特別支給の老齢厚生年金 収入制限。 【年金減額】働くと年金支給額が減る「28万円の壁」

特別支給の老齢厚生年金について教えてください。

特別支給の老齢厚生年金 収入制限

どういった場合に年金が減らされるのか まずは年金が減額される場合の条件についておさえておきましょう。 在職老齢年金制度による減給 年金を受給する資格のある60歳以上の人が定年後も働き続けた場合、在職老齢年金制度によって年金の支給額が減らされたり、完全に停止となったりする場合があります。 65歳未満の場合は月平均で収入が28万円を超えた場合、65歳以上は月平均で収入が46万円を超えた場合、それぞれ在職老齢年金制度が適応されます。 年金の支給額が減額、または、完全に廃止となります。 ちなみに、年金には国民年金によって支払われる老齢基礎年金と、厚生年金によって支払われる老齢厚生年金の2種類ありますが、在職老齢年金制度が適応されるのは老齢厚生年金のみです。 アルバイトやパートは対象になりません 以上のように、在職老齢年金は厚生年金に加入している場合に適応されます。 したがって、老齢基礎年金のみを支給されている人には影響はありません。 また、定年後にアルバイトやパートとして働いている人は厚生年金に加入しないので対象外となります。 家賃収入によって得た利益は年金減額の対象になるのか 不動産で家賃収入を得ても年金が減らされることはありません 不動産を所持して家賃を得ることも立派な収入です。 普通に考えれば一定以上の収入を得ると、年金が減らされると考えてしまいます。 ところが、結論から言えば家賃収入を得ることによって年金額が減らされることはありません。 そのため、定年後に年金を満額受け取りながら、所有している不動産の家賃収入も得て、悠々自適に生活することが可能だという事です。 では、どうして家賃収入を得ると年金が減らされるという間違った認識をしている人が多いのかというと、先ほど書いた在職老齢年金制度に対しての認識を間違っている人が多いからだと言えます。 在職老齢年金制度は会社で勤務している人が対象 在職年金制度では、60歳を超えて一定以上の収入を得ている場合に年金が減額されます。 しかし、収入とみなされるのは会社に所属し、保険料を支払いながら勤務している人、つまり労働によって収入を得ている人が対象となります。 一方家賃収入はいわゆる不労所得と呼ばれている収入になります。 家賃は自分が所有している不動産の部屋に住んでいる人が支払うものですから、労働をして収入を得ているわけではありません。 したがって、家賃収入は在職老齢年金制度の対象外となるため、年金の支給額を減らされることはないというわけです。 所得は得ているので税金はかかる とはいえ、家賃収入によって何の影響もないというわけではありません。 家賃収入は年金を減額される対象には当てはまりませんが、所得を得ていることには変わりないので税金の対象にはなります。 家賃収入を得ている人に対しては所得税の他に住民税と消費税がかかります。 ただし、居住用として利用している場合は消費税は発生しません。 また、賃貸物件を所有しているわけですから毎年固定資産税や都市計画税も支払わなければいけません。 支払わなければいけない税金のうち、固定資産税や都市計画税はあらかじめ金額が決められているので、その金額に従わなければいけませんが、所得税に関しては不動産を維持する際に必要となった経費などを計上することによって支払う金額を減らすことが可能です。 家賃収入をしっかり得たいのであれば、税金に関する勉強はしっかりしておきましょう。 不動産を所有し、家賃収入を得るメリット 家賃収入は不労所得になる 先ほども少し触れましたが、家賃収入を得ることの最大のメリットは自分が働かなくてもお金を得ることができるという点です。 日本人の平均寿命が延び、60歳になっても元気な人もたくさんいますが、いつまでも元気でいられるという保証はありません。 しかし安定した家賃収入があれば、たとえ病気や親の介護などによって働けなくなったとしても一定の収入を得ることができるため、生活を切り詰めたりする必要が無くなります。 子供に財産として遺せる 不動産は自分が亡くなったとしても一緒に消えてなくなるようなことはありません。 自分が所有している不動産はそのまま子供が受け継ぐ事になります。 もし、その不動産が必要ないのであれば、売却すれば良いですし、そのまま賃貸用の物件として所有しておけば引き続き家賃収入が得られます。 いずれにしても、子供に大きな財産を遺すことができます。 資産として安定している 資産運用には株式やFXなどもありますが、これらは秒単位で価値が変わるため安定しません。 一方、不動産はよほどのことが無い限り価値が激変するようなことはありません。 資産としてとても安定しているといえます。

