新 大久保 コロナ 影響。 未だ届かぬアベノマスク…東京・新大久保では怒濤の叩き売りが始まっていた なぜだ!?山積みされるマスクの箱

新型コロナで失業者の41万人増加が予想される

新 大久保 コロナ 影響

ネット上にとどまらず、新聞投書にも登場した。 有名バンド、氣志團の綾小路翔さんもツイッターで、特殊な状況下での卒業式を迎えた世代を応援する文脈で発信している。 ただ、言葉のイメージにはバラつきがある。 よく知られている「(就職)氷河期世代」を念頭に置いたような新卒・入社組を指す人がいるかと思えば、学生をイメージしたり、「(今後の到来を予想する)新ベビーブーム世代」といったニュアンスで使ったりしている。 利用される文脈も、同世代として連帯を呼びかける前向きなものから、一括(くく)りにして語られることに反発するものまで様々だ。 中学生から「私たち『コロナ世代』は... 」 2020年春の卒業式シーズンは、屋外形式にしたり、在校生抜きの式典にしたりと多くの学校で例年とは異なる形で行われており、中止になった学校もある。 2月末に安倍晋三首相が、3月初旬からの小中高校の一斉休校を要請したことを受けた措置だ。 朝日新聞の3月22日付朝刊(東京本社版)声欄には、 「『コロナ世代』 一歩を踏みしめて」 の見出しで、このほど卒業式を迎えた福岡県の中学生からの投書が載った。 新型コロナの影響で「短縮されてしまった」が、「一生忘れられない宝物」となったと報告。 突然の一斉休校要請の影響を受け、悲しくなる点もあったが、「一日一日を大切にしよう」と心から思うようになったとして、「全国の卒業生の皆さん」に呼びかけ、 「私たち『コロナ世代』は支え合いながら、明日への一歩を踏みしめていきましょう」 と締めくくっている。 こうした、「特殊状況下での卒業式」という共通の思い出を有する世代を「コロナ世代」と呼ぶ使い方は、ネット上でも見受けられる。 氣志團の綾小路翔さんも24日、小学校の卒業式を迎えた子供をもつ親からメッセージを求められ、 「もしかしたら『悲運のコロナ世代』とか『伝説の令和元年度卒業組』とか呼ばれるかもしれないね」 と、「コロナ世代」の表現を使って前置きし、 「これを経験した彼らヤング・ゼネレーションが、新しい時代を切り拓く。 未来は明るいね。 おめでとう」 と前向きな応援メッセージを贈った。 「氷河期世代」「ゆとり世代」... 他にも、様々な使われ方があるが、主な例をまとめると次のような傾向が伺える。 (以下の記載は、主な想定年代、理由、過去の類似表現の順。 改行してツイート例) (1)新卒・入社組。 コロナ騒動で内定取り消しにあったり、入社式や研修がなくなったりして社会人としての出発時点に不利な状況を経験。 「氷河期世代」風イメージ。 「(略)新入社員は研修とかどうすんのかな。 (略)社会人としての基礎を学ばずに育った末に、いずれこの世代がコロナ世代なんて呼ばれて... (略)」 (2)学校で勉強する小中高校生(授業が休みになっている大学生を含む場合も)。 一斉休校措置で授業数が減ったこと(及び休校長期化の可能性も視野に)で学力への影響を心配。 「ゆとり世代」風イメージ。 ただし、政府は春休み明け以降については、全国一斉休校要請の延長はしない(地域ごとの対応を求める)方針を示している(24日現在)。 「(略)休校期間延長になったら勉強が追いつかなくなる。 私たち学生が大人になって社会に出た将来、『これだからコロナ世代は... 』とか言われたら嫌だな」 (3)これから生まれてくる赤ちゃんたち。 外出自粛ムードや相次ぐイベントの中止を受け、今後赤ちゃんの出生数が増えるのではないか、と予想。 「ベビーブーム世代」風イメージ(日本の第1次ベビーブーム世代は「団塊の世代」=1947~49年生まれ=とも呼ばれる)。 「コロナで外出控える結果、カップル、夫婦は(略)ので出生率あがったりするかな。 コロナ世代とか、コロナベイビーとか言われたらかわいそうやなぁ」 以上のようなツイッター使用例は、一部は1月末頃から見受けられ、2月、3月と広がっている模様だ。 「恋や友情が始まるきっかけとなる!(たぶん)」 こうした「一括り」に対しては、 「(略)コロナ世代??やめてくださいね」 と反発したり、嫌がったりする反応も出ている。 一方で、特に「特殊状況下での卒業式」という共通の思い出を有する世代、という意味合いで使う人からは、 「(卒業生のみの)寂しい卒業式だったけどさ、(卒業生の)息子が大人になったら『お前もコロナ世代?誰も居ない卒業式だったよなw』なんて会話をするのかもしれない。 貴重な経験できたよな」 「卒業式無くなったコロナ世代で世の中盛り上げていこ!」 といった、前向きに受け止める声が多く寄せられていた。 中には、こうした共通の思い出が、 「恋や友情が始まるきっかけとなる!(たぶん)」 と予想する人もいた。

