国王 名前 かっこいい。 貴族の名前のルールについて教えてください。例えばドイツの貴族で、○○・△△・□...

ブルネイ王室兄弟が全員イケメン!家系図やマティーン王子のかっこいい画像も!

国王 名前 かっこいい

【目次】• 人気の猫の名前ランキング2020! 2月22日の猫の日、アニコム損害保険株式会社がぺット保険に新規契約した0歳の猫、約37,000頭を対象に調査した「猫の名前ランキング2020」を発表しました。 オス猫の名前では「ソラ」「レオ」「コテツ」「レオン」「コタロウ」が毎年上位に入っています。 メス猫は「モモ」「ココ」「ハナ」「リン」「サクラ」が毎年人気の名前です。 こうしてみると2~3文字のスッキリした名前が多いですね。 総合ランキングで最も人気の名前は「ムギ」。 メス猫の漢字の名前でも2位です。 また、2008年にはすでにランキングしている「ソラ」は、ペットの種類を選ばない、なかなか根強い人気の名前のようです。 数々のペット情報サイトでは猫の名前ランキングが発表されており、是非参考にしたいところです。 昨今ではどんなネーミングが、人気が高いのでしょうか。 日本国内で発表されている猫の名前ランキングと、海外で人気の猫の名前についてご紹介します。 猫の名前の決め方のポイントは? 普段愛猫のことを呼んだり、動物病院で情報を書いたり、猫と暮らす上で大切な「名前」。 みなさんは猫を飼うことになった時、どのようにして名前を決めますか? 実は、その決め方には知っておきたいポイントがあるんです。 猫の名前の決め方のポイントをご紹介します。 例えば、オス猫に 「アレクサンドロス」というマケドニア王国テメノス朝の国王の名前をつけてみるとします。 強そうでかっこいい名前です。 しかし、よく似た名前にロマノフ朝ロシア皇帝の名前 「アレクサンドル」があり、両方の名前を知識として知っていると、慣れるまで「あれ、どっちだったっけ?」と混乱しそうです。 さらに、普段猫を呼ぶときに 「アレくん」「アレク」など省略して呼んでいるうちに、猫が覚えるのは省略した方の名前、となってしまいがち。 正式名「アレクサンドロス」通称「アレク」も素敵ですが、スパッと短く呼びやすい名前にすると飼い主さんは呼びやすく、猫の方も印象に残りやすく早く覚えてくれそうです。 家族みんなが覚えやすく、発音しやすい名前にすると、猫も自分の名前を早く覚えてくれるようになります。 万が一、猫が迷子になった時、外で猫の名前を呼びながら捜索する際も、短くて聴きやすい名前の方が連呼しやすく、猫も「自分の名前だ」と気づいてくれそうです。 あまり長くて奇抜な名前を連呼しながら外を歩くのは心身ともに疲れそうです。 それらの点を踏まえてみると、ぴったりなのは和風の名前です。 日本人の発音で呼びやすく、短くて覚えやすい名前がたくさんあります。 ただし、人間の名前を安易につけてしまうと、迷子の時に名前を呼んで歩くときや動物病院で名前を呼ばれた時に同じ名前の人がいたりすると、少し気まずい思いをするかもしれません。 極端なことを言えば、手を叩いたり、笛を吹くことでも名前を呼ぶことと同じ効果があります。 このことから、多頭飼いの場合の名前のつけ方は、 同じ母音の名前は避けた方が良いでしょう。 同じ母音の音は似たような音に聞こえてしまいます。 新たに猫を迎える時の名前の決め方は、先住猫とは違った母音の名前をつけることがベストです。 例えば、「ナナ」と「ハナ」、「メロン」と「マロン」など、お揃いぽくってつけたくなるような響きですが、猫にとっては自分の名前と認識しにくくなる原因となってしまいます。 名前を呼んでも誰も振り向かなかったり、あるいは皆がこちらを向いたり…。 多頭飼いの場合は、異なる響きの名前にして、1匹ずつきちんと名前を呼んであげましょう。 「松(まつ)」「竹(たけ)」「梅(うめ)」、「きなこ」「もち」など、考え出すと楽しくなってきますね。 また、花、食べ物、色など、一つのカテゴリーの中で統一する名前の決め方もおすすめです。 「ゆず」「みかん」「れもん」、「クロ」「シロ」「チャチャ」など、オスでもメスでもつけられる名前が多くあります。 猫の見かけや個性を取り入れる決め方も楽しいですね。 和風な猫の名前おすすめ一覧 最近では、猫に和風の名前をつけるのが人気となっているようです。 参考にしたいのが、昔話や時代劇、歴史上の人物の名前。 現代ではあまり使われていなくてオス猫に使えそうな名前は、かっこいいものがたくさんあります。 また、和風の食べ物や植物の名前はメス猫に良く似合います。 猫に和風の名前が似合うのは、やはり猫の神秘的で孤高、あるいははんなり、柔らかい雰囲気からでしょうか?私は猫を見ると「京美人」という言葉が浮かびます。 オスなら「蓮(れん)」「湊(そう、みなと)」「大和(やまと)」「樹(いつき)」。 メスなら「葵(あおい)」「陽菜(はるな、ひな)」「陽葵(ひな、ひなた、ひまり)」など。 これらは最近の赤ちゃんの人気の名前です。 猫はあまり外に出ることはないのですが、迷子になった時の捜索時や動物病院での名前の呼び出しで名前を呼ばれることがあるので注意しましょう。 そんなやり取りができる瞬間は猫の飼い主さんにとって最も幸せなひととき。 一方で飼い主さんが名前を呼んでも全く反応しない猫もいるようで…実際のところ、猫はちゃんと自分の名前を覚えるものなのでしょうか?愛猫が名前を覚えるコツと一緒にご紹介します。 色々な猫の名前の決め方6パターン! 和風の名前以外にも、猫の名前の決め方は色々あります。 猫と出会った季節や世界の偉人の名前、楽器、料理やお菓子、お酒、スパイス、調味料の名前。 おとぎ話やアニメ、映画の登場人物など、名前の決め方のヒントはざまざまです。 オス、メスにこだわらず一部例としてあげてみますので、参考にしてください。 褒めたり、喜んだり、なんでもないことを話しかけたり。 朝や夜の挨拶、膝の上で眠る猫を撫でる時にそっと声をかけるとき。 何度も数え切れないほど呼ぶことになる名前は、和風でも洋風でも、飼い主さんが気に入った名前や好きなものにちなんだ名前、猫に似合う名前にしてあげてください。 名前が決まったら、積極的に呼んであげましょう。 猫が嬉しい時、楽しい時、気持ちのいい時にたくさん呼びかけてあげると、猫は自分の名前が大好きになります。 料理好きの友人の家の猫は全て調味料の名前です。 「ケチャ(ップ)」、「タルタル」、「クロ(ーヴ)」、「マヨ(ネーズ)」、「バル(サミコ酢)」。 別の友人は、私たちの前では愛猫を出会った時の印象のまま。 和風に「たわしさん」と呼びますが、家ではとても洋風のロマンティックな名前で呼んでいるようです(内緒にしていて教えてくれません)。 私の猫たちは和風の名前です。 兄弟猫が「うみ」「そら」。 姉妹猫は「すず」「りん」。 偶然にもランキングに名前がありました。 何年も呼んでいるうちに、呼び方は少しずつ変わってきています。 「そらさん」「うみさん」「そらにゃ」「りんりん」「すーちゃん」「すーすー」。 呼び方は色々でも、何度も何度も呼びかけたせいか、みんな自分の名前を呼ばれたら「にゃっ」と返事をするか、近寄ってくれます。 とても嬉しい瞬間ですよ! — おすすめ記事 —.

