とあるif ツイッター。 とあるツイッターの懸賞でDMに当選連絡が来て、普通であったら...

とあるツイッターの懸賞でDMに当選連絡が来て、普通であったら...

とあるif ツイッター

さて、コロナ禍もひと段落という感じ(でもないですね、第2波の危機が迫っているようにもみえます)で、すこしツイッターの話題の記事について触れてみたいと思います。 関西と東海で二人の知事がツイッター上で意見を交わしている(ニュースを読むとけんかしているように見える)ことについて、いくつか気になった点があったので、取り上げて考えてみたいとおもいます(これは、哲学的トレーニングのつもりでおこないます)。 まず、事態は、愛知県知事大村氏が、「東京、大阪は医療崩壊している」といったことに端を発していました。 それに対して、大阪府知事吉村氏が、「内を根拠に言っているか不明」と返信しています。 東海テレビの記事の中で、大村氏は、「病院に入れないことと、救急を断るというこの二つは医療崩壊です。 」と、医療崩壊について定義しています。 また、同記事では「16ある3次救急医療機関のうち、4つが救急患者の受け入れを休止した」と述べています。 にもかかわらず、大村氏が嘘をついているかのようにふるまいその上で、「相手せんとこ」と、大村氏を切り捨てるような発言をしています。 たしかに、医療崩壊を強調する、大村氏の発言は事実でかつ、医療体制構築に対する問題提起をしようとする意図があったとしても、大阪府民のパニックを避けるためには少し慎重な発言が必要だったかもしれません(だからこそ、収束したこの時期を選んだとも言えますが)。 だとするならば、吉村氏の反論の仕方にも非常に問題があると思います。 大村氏の信用を不当に下げることは愛知県民の不安を煽ることになるからです。 吉村氏は、切れ味鋭い発言をする一方で、事実に向き合わない傾向があるように感じます。 今後このことを、徹底して市民が監視すべきです。 私見を述べるならば、彼は、ドナルド・トランプと同じような戦略をとっている可能性があります。 自分の利益のために、事実を隠蔽し(見えにくくし)論点をすり替えて、相手のイメージを攻撃する。 これは、ポストモダンのもたらす相対主義的攻撃手段の常套です。 このような価値観の崩壊がもたらす終わりの始まりを私たちが目撃しているのだとすれば、終わりの始まりを食い止めなければなりません。 イメージを攻撃することが人間にとってもっとも敵であることを自覚すべきです。