次の

新大久保の街にふたたび活気を コリアンタウンからコロナ禍にできること

新 大久保 コロナ 影響

新型コロナ対策で配布される「アベノマスク」こと、2枚の布マスクが、そろそろあなたの自宅にも届くはずだ。 が、これに先立ち妊婦に配られていた布マスクに、髪の毛混入などの不備があったと報じられている。 となると、やはり頼れるのは使い捨ての「不織布マスク」……? あるところにはあるのに、近所では売っていない。 そんなマスク事情に流通アナリストの渡辺広明氏が迫った。 *** 前回「コロナで続くトイレットペーパー品薄 試される民度…買い占め不要を数字で読み解く」記事で紹介したのは、トイレットペーパーの「供給量」は「消費量」に対して十二分にあり、だから買い占めは不要という話でした。 コロナウイルスの拡大前、アジア以外の国々では、一般の人はよほどの病気のとき以外、マスクを着ける習慣がなかったといいます。 それが一転、世界人口77億人がマスクを求める環境となってしまった。 世界のマスクの約半分が中国で作られていると言われますが、供給量は1日当たり約2億枚だそう。 となると、世界中にマスクが十分に行きわたることは考えにくいわけです。 こうした需要拡大により、中国では今、原材料である不織布「メルトブロー」の値段が高騰しています。 中国の通信社CNSが報じたところによれば〈医療用マスクの「心臓」といわれるメルトブロー式不織布の価格は10倍以上に跳ね上がった〉(3月27日)とのこと。 マスクを中国に頼る日本も、この影響をもろに受けています。 コロナ前に1枚あたり売価10円ほどだった中国製のマスクは、品質にもよりますが、いまや80〜100円で売らなければもとがとれなくなっている。 1箱50枚入りとすれば、4000〜5000円ほどにもなります。 3月末にスーパーマーケットチェーンの「イズミヤ」が、50枚入りマスクを税抜き3980円で販売し、「高すぎる」とネットで炎上していました。 税込み価格でいえば4378円。 なぜなのでしょうか。 「イスラム横丁」はもっと安い 掲載の(写真1)は、4月17日の金曜日に、新大久保を訪れたときに撮影したものです。 店先に並ぶのは50枚入りで「税込み3780円」や「税込み3800円」といった売価のマスクです。 それも一軒や二軒ではありません。 いわゆる韓流エリアとは別の「イスラム横丁」エリアには、税込みで3500円というものもありました(写真2)。 新大久保エリアに通う知人によれば、 「マスクは3月の終わりごろからちらほら売ってはいました。 新大久保に来る人ってだいたい決まっているから、売っている光景にも慣れちゃって、いまやわざわざ買う人はあまり見かけませんね」 だそう。 なぜ、新大久保エリアではマスクを売っているのか。 チェーン展開する小売り店と違って、高い売価で売っても批判されにくい、ということもあるでしょう。 ただ、それにしても安い。 中国からマスクを調達し、小売店に売るビジネスを行っているブローカー氏によると、売り先への卸値は1枚あたり33〜55円とのこと。 コロナ前には3〜10円だったといいますから、高騰のほどがよくわかります。 一方、新大久保のお店は、大手のチェーンと違う独自のルートで、卸しを介さずに仕入れられる。 中間マージンが浮く分、価格を安くできるわけです。 中国からのお達し もっとも、こうした状況は今後また変わってくるかもしれません。 3月末、中国製のコロナ検査キットが粗悪品だとして、輸入したスペインが約5万8000個を返品する騒動がありました。 そのため、先のブローカー氏によると、4月18日付で、中国はマスク輸出の取り締まりを厳しくしたそう。 〈「医療用」といえるか否か、基準を明確にし、そうでなければ「非医療用」と包装に明記しなくてはならない〉〈メーカー名や生産日などの情報は包装に印刷しなくてはならない(シールでの後付けはNG)〉といったルールの厳格化のお達しがあったといいます。 今後の輸出に影響するため、粗悪品は輸出しないという、中国共産党の決意の現れでしょう。 〈包装は小売りのできる形で〉というのも新たなルールです。 こうなるとバルク包装、つまり先の(写真2)のような簡易包装で中国から仕入れることもできなくなります。 包装がしっかりすると、そのぶんモノの容積は増える。 「輸送時に積み込める量が減り、コストアップにつながります」と先のブローカー氏は嘆いていました。 となるとそのコストは、売価にも反映されます。 日本ではシャープなど、マスクの生産を始めた企業があります。 シャープは4月21日から、個人に向けてネット販売も始めました(50枚で税抜き2980円、別途660円の送料)。 こうした新たな生産体制があるから安心だ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本国内生産の一日当たりの供給量は推定650〜850万枚です。 これとは別に、ソフトバンクが中国の自動車メーカーBYDと連携し、医療現場を中心に1日1000万枚を5月から供給すると発表しています。 それでも日本の人口は1億2596万人ですから、やっぱり品不足は続きそうです。 ここまで見てきたように、使い捨てマスクの価格高騰は、日本ではコントロール出来ないため、やむを得ません。 医療従事者など、使い捨てできる不織布マスク不足に困っている人は多いです。 いろいろ言われても、一般人は、使い捨てから布マスクにシフトするべきかもしれません。 渡辺広明(わたなべ・ひろあき) 流通アナリスト。 株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。 現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年4月22日 掲載.

