ヴォクシー きらめき。 新型ヴォクシー煌3(ZSきらめき3)が、いつ出るのか予想!2017年ではなく2018年と考える理由

ヴォクシー ZS 煌II(トヨタ)の中古車

ヴォクシー きらめき

フードモール[中央:メッキ、上:ブラック、下:メッキ]• Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)• LEDクリアランスランプ LEDヘッドランプはレンズカバーのブラック化により通常モデルよりも引き締まり格好いいデザインで、LEDクリアランスランプもメッキエクステンションが施されています。 バックドアガーニッシュ(社名ロゴ・ダークスモーク塗装)• アウトサイドドアハンドル(メッキ)• オート電動格納式リモコンドアミラー ドアハンドルがメッキ化されておりボディ色が黒やボルドーだとより目立って見えてオススメ。 ドアミラーも下部はサイドターンランプ・ウインカーですが、上部はメッキ化の拘りデザインです。 煌モデルでは標準で エアロパーツは付きませんが、 フロントグリルの形状変更などパッと見でも違いが分かるカスタマイズが施されているモデル。 ラグジュアリー、高級感の強い煌ではなくスポーティー、エアロなどを付けたい方はGRスポーツやTRD・モデリスタ仕様を検討してみてください! インテリア インテリアはエクステリアに比べると変更点は少なく3つだけ。 ピアノブラック+シルバー塗装のセンタークラスターパネル• マルチインフォメーションディスプレイフード(シルバー塗装)• メッキインサイドドアハンドル(フロント・リヤ) 変更点こそ少ないものの常に視界に入ってくるシルバー塗装されたメーターフードや綺麗な艶のあるセンターパネルは質感高い仕上がりとなっています。 ドアハンドル部分のメッキ化も高級感アップに寄与します。 追加装備 その他、デュアルパワースライドドアやUVカット機能付きプライバシーガラスなども標準装備されています。 フロント部分は紫外線に加えて赤外線(IR)カット機能も付いており直射日光による皮膚の焼けや車内温度向上の防止にも繋がります。 車内カスタマイズの定番と言えるのがルームランプのLED化ですが煌ではフロント・センター・リヤともにLEDが標準装備されており、自らDIYカスタマイズする必要はありません。 社外品だと明るすぎて夜点灯すると車内が丸見えで少し恥ずかしいですが、純正LEDなので光量・輝度ともに適切で恥ずかしいといった心配はないです(笑) スピーカーは以下の6つの個所に装備されます• 16cmフロントドアスピーカー• 16cmスライドドアスピーカー• 薄型天井スピーカー 室内空間が広いヴォクシーですから6つのスピーカーだけでは物足りないと感じる人もいるかもしれません。 車内でDVDを見たり音楽を良く聞くという方はツイーターやウーファーなどのユニットを追加するのがベターです。 ホワイト• ブラッキッシュアゲハガラスフレーク• イナズマスパーキングブラックガラスフレーク また全ボディカラーで セルフリストアリングコートという耐すり傷向上塗料を使用しており塗膜面までの浅い傷であれば復元する特性を持ちます。 レクサスLSにも採用されている新技術です。 燃費は16. 0~23. エンジンスペック• エンジン:直列4気筒• 総排気量:1986cc• 自動車税:39,500円• 最大トルク:19. FF:16. 4WD:14. FF(ハイブリッド):23. ただ税金は変わりませんしデメリットを挙げるなら、車幅が大きくなったので狭い駐車場だと大変ということぐらいですが、たったの40mmなのでほぼ気にする必要はないでしょう。 ホイールベース:2850mm 安全装備はセーフティセンスC 安全装備はセーフティセンスCが標準装備されており、大きく3つの機能が付いてます。 追従式のオートクルーズコントロールが付いてないことが残念ではありますけどね。 プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)• 車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)• 自動ハイビーム(オートマチックハイビーム) プリクラッシュセーフティシステム トヨタの自動ブレーキサポートは 単眼カメラ+ミリ波レーダーの2つのセンサーにより人や車を検知します。 動作に関してもいきなりブレーキが掛かるのではなく、余裕がある距離でドライバーにお知らせする機能が付いており事前にブレーキを踏むことも可能。 予測機能だけでも大幅に事故を減らすことができます。 ヴォクシーのようにドライビングポジションが高い車だと小さな子供が見えずらいこともありますが、歩行者検知機能があれば万が一の危険を回避することができるでしょう。 自動ハイビーム 自動ハイビーム機能は先行・対向車両を検知すると自動的にロービームに切り替わるシステムです。 面倒な切り替えを行う必要はなく常に状況に応じた明るいヘッドライトで運転できます。 特にヴォクシーのようにヘッドランプポジションが高い車ではローとハイの切り替えが重要ですからね。  ライバル車種 価格帯が異なりますが煌の購入を検討している方は同じトヨタのアルファード、ヴェルファイアも気になるところだと思います。 価格は280~340万 煌シリーズの車両価格は以下のようになります。 ハイブリッドは7人乗り・2WD(FF のみの設定。 7人乗りモデル• FF:2,869,560円• 4WD:3,063,960円• FF(ハイブリッド):3,363,120円 8人乗りモデル• FF:2,839,320円• 4WD:3,033,720円 まとめ ヴォクシー煌3は人気グレードのZSをベースにしてクロームメッキパーツやLEDルームランプ、そして女性が喜ぶ赤外線(IR ・UVカット機能付きガラスが付いたお得なパッケージです。 特に18歳~30歳までの若者には遊べる車、そしてモテる車として使えます! ファミリーカーとしても使い勝手は良く幅広い人から指示されています。 また ヴォクシーは約6年間隔でフルモデルチェンジを行っており、2014年に発売された現行3代目モデルは 2020年にフルモデルチェンジを行うという予想があります。 そして煌に関しては新型デビューから約1年後に追加されるため、2021年に4代目ヴォクシー煌1が発売される可能性が高いです。 詳しくはこちらにまとめたので合わせてチェックしてみてください! カンレン 車を乗り換えたい方へ! 私は車を乗り換えたいときや車検前には 無料一括査定サイトを利用して買い取り相場を調べています。 ネットの一括査定を使うと簡単に相場額を調べることができますし、ディーラーの査定額より高く買い取ってくれますからね! 私の キューブの場合だとディーラーより 「20万円」も高くなりました。 より価格が高い クラウンは 「65万円」も差が付いたという実例もあります。 最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので 今は売る気が無い人でも ビックリするほど高く売れることが分かって買替を検討する人が多いです。 あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売って乗り換えたい人は 1分のカンタン入力で依頼できる を利用してみてはどうでしょうか?.

