足立区 給付金 ツイッター。 歩きながら通話もダメ ながらスマホ、足立区で禁止条例:朝日新聞デジタル

歩きながら通話もダメ ながらスマホ、足立区で禁止条例:朝日新聞デジタル

足立区 給付金 ツイッター

東京都(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 東京都(補助金・助成金・融資情報)• 東京都(都と23区)の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 東京都• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 世田谷区• 渋谷区• 杉並区• 荒川区• 板橋区• 葛飾区• 江戸川区•

次の

東京23区10万円定額給付金はいつ届く?各区の進捗状況・問い合わせ先とツイートまとめ

足立区 給付金 ツイッター

れん 10万円給付金いつ入金される? 10万円給付金いつ入金されるかは、各市町村のHPに記載があります。 検索としては 「市町村名+10万円給付」 「市町村名+特別給付金」 などで1位か2位に出てくることでしょう。 当サイトでも人口トップ10の都道府県について一覧で見られるように調べましたので是非参考にしてください。 都道府県人口ランキング順 人口1位:東京 東京最速は、HP記載上はなんと意外にも足立区!オンライン申請なら11日から。 江戸川区12日の報告もツイッターでありました。 人口2位:神奈川 神奈川県最速はHP記載上は松田町の5月12日。 人口3位:大阪 大阪府最速は、千早赤阪村の5月15日、と思われます。 泉南市も15日に途中でHP記載を修正していました。 人口4位:愛知 愛知県最速は、大府市は予定を変更しての郵送・オンラインとも5月14日から振込開始とのこと。 また、ニュースになったのが、豊根村にて職員が5月19日直接お宅を訪れて手渡ししたことが話題に。 お年よりが多い村なので臨機応変にこのようにしたようです。 人口5位:埼玉 埼玉県最速は、HP記載上は、「久喜市」「鳩山市」の5月7日からというもの。 人口が2番目に多い川口市で13日という情報もあり。 人口6位:千葉 千葉県最速は、HP記載上は鎌ケ谷市のオンライン申請での5月12日となります。 人口7位:兵庫 兵庫県最速は、南あわじ市の5月1日です。 人口8位:北海道 北海道最速が全国最速となります。 東川町で4月30日! ちなみに九州最速は、熊本県高森町と産山村の今5月1日だよ!田舎と都会を比較しちゃだめよ!私もまだ届いてないから! 人口10位:静岡 静岡最速は、HP記載上は菊川市ですがニュース等裏は取れず。 ツイッターの報告等あるのは、15日から振込開始の 「三島市」「御殿場市」「袋井市」「伊豆の国市」「賀茂郡函南町」「駿東郡清水町」 人口11位:茨城 茨城最速は、オンライン申請分、笠間市の5月1日です。 全国最速はいつ?どこ? 以上にありますように、 全国最速は北海道東川町の4月30日であります。 その他、早かったのは5月1日の熊本県高森町と産山村。 茨城県笠間市の5月1日、兵庫県南あわじ市の5月1日等が目立ちます。 全国人口ランキングトップ12位以下は割愛していますが、最速が東川町なのはニュースになっているので間違いないかと思われます。 やはり人口が少ない自治体で、かつ役所のやる気が高いところが早いのが分かります。 それでも大都市であっても7日の北九州市など非常に早いところもあります。

次の

新都知事に求めるのは「10万円、早く振り込みを...」 30人に聞いた「困りごと」: J

足立区 給付金 ツイッター

やはりと言うべきか、新宿区が図抜けている。 新宿と言えば歌舞伎町。 テレビのニュース・情報番組を中心に強い関心が集まっているが、そうした現状が数字でも裏付けられたわけだ。 ならば新宿区は、こうした状況を、どう広報しているのだろうか。 公式サイトを閲覧すると、まず赤字で書かれた《特別定額給付金について(別ページへ移動)》という文字が目に入る。 一方、特別定額給付金に負けず劣らず関心があるはずの《区内感染の公表について》は、保育施設や特別養護老人ホームで発生したクラスター感染の状況を公表しているに過ぎない。 要するに、新宿区の居住者など、新型コロナウイルスに感染した1056人のリアルな状況を伝える資料は何もないと言っていい。 世田谷区も公式サイトで感染者数を発表している。 7月14日現在、陽性者の累計は624人に達し、退院や療養期間を経過した患者数は507人、そして亡くなった方は18人にのぼったことが分かる。 だが、根本は新宿区と変わらない。 中野区も似たようなものだ。 ならば東京23区のうち、詳細な公表を心がけている自治体は、どこになるのだろうか。 23区の中で、かなり努力している1つが、足立区だ。 上でご覧いただいた7月10日現在の表には顔を出していないが、累計感染者数は213人で13位。 これは東京都における累計感染者のうち約3%を占める。 足立区の公式サイトを見てみると、最初にリンク先が紹介されているのは《毎日更新》と明記された《区内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況》だ。 クリックすると、感染者に番号が付いているのが目に飛び込む。 7月14日現在、リストのトップに表示されているのは《264》だ。 項目を見ると、《診断日》は《7月13日》、《居住地》は《区内》となっている。 もし《区外》だった場合は、勤務先や学校などが区内にあるということを意味している。 年齢は40代で、性別は男性。 症状は《発熱》と書かれている。 《回復・死亡》という欄もあるが、ここは空欄だ。

次の