次の

なぜフランスのセレブは改名したのか?ーフランス人にとっての「かっこいい名前と苗字」

国王 名前 かっこいい

【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第1位は「Oliver(オリバー)」です。 ラテン語が起源とされる男性の名前で、フランスでもともと合った名前である「Olivier(オリビエ)」という名前が由来とされています。 「オリーブの木」という意味を持っています。 外国人男性のかっこいい名前・人名【第2位】Harry(ハリー) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第2位は「Harry(ハリー)」です。 ゲルマン語が起源とされる男性の名前で、「Harold(ハロルド)」という名前の派生バージョンでもあります。 「Henry(ヘンリー)」の省略形であり、「不動産を支配する者」という意味を持っています。 外国人男性のかっこいい名前・人名【第3位】Jack(ジャック) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第3位は「Jack(ジャック)」です。 英語が起源とされる男性の名前で、「John(ジョン)」や「James(ジェームズ)」のニックネームがそのまま名前として使われるようになったのが始まりです。 中世の頃に人気が出た名前でもあります。 外国人男性のかっこいい名前・人名35選【第4位〜第12位】 外国人男性のかっこいい名前・人名【第4位〜第6位】 【第4位】Noah(ノア) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第4位は「Noah(ノア)」です。 ヘブライ語野「nukhu」という単語が起源とされる男性の名前で、「休息」や、「安らぎ」という意味を持っています。 最初に名前として使われたのは、聖書に出てくる「ノアの方舟」だと言われています。 【第5位】Oscar(オスカー) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第5位は「Oscar(オスカー)」です。 スカンディナヴィア語が起源とされる男性の名前で、「勝利の戦士」や「鹿を愛するもの」という意味を持っています。 18世紀には存在していたとされる名前です。 【第6位】Logan(ローガン) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第6位は「Logan(ローガン)」です。 スコットランドが発祥と言われている男性の名前で、もともとは苗字として使われていた名前でもありました。 「小さな空洞」や「洞穴」という意味を持っています。 外国人男性のかっこいい名前・人名【第7位〜第9位】 【第7位】Archie(アーチー) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第7位は「Archie(アーチー)」です。 スコットランド語が起源と言われている男性の名前で、「真実」や「大胆な」そして「坊主頭」という意味を持っています。 1066年に起きたノルマン・コンクエスト時に他の国々へ広がった名前だとも言われています。 【第8位】Theo(テオ) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第8位は「Theo(テオ)」です。 ギリシャ語の「Theos(神)」が語源とされている男性の名前で、「神からの贈り物」という意味を持っています。 「Theodore(テオドール)」や「Theodosius(テオドシウス)」の省略形でもあります。 【第9位】Thomas(トーマス) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第9位は「Thomas(トーマス)」です。 ヘブライ語が起源とされる男性の名前で、「双子の」という意味を持っています。 派生バージョンとして「Tomas(トマス)」という名前もあります。 外国人男性のかっこいい名前・人名【第10位〜第12位】 【第10位】James(ジェームズ) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第10位は「James(ジェームズ)」です。 ヘブライ語が起源とされている男性の名前で、「Jacob(ジェイコブ)」という名前の派生バージョンの名前でもあります。 「Lacomus(ラコムス)」というラテン語の名前を英語に訳した名前とも言われています。 【第11位】Joshua(ジョシュア) 【人名の意味・由来】外国人男性のかっこいい名前・人名第11位は「Joshua(ジョシュア)」です。 ヘブライ語が語源とされる男性の名前で、「救世主の神」や「ヤハウェは救う」という意味を持っています。 古い遺言書によれば、「Joshua(ジョシュア)はモーゼスの後を継ぐ者」とも記載されていました。 外国人男性のかっこいい名前【第13位〜第24位】• 【第13位】William(ウィリアム)• 【第14位】Lucas(ルーカス)• 【第15位】Arthur(アーサー)• 【第16位】Harrison(ハリソン)• 【第17位】Alexander(アレキサンダー)• 【第18位】Sebastian(セバスチャン)• 【第19位】Benjamin(ベンジャミン)• 【第20位】Carter(カーター)• 【第21位】Matthew(マシュー)• 【第22位】Hunter(ハンター)• 【第23位】Stanley(スタンレー)• 【第24位】Tyler(タイラー) 外国人男性のかっこいい名前・人名【第25位〜第35位】 外国人男性のかっこいい名前【第25位〜第35位】• 【第25位】Aaron(アーロン)• 【第26位】Grayson(グレイソン)• 【第27位】Gabriel(ガブリエル)• 【第28位】Austin(オースティン)• 【第29位】Jamie(ジェイミー)• 【第30位】Lincoln(リンカーン)• 【第31位】Albert(アルバート)• 【第32位】Elliott(エリオット)• 【第33位】Theodore(テオドール)• 【第34位】Harvey(ハービー)• 【第35位】Frankie(フランキー) 外国人女性のかわいい名前・人名35選【第1位〜第3位】 外国人女性のかわいい名前・人名【第1位】Emma(エマ) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第1位は「Emma(エマ)」です。 ゲルマン語である「ermen(全て・一般的な)」という言葉が由来ではないかと言われている女性の名前です。 「Emmeline(エメリン)」や「 Amelia(アメリア)」という名前のニックネームとしても使われます。 外国人女性のかわいい名前・人名【第2位】Olivia(オリヴィア) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第2位は「Olivia(オリヴィア)」です。 ギリシャ語が起源とされる女性の名前で、最初に名前として使われたのは、シェイクスピアの作品「十二夜」ではないかと言われています。 「オリーブの木」という意味を持っています。 外国人女性のかわいい名前・人名【第3位】Ava(アヴァ) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第3位は「Ava(アヴァ)」です。 「Eve(イヴ)」という名前の派生バージョンである女性の名前で、ラテン語の「avis(鳥)」という単語が由来と言われています。 また「Chava (チャワ)」という名前の省略形なのではないかとも言われています。 