次の

コロナ禍とツイッター(大村吉村問題)|yuyaohnishi28ーとある公立学校教員の雑記ー|note

とあるif ツイッター

息子は聴覚過敏で音の大小関係なく生理的に無理な音があるからイヤマフ常備してるんだけど『小さい子にヘッドフォンで音楽聴かせて!会話しなさい』と勘違いされた。 騒音や嫌な音を和らげるだけで音を完璧に遮断してるわけではなく近くにいれば会話も出来るし音楽聴いてるわけじゃないよ? 騒音や嫌な音を和らげるだけで音を完璧に遮断してるわけではなく近くにいれば会話も出来るし音楽聴いてるわけじゃないよ」という言葉には、息子さん愛用のイヤーマフの写真が添えられています。 続くツイートで、「聴覚過敏だと、人によってはお手洗いの水洗音でも黒板を爪でひっ掻く音並みに不快だったりするし、大きい音はわりと平気でもモスキート音耐えられないって人もいる。 息子は踏切や電車の音は平気でも、公共トイレにある濡れた手を風で乾かす機械の音とか無理なんだ」と特定の音に対する過敏性がある事を追記されています。 この出来事は、発達障害のうちのASD(自閉症スペクトラム障害)を持っている息子さんと一緒に電車に乗っていたときの話だそうです。 その後のツイートで、勘違いをした人に丁寧に説明して誤解を解くことができ、誤解していた人もそれ以上何か言うこともなくやや感情的になっていた事も落ち着かれた事、聴覚過敏を含め感覚過敏に対する当事者は結構いるだろうと思われるのに周囲の理解が進んでいないが為に同じ様な誤解をする人に遭遇する人が減って欲しいと思っている事、当事者の人たちからの共感や知ることが出来て良かったと言う反応に対する感謝やアドバイスに対するご自身の試行錯誤の結果、イヤーマフの使用に落ち着いたという事、「一見その場に似つかわしくない道具を持っている方がいてもそれはその人にとっては必要なものかもしれない事」に対する認知の広がりを願う内容の文章が画像で補足されています。 その発達障害は様々な精神感覚機能の突出や鈍磨、社会性獲得の困難、当事者本人の強いこだわりからくる適応困難感、集中力や感情など情動性に対する自己コントロールの困難感など全部挙げていくと膨大な情報量となってしまうので割愛しますが、モデルの栗原類さんがADD(注意欠陥障害)という発達障害の一つを抱えている事を公表したのは記憶にも新しいところです。 発達障害として先述のADDや「アスペルガー症候群」、学習障害などがよく知られています。 こういった脳機能の特性があると特定の感覚が突き抜けて過敏になったり特性故に周囲に理解されにくい言動をしてしまったりします。 「政府広報オンライン 発達障害って何だろう?」より引用 感覚過敏には特定の音に対する感受性が高すぎて周りが平気でいても当事者本人は耐え切れないという「聴覚過敏」や、色彩の過敏で映像に対して脳の処理が追いつかずに頭痛をおこしたり気分が悪くなってしまう「視覚過敏」、炭酸水の弾ける感じや特定の味、食感に対する不快感を強く感じてしまう「味覚過敏」、肌着の縫い目や服のタグが不快に感じたり繊維の感触が不快でタートルネックが着る事ができないなどがある「触覚過敏」、特定のにおいや鼻に入ってくる全てのにおいに対して敏感に反応しすぎて気分不快を引き起こす「嗅覚過敏」といった様に人間の五感全てにおいての何らかが突出して敏感になりすぎて社会生活に困難を抱える人が少なからずいるのが現状です。 しかし、こういった過敏症はアレルギー反応のように目に見えにくいものであり極めて個人的な感覚であるため過敏になっていない人は理解が追いつかず、感覚過敏がある人がつい我慢をして周りに合わせようとしたりという事が非常に多く、結果的に偏見を助長してしまう一因となってしまいます。 感覚過敏は感覚を通して入ってくる情報に対し脳がその情報の取捨選択が適切に行う事ができず、入ってくる情報をそのまま認知してしまう、つまり外からくる刺激に対して不要な部分をブロックし必要な部分をピックアップできない事に起因していると考えられています。 脳が処理を適切に行えないため、適切に処理しやすくするための補助が必要になってきます。 その為に聴覚過敏のある人はイヤーマフを使ったりイヤホン型のノイズキャンセラーを使ったりして外部からの不要な刺激を遮断するようにしています。 これは筆者の長女の話ですが、音楽は大好きでよく動画サイトの音楽動画を見て曲に合わせて歌を口ずさむ事はできるものの、実際にライブ会場へ足を運ぶとその音の大きさにすぐに適応する事ができず、音に慣れるまで大好きなはずの音楽をヘッドホン越しに楽しむという事をしていました。 母親としては周囲に誤解は確実にされると思ったので「この子は音に対して過敏な所があるのでヘッドホンを付けてます」とあらかじめ彼女の周囲にいる人に説明しました。 幸い、「ライブ会場で他の音楽でも聞いてるのか」という様な言葉を浴びせられずに済む事ができました。 授業中でも外の工事の音や黒板のチョークが当たる音、椅子を引く時の音などがかなり気になってて辛かったようです。 しかし、周知用のグッズやヘルプマークの応用、障害についてのリーフレットなどの広報材料を上手に用いる事で誤解を未然に防ぐことは出来るのではないかと思います。 例えば、イヤーマフに聴覚障害用のシンボルマークと共に「聴覚過敏で装着しています」の文字を入れるなどの「一目で大体把握できる」ものを目に留まりやすい位置(イヤーマフを例にとると耳が当たる場所などの広さがある部分)などに付けておくだけでも周囲が把握しやすくなるかも知れません。

次の

コロナ禍とツイッター(大村吉村問題)|yuyaohnishi28ーとある公立学校教員の雑記ー|note

とあるif ツイッター

「明日は我が身です...。 」 鳥取県の印刷会社「マルカゲ印刷」の公式アカウントが2019年1月24日、「お知らせです」として以下の投稿をした。 「社長より『お前のやっていることは仕事でもないし、ブログすべて無駄。 すぐ製品を収めて入金してもらうことが仕事として正しいので、今すぐやめろ』と言われたので、ツイッターでの宣伝広報は今後いっさいしません」 "中の人"が待遇の不満をぶちまけた形で、その後アカウントが削除された。 同アカウントは約2200フォロワーを集め、投稿は1万以上に上る。 突然の幕切れに、同じ立場である企業アカウントからは複雑な心境が多数漏れている。 「ちょっと衝撃すぎて戸惑っております... 」(ドクターシーラボ) 「マルカゲさんを知ったのもツイッターだし、十分広報活動されていたと思います。 」(田中金属グループ) 運用者「大人げない行動だった」 マルカゲ印刷の営業担当者は25日、J-CASTニュースの取材に「担当者が冷静でいられず、感情的なツイートをしてしまった」と話す。 ツイッターは、できるだけ費用をかけずに宣伝ができないかと模索していた中で、有用な手段として目を付けた。 そこで、通常業務と兼務して宣伝担当をしていた社員が担当となり、17年8月に登録した。 会社の認知度向上を目標にし、実際に「会社名を知りました」「こういう会社が鳥取県にある」との意見は頻繁にあったというが、「印刷の注文につながるかというとそうではなかった」(担当者) 認知度の測定も難しく、売り上げにつながるわけでもなかったため、会社の方針としてSNSでの宣伝活動はしないと決めた。 運用者は試行錯誤しながら運用してきた中でさまざまな思いがあり、先の投稿をしてしまった。 本人は「大人げない行動だった」と反省しているという。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の