ピル消退出血 | 副作用を抑えて避妊と生理の不調を改善します。。 ルナベル:副作用や避妊効果について徹底解説!

ピルの効果・副作用……種類・正しい飲み方・値段 [女性の健康] All About

ピル消退出血 | 副作用を抑えて避妊と生理の不調を改善します。

子宮内膜症にピルの治療は有効? 子宮内膜症は、本来子宮にできる子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。 子宮内膜症の主な症状は、重度の生理痛や過多月経などの生理トラブル、性交痛、腰痛などの痛みです。 また不妊の原因になるともいわれています。 子宮内膜症の治療の第一歩は、症状の痛みを抑える薬物療法になります。 ピルは、子宮内膜症を発症していてすぐには妊娠を望まない人の第一選択の治療薬です。 しかしピルといったら、副作用や妊娠の可否など気になることも多いもの。 この記事では、子宮内膜症にピルが用いられる仕組みや効果、副作用、飲み方まで、子宮内膜症とピルの関係を詳しく解説します。 子宮内膜症に使われるピルとは? 子宮内膜症の治療に使われるピルは、EP配合製剤と言われるホルモン剤です。 ピルには女性ホルモンのエストロゲン(E:卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(P:黄体ホルモン)が配合されています。 ピルを服用することで、配合されているホルモンの作用により、体が妊娠している状態と同じホルモン状態になり排卵が抑制されます。 身体が妊娠状態になると子宮内膜症の進行に関わるエストロゲンや、痛みの原因となるプロゲステロンが抑えられます。 さらに、子宮内膜症の進行を抑えるだけでなく、排卵をとめて月経を抑えることで、増殖する病巣を小さくすることにも効果があるといわれています。 ピルのメリットとデメリット ピルを使用する際の大きなポイントは妊娠の希望です。 症状の程度と妊娠の希望に合わせて主治医に相談しましょう。 【ピルのメリット】 ・子宮内膜症が原因となる生理痛の軽減 ・正しく服用すれば確実な避妊効果を得ることができる ・月経量が少なくなり生理の煩わしさが軽減する ・子宮内膜症の進行を遅らせる・防ぐ ・長期の服用が可能 【ピルデメリット】 ・妊娠を希望している場合、妊娠ができない ・毎日服用する必要がある ・喫煙者には向いていない 子宮内膜症に使用されるピルの種類 ピルはホルモンの配合量によって、低用量(超低用量)ピル・中用量ピル・高用量ピルの三つにわかれます。 また、低用量ピルの中でも、黄体ホルモンの種類に第1世代〜第4世代の四種類にわけられます。 現在子宮内膜症の治療に用いられるピルは、主に低用量ピルです。 国内で認可されている低用量(超低用量)ピルは、アンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ファボワール、シンフェーズ、ルナベル、ヤーズです。 (2016年8月現在) ピルが効かない場合は? 子宮内膜症の治療でピルの効果が感じられない場合は、ピルが身体に亜っていない可能性があります。 また、症状の程度がひどい場合はピルだけでは改善が感じられない場合があります。 ピルの変更や別のホルモン剤の使用、鎮痛剤の併用なども検討することができるので、早めに医師に相談しましょう。 子宮内膜症のピルによる治療の副作用は? 子宮内膜症の治療に使われるピルは、もともと人体にあるホルモンを配合しているものであり、副作用は少ないとされています。 しかし、ピルを飲み始めて最初の1〜2か月の間は、体が慣れるまで妊娠初期に似た以下のような副作用がでる可能性があります。 ・胸のはり ・吐き気 ・むくみ ・頭痛 ・防い出血 ・ニキビ など 身体が慣れてくるとほとんどの副作用はおさまりますが、副作用と思われる症状がひどい場合や長期にわたる場合、薬が身体に合っていない可能性もあるので医師に相談しましょう。 副作用を軽減するためには、食生活のコントロールが大切になります。 むくみの原因になる塩分が多いラーメンや、ニキビの原因になる揚げ物を避けるようにしましょう。 こうした食べ物は高カロリーのものが多いので、控えることで体重増加の防止にもつながります。 ピルの副作用・血栓症:40代以上や喫煙者は要注意! ピルの副作用で気をつけたいのが血栓症です。 ピルに含まれる女性ホルモン・エストロゲンには、血液を固める作用があります。 血栓症では血管に血の塊がつまることで手足のしびれや腫れ、急な息切れといった症状が発生します。 頭や足に出来た血栓が肺につまり、呼吸困難をおこすなど最悪の場合は命に関わります。 