外国人女性のかわいい名前・人名35選【第4位〜第12位】 外国人女性のかわいい名前・人名【第4位〜第6位】 【第4位】Isabella(イザベラ) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第4位は「Isabella(イザベラ)」です。 「Elizabeth(エリザベス)」という名前の派生バージョンの女性の名前で、ヘブライ語が起源とされていますが最近誕生した名前でもあります。 「神に献身的な」という意味を持っています。 【第5位】Sophia(ソフィア) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第5位は「Sophia(ソフィア)」です。 ギリシャ語が語源とされる女性の名前で、「知恵」や「能力」という意味を持っています。 17世紀頃にイギリス国王であるジェームズ1世が、自身の娘に名付けとして使ったことから人気が出始めました。 【第6位】Charlotte(シャーロット) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第6位は「Charlotte(シャーロット)」です。 フランス語が語源とされる女性の名前で、「Charles(チャールズ)」という男性の名前の女性バージョンでもある名前です。 「自由な者」や「小さな」という意味を持っています。 外国人女性のかわいい名前・人名【第7位〜第9位】 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第8位は「Evelyn(エヴェリン)」です。 アイルランドが発祥と言われている女性の名前で、もともとは苗字として一般的な名前でもありました。 名前として使われ始めた当初は、実は男性の名付けとして使われていました。 【第9位】Abigail(アビゲイル) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第9位は「Abigail(アビゲイル)」です。 ヘブライ語が語源とされる女性の名前で、「父の喜び」という意味を持っています。 また、聖書に出てくる「Abigail(アビゲイル)」は、デイビッド王の賢くて美しい妻としても知られています。 外国人女性のかわいい名前・人名【第10位〜第12位】 【第10位】Harper(ハーパー) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第10位は「Harper(ハーパー)」です。 中世期頃に誕生し、「ハープを演奏するもの」という意味を持っていることから、もともとはハープ奏者の苗字として使われていた名前でもあります。 語源となった言語は英語です。 【第11位】Emily(エミリー) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第11位は「Emily(エミリー)」です。 ラテン語の「Aemilius(アイミリウス)」という苗字や、「Aemilia(エミリア)」という女性の名前が由来とされる女性の名前です。 「熱心な」や「努力家」という意味を持っています。 【第12位】Madison(マディソン) 【人名の意味・由来】外国人女性のかわいい名前・人名第12位は「Madison(マディソン)」です。 北イングランドが発祥だと言われている女性の名前で、もともとはイギリスで苗字として使われていた名前でもあります。 また、「Mathieson(マシソン)」という名前の派生バージョンだとも言われています。 外国人女性のかわいい名前・人名35選【第13位〜第35位】 外国人女性のかわいい名前【第13位〜第24位】 外国人女性のかわいい名前【第13位〜第24位】• 【第13位】Scarlett(スカーレット)• 【第14位】Victoria(ヴィクトリア)• 【第15位】Grace(グレース)• 【第16位】Chloe(クロエ)• 【第17位】Camila(カミラ)• 【第18位】Penelope(ペネロペ)• 【第19位】Lillian(リリアン)• 【第20位】Aubrey(オードリー)• 【第21位】Natalie(ナタリー)• 【第22位】Savannah(サヴァンナ)• 【第23位】Brooklyn(ブルックリン)• 【第24位】Stella(ステラ) 外国人女性のかわいい名前【第25位〜第35位】 外国人女性のかわいい名前【第25位〜第35位】• 【第25位】Hazel(ヘーゼル)• 【第26位】Paisley(ペイズリー)• 【第27位】Skylar(スカイラー)• 【第28位】Violet(ヴァイオレット)• 【第29位】Bella(ベラ)• 【第30位】Aurora(オーロラ)• 【第31位】Samantha(サマンサ)• 【第32位】Caroline(キャロライン)• 【第33位】Madelyn(マデリン)• 【第34位】Ariana(アリアナ)• 【第35位】Kaylee(カイリー) 外国人のかっこいい・かわいい苗字35選【第1位〜第3位】 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第1位】Moore(ムーア) 【第4位】Martinez(マルティネス) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第4位は「Martinez(マルティネス)」です。 「Martin(マーティン)」は「Mars(火星)」から由来している名前です。 【第5位】Rodriguez(ロドリゲス) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第5位は「Rodriguez(ロドリゲス)」です。 スペイン語を語源とする苗字で、「Rodrigo(ロドリゴ)の子ども」という意味を持っています。 もともとは「Rodericksson(ロドリックソン)」という形でした。 【第6位】Hernandez(ヘルナンデス) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第6位は「Hernandez(ヘルナンデス)」です。 15世紀頃に誕生したと言われている苗字で、スペインを中心に広がっていきました。 「Hernando(ヘルナンド)の子ども」という意味を持っています。 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第7位〜第9位】 【第7位】Lopez(ロペス) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第7位は「Lopez(ロペス)」です。 「Lope(ロペ)の子ども」という意味を持った苗字で、ラテン語の「lupus(狼)」という単語がスペインに広まったのが始まりだと言われています。 スペインは旧カスティーリャ地方で最初に発見された苗字です。 【第8位】Baker(ベイカー) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第8位は「Baker(ベイカー)」です。 中世期に誕生したと言われている苗字で、古い英語の「bakere」という単語が語源だと言われています。 「作る者」という意味を持っており、もともとはパン屋や陶器を作る職人に充てられた苗字でした。 【第9位】Roberts(ロバーツ) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第9位は「Roberts(ロバーツ)」です。 イギリスが発祥だと言われている苗字で、「ロバートの子ども」という意味や「明るい名声」という意味を持っており、家系だけでなく、ステータスからも由来していた苗字です。 