兵どもが夢の跡。 W1SAで往く『兵どもが夢の跡』〜群馬県山名城〜│単車倶楽部

八ヶ岳、諏訪郡原村のペンションは、兵どもが夢の跡でした

兵どもが夢の跡

なつくさや つわものどもが ゆめのあと 元禄2年(1689年)「おくのほそ道」の旅における句。 芭蕉は、江戸を発って44日目にして、奥州平泉に着く。 前日から一関に宿をとり、その5月13日(新暦6月29日)、源義経の居館「高館」に昇って眼下に広がる地形を見やった。 そして、義経が自害して果てた500年前の文治5年(1189年)閨4月30日に思いを馳せながら、杜甫の「春望」に感じて涙を流した。 前日は激しい雨が降ったというから、北上川は水量も増していたかもしれない。 雨は上がっており、夏草はキラキラと輝いていただろう。 以下、「おくのほそ道 平泉」より。 三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。 秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。 先高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。 衣川は和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落入。 泰衡等が旧跡は、衣が関を隔て、南部口をさし堅め、夷をふせぐとみえたり。 偖も義臣すぐつて此城にこもり、功名一時の叢となる。 「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ。 夏草や兵どもが夢の跡 卯の花に兼房みゆる白毛かな なお、洒堂・正秀編「白馬集」(1702年)には、芭蕉真蹟を写したものだとして、「さてもそのゝち御ざうしは、十五と申はるの比、鞍馬の寺を忍び出、あづまくだりの旅衣、はるけき四国・西国も、此高館の土となりて、申ばかりはなみだなりけり。 旅士ばせを 夏草や兵共が夢の跡」と、十二段草子に拠った詞書がつく。 「御ざうし」とは源義経。 この寺は、嘉祥3年(850)慈覚大師の創建。 奥州藤原氏第2代基衡と第3代秀衡が再興した寺で、かつては中尊寺をしのぐほどの規模を誇った寺。 源頼朝の侵攻により秀衡は自害。 頼朝側についた第4代泰衡は頼朝に打たれ、その年9月3日に奥州藤原氏は滅んでしまう。 毛越寺は頼朝により、武門の祈願所として残されたが、嘉禄2年(1226)に炎上してしまったという。 その毛越寺の境内に、芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」の句碑が並んで立つ。 左側は、明和6年(1769年)碓花建立。 碓花とは、妙高山大光寺十四世・碓花坊也寥で、芭蕉の従甥にあたる。 平泉来訪の折、芭蕉の書を持参し、芭蕉真蹟の句碑を建立したという。 句碑には「夏草や兵共か夢の跡」。 右側は、文化3年(1806年)慈眼庵素鳥建立。 素鳥とは、平泉の俳人で中尊寺の僧である。 この副碑には「夏草やつはものともか夢の跡」と刻まれている。 なお、毛越寺の広大な境内は、世界遺産だけあってきれいに整備され、夏草も生えぬほどである。 今また脚光を浴びる史跡に、時の流れの面白みを感じる。

次の

兵どもが夢の跡

兵どもが夢の跡

夏草や兵どもが夢の跡 鉄筋コンクリートの鞘堂に覆われている。 兼て耳驚したる二堂開帳す。 経堂は三将の像をのこし、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。 七宝散うせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽て、既頽廃空虚の叢と成べきを、四面新に囲て、甍を覆て風雨を凌。 暫時千歳の記念とはなれり。 五月雨の降のこしてや光堂 を探すが、見当たらない。 金色堂の側にある土産物店で芭蕉の句碑の拓本を売っていた。 句碑はどこにあるのか、聞いてみると、「 五月雨の降り残してや光堂 」の句碑は鞘堂の側にあるということだ。 写真を撮るには、拝観料800円を払わなくてはいけないので、あきらめる。 駐車場近くのお店のわきに「 」の英訳碑があった。 The summer grass- It is all that's left of ancient warriors dreams 新渡戸稲造 (にとべいなぞう) による英訳だ。 新渡戸稲造は五千円札の顔。 盛岡市に生まれ。 東京女子大学初代学長。 花巻には花巻新渡戸記念館がある。 に向かう。 に戻る.