血栓症の発生はタバコや年齢、体型などに関係が深いと考えられています。 以下の方は血栓症を起こしやすい傾向があるため、ピルの服用ができないケースがあります。 ピルの服用には医師の判断が求められます。 ・喫煙者 ・40歳以上の方 ・肥満体型の方 ・高血圧、高脂血症の方 ・糖尿病の方 ・過去に心筋梗塞を患ったことのある方 ・過去に乳がん、子宮頸がん、子宮筋腫を患ったことのある方 ピルの服用で太るのは副作用? 低用量ピルの服用が原因で太ることはありません。 ピルを飲むことで体が妊娠の状態に近くなり、食欲増進やむくみがおきて体重増加の原因になりうると考えられますが、ピルとの直接の関係はありません。 子宮内膜症でピルを使っていても妊娠できる? ピルを使用している間は排卵が行われないため、妊娠はできません。 子宮内膜症だからといって必ずしも不妊になるわけではないですが、不妊で悩んでいる方の約三割は子宮内膜症を患っているといわれています。 ピルの服用をやめれば通常通り排卵が戻るため、妊娠は可能になります。 すぐに妊娠を希望しない場合は、ピルを使用して子宮内膜症の治療を行ってから、来るべき時に備えることも可能です。 ピル以外の子宮内膜症の治療法 子宮内膜症の治療は、原則的には薬物療法になります。 薬物療法で使われるホルモン剤の中でもピルが最も選択される治療薬で、痛みがひどい場合は鎮痛剤を併用する場合があります。 ただし鎮痛剤はあくまで痛みを抑えるだけなので、単独で根本的な治療はできません。 ピル以外にはディナゲストと呼ばれる黄体ホルモン剤、GnRHアナログ製剤などのホルモン剤を使用します。 基本的にホルモン剤の治療は、すぐの妊娠を希望しない場合におこなわれます。 なお、薬物療法では、薬の服用をやめてしまうと再発の可能性があります。 薬物療法でも治療が困難な場合や、妊娠を希望する場合は、手術療法を行います。 ただし手術療法でも、薬物療法よりは低いものの再発の可能性はあります。 漢方の利用 子宮内膜症の治療において、漢方療法にはいくつかの役割があります。 漢方自体は即効性のあるものではありませんが、身体の内側から治療をサポートし病気になりにくい身体をつくります。 根気よく治療を続けましょう。 症状や目的に合わせていくつかの漢方を組み合わせて使用することも考えられます。 漢方療法を希望する場合は、医師や薬剤師にご相談ください。 【子宮内膜症で使用する漢方の例】 ・ ・ ・ ピルの費用・保険適用について ピルは使用の目的に応じて保険の適用が異なります。 原則として避妊目的であれば、保険は適用されず自費診療になります。 子宮内膜症の治療でピルを使用する場合、以下のピルは保険適用になります。 (2016年8月現在) 低用量ピル ・ルナベルLD ・フリウェルLD(ルナベルのジェネリック) 超低用量ピル ・ルナベルULD ・ヤーズ ルナベル、ヤーズは保険適用で1シート(1か月分)およそ3000円前後、フリウェルは3000円弱になります。 自費診療で処方される他のピル(トリキュラー、マーベロンなど)が1シート2000円から3000円程度と考えると、保険適用でも大きく費用が安くなるというわけではありません。 ピルの代金には、薬代の他にも初診料・再診料などが加算されます。 また、初診の場合や定期検査時には検査費用が加算されます。 ピルの飲み方 ピルを飲む際は、28日を1周期とします。 1日1錠を毎日同じ時間に飲み、21錠のシートであれば、1シート飲み切ったら7日間薬を飲まない休薬期間をとります。 28錠のシートであれば、21錠の実薬(成分が入っている薬)と7錠のプラセボ錠(成分が入っていない偽薬)を飲みます。 休薬期間に消退出血と呼ばれる出血の少ない生理が起こります。 ピルの飲み方については、効果を得るためにも医師の指示をしっかり守りましょう。 ピルを飲み忘れたら? 24時間以内の場合は特に問題ありません。 気づいた時点で飲みましょう。 ちょうど24時間経った場合は、いつも飲むのと同じ時間に飲み忘れた日の分と今日の分を飲みます。 それ以上時間が経ってしまった場合は、服用を中止して次の生理の初日から新しいシートを飲み始めます。 なお、28錠のシートに含まれるプラセボ錠(偽薬)は飲み忘れても特に問題ありません。 子宮内膜症の治療はお早めに 子宮内膜症は月経血の逆流が原因とも言われているので、生理がある限り付き合わなければならない病気です。 病気を放置すると病巣の増殖で痛みがさらに悪化してしまいます。 子宮内膜症のピルによる治療は、痛みの緩和と病巣の縮小という2つのアプローチができる効果的な治療法です。 気になる点がある場合は納得できるまで医師に相談し、人生設計に合った治療法を選択しましょう。