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第10位〜第12位】 【第10位】Phillips(フィリップス) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第10位は「Phillips(フィリップス)」です。 イギリスやオランダ、ドイツやユダヤが起源とされる苗字です。 「フィリップの子ども」という意味を持っています。 1000年から1800年の間に苗字として一般的になったのではないかと言われています。 【第11位】Stewart(スチュワート) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第11位は「Stewart(スチュワート)」です。 スコットランドが発祥と言われている苗字で、紀元前7世紀からすでに存在していたのではないかとも言われています。 「保護者」や「管理人」という意味を持っています。 【第12位】Morgan(モーガン) 【人名の意味・由来】外国人のかっこいい・かわいい苗字第12位は「Morgan(モーガン)」です。 ウェールズでかつて名付けとして使われていた「Morcant(モルカン)」が語源となっているのではないかと言われていますが、詳細ははっきりとしていません。 外国人のかっこいい・かわいい苗字35選【第13位〜第35位】 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第13位〜第24位】 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第13位〜第24位】• 【第13位】Murphy(マーフィー)• 【第14位】Richardson(リチャードソン)• 【第15位】Ramirez(ラミレス)• 【第16位】Watson(ワトソン)• 【第17位】Sanders(サンダース)• 【第18位】Bennett(ベネット)• 【第19位】Henderson(ヘンダーソン)• 【第20位】Jenkins(ジェンキンス)• 【第21位】Washington(ワシントン)• 【第22位】Simmons(シモンズ)• 【第23位】Griffin(グリフィン)• 【第24位】Hamilton(ハミルトン) 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第25位〜第35位】 外国人のかっこいい・かわいい苗字【第25位〜第35位】• 【第25位】Gomez(ゴメス)• 【第26位】Freeman(フリーマン)• 【第27位】Simpson(シンプソン)• 【第28位】Stevens(スティーブンス)• 【第29位】Kennedy(ケネディ)• 【第30位】Ramos(ラモス)• 【第31位】Gordon(ゴードン)• 【第32位】Robertson(ロバートソン)• 【第33位】Hawkins(ホーキンス)• 【第34位】Arnold(アーノルド)• 【第35位】Carroll(キャロル) 外国人の名前はかっこいいものやかわいいものがたくさん! 外国人の名前・人名105選、いかがだったでしょうか。 ランキング形式で男性別・女性別の名前をご紹介しました。 どれもよく聞く名前ですが、起源や発祥は意外とバラバラだったりします。 知り合いや友人に同じ名前の方がいる方は、是非プチ話として会話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

次の

ヨーロッパの君主の名前の一覧

国王 名前 かっこいい

イギリスのかっこいい男性の名前ランキングTOP100! それでは早速、イギリスで人気のかっこいい男性の名前を意味や由来、愛称などと共にランキング形式でみていきましょう。 ランキングは2019年のものです。 起源や由来によって、ご紹介している意味以外の複数の意味を持つ名前もありますのでご了承ください。 名前ランキング 1〜10位 1. Oliver 読み方:オリヴァー 由来:ラテン語 意味:オリーブの木 ラテン語の「オリーブの木」に由来している名前です。 イギリス、イングランドでは中世より一般的に使用されていた名前でしたが、17世紀頃には珍しいあまり使用されなくなりました。 19世紀、チャールズ・ディケンズの小説「オリヴァー・ツイスト」により人気が復活し、21世紀頃にはオーストラリアやアメリカでもランキング上位に入る名前となりました。 Harry 読み方:ハリー 由来:英語 意味:家の主、君主 「Henly(ヘンリー)」の中英語(1066年のノルマン・コンクエスト以降から15世紀後半頃まで使用されていた英語)の名前です。 「Harold(ハロルド)」「Harrison(ハリソン)」「Harvey(ハーヴィー)」の愛称・ニックネームとして使用されることもあります。 著名人では、ワン・ダイレクションのメンバーのイギリスの歌手ハリー・スタイルズなど。 有名なキャラクターでは、イギリスの作家J・K・リーリング作の小説の主人公ハリー・ポッターなどがいます。 Charlie 読み方:チャーリー 由来:英語 意味:自由な人、男らしい、力強い、美しい 英語圏では伝統的に使用される男性の名前で、現在は男女兼用の名前として使用されています。 男性の場合は「Charles(チャールズ)」の愛称・ニックネームとして、女性の場合は「Charlotte(シャーロット)」の愛称として使われることも。 Noah 読み方:ノア 由来:ヘブライ語 意味:心地の良い、慰め、休息 「休息」や「慰め」「快適さ」などを意味するヘブライ語が由来の名前です。 旧約聖書・創世記の「ノアの方舟」の主人公の名前でもあります。 George 読み方:ジョージ 由来:ギリシャ語 意味:大地を耕す人、農夫 キリスト教の聖人で、ドラゴン退治の伝説で有名な聖ゲオルギオス(Saint George)にも関連しており、古くから人気の高い名前です。 イギリスでは、116年連続のイギリスの王の名前(ジョージ1世からジョージ7世)でもあり、アメリカでは「アメリカ建国の父」とも言われる、アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの名前でもあります。 Jack 読み方:ジャック 由来:英語 意味:神は慈悲深い、神は優しい、後釜 20世紀後半以降、多くの英語圏で男性の最も人気の高い名前の1つです。 「John(ジョン)」の愛称・ニックネームとしても使用されます。 男性の名前と思われがちですが、女性でも「Jacqueline(ジャクリーン)」や「Jackie(ジャッキー)」などの愛称として使われます。 Alfie 読み方:アルフィー 由来:英語 意味:賢い助言者 苗字としても使用される名前です。 「Alfred(アルフレッド)」の愛称・ニックネームとしても使われます。 Leo 読み方:レオ、リオ 由来:ラテン語 意味:ライオン 「Leonard(レオナルド)」や「Leopold(レオポルド)」の愛称・ニックネームとして使用されることも多い名前です。 ドイツ語では「勇敢な人々」を意味する「Leopold」や「Leon(レオン)」の短縮形としても使われます。 旧約聖書の「創世記」では、ヘブライ人の旅長として登場します。 愛称・ニックネームは「Jake(ジェイク)」や「Coby(コビー)」など。 Freddie 読み方:フレディ 由来:英語、ドイツ語 意味:平和的な支配者、平和的な統治者 ドイツ語の「Frederick(フレデリック)」や「Alfred(アルフレッド)」などの愛称・ニックネームが由来の名前です。 