スクリーン タイム 忘れ た。 iPhoneのスクリーンタイムで時間制限になったときの解除法!

パスコードなしでスクリーンタイムを解除する方法

スクリーン タイム 忘れ た

スクリーンタイムとは スクリーンタイムは、iOS12で追加された新機能です。 iPhoneやiPadのアプリ別の使用時間や通知回数、端末を持ち上げた回数などの使用状況を把握できるほか、アプリの使用時間の制限、休止時間の設定など使い過ぎを防止する機能などが利用できます。 複数端末でスクリーンタイムのレポートを共有したり、子供のスクリーンタイムのレポートや設定を管理することもできます。 ファミリー共有で保護者の端末から子供の端末のスクリーンタイムのレポートの確認や設定・制限などの管理も可能。 そのほか、子供が不適切なサイトへのアクセスしないように制限したり、利用できるアプリの年齢制限、設定変更の許可、アプリの削除や課金の制限などiPhoneやiPadのさまざまな機能制限を行うことができます。 スクリーンタイムの使い方・設定方法 最初にスクリーンタイムの設定をオンにしてみてみましょう。 設定アプリの中にある【スクリーンタイム】を開いて【スクリーンタイムをオンにする】をタップすると、スクリーンタイムに関する簡単な説明が表示します。 読み終えたら【続ける】をタップしてください。 続いて、利用者の設定です。 自分用か子供用か聞かれます。 自分が使う場合は、【これは自分用のiPhoneです】をタップすればスクリーンタイムはオンになります。 子供用として使う場合は、【これは子供用のiPhoneです】をタップして、休止時間の設定、App使用時間の制限の設定を行い「親のパスコード(スクリーンタイムパスコード)」を決めたら完了です。 自分用ではじめたとしても、スクリーンタイムパスコードは後から設定できます。 使用状況を確認する スクリーンタイムを開くと、一番上の欄には、iPhoneを使用した時間とカテゴリ毎に使用時間が分けられた横棒グラフが表示しています。 詳細を確認するには、【端末名(iPhone)】をタップします。 詳細な画面では、「今日」と「過去7日」のレポートを確認することができます。 まず一番上のスクリーンタイムの項目では、縦棒グラフでのレポートの確認。 その下の「よく使われたもの」の項目では、アプリ毎やカテゴリ毎の使用時間と使用時間の長い順に確認することができます。 アプリとカテゴリの切り替えは、右上の【カテゴリを表示】【AppとWebサイトを表示】をタップして切り替えることができます。 下の方がスクロールしていくと、端末の持ち上げ回数と通知の回数を確認できます。 通知回数の多いアプリがわかるので、今まで気づかなかった意外と通知の多いアプリに気づくかもしれません。 通知の欄に表示しているアプリ名をタップすると、通知設定の画面を表示できます。 通知が不要なアプリは、通知をオフにするなどの設定をしておきましょう。 通知だけでもデータ容量やバッテリーを消費するので必要最低限にしておくことをおすすめします。 アプリ毎・カテゴリ毎の使用時間を制限する 1日に使用できる時間や曜日を決めてアプリの使用時間を制限できます。 SafariやYouTubeなどアプリ毎、あるいはカテゴリ毎の制限ができます。 制限は毎日午前0時にリセットされます。 制限の設定は、使用状況を確認した「スクリーンタイムレポート画面」か「App使用時間の制限」から設定することができます。 それぞれ解説していきます。 スクリーンタイムレポート画面から制限する まずは、スクリーンタイムのレポートの詳細画面を表示させてください。 「よく使われたもの」に表示しているアプリの中から制限したいアプリをタップしてください。 右側の【カテゴリ表示】または【AppとWebサイトを表示】をタップして切替できます。 カテゴリ表示にすればカテゴリ毎の制限、AppとWebサイト表示にすればアプリ毎の個別制限が可能です。 ここでは試しにSafariを制限してみます。 下にある【制限を追加】をタップし、時間と曜日を設定して【追加】してください。 【Appを編集】から他にも制限をしたいアプリを追加することができます。 この画面でアプリを追加した場合の制限はSafariの制限時間は同じになるので、別条件で追加したい場合は、「よく使われたもの」から制限したいアプリを選んで新しい制限で設定してください。 こちらからはカテゴリ毎の制限などができます。 