次の

特別支給の退職共済年金

特別支給の老齢厚生年金 収入制限

最近、「特別支給の老齢厚生年金」というのを知りました。 厚生年金には約4年ぐらいしか加入していませんでしたので、月数千円くらいしかもらえないみたいです。 私は厚生年金に約4年ほどしか加入していませんでしたので、年に4万ぐらいしかもらえないみたいですが。 支給額はどのように計算するのですか。 下記の説明だと厚生年金保険等に1年以上加入していたこと。 とありますが、私は受給資格があるのでしょうか。 国民年金は10年以上支払っています。 ちなみに昭和35年生まれです。 ・女性:昭和41年4月1日以前に生まれたこと。 記載のとおり、厚生年金の特別支給が 受給できます。 受給開始は、昭和35年生まれなら 男で64歳から 女で62歳から となります。 >私は受給資格があるのでしょうか。 あります。 >支給額はどのように計算するのですか。 その4年間でどのぐらいの給与収入等が あったかです。 誕生日前後に、ねんきん定期便が 送られてきていませんか? それに受給額が載っています。 また、ねんきんネットにID登録を することで、年金の受給開始年齢や 年齢毎の内訳なども分かるように なっています。 支給開始の3ヶ月前に年金請求書が 年金事務所より郵送されていますので、 上記の年齢になる誕生日以降に提出 して下さい。 とりあえず、いかがでしょう? A ベストアンサー >来月の誕生日で退職し場合は >失業保険は何日支給されますか、 下記をご覧ください。 hellowork. html 自己都合なら150日 会社都合で契約満了となったような 場合は、240日まで支給されます。 >厚生年金はどのようになるので >しょうか? 支給停止になります。 nenkin. nenkin. こと年金については昔からそうです。 タチの悪いデタラメな煽り記事を 書いて高齢者の購買部数を稼ごうと しでいるだけです。 芸能人の噂記事レベルです。 nenkin. その後をどうするか? を検討しているということです。 とうことで、私もそうですが、 昭和35年生まれが、64歳から 特別支給を受給できるのは、 間違いないし、もちろん65歳 受給開始も変わりません。 強いて言えば、繰下げ受給の 優遇制度を強化ぐらいはする かもしれません。 それに合わせて在職老齢年金制度の 撤廃も考慮されるでしょう。 実際に検討されています。 社会保険の加入条件が緩和? され、 パートやアルバイトでも厚生年金に 加入することになり、これまでの 社会保険の扶養の恩恵にあやかれない 主婦が増え、主婦もフリーターも、 そして外国人労働者も、厚生年金保険料 をしっかり払うようになる。 ということです。 なぜか、これには全く反応が薄いです。 社会保険の扶養、年金の制度で言うと、 第3号被保険者の制度は確実に廃止の 方向に向かっている。 ということです。 106万の壁の時もなんの抵抗もなく、 法案も、野党の抵抗など全くなく、 サラっととおり、導入され、 国民年金の加入者や未納者が減り、 厚生年金の加入者が増え、収入が 増えています。 こうやって年金の財源は少しずつ 確保されているわけです。 話を戻すと、 2035年頃、現在の65歳の支給開始 年齢の引き上げが終わってから 次の引き上げ制度が導入され、 68歳まで時間をかけて引き上げ、 かつ繰下げ受給の優遇強化を図る といった方向で検討されると考える のが、妥当でしょう。 ということで、 ご質問の内容が週刊誌の内容だとしたら、 デマであり、発行部数を稼ぐための 『いつもの煽り記事』ということです。 