スペルは他にも「Freddy」「Freddi」などがあります。 名前ランキング 11位〜20位 11. Oscar 読み方:オスカー 由来:アイルランド語 意味:愛する人へ、神の槍、戦士、鹿の友達 18世紀のスコットランドの詩人、ジェイムズ・マクファーソンの作品によってヨーロッパに普及した名前です。 「Oskar」というスペルで綴られることもあります。 Theo 読み方:テオ 由来:ギリシャ語 意味:神の贈り物 ギリシャ語で「神の贈り物」を意味する名前です。 「Theodore(セオドア)」や「Theobald(テオバルド)」など、「Theo」で始まる名前の愛称・ニックネームとしても使用されます。 Archie 読み方:アーチー 由来:ドイツ語 意味:本当に勇敢な、大胆な、恐れを知らぬ、果敢な、弓の射手、価値のある ドイツ語の名前「Archibald(アーチボルド)」や、英語の名前「Archer(アーチャー)」の愛称・ニックネームとして使用されます。 イギリス王室・ヘンリー王子の息子の名前にも名付けられました。 Arthur 読み方:アーサー 由来:ケルト語 意味:熊、熊のように強い、勇敢な、高貴な 6世紀初めブリトン人を率いて、サクトン人の侵攻を撃退した伝説の英雄・アーサー王の名前です。 愛称・ニックネームは「Art(アート)」または「Artie(アーティー)」など。 Logan 読み方:ローガン 由来:スコットランド語 意味:小さな空洞、小さなくぼみ スコットランド語の苗字「Logan」に由来する名前です。 2007年イギリス・イングランド、ウェールズで生まれた男の子の名前ランキングで54位に、2009年にはスコットランドでは4位にランクインしました。 2017年にはアメリカで5番目に人気の名前になり、カナダでは3番目、スコットランドでは6番目、北アイルランドでは10番目に選ばれました。 Joshua 読み方:ジョシュア 由来:ヘブライ語 意味:ヤハウェ(旧約聖書と新約聖書の唯一神)は救い、ヤハウェは救世主 ヘブライ語の「Yohoshua」に由来する名前です。 17世紀以前は、ユダヤ人の中で使用されることの多い名前でしたが、現在はイギリスやアメリカでも人気の名前となっています。 Thomas 読み方:トーマス 由来:アラム語 意味:双子 アラム語(シリア、メソポタミアなどで紀元前1000年頃〜紀元前600年頃に話されており、現在も一部地域で使用されている言語)で「双子」や「リーダー」を意味する名前に由来しています。 新約聖書では、十二使徒の一人として登場します。 James 読み方:ジェームズ 由来:ヘブライ語 意味:取って代わるもの、後釜 ヘブライ語の「Jacob」から派生した「後釜」という意味の古典的な名前です。 17世紀、スコットランドの王ジェームズ6世がイギリスの王位を継承してイギリスの王となったことで、さらに人気が高まりました。 有名なキャラクターでは「007」シリーズのジェームズ・ボンドなど。 Henry 読み方:ヘンリー 由来:ドイツ語 意味:家庭の支配者、家庭の統治者 ドイツ語の名前「Heimrich(ハインリヒ)」より生まれた、古フランス語の「Henri」「Henry」に由来する名前です。 アイルランド語では、苗字としても使用されています。 イギリスの女王エリザベス2世の孫・ヘンリー王子の名前でもあります。 Max 読み方:マックス 由来:ラテン語 意味:最大、巨大な、偉大な 「Maximilian(マクシミリアン)」や「Maxwell(マックスウェル)」などの名前の短縮形や、愛称としても使用される名前です。 女性では「Maxine(マクシーン)」の短縮形・愛称としても使われます。 名前ランキング 21〜30位 21. Lucas 読み方:ルーカス 由来:ラテン語 意味:光を運ぶもの、光、ルカニア(南イタリア)から来た男 ギリシャ語の名前「Luke」「Loukas」(意味:南イタリアのルカニア地方から来た)のラテン語版です。 2014年イギリスの男の子の名前ランキングで26位、アメリカで19位、カナダでは4位に選ばれました。 Ethan 読み方:イーサン 由来:ヘブライ語 意味:強い、厳格な、辛抱強い、引き締まった 「強い」や「厳格な」などを意味するヘブライ語が由来の名前です。 「Eitan」や「Eytan」などのスペルで綴られることも。 愛称・ニックネームは「Eeth」「Eethie」「Eytie」「Eddie」などがあります。 William 読み方:ウィリアム 由来:ゲルマン語 意味:熱烈な守護者、ヘルメット 1066年のウィリアム1世によるイングランド征服「ノルマン・コンクエスト」の後この名前の人気が高まり、中世から現代までその人気は続いています。 愛称・ニックネームは「Will(ウィル)」「Willy(ウィリー)」「Willie(ウィリー)」「Bill(ビル)」「Billy(ビリー)」など。 Isaac 読み方:アイザック 由来:ヘブライ語 意味:笑う、笑い声 「彼は笑う」「彼は喜ぶ」を意味するヘブライ語の名前「Yitzchaq」に由来する名前です。 旧約聖書「創世記」に登場する「イサク(Issac)」の英語読みでもあります。 Mason 読み方:メイソン 由来:英語 意味:石と働く人 もともとは男性の間で使用されることの多かった名前ですが、現在は男女どちらにも使われる名前です。 「石と働く人」を意味する苗字に由来しています。 愛称・ニックネームは「Mace(メース)」。 Riley 読み方:ライリー 由来:アイルランド語 意味:勇敢なもの、勇気のある、元気な、活発な 90年代から2000年初頭までは主に男性の名前でしたが、現在は女性にも使用される男女兼用の名前です。 イギリスでは男性に使用されることが多いですが、アメリカでは2017年女性の名前のランキングで25位に、男性のランキングでは253位にランクインしました。 Harrison 読み方:ハリスン、ハリソン 由来:英語 意味:Harry(ハリー)の息子、Harris(ハリス)の息子、Henry(ヘンリー)の息子 もともとは苗字として使用されていた名前です。 苗字としてこの名前がイギリスで最初に記録されたのは1355年頃まで遡ります。 Finley 読み方:フィンレー 由来:アイルランド語、スコットランド語 意味:金髪の勇者 苗字としても使用される男女兼用の名前です。 アメリカでは女性に一般的に使用されますが、イギリスでは主に男性に使用されることが多いです。 2016年、イギリスでは35番目に人気の名前でした。 Tommy 読み方:トミー 意味:双子 「Thomas(トーマス)」の愛称・ニックネームが由来の名前です。 「Tommie」というスペルで綴られることもあります。 Teddy 読み方:テディー 意味:神からの贈り物、裕福な守護者、勇敢な人々 「Theodore(セオドア)」または「Edward(エドワード)」の愛称・ニックネームとして生まれた名前です。 「幸せ」「裕福な」などの意味を持つ名前「Eadmund」にも由来しています。 名前ランキング 31位〜40位 31. Dylan 読み方:ディラン 由来:ウェールズ語 意味:海の息子、波の息子、海から生まれた イギリス・ウェールズでは、2010年に男の子に付けられた最も人気のある名前に選ばれました。 ウェールズの詩人および作家であるディラン・トマスにより、この名前は人気になったと言われています。 Daniel 読み方:ダニエル 由来:ヘブライ語 意味:神は私の審判 著名人では、イギリスの俳優ダニエル・クレイグやダニエル・ラドクリフなどがいます。 同じ読み方と意味で「Danielle」という名前もありますが、こちらは主に女性に使用されることが多く、男性に使われることは稀です。 Tyler 読み方:タイラー 由来:古英語 意味:屋根職人、タイル職人 「タイル職人」という意味の、職業に関する苗字が由来の名前です。 