次の

低用量ピルの効果・副作用|避妊・月経前症候群(PMS)|低用量ピルなび

ピル消退出血 | 副作用を抑えて避妊と生理の不調を改善します。

PMSが明らかに軽くなりました。 実感できます。 生理の量もへり、生理痛もかなりましになりました。 月3000円程度の負担でこれだけ悩みがなくなるなら 安い物、、、とまではいえないとしても 価格に十分見合った効果があると思います。 生理の周期もきちんと確定できるのでいいですよ。 副作用としては、身体が水分を保持しやすくなるので 体重が増えやすいと言われています。 私も3キロほど増えました(私の場合は痩せすぎ改善のため 間食の回数を増やしたという事情もあるので 必ずしも全員が太るわけではないと思います) よく言われる吐き気などの副作用については 1シート目を飲んだ時はたしかにありました。 立ちくらみもありました。 でも2シート目からは 完全になくなりました。 とても快適です!! 出産を経験したら体質が変わってピルなど 必要なくなるかもしれませんが それまでは手放せないな、と思います。 ユーザーID: 5004505108• 合う種類を見つけてからは天国 私は副作用が出ました。 激しい頭痛と血圧上昇。 飲み始めて4日目まで我慢しましたが ひどく具合が悪くなったので医師に相談したところ この状態を乗り越えると、あとは楽になる。 しかし血圧が上昇するのは良くないので服用をやめましょうという事に。 服用をはじめてから初期の副作用が治まれば、効果はあるとの事ですが 個人差がありますし、合うか合わないかは飲んでみないとわかりません。 ただし、効く人には嘘のように楽になるらしいので 副作用が出てしまい、少し残念に思っています。 トピ主様は、これから婦人科に受診予定との事。 医師と充分に相談し、どのような副作用があるか?効き目はどうなのか? よくよく御相談なさって下さい。 保険治療が出来るようになったとはいえ、安い薬ではありません。 ネットでピル副作用などで検索してみると良いと思います。 年齢やもともと持病があるか?普段の血圧はどうか? などで合う合わないもあるとの事です。 医師によっては、漢方で治療をすすめる人もいますよ。 ユーザーID: 2036378872• 今までの経験から 中用量ピル:最初のうち副作用が結構出た(吐き気、頭痛)。 でも確実に整理をコントロールできていた。 飲み忘れても1日くらいなら、影響は出なかった(ほんとはだめですが)。 生理痛がひどい、子宮内膜症改善などの理由があると保険がききます。 でも太りました。 低用量ピル:種類によって副作用(頭痛、吐き気など種類によって違う)がでた。 病院で簡単に処方してくれるが、基本的に保険はきかないので、1か月2000円くらい?かかる。 一番手軽。 超低用量ピル:ヤーズ配合錠というものを最近使い始めました。 飲み忘れたらアウトというくらいの低用量ですが、副作用もなく使えています。 (ただし、私はこれで初めて初月のみ不正出血有) 個人的には超低用量ピルがおすすめです。 どの薬を使うにしてもせよ、ほぼ予定通りに生理が来るのがわかってるのは、心と周囲の準備ができて楽です。 どのピルでも人によって太ったりもしますが、お肌の調子が良くなる人も多いみたいです。 わたしもお肌だけは自信があります ユーザーID: 3908713420• 服用して1年経ちました 私の場合、大人ニキビが何をやっても治らず、最後の手段で婦人科へ行きました。 