次の

夏草や兵どもが夢の跡

兵どもが夢の跡

八ヶ岳、諏訪郡原村のペンション村 仕事で長野県にある諏訪郡原村のとあるペンションへ行く機会がありました。 諏訪郡原村とは、ざっくりいえば八ヶ岳の南側の斜面の中腹で、白樺の木が立ち並ぶ山中、なんでも清里に代表するかつての「ペンションブーム」の走りともいえる場所だったそうです。 スポンサー広告 ペンションのイメージ もっとも、私はペンションと言われている類のホテルには泊まった経験がありません。 1960年代の生まれなので、まあぎりぎりその世代だとは思うのですが、その様子はただ想像するばかりです。 ざっくりと述べてみれば、脱サラして白亜のお城のようなペンションを開業した髭を生やしたオーナーと、エプロンを掛けて細かいことに気が付く優しそうな奥様との夫婦が経営する小ぢんまりとしたホテルといったイメージ、夕食にはオーナーがもてなすフランス料理のメニューがテーブルに並び、食後は宿泊者のみんなが集まり、暖炉を囲んでオーナーの弾くギターで歌を歌ったりゲームしたりして過ごす場所、みたいな感じではないでしょうか。 すみません、もちろん全部勝手なイメージです。 中古オーディオ、LD の買取依頼 今回の仕事は、30年以上経営したペンションを廃業するというオーナー様からの依頼でした。 談話室で使っていたオーディオ機器や、1,000枚を超えるであろうレーザーディスクを買い取ってほしいとの内容です。 中央自動車道を飛ばして、都心から出かけて行った私たちを出迎えてくれたのは、顔に深い皺を刻んだ人のよさそうな老夫婦でした。 お話を聞けば、少し前にご主人が大病を患い、今回ペンションの廃業を決心したということです。 実はここまでやって来る道中、このペンション郡の街に足を踏み入れた私たちは、その荒廃ぶりにただ唖然とするばかりでした。 冬から春に向かう頃でしたので、シーズン前には違いないのでしょうが、今の40代から50代の人が良く知る、いわゆるあの「ペンションブーム」の頃の街並みからは程遠い風景がそこにはありました。 兵どもが夢の跡 すでに30年以上経過した建物群は、間もなく朽ちると思えるほど古びでいるのに、その大部分が手直しされる様子はなく、道路沿いに見た10面はあろうかと思われるテニスコートは、錆びたフェンスに囲まれ草がぼうぼうと生えている有様でした。 まるで仕舞い忘れた露店が朽ちて並ぶ街、兵どもが夢の跡なのです。 人間が森林を切り開いて作り上げた街も、間もなく森に帰ろうとしているのではないかとさえ思えるほどでした。 ペンション街に入るの道路を横断する大きなアーチ、「ようこそ原村ペンションビレッジへ」の看板が、ひどく錆びているのが象徴的でした。 ブームが去った後に オーナーご夫婦によると、30年前のピーク時には、一年の間で宿泊の部屋に空きが出た日は2日程しかなく、ひっきりなしにかかってくる予約の電話を断って、どこか空いている他のペンションに回していたほどだったとのことです。 職種は違えど同じいちオーナーとしては、考えさせられることが山ほどあるお話しでした。 確かに建物を綺麗に整えて、まだまだ頑張っている他のオーナーさんのペンションも見当たりました。 しかし、その街全体の荒廃ぶりはもはや隠しようもなく、かつての盛況ぶりには程遠い現状であることは容易く想像できる状態だったのです。 楳図かずおさんの別荘 このペンションに来る途中で、壁が赤白の横縞模様で塗り分けられた、なんとも奇抜な家を見かけたました。 そのことをこのオーナー様に訪ねてみると、「あれは漫画家の楳図かずおさんの別荘ですよ」と教えてくれました。 なるほどと納得する私に、「昔はよくこの辺を歩いていたのに、今は見かけない」とぼそりと呟かれました。 今回の訪問の目的である、オーディオ機器類、LDの買取り、積み込み作業後に、奥さんが私たちに振る舞ってくれた手作りの苺ムースは驚くほどおいしく、紅茶の味も絶品でした。 オーナーご夫婦にお礼を言って引き揚げる道中、赤と白のコントラストの家の横を再び通り過ぎました。

次の