アメリカの第10代大統領ジョン・タイラーによってこの名前の人気が広がったと言われています。 Adam 読み方:アダム 由来:ヘブライ語 意味:地球、土、男性 「地球」や「土」を意味するヘブライ語の言葉に由来する名前です。 聖書では、神によって作られた最初の人間の名前でもあります。 Joseph 読み方:ジョセフ、ジョゼフ 由来:ヘブライ語 意味:神は増加させる ヘブライ語の「Yosef」に由来する名前です。 「Joseph」というスペルは、英語圏やフランス語またはドイツ語を話す国で使用されているスペルです。 旧約聖書「創世記」では、イスラエル人を大飢饉から救ったヤコブの子として登場します。 Alexander 読み方:アレグサンダー 由来:ギリシャ語 意味:人類の擁護者、人類の守護者 「守る男性」「擁護する男性」を意味するギリシャ語の名前「Alexandros」のラテン語版です。 紀元前4世紀、ギリシャからインド北西まで大帝国を建設した、歴史上最も成功した軍事指揮官とも言われるアレクサンドロス3世によって、この名前はヨーロッパ中に広まりました。 Elijah 読み方:イライジャ 由来:ヘブライ語 意味:私の神はヤハウェ 「私の神はヤハウェ(旧約聖書と新約聖書の唯一神)」という意味を持つ、ヘブライ語の名前「Eliyyahu」に由来する名前です。 旧約聖書に登場する預言者の名前でもあります。 Jayden 読み方:ジェイデン 意味:感謝して、ありがたく思って ヘブライ語の名前「Jadon」「Jaden」の種類の1つです。 比較的新しい名前で「Jaden」と綴られることもあります。 著名人ではウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスなど(スペルはJaden)。 Louie 読み方:ルイ 由来:フランス語 意味:騎士、兵士、有名な戦士 「Louis(ルイ)」という名前が由来の男女兼用の名前です。 主に男性に使用されることが多いですが、女性では「Louise(ルイーズ)」の短縮形・愛称として使用されることもあります。 Arlo 読み方:アルロ、アーロ 由来:ドイツ語 意味:丘 「Carlo(カルロ)」「Carlos(カルロス)」「Charles(チャールズ)」などの名前の愛称・短縮形としても使用される名前です。 アイルランドにある谷「Glen of Aherlow」に由来することもあります。 名前ランキング 41位〜50位 41. Hunter 読み方:ハンター 由来:英語 意味:狩猟人、狩りをする者 中世では狩猟者や鳥を捕獲する職業をしている人達に、苗字として使われていました。 今は主に男性に多く使われる、男女兼用の名前となっています。 Jake 読み方:ジェイク 由来:ヘブライ語 意味:後釜 「Jacob(ジェイコブ)」という名前の愛称、ニックネームが由来の名前です。 「Jack(ジャック)」や「John(ジョン)」などの名前の変形でもあります。 Jaxon 読み方:ジャクソン 由来:英語 意味:Jackの息子、神は慈悲深い、神は優しい、神は寛大な 苗字としても使用される名前です。 「Jackson(ジャクソン)」という名前のスペルのバリエーションの1つでもあります。 Reggie 読み方:レジー 由来:ラテン語 意味:力強い統治者、君主の助言者 男女共に使用される名前で、女性では「女王」という意味を持つ「Regina(レジーナ)」という名前の愛称としても使われます。 男性では「Reginald(レジナルド、レギナルド)」という名前の愛称・ニックネームでもあります。 Frankie 読み方:フランキー 意味:自由 男性、女性共に使用されるユニセックスの名前です。 男性だと「Frank(フランク)」や「Francis(フランシス)」、女性だと「Francesca(フランチェスカ)」や「Frances(フランシス)」の愛称・ニックネームとしても使用されます。 Harley 読み方:ハーリー、ハーレー 由来:古英語 意味:ウサギの牧草地、木材、開拓地 男性、女性共に使用される名前です。 古英語でウサギを意味する「hara」と、木材を意味する「leah」に由来しています。 女性の名前としては、DCコミックスの「スーサイド・スクワッド」でハーレイ・クインというキャラクターが登場したことで人気になりました。 Albie 読み方:アルビー 意味:気高い、高貴な、立派な、輝く、明るい 「気高い」や「輝く」などを意味する名前「Albert(アルバート)」の愛称・ニックネームが由来の名前です。 「Albus(アルバス)」や「Alban(アルバン)」の愛称として使われることもあります。 Harvey 読み方:ハーヴィー 由来:英語、フランス語 意味:価値、戦闘態勢を整えた、戦いにふさわしい、戦いに熱心な、強い 苗字としても使用される名前です。 「Harvie」「Hervey」などのスペルで綴られることもあります。 Toby 読み方:トビー 由来:ギリシャ語、英語 意味:神は良い たくさんの英語圏で使用される人気の高い名前です。 男性のイメージが強い名前ですが、女性に使用されることもあるユニセックスの名前です。 「Tobias(トバイアス、トビアス)」の愛称・ニックネームでもあります。 イギリスでは、ヘンリー3世の息子である中世のイングランド王の名前でもあります。 (エドワード1世) 名前ランキング 51位〜60位 51. Lewis 読み方:ルイス 意味:名声、著名な戦士 フランス語の名前「Louis(ルイ、ルイス)」の英語バージョンとして生まれました。 イギリスでは、英語版スペルである「Lewis」を好む傾向にありますが、アメリカではフランス版スペルの「Louis」を使用されることが多いです。 イギリスのイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの全てで、人気の男性の名前のTOP50に入ったことのある人気の高い名前です。 Sebastian 読み方:セバスチャン 由来:ギリシャ語、ラテン語 意味:トルコのスィヴァスから来た、尊敬に値する ギリシャ語で「トルコのスィヴァスという街から来た」を意味する名前「Sebastianos」に由来しています。 3世紀のキリスト教の聖人・殉教者である聖セバスティアヌス(Saint Sebastian)の影響で、様々な国で使用されるようになりました。 「Theodore」の女性版は「Theodora(テオドラ、セオドラ)」。 Rory 読み方:ローリー、ロリー 由来:アイルランド語、スコットランド語 意味:赤い王 男性、女性共に使用される男女兼用の名前です。 スコットランドやアイルランドでは女性に使われることは稀で。 主に男性に使用されています。 しかしアメリカでは、女性の名前としても使われるようです。 著名人では、アイルランドの革命家でアイルランド内戦の引き金となった首都ダブリンでの戦いで有名なローリー・オコナーなど。 Ollie 読み方:オーリー 由来:ラテン語 意味:オリーブの木 ラテン語で「オリーブの木」を意味する名前「Oliver(オリバー)」の愛称・ニックネームが由来の名前です。 ドイツとアメリカでは「エルフの軍隊」や「遺品」「記念品」「祖先の遺産」などを意味することもあります。 Alex 読み方:アレックス 由来:ギリシャ語 意味:人類の擁護者、人類の守護者 男性、女性共に使用される男女兼用の名前です。 男性では「Alexander(アレクサンダー)」、女性では「Alexandra(アレクサンドラ)」「Alexandria(アレクサンドリア)」などの名前の愛称・ニックネームとしても使われます。 Reuben 読み方:ルーベン 由来:ヘブライ語 意味:その子を見よ、息子を見よ 旧約聖書では、ヤコブとリアの12人の息子の長男として登場する名前です。 