するとホルモンバランスが悪いと言われ、元々生理がとても重く生理痛も酷かったのでピルでホルモンバランスを調整しようと思いました。 私が処方されたのはトリキュラーというピルです。 服用して1年経ちましたが、本当に快調です! 生理が軽いのって本当にラク!! 生理痛ってなんだっけ?状態です。 以前は生理日が近づくと憂鬱になりましたが、今は本当にあっという間に終わるので精神的にもラク。 周期も1日の狂いもなく来るので予定が立てやすいです。 大人ニキビも完璧とは言いませんが以前より大幅によくなりました。 これからも妊娠さえ望まなければ一生飲み続けたいほど気に入っています。 ただ最初の三ヶ月位は常に気持ち悪く胃がムカムカしてあまり食べられなくなりました。 未経験なので、つわりってこんな感じ?と思いました。 中にはピルによって食欲が増進して太る人もいるようですが、私は上記の理由で少し痩せてそれも嬉しかったです 笑 ユーザーID: 7429682174• 快適すぎます 30代半ばです。 マーヴェロン28(薬の種類のことです)を飲んでいます。 服用期間は約1年で感じたことは 「もっと早くから飲めば良かった」です。 私はPMSがひどく、鬱状態になってしまうのです。 たまに発熱もありました。 耐えられなくなり婦人科で相談、1相性タイプのマーヴェロンを勧められました。 飲み始めから〜3シート(3か月)までは、特有の副作用がありました。 ですが、4か月目からはケロッとなおり いまは快調そのものです。 吹き出物がへり、生理前もいつもとかわらずに平穏。 一番のメリットは生理が決まった時にピタッとくることですね。 予定が立てやすいです。 「ピルを飲むのを止めるとすぐ生理が来る」といわれていますが 私は飲むのを止めて4日後に生理がきます。 人それぞれかと思いますが、事前に準備ができて本当に便利です。 ピルを始めるついでに月経カップ(ディーバカップ)も始めました。 定期的に婦人科検診も受けられるし、ピルはお勧めですよ。 ユーザーID: 5628811536• 飲み始め当初から、特に副作用はありません。 私の場合は、日曜スタートにしているので、生理が週末にかかる事がありません。 周期がきっちり決まっている為、家族旅行や健康診断などの計画もたてやすいです。 経血の量も少なくなり、日数は4〜5日くらい。 生理痛も無くなりました。 余談ですが、ピルの服用で排卵が止まると、卵巣は休息することができるそうです。 実際にピルを服用していると卵巣がんになりにくいという、副効用のデータも出ています。 このように、私には良い事づくめのピルですが、服用に慣れてきた頃に、時々飲み忘れる事がありました。 なので、夫にも協力してもらい、ダブルチェックしています。 それと入手方法ですが、私は婦人科で、1年分まとめて処方してもらっています。 その際に、人間ドックの検査結果を持っていきます。 ピルに限らず、常に薬を飲んでいる方は、肝臓に負担がかかっていないか、1年に1度は血液検査をする必要があるので。 ユーザーID: 7921464160• 飲み始めて4カ月 生理中、生理前後、排卵日前後と体調が悪く、受診したところ子宮内膜症でした。 そのため、現在ディナゲストと言うピルを服用しています。 低用量ピルとは違うので、参考にならないかもしれますが、副作用と服用開始時期から今までについて簡単にまとめてみます。 