まんまとひっかかりましたね。 こと年金については昔からそうです。 タチの悪いデタラメな煽り記事を 書いて高齢者の購買部数を稼ごうと しでいるだけです。 芸能人の噂記事レベルです。 nenkin. A ベストアンサー 44年特例であっても、65歳以前は老齢基礎年金は支給されません。 (繰上げ受給の手続きをすれば可能ですが) その代わりに、厚生年金の報酬比例部分に加えて、定額部分(+加給年金も)が支給されます。 定額部分の金額は、おおよそ老齢基礎年金と同じくらいの額です。 なお、失業手当を受給されるなら、会社都合であってもその間は年金の支給は停止されます。 協会けんぽの保険料と、お住いの自治体の国民健康保険料での単純比較は難しいです。 昨年の実際の所得額を出して、お住いの市町村のホームページなどで計算方法を見て試算してみないと何とも言えないと思います。 A ベストアンサー >損か得かわからない。 それは、得じゃないですか? 計算してみますと… 厚生年金保険料は、年収から言うと、 11,529円か12,261円あたりですか? 通勤手当等で変わります。 標準報酬月額は 126,000円か134,000円 ということになります。 5年でいくら加算になるか、計算しますと。 因みに老齢基礎年金はどうなって いますか? 60歳で40年満額になりますか? 私と同世代なので、学生時代は 任意加入で加入していなかった ことも考えられます。 その場合、60歳以降の厚生年金 加入で、未加入時期の不足分も 加算されることになります。 『経過的加算』と言います。 この部分は未知数ですね。 年金トータルで言うと、 10年程度の受給で 元がとれるとは思いますけね。 どうでしょうか? >損か得かわからない。 それは、得じゃないですか? 計算してみますと… 厚生年金保険料は、年収から言うと、 11,529円か12,261円あたりですか? 通勤手当等で変わります。 標準報酬月額は 126,000円か134,000円 ということになります。 5年でいくら加算になるか、計算しますと。 A ベストアンサー 勿論法に触れるようなことはできません。 なんのための質問だか不明ですが、 質問を頭の体操と見なします、 遺族年金は配偶者しかもらえないーーーそんな決まりはありません、 誤りというべきでしょう。 あくまでも可能性ですが、例えば、生計を同じくする祖父母がいたばあい、遺族年金が出ることもあります、 そしたら、今まで通り娘が管理することがあるかもしれませんね。 勘違いはいけません、管理してるお金は管理してる人のものではありません、 娘がもらったものではない。 他にも、なくなった父には、実は18才未満の子や養子がいたなら、しかも父が生計維持してたなら、遺族年金が出ることもあります、 ただ、このばあい、娘が管理する、使うはむりでしょうね。 間違いなく、18以上である娘には遺族年金は出ません。 怪しい考えはもたないほうがよろしいかと。 A ベストアンサー ご質問は2つありますね。 nenkin. html 本来の老齢厚生年金は65歳から支給されますが、いまは移行期間なので、生年月日によってはそれ以前の年から厚生年金の報酬比例部分だけが支給されます。 質問者さんの場合、63歳からなのですね。 この支給条件として、厚生年金加入期間が1年以上となっています。 したがって、質問者さんが63歳になるまでに厚生年金に12か月以上加入している必要があります。 質問者さんの今の年齢が不明ですが、この条件を満たすなら支給されますので、ご安心ください。 