アプリ毎に制限したい場合は、レポートから制限してください(上述)。 曜日別に時間指定もできます。 「使用時間終了時にブロック」をオンにすると、制限を解除するにはスクリーンパスコードの入力が必須になります。 こちらから確認と時間・曜日・アプリなどの編集・削除といったことができます。 休止時間を設定する 休止時間に設定した時間中は、許可したアプリ以外は使えなくなります。 アプリの許可は、常に許可の項目で設定できます。 開始と終了の時間を決めて、制限する時間を設定してください。 「休止時間中にブロック」を有効にすると、制限時間中に利用したい場合は、スクリーンタイム・パスコードが入力が必要になります。 コンテンツとプライバシーの制限 iOS11以前のバージョンにあった「機能制限」の設定を、iOS12では「コンテンツとプライバシーの制限」で行えるようになっています。 主にiPhoneを利用するうえでの機能を制限するためのもの。 設定が多すぎるのでここでは一部のみの紹介になります。 例えば、お子様などが利用者の場合に、年齢に相応しくないコンテンツを保護者の方が設定し、各機能を制限することができます。 そして、詳細な設定を行います。 これで誤操作による切り替えを防止できます。 また、スクリーンタイムにより制限された場合に解除したい場合、スクリーンタイムパスコードの入力しないと解除できなくてきます。 ここで決めた4桁の数字が自分のスクリーンタイムパスコードになります。 以上で、スクリーンタイムの設定を変更する際にパスコードの入力が必要になります。 制限を解除する際にスクリーンタイムパスコードの入力を必須にする場合は、制限を設定する画面に「使用時間終了時にブロック」または「休止時間中にブロック」の項目が表示しているので、スイッチをオンにすることでスクリーンタイムパスコードの入力が必要になります。 詳しくは上記のカテゴリ・アプリ制限の設定や休止時間の設定の項目をご覧ください。 制限されるとどうなる?解除するには? 休止時間やApp使用時間で制限されたアプリは、暗くなってアプリ名の横に砂時計のマークが付いて使えなくなります。 試しにLINEアプリを開いてみると、「時間制限 LINEの制限時間を超えました。 」と表示し使えません。 どうしても使いたい場合は、【制限を無視】をタップして「15分後に再通知」または「今日は制限を無視」にして利用することができます。 スクリーンタイムパスコードの設定をし、「使用時間終了時にブロック」や「休止時間中にブロック」の設定などを有効にしている場合は、スクリーンタイムパスコードを入力しないと解除できません。 手順は次の通り。 制限中のアプリは通知も届きません。 例えば、友だちからLINEトークが送られてきたとしても通知の表示もなければ通知音も鳴りません。 デバイス間で共有 デバイス間で共有を有効にすると、同じにApple IDでサインしている全てのデバイスの合計の使用時間のレポートを確認できるようになります。 同一Apple IDでのスクリーンタイムの制限などに関する設定も連動します。 デバイス共有をオンにすると、スクリーンタイム画面上に表示していたデバイスの名前が「すべてのデバイス」になり、詳細画面の右上の【デバイス】をタップして端末の切り替えをできます。 ファミリーのスクリーンタイムを設定 ファミリー用のスクリーンタイムを設定すると、子供のスクリーンタイムのレポートの確認や設定などを自分(保護者)の端末からすべて行うことができます。 【ファミリーのスクリーンタイムを設定】が表示していた場所に、サインインした子供の名前が表示しているので、名前をタップして子供のスクリーンタイムのレポート確認や制限の設定などを行うことができます。 スクリーンタイムをオフにする、データを消したい スクリーンタイムは、いつでも設定をオフにすることができますが、オフにするとスクリーンタイムの設定や使用時間などのレポート全てが削除されます。 データを消したい場合はオフにすると良いですが、オフにするとデータが消える事にも注意してください。 スクリーンタイムの端末名を変更できない? 設定アプリからスクリーンタイムを開いたところに、「iPhoneに設定している名前」が表示します。 ウィジェットをタップすれば、すぐにスクリーンタイムの詳細画面を開くことができます。 ウィジェットの削除や追加は、【編集】からできます。