まず、副作用ですが、 不正出血、ほてり、のぼせ、多汗、喉が乾く、下腹部痛、便秘、頭痛、イライラ、感情の起伏が激しい、だるさが抜けない、などが度々あります。 不正出血は毎日です。 生理2日目から飲み始めました。 痛み止めと併用ですが、痛みはかなり改善されました。 ですが、思ったより副作用が辛いです。 訳もなく悲しい気分になり、攻撃的な性格になりました。 すぐ疲れるようになりました。 ああ、もういいやとふと消えたくなります。 でもピルにはいいところもありますよね。 主様が生理痛で苦しんでいるのなら、ピル服用もいいと思います。 ただ、飲み忘れには注意です。 ユーザーID: 1392419390• 合いませんでした 私は段々体臭がきつくなり、外国人女性のような匂いに変わり、洗濯しても匂いが落ちにくくなったこともあり、体臭のきつさに耐えきれずに服用を止めました。 (海外在住ですが、外国人女性を差別する意図はありません。 今思えば外国人女性特有の匂いはピルに原因があったのかも?) ピルの服用前後の変化は下記の通りです。 私もピルの服用を決心するまで色々と本を読んだりネットで調べました。 納得した上でピル服用開始しましたが、オーソMの最初の2シートの副作用がきつくて、就寝前服用して吐き気で2時間後に目が覚め朝まで便器の前で寝たり吐いたり・・。 最悪でした。 仕事に影響でました。 私は病気のため我慢しましたが、3シート目中頃からケロッと副作用なく快適に。 でも2シート連続で生理が飛んでしまい・・。 中用量ピルで生理を起こしてからマーベロンに変更してから快適です。 排卵痛がなくなった、生理痛もなくなった、生理の量が減った、生理前の肌の不調がなくなった、生理日の調整ができる、気分の浮き沈みも体調に左右されることがなくなった、など私的には病気の予防にもなるので精神的に楽になりました。 献血もOKなので血液検査も兼ねて定期的に行っています。 ユーザーID: 0442285678• 合いません… 25歳から10年服用していました。 アンジュ トリキュラー マーベロン と変えてきました。 ただ身体がピルに慣れてから?は快適そのもの。 5年目くらいからは、個人輸入で購入していました。 1シート2000円以下 去年、結婚を期に服用を止めましたが、翌月から生理再開。 年齢のせいか生理は軽く、ピル服用時と変わらない量&体調です。 いまは子供が欲しいと思ってるのですが、 もし順調に 出産&授乳が終わったら、またピルを服用しようかと思っています。 ユーザーID: 5495735752• オーソ21を一年くらい服用していました。 だるい感じが体にこびりついて取れないんです。 息をするのも面倒な感じ。 婦人科の先生曰く、黄体ホルモンが入っているので合わない人には合わない、と。 とりあえず辞めていまに至っています。 生理前のイライラはだいぶん向き合えるようになりましたが、生理痛の酷さにはうんざりします。 超低用量ピル、良さそうですね。 ユーザーID: 7799315240• ご意見をお寄せいただき有難うございました。 (今、ようやく普通の生活ペースに戻れました。 ) プライベートにも関わる話題であるのにも関わらず、 皆様からご経験談を親切にも具体的にお寄せいただき、 それらを拝読出来た事はとても勉強になりました。 得難い情報で、有り難い事だと感じております。 重ね重ねのお願いですが、宜しくお願い申し上げます。 ユーザーID: 6609300526.