すでに63歳過ぎか、63歳間近(2か月前)であれば間に合いません。 nenkin. html ただし、その間(60歳~65歳になるまで)、厚生年金に加入していると任意加入はできませんし、厚生年金加入でこの未納期間分を解消することもできません。 あくまでも、国民年金だけの加入期間が必要になりますのでご注意ください。 ご質問は2つありますね。 nenkin. html 本来の老齢厚生年金は65歳から支給されますが、いまは移行期間なので、生年月日によってはそれ以前の年から厚生年金の報酬比例部分だけが支給されます。 質問者さ... A ベストアンサー そんな話はありません。 デマです。 遺族年金については、男女差の是正が 議論され、父子家庭でも 限定的に 受給できるようになっただけです。 また、遺族厚生年金を受給している人が、 自分の老齢厚生年金が受給開始となると 老齢厚生年金を受給し、遺族厚生年金は その差額を受給するように改正されて います。 これは、社会保険 厚生年金 に加入して 働く遺族で、遺族年金以上の老齢年金を 受給できる人には、老齢年金受給時には 遺族年金は支給されなくなる。 ということです。 考え方としては、男女平等の観点から 遺族となった女性も厚生年金に加入し、 普通に働いているケースもあるので、 本人の年金を重点におくということ だと思います。 さらに、現在の遺族年金の受給資格には、 給与収入年850万、所得換算655万以下 という条件がありますが、 このあたりの条件は、見直しになる 収入条件がもっと下がる 可能性は あると思います。 自分の収入で十分やっていけるで しょう。 という考え方です。 しかし、そうした制度の変更は、 そんなコロコロと変えることは ありません。 数十年レベルで経過措置をとりながら、 変わっていくことになるでしょうが、 それよりも、老齢年金制度の改正の方が 優先になるでしょう。 そんな話はありません。 デマです。 遺族年金については、男女差の是正が 議論され、父子家庭でも 限定的に 受給できるようになっただけです。 また、遺族厚生年金を受給している人が、 自分の老齢厚生年金が受給開始となると 老齢厚生年金を受給し、遺族厚生年金は その差額を受給するように改正されて います。 これは、社会保険 厚生年金 に加入して 働く遺族で、遺族年金以上の老齢年金を 受給できる人には、老齢年金受給時には 遺族年金は支給されなくなる。 ということです。 考え方としては、男女平等... A ベストアンサー 昭和34年4月2日~昭和36年4月1日59歳~57歳。 65歳から支給。 老齢厚生年金。 老齢基礎年金。 加給年金。 昭和36年4月2日57歳~下。 65歳から支給。 老齢厚生年金。 老齢基礎基礎年金。 加給年金。 ネットでは申請出来ない。 請求書事前送付。 請求書に自分が勤務した会社と年月日が書いてあるので、自分の働いた会社と 年月日を確認します。 転職が多いと記入漏れがある場合があります貰い忘れ年金になりますので必ず 忘れないように「年金手帳の国民年金の記録」厚生年金の記録」に自分が勤務した 事業所名・所在地・被保険者になった日・被保険者でなくなった日を記録します。 繰り下げ増減率。 昭和16年4月2日生まれ。 66歳0ヵ月~66歳11ヵ月 増額率 8. 4%~16. 1% 67歳0ヵ月~66歳11ヵ月 増額率 16. 8%~24. 5% 68歳0ヶ月~68歳11ヵ月 増額率 25. 2%~33. 9% 69歳0ヵ月~69歳11ヵ月 増減率 33. 6%~41. 3% 70歳0ヵ月~ 増減率 42%.