次の

新型ヴォクシー煌3(きらめき3)の内外装や特別装備、価格をまとめ!

ヴォクシー きらめき

更に新グレード2列シート5人乗りをラインナップする。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備。 今回のマイナーチェンジ 一部改良 を行い次世代のToyota Safety Sense 装備する。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに採用、これにより「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車となる。 Toyota Safety Sense の主な特長 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。 昼間の歩行者も検知対象に加えた 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーンディパーチャーアラート(LDA) オートマチックハイビーム(AHB) インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ) ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。 衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。 対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。 (昼間)歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ (PCS) ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。 レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。 先行車発進告知機能 信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。 緊急ブレーキシグナル(ハザードランプ点滅式) 急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。 0L 直4 DOHC 1. 8〜16.

次の

ヴォクシー煌・煌2・煌3の違いは何?それぞれの煌に追加された機能

ヴォクシー きらめき

バルブマチックエンジン搭載• スピーカー&アンプ3つ追加• デュアルパワースライドドア標準装備• ステアリングオーディオスイッチ標準装備• コンライト標準装備• グレーメタリック(ボディカラー) 初代ヴォクシー煌(ZSグレード)に多くの機能などが追加されました。 因みにヴォクシー煌と称していますが、ヴォクシー煌は「Z」というグレードと「ZS」というグレードをベースに作られています。 話を戻しまして、上記の機能の詳細をご紹介します。 なお、下記の機能はヴォクシー煌ZSベースには搭載されています。 ただヴォクシー煌Zに追加されたという形でお伝えしています。 toyota. 当時はまだまだ燃費が悪く、ガソリン車がベースの時代でした。 そんな時代にトヨタがエンジンの吸気量の加減を用いたバルブマチックエンジンを開発。 その後にヴォクシー煌2に搭載されて、ヴォクシー煌よりも燃費が向上しました。 そこに3つ追加してヴォクシー煌2ではスピーカー&アンプが9つになりました。 単に増やせばいい!ということでもなく、スピーカー&アンプの音質も改善されました。 下記動画をご覧ください。 年式の古い車はデュアルパワースライドドアがない車もありました。 今では懐かしいですが、半分自動で開いて、後は自力で開けるという感じ。 また「デュアル」=両サイドという意味になります。 つまり、パワースライドドアとなると、運転席側か助手席側のどちらかしか自動で空いてくれなかった車もあります。 因みにヴォクシー煌は「デュアルパワースライドドア」のみのオプション追加可能なミニバンだったので片方だけ自動開閉のグレードはありません。 また、ヴォクシー煌2のデュアルパワースライドドアにはボタンは付いていません。 ヴォクシー煌の外装については、ベースのZとZSに追加された機能やボディカラーのみで、外装の装備などは特に追加されませんし、ヴォクシー煌2も同様にベースに対する外装の変化はありません。 続いてヴォクシー煌2とヴォクシー煌3の違いについてご紹介します。 ヴォクシー煌2からヴォクシー煌3にかけて下記の機能やなどが追加されました。 外装・外装装備の大幅追加• クルーズコントロール標準装備• ワンタッチ付きデュアルパワースライドドア標準装備• リヤオートエアコン標準装備• フロントマスクやヘッドランプの違いが下記になります。 値引き金額から更に 50万円安くなる裏ワザとは? 「500万円を余裕で超えるなんて…」 「家族に迷惑かけるかなぁ…」 「下取りしても安っすい値段だろう…」 「オプションなんて夢のまた夢…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 「やっぱり新車を手に入れたい…」 など、新車の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友達に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方におススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが 買取業者では80万円になることもあります。

次の