16世紀のプロテスタント宗教革命以降、イギリスではキリスト教の名前として使われています。 愛称・短縮形は「Ben(ベン)」が多く、他にも「Benny(ベニー)」「Benji(ベンジー)」などがあります。 Luca 読み方:ルカ 由来:ラテン語、イタリア語 意味:光、ルカニア地方から来た ラテン語で「光」を意味する名前「Lucas(ルーカス)」に由来する名前です。 「Louka」や「Louca」「Lucca」などと綴られることもあります。 イタリア語由来では「ルカニア地方(南イタリア)から来た」という意味を持ち、「Lucas」や「Luke(ルーク)」のイタリア語版として使用されます。 Ryan 読み方:ライアン 由来:アイルランド語、英語 意味:小さな王 男性、女性共に使用される男女兼用の名前です。 古アイルランド語の名前「Rian」に由来する、アイルランド語の苗字「Ryan」より生まれました。 名前ランキング 61位〜70位 61. Liam 読み方:リアム 由来:アイルランド語 意味:守護者、擁護者、欲望、ボス、ヘルメット アイルランド語の名前「Uilliam」、または古いゲルマン語の名前「William(ウィリアム)」の短縮形が由来の名前です。 1980年代にイギリスで人気になり、その後ヨーロッパやアメリカ大陸にもその人気が広がりました。 Bobby 読み方:ボビー 由来:ゲルマン語、英語 意味:輝く名声、有名な 男性、女性共に使用される男女兼用の名前です。 「Bob(ボブ)」の愛称、ニックネームとしても多く使用されます。 「Bobbie」というスペルで綴られることも多く、女性では「Bobbi」や「Bobi」というスペルも使われます。 Carter 読み方:カーター 由来:アイルランド語、スコットランド語、英語 意味:手押し車や自動車の運転手、車などで荷物を配送する人 苗字としても多く使用される名前です。 手押し車や荷馬車などで、荷物を配送する人につけられた苗字にも由来しています。 「Karter」というスペルで綴られることも。 Samuel 読み方:サミュエル 由来:ヘブライ語 意味:神は聞いた、神の名前、彼の名前は神 旧約聖書ではユダヤの預言者、指導者として登場している名前です。 稀に「Samual」というスペルで綴られることもあります。 著名人では、アメリカの俳優サミュエル・L・ジャクソンなど。 Roman 読み方:ローマン 由来:ラテン語 意味:ローマの、ローマの男 ラテン語で「ローマ(イタリアの都市)の」を意味する言葉「Romanus」に由来しています。 「強い」や「力強い」を意味することもあります。 Louis 読み方:ルイ、ルイス 由来:フランス語 意味:名高い戦士、有名な戦士 フランスでは歴史上最も長い君主であり、18人の王の名前にもなっているLouis(ルイ1世〜18世)。 ノルマン人によって、この名前はイギリスに持ち込まれることになりました。 51位にランクインした「Lewis」という「Louis」の英語版スペルの方がイギリスでは一般的ですが、こちらのフランス版スペルもランクインする形となりました。 David 読み方:デーヴィド 由来:ヘブライ語 意味:愛されるもの、愛された、最愛の 旧約聖書に登場する、古代イスラエル王・ダビデ王(King David)の名前でもあります。 古くから様々な聖職者や王の名前にもなっており、ウェールズの聖職者・聖デイヴィット(Saint David)や、グルジア王国の国王・ダヴィド4世(David IV)、スコットランド王1世(David I)などがいます。 Hugo 読み方:ヒューゴ 由来:ドイツ語 意味:心、知性、精神、聡明な 「心」を意味するドイツ語が由来の、苗字としても使用される名前です。 「心」や「魂」などの意味を持つ「Hugh(ヒュー)」という名前のラテン語版でもあります。 Jude 読み方:ジュード 由来:ヘブライ語 意味:称賛、賛美 ヘブライ語で「称賛」を意味する名前「Judah」のラテン語版の愛称・ニックネームです。 Jenson 読み方:ジェンソン 由来:スカンジナビア語 意味:Jens(ジェンス、イェンス)の息子、神は慈悲深い、神は優雅 2010年頃からイギリス・イングランド及びウェールズで人気が高まり、2016年のイギリスの男の子の名前ランキングで50位に選ばれました。 世界的に見ると名前として使われるより、苗字として使用されることが多い印象ですが、イギリスでは70位にランクインしました。 名前ランキング 71位〜80位 71. Ronnie 読み方:ロニー 意味:統治者、助言、決意 「Ronald(ロナルド)」の愛称・ニックネームが由来の名前です。 女性に使用されることがあり、その場合は「Veronica(ヴェロニカ)」という名前の愛称としても使われます。 Zachary 読み方:ザッカリー 由来:ヘブライ語 意味:神は覚えている 「ヤハウェは覚えている」を意味するヘブライ語の「Zekharyahu」のラテン語版「Zacharias」に由来する名前です。 旧約聖書に登場する、ユダヤ人の預言者の名前でもある「Zechariah(ゼカリア)」の別のバリエーションでもあります。 Callum 読み方:キャルム 由来:スコットランド・ゲール語 意味:鳩 「平和」や「純粋さ」の象徴である「鳩」を意味することから、キリスト教徒の中で古くから人気だった名前です。 イギリス・スコットランドでは、2017年に男の子の名前ランキングで34位にランクインしています。 Blake 読み方:ブレイク 由来:古英語 意味:暗い、金髪の 苗字としても使用される名前です。 Jackson 読み方:ジャクソン 由来:英語 意味:Jackの息子、神は慈悲深い、神は優しい、神は寛大な 苗字として使用されることも多く、1980年にはイギリス・イングランドとウェールズで24番目に人気の苗字でした。 愛称、ニックネームは「Jack(ジャック)」「Jax(ジャックス)」など。 Ezra 読み方:エズラ 由来:ヘブライ語 意味:助け 旧約聖書にも登場する名前です。 著名人では、アメリカの俳優、エズラ・ミラーや詩人エズラ・パウンドなどがいます。 有名なキャラクターでは「プリティ・リトル・ライアーズ」に登場するエズラ・フィッツなど。 Kai 読み方:カイ 様々な起源や由来、意味を持つ名前です。 ハワイ語では「海」、スコットランド語では「火」、スウェーデン語では「喜ぶ」、フリジア語では「戦士」、バスク語では「港の朝橋」、トルコ語では「強い」、スワヒリ語では「可愛い」「愛すべき」、中国語では「勝利」や「出発」などを意味します。 他にも日本語、エストニア語、フィンランド語、ドイツ語、ヘブライ語、マオリ語、ウェールズ語などでも使用されている名前です。 Luke 読み方:ルーク 由来:ラテン語 意味:光、光を運ぶもの、ルカニア(南イタリア)から来た イギリス・イングランドとウェールズでは、人気の男の子の名前ランキングに2005年に13位、2008年には25位にランクインした名前です。 「Luther(ルーサー)」の愛称・ニックネームとして使用されることもあります。 有名なキャラクターでは「スター・ウォーズ」に登場するルーク・スカイウォーカーなど。 Matthew 読み方:マシュー 由来:ヘブライ語 意味:神の贈り物、ヤハウェからの贈り物 ヘブライ語で「ヤハウェからの贈り物」を意味するヘブライ語「Matityahu」に由来しています。 愛称・ニックネームは「Matt(マット)」や「Matty(マティ)」。 イギリスやオーストラリア、カナダ、アメリカなどで人気の男の子の名前TOP1000に入る、英語圏で人気の高い名前です。 Michael 読み方:マイケル 由来:ヘブライ語 意味:誰が神のようですか?