「」あたりから「 」になっている。 なお、では一貫して「 」のつづりが採用されている。 よく、に乗り捨てされる。 劇場でも乗り捨てることをにしたが多い。 ,-、. 最大の特徴は長いベロでを食べる点。 「」からは食べた敵をにして生み、そのを投げる技が加わった。 ほか滞時間がふんばりや、垂直落下攻撃のなどの技もある。 「」ではやなどにする「」のもある。 「」ではだとを受ける一部の敵(など)の上を傷でる。 足が強いというがあるのか、だと系のに優れている事が多い。 一方重さについては軽量級だったり中量級だったりと作品によってツキがある。 色の違い 今までに11色( ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・)のヨッシーが確認されている。 (ヨッシーを除く) ・・・は「」から、・・・色は「」から、・は「」から、は「」から各々登場している。 「」における(通常)・・・の4種はそれぞれ性が異なっている。 敵を食べたり、スピン相当の踏みつけが行えたり、乗り捨てる事が出来たり、口に含んだ甲羅の色によって特殊を発揮できる点は4色とも共通である。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を吐き出す場合、何色の甲羅であっても甲羅を吐き出す時のように炎を吐く」を持つ。 炎は強な攻撃手段でもあるが、の甲羅を吐き出してにぶつける等のが行えなくなる。 なおの甲羅以外のものはに吐き出す。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように着地のたびに地きを起こす」を持つ。 ヨッシーはヨッシーの基本に加えて、「甲羅を口に含んでいる間は、何色の甲羅であっても甲羅を口に含んでいる時のように羽が生えてが飛べる」を持つ。 の通常ヨッシーはのいたるところで発見出来るが、残りの3色は「のヨッシー」であり、に存在するの中でしか発見できない。 また発見した時点ではであるため、いくつか物を食べさせて成長させないとヨッシーとして使えない。 なお、「ヨッシーの羽」を入手してへ行くと、それまで乗っていたヨッシーがヨッシーに変化するため、ヨッシーに限ってはこの方法でも入手可。 とはまで行ってのお守りをするしかない。 「」の ヨッシーは好き嫌いがく、他の色のヨッシーが苦手なものも食べられるほか、を投げた時のやなどにも違いがある。 「」以降では「」を除いてこのような化はくなり、色の違いは単なる個体差程度のものとなった。 鳴き声 登場初期のヨッシーの鳴きが「」と聞こえることから、上ではこの鳴きやヨッシー自身を「」と呼ぶ事が多い。 ただし「ウィッ」と言う鳴きで有名な「」(一氏作)によれば、く「あの鳴き()はヨッシーと言っている」とのこと。 特にでは「ヨッシー」より「」の名称の方がよく使われるため、を探す際もそちらの方が多くする。 詳しくは「」の項も参照。 はのの一人である氏 のが加工されたものが使用されており、「ヨッシー」「…」「オアッオー」「アワワワワ…」などいろいろ種類が増えた。 人ので「ヨッシー」と当てられたは、「」(、)が最初。 は不明。 対戦で確認できる。 性別について よくオスかメスかでになることがあるが、「(現:)」の質問で、当時の広報担当である本郷好尾氏 が「を産むからメスです」と回答している。 その回答にが「ヨッシーはだから性別はないのではないか」と摘し、本郷氏は「メスという回答に、社内では反対意見はありませんでしたよ」と回答している。 一方で、氏と卓志氏がにおいて「ヨッシー(と)は中性である」と答えている。 トリビア のドによれば、ヨッシーのは「T. Muhs」(T. ヨシザウルス・ムンチャクッパス)とされている。 もこの設定が生きているかは定かではない。 の「 元気ハツラツぅ? 」のイマドキいてる20人の中の1人(匹)に選ばれたことがある。 見たやから「」と思われているが、実はの設定。 では「ヨッシーはの。 のも実はラ」と記載されている。 ただし、 で「なのかなのかわかっていない」と記載されていたり、ほかの媒体でもさんざんやと記載がある為、の要素があると見るべきかもしれない。 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるヨッシー では時代からの。 やと同様、からではなく自身の作品からの参戦という形になっており、やも専用のものを持っている。 は一貫して氏が担当。 最大の長所は、なんといっても「ふんばり」による中機動の高さ。 また、他のと違ってがの殻になりを受けても小さくならない、舌を伸ばして相手を捕らえるためつかみのが長いなどの特徴がある。 も相手をの殻の中に閉じ込める「産み」、地上を高速で移動しながら攻撃する「」など個性豊かなものがい、「」により決定も十分。 上の「投げ」は当初上昇が全くなかったが、『X』からは中で使うと技発に浮くようになった。 は『X』『for』では「」。 一間自在に飛び回れるようになり、火炎や火球で攻撃する。 『』では大量のヨッシーが押し寄せる「あつまれヨッシー」に変更された。 これは『DX』のの1が。 ちなみに前述の性別についてはやのでもにされている。 関連動画 関連静画 関連商品 amiibo 関連項目•

次の