次の

在職老齢年金の支給停止基準額が平成23年4月1日より変更になりました|日本年金機構

特別支給の老齢厚生年金 収入制限

どういった場合に年金が減らされるのか まずは年金が減額される場合の条件についておさえておきましょう。 在職老齢年金制度による減給 年金を受給する資格のある60歳以上の人が定年後も働き続けた場合、在職老齢年金制度によって年金の支給額が減らされたり、完全に停止となったりする場合があります。 65歳未満の場合は月平均で収入が28万円を超えた場合、65歳以上は月平均で収入が46万円を超えた場合、それぞれ在職老齢年金制度が適応されます。 年金の支給額が減額、または、完全に廃止となります。 ちなみに、年金には国民年金によって支払われる老齢基礎年金と、厚生年金によって支払われる老齢厚生年金の2種類ありますが、在職老齢年金制度が適応されるのは老齢厚生年金のみです。 アルバイトやパートは対象になりません 以上のように、在職老齢年金は厚生年金に加入している場合に適応されます。 したがって、老齢基礎年金のみを支給されている人には影響はありません。 また、定年後にアルバイトやパートとして働いている人は厚生年金に加入しないので対象外となります。 家賃収入によって得た利益は年金減額の対象になるのか 不動産で家賃収入を得ても年金が減らされることはありません 不動産を所持して家賃を得ることも立派な収入です。 普通に考えれば一定以上の収入を得ると、年金が減らされると考えてしまいます。 ところが、結論から言えば家賃収入を得ることによって年金額が減らされることはありません。 そのため、定年後に年金を満額受け取りながら、所有している不動産の家賃収入も得て、悠々自適に生活することが可能だという事です。 では、どうして家賃収入を得ると年金が減らされるという間違った認識をしている人が多いのかというと、先ほど書いた在職老齢年金制度に対しての認識を間違っている人が多いからだと言えます。 在職老齢年金制度は会社で勤務している人が対象 在職年金制度では、60歳を超えて一定以上の収入を得ている場合に年金が減額されます。 しかし、収入とみなされるのは会社に所属し、保険料を支払いながら勤務している人、つまり労働によって収入を得ている人が対象となります。 一方家賃収入はいわゆる不労所得と呼ばれている収入になります。 家賃は自分が所有している不動産の部屋に住んでいる人が支払うものですから、労働をして収入を得ているわけではありません。 したがって、家賃収入は在職老齢年金制度の対象外となるため、年金の支給額を減らされることはないというわけです。 所得は得ているので税金はかかる とはいえ、家賃収入によって何の影響もないというわけではありません。 家賃収入は年金を減額される対象には当てはまりませんが、所得を得ていることには変わりないので税金の対象にはなります。 家賃収入を得ている人に対しては所得税の他に住民税と消費税がかかります。 ただし、居住用として利用している場合は消費税は発生しません。 また、賃貸物件を所有しているわけですから毎年固定資産税や都市計画税も支払わなければいけません。 支払わなければいけない税金のうち、固定資産税や都市計画税はあらかじめ金額が決められているので、その金額に従わなければいけませんが、所得税に関しては不動産を維持する際に必要となった経費などを計上することによって支払う金額を減らすことが可能です。 家賃収入をしっかり得たいのであれば、税金に関する勉強はしっかりしておきましょう。 不動産を所有し、家賃収入を得るメリット 家賃収入は不労所得になる 先ほども少し触れましたが、家賃収入を得ることの最大のメリットは自分が働かなくてもお金を得ることができるという点です。 日本人の平均寿命が延び、60歳になっても元気な人もたくさんいますが、いつまでも元気でいられるという保証はありません。 しかし安定した家賃収入があれば、たとえ病気や親の介護などによって働けなくなったとしても一定の収入を得ることができるため、生活を切り詰めたりする必要が無くなります。 子供に財産として遺せる 不動産は自分が亡くなったとしても一緒に消えてなくなるようなことはありません。 自分が所有している不動産はそのまま子供が受け継ぐ事になります。 もし、その不動産が必要ないのであれば、売却すれば良いですし、そのまま賃貸用の物件として所有しておけば引き続き家賃収入が得られます。 いずれにしても、子供に大きな財産を遺すことができます。 資産として安定している 資産運用には株式やFXなどもありますが、これらは秒単位で価値が変わるため安定しません。 一方、不動産はよほどのことが無い限り価値が激変するようなことはありません。 資産としてとても安定しているといえます。

次の