次の

ピルを使用している方、服用後いかがですか?

ピル消退出血 | 副作用を抑えて避妊と生理の不調を改善します。

日本産婦人科専門医。 2008年東北大学医学部卒。 初期臨床研修を終了後は、東北地方の中核病院で産婦人科専門研修を積み、専門医の取得後は大学病院で婦人科腫瘍部門での臨床試験に参加した経験もあります。 現在は... 低用量ピルは、望まない妊娠を避けるため、あるいは生理不順などの不調を改善するために使われることがある薬です。 人工的にホルモンバランスを変化させるので、自然な生理周期では見られない症状が現れ、不安になることもあるかもしれません。 今回は、ピル服用中に不正出血が止まらない場合や、腹痛もある場合について、原因や対処法、妊娠している可能性などについてご説明します。 ピル服用中の不正出血とは? 低用量ピルは、「エストロゲン(卵巣ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが配合された経口避妊薬です。 ピルを飲み続けることで、エストロゲンとプロゲステロンの作用が補われ、体内のホルモンバランスが排卵後と同じ状態になります。 そうすると、脳が「すでに排卵されている」と認識するため、ピルの服用中は排卵が起こらなくなり、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。 28日間飲み続けるタイプのピルであれば、ホルモンが配合されていない最後の7錠(プラセボ)を飲んでいる途中、21日間のタイプであれば1シート全部を飲みきったあとの休薬期間中に生理がきます。 このような仕組みで起こる生理を「消退出血」といい、生理が終わっているはずなのに出血が続いたり、生理以外のときに性器から出血が出たりする「不正出血」とは区別されています。 関連記事 ピルの飲み始めに不正出血が続く原因は? 低用量ピルを飲み始めたばかりの1シート目では、生理のあとにわずかな不正出血が続くことも珍しくありません。 ピルの1シート目は生理が始まったタイミングで飲み始めますが、ピルの作用によってホルモンバランスが変化すると、本来の生理周期が崩れ、少量の出血がだらだらと続くことがあるのです。 また逆に、ピルを飲み始めたことで、いつもよりも生理が早く終わることもありますが、これも人工的にホルモンバランスが変化したことによって起こるものです。 多くの場合、1シートを飲み終える頃には新たなホルモンバランスに体が慣れて、2シート目からは不正出血が起こりにくくなるため、大きな心配はいりません。 関連記事 ピルで急に不正出血が起こることもある? 低用量ピルをすでに何シートか飲んでいるにもかかわらず、生理ではないタイミングで不正出血があると、「何か異常があるのでは」と心配になるかもしれません。 考えられる原因として、ピルを飲み忘れたり、併用しているほかの薬があったりする場合、体内のエストロゲンやプロゲステロンの分泌が急に少なくなることで、不正出血が起こることもあります。 もしくは、プロゲステロンの分泌が不十分である「黄体機能不全」に陥っていると、ピルを飲んでも十分にホルモンが補われず、子宮内膜が剥がれ落ちて不正出血が起きてしまうこともあります。 基本的には、不正出血の量はわずかで、数日で自然に治まるケースがほとんどなので、大きな心配はいりません。 ただし、出血の量が生理のときと同じかそれ以上多かったり、1週間以上続いたりという場合は、念のためピルを処方された婦人科で診てもらいましょう。 詳しくは、次の章でご説明します。 関連記事 ピルで不正出血が起きたときの対処法は? 先述のとおり、低用量ピルを飲み始めてすぐに不正出血が現れるのは、ホルモンバランスの変化に体が慣れるためのものです。 最初の1シート(1ヶ月間)は様子を見て、自然に治まるのを待ちましょう。 ピルを数ヶ月間服用したあとに不正出血が起きた場合も、自然に治まるケースがほとんどです。 ただし、出血が長引いたり量が多かったりする場合は婦人科で相談してください。 詳しい検査を受けて、一時的な不正出血なのか、それとも病気による出血なのかを見極める必要があります。 そのうえで、しばらくそのまま様子を見たり、ピルの種類を変えたり、必要な治療を行ったりするなどの対処をします。 インターネットでピルを購入しているという人も、定期的に婦人科を受診してくださいね。 不正出血があった場合も、自己判断でピルの使用をやめたり、飲む量を変えたりせず、まずは医師に相談しましょう。

次の