、謙遜した、つつましい 旧約聖書や新約聖書などでは「大天使聖ミカエル(Saint Michael)」として登場している名前です。 アメリカでは20世紀最も人気のある名前で、1954年から1998年まで1位を獲得しました。 (1960年を除く) 名前ランキング 81位〜90位 81. Caleb 読み方:ケイレブ 由来:ヘブライ語 意味:犬、大胆な、勇敢な、忠実な ヘブライ語で「犬」を意味する言葉に由来しており、「神への献身」や「神への忠誠心」の象徴でもあります。 有名なキャラクターでは「プリティ・リトル・ライアーズ」に登場するケイレブ・リバースなど。 Connor 読み方:コナー 由来:アイルランド語 意味:オオカミの恋人、猟犬の恋人 アイルランド語で「オオカミの恋人」を意味する「Conchobhar」に由来している名前です。 「Conchobhar」はアイルランドのアラスター伝説のアラスター王の名前でもあります。 「Conor」「Conner」「Konnor」というスペルで綴られることも。 Elliott 読み方:エリオット 由来:英語 意味:ヤハウェは神である、主は私の神 苗字としても使用される名前です。 ヘブライ語の「私の神はヤハウェ」という意味を持つ名前「Elijah(イライジャ)」より派生しました。 「Elliot」「Eliot」「Elliotte」「Eliott」「Elyot」などというスペルで綴られることもあります。 Baby 読み方:ベイビー 由来:英語 意味:赤ちゃん 男性女性共に使用される男女兼用の愛称です。 幼い子供を意味するラテン語の言葉「Bambi」にも由来しています。 両親が名前をまだ決めていない時、出生証明書に「Baby」と記載されることがあるため、こちらが統計に入ってくることもあるそうです。 有名なキャラクターでは、1987年のアメリカ映画「ダーティ・ダンシング」のフランシス(ベイビー)・ハウスマンなど。 歴史上でこの名前が記された最も古い記録は、紀元前5世紀のスパルタ王・レオンだと言われています。 イギリス、ノルウェー、スウェーデン、クロアチア、スロベニアなど、ヨーロッパで人気の高い名前です。 Jamie 読み方:ジェイミー 由来:スコットランド語、ヘブライ語 意味:後釜、取って代わる 男性、女性共に使用される男女兼用の名前です。 「後釜」などを意味する名前「James(ジェイムズ)」という名前の愛称・ニックネームとして生まれました。 著名人では、アメリカの俳優ジェイミー・フォックスなどがいます。 Grayson 読み方:グレイソン 由来:英語 意味:管理人の息子、給仕係の息子、料理人の息子 苗字としても使用されることの多い名前です。 中英語(1066年のノルマン・コンクエストから15世紀後半頃まで使用されていた英語)で「料理人」や「執事」「管理人」「世話役」「給仕係」などを意味する言葉「greyve」に由来しています。 Nathan 読み方:ネイサン 由来:ヘブライ語 意味:神の恵み、与えた ヘブライ語で「彼は与えた」を意味する名前「Natan」に由来している名前です。 旧約聖書では、ダビデ王の治世中の時の預言者として登場します。 「Nathaniel(ナサニエル)」の愛称・ニックネームとしても使用されます。 Ellis 読み方:エリス 由来:ウェールズ語、英語 意味:主は私の神、ヤハウェは神である ウェールズ語と英語の2つの起源を持つ、苗字としても使用される男女兼用の名前です。 ウェールズ語では「親切な」「慈悲深い」「寛大な」などの意味もあります。 苗字としては、1202年にイギリスのリンカンシャーで最初に記録されました。 Stanley 読み方:スタンリー 由来:英語 意味:石の多い野原、スタンリーから 苗字としても使用される名前です。 またイギリスの都市である「スタンリーから」という意味を持つこともあります。 名前ランキング 91位〜100位 91. Finn 読み方:フィン 由来:アイルランド語 意味:白、妥当な、公正な 「白」や「公正な」を意味する、アイルランド語由来の名前です。 「フィンランドから来た男」という意味を持つことも。 あまり多くはありませんが、女性の名前に使われることもあります。 Elliot 読み方:エリオット 由来:ヘブライ語 意味:ヤハウェは神である 苗字としても使用され、女性に使われることもある名前です。 「私の神はヤハウェ」という意味を持つ名前「Elijah(イライジャ)」のイギリスバージョンでもあります。 「Eliot」「Elliotte」「Elliott」「Eliott」「Elyot」などのスペルで綴られることも。 有名なキャラクターでは、1982年のアメリカ映画「E. 」の主人公エリオットなどがいます。 Albert 読み方:アルバート 由来:ゲルマン語 意味:高貴な、気高い、上品な、輝く、明るい 「高貴な」という意味を持つ「adal」と「輝く」を意味する「beraht」という単語を含む、ゲルマン語の「adalbert」から派生している名前です。 中世のドイツの王族の中では一般的な名前で、ノルマン人によってイギリスに伝わりました。 イギリスでは17世紀には珍しくなりましたが、19世紀にイギリスの女王・ヴィクトリア女王が、アルバートという名前の男性と結婚したことで再び流行しました。 旧約聖書ではモーセの兄として登場しています。 12世紀以降イギリスで少しずつ広まり、20世紀の終わり頃から英語圏で一般的に使用されるようになりました。 旧約聖書では、大天使聖ガブリエルとして登場しています。 Cameron 読み方:キャメロン 由来:スコットランド語 意味:曲がった鼻 北米、イギリス、オーストラリアで人気の男女兼用の名前です。 スコットランドの苗字「Cameron」に由来しています。 愛称・ニックネームは「Cam(キャム)」「Cammy(キャミー)」など。 Ben 読み方:ベン 由来:ヘブライ語 意味:息子、右腕の息子、祝福された、神聖な 「右腕の息子」という意味の「Benjamin(ベンジャミン)」、「祝福された」という意味の「Benedict(ベネディクト)」、「Benの息子」という意味の「Benson(ベンソン)」…。 これらの名前の短縮形・愛称として使用されることも多い名前です。 著名人では。 アメリカの俳優ベン・スティラー、イギリスの俳優ベン・ウィショーなど。 Dexter 読み方:デクスター 由来:ラテン語、英語 意味:右利き、服や布の染色業者 苗字としても使用されることも多く、2つの起源・由来を持ちます。 1つ目の由来はラテン語で「右利き」を意味する言葉「dexterous」から、そしてもう1つは古英語で「服や布を染める仕事をする人」を意味する職業由来の苗字です。 有名なキャラクターでは、海外ドラマ「デクスター 警察官は殺人鬼」の主人公デクスター・モーガンなど。 Oakley 読み方:オークリー 由来:英語 意味:オークの木、開拓地、草地 苗字としても使用される男女兼用の名前です。 イギリスの南部・中央部にある数多くの場所の地名に由来することもあり、また「オークの木のように力強い男性」という意味を持つこともあります。 100. Eli 読み方:イーライ 由来:ヘブライ語 意味:登る、上がる、高い、上昇 苗字としても使用される男女兼用の名前です。 ヘブライ語の「高い」という意味の言葉「aly」に由来しています。 旧約聖書ではユダヤの民族的指導者、祭司として登場します。 女性の場合は「Elizabeth(エリザベス)」「Eriana(エリアンナ、エリアナ)」の短縮形・愛称としても使われます。 まとめ 今回は「イギリスで人気のかっこいい男性の名前」を、意味や由来、愛称、読み方などを合わせてランキング形式でご紹介させていただきました。 他にもイギリスで人気の女の子の名前や、ヨーロッパで人気の名前などもまとめています。 よければこちらもご覧頂けると嬉しいです。

次の