次の

【最新版】スクリーンタイム パスコードを忘れた場合の対処方法

スクリーン タイム 忘れ た

iTunesで暗号化バックアップを作成できない場合、パソコンを用意できない場合は使用できません。 スクリーンタイムパスコードが設定された「暗号化済みバックアップ」が必須。 GitHubで公開されているダウンロードリンクから、pinfinderをダウンロードし解凍してください。 tar. exe)を実行すると、PCに保存されているバックアップファイルがリストで表示されるので、暗号化済みバックアップのパスワードを入力してエンターを押下。 暗号化バックアップのパスワードを入力してエンター。 スクリーンタイムパスコードが表示される。 補足 noneの場合はスクリーンタイムパスコードが設定されていないバックアップデータ。 need encrypted backupの場合は暗号化されていないバックアップデータ。 なおmacOS 10. 追記:Windows版PinfinderのVirusTotalの結果について 最新バージョンのPinfinder(ver. Ekstak. その他、57のウイルス対策ソフト(Kaspersky、Avastなど)では検出されていないことから誤検出の可能性も十分に考えられますが、記事にもあるように試す際は自己責任でお試しください。 なお、Mac版についてはようです。 Ekstak.

次の

【iPhone】スクリーンタイムパスコードを忘れた時に解析する方法

スクリーン タイム 忘れ た

iPhoneで新しく導入された機能が、スクリーンタイムです。 子どもがスマホを使う時に制限をかけられるなど、とても便利な機能になります。 しかしスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。 ここでは制限(スクリーンタイム)パスコードを解除、制限(スクリーンタイム)パスコードをリセットする方法にスポットをあてます。 「スクリーンタイムパスコード」がわからない、忘れた場合の対処方法• 忘れた制限(スクリーンタイム)パスコードを解除する 最も簡単で速い、で制限(スクリーンタイム)パスコードを解除する方法から紹介します。 このアプリを利用すると一発でスクリーンタイムのパスコードが解除できるのでおすすめです。 ステップ1 iTunes Backupをパソコンにインストールして起動させ、iPhoneを接続します。 ステップ2 iTunes Backupの画面にあるスクリーンタイムのパスコードを解除をクリックしましょう。 ステップ3 スタートをクリックすると、自動的にパスコードが解除されます。 ステップ4 画面を閉じて終了です。 とても簡単にパスコードを解除できます。 初期化して設置し直す もう1つの方法としてはiPhoneなどのデバイスを初期化して、制限(スクリーンタイム)パスコードをリセットする方法があります。 この方法を使うデメリットは、データが失われてしまうことです。 仮にバックアップをとっていたとしても、そのまま復元するとパスコードまで復元してしまいますので、注意しましょう。 手動で1つ1つのデータを復元しなくてはいけません。 ステップ1 iTunes起動したパソコンとiPhoneを接続してアイコンをクリックしてください。 ステップ2 iTunesからデバイスを選択すると、復元とアップデートという項目が出ますので、復元をクリックします。 ステップ3 画面の指示に従って操作をすると、iPhoneを強制的に初期化できます。 以上は初期化による設定のし直し方法でした。 ステップ1 iPhoneのバックアップデータから、ファイルの表示ができるソフトをパソコンにインストールします。 ステップ2 ソフトを起動するとバックアップファイルが表示されますので、お目当てのものを選択してください。 ステップ3 ファイルの中からsystem、restri、com. apple. restrictionpassword. pkistと進んでいきます。 ステップ4 ファイルの中が表示されるので、restrictionpasswordの先にあるdataで囲まれたのがパスワードです。 まとめ 以上はスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処方法でした。 を使うのが最も簡単で速い方法です。 パソコンの初心者でも問題なく利用できるほど、操作がシンプルなのでおすすめできます。 是非お試しを!また場合は、アップルID の関連をご覧ください。

次の