次の

未だ届かぬアベノマスク…東京・新大久保では怒濤の叩き売りが始まっていた なぜだ!?山積みされるマスクの箱

新 大久保 コロナ 影響

筆者撮影 韓国コスメショップで天井近くまで大量に山積みされたマスク - 筆者撮影 そんな中、東京都新宿区の大久保通りには、マスクが売られている。 それも大量にだ。 一体どこからマスクを仕入れているのだろうか。 筆者は東京のコリアタウン・新大久保に行き、マスクを売っている人たちに話を聞いてきた。 若い女性や外国人で普段はにぎわっている大久保通りが、今日は寂しいくらい歩きやすい。 はやりのグルメや韓国コスメ、韓流グッズなど、観光地としても名高い新大久保の売りはいくらでもあるはずだが、今は何よりもマスクが目玉商品だ。 薬局はもちろんのこと、コスメショップ、韓流ショップ、韓国料理店、スーパー、タピオカ店まで、店頭にマスクがおかれている。 韓国コスメショップで山積みになったマスクをまじまじと眺めていると、店員の韓国人とみられる女性に声をかけられた。 「お姉さんのマスク、ちょっと薄いよ。 買っていきなよ」とオススメされたのは、ウイルス99%カットと明記された1箱50枚入り3800円のマスク。 「一番売れているのはコレよ。 今日は段ボール3箱分もまとめ買いした人がいたね。 会社で使うって。 売れ行きはさぞ伸びているのだろう。 と思いきや、実はそうでもないという声が聞こえてきた。 「今日の売れ行きは良くないよ。 置いてある在庫の10%も売れてない。 土日も暇だった。 24日の金曜までは売れてたんだけど」 別の店のバングラデシュ人の男性は、ため息混じりにそう教えてくれた。 その店はカバンなどを取り扱っているらしいが、店頭にはズラリとマスクの箱が並んでおり、ぱっと見「マスク屋」だ。 バングラデシュ人の男性はもともと渋谷のお好み焼き屋さんで働いていたそうだが、コロナの影響で店が休業し、失業してしまった。 - 筆者撮影 「ここは貸店舗なので、一日3万円の家賃を払っている。 ただ人通りもほとんどなくて何も売れない。 赤字だよ。 3カ月前に貸店舗を予約した時は、こんなことになると思ってなかったよ。 マスクは、何か売れる商品を入れなきゃと思って、社長が急遽 きゅうきょ 中国から入手したんだ。 マスク需要にすがりつくも、在庫が残ってしまう事態に直面していた。 とある韓流ショップでも「23日の木曜までは、256個も売れてたのに、今日は4つしか売れていない」と、マスクの売上数の記録を見ながらその差に落胆していた。 大久保通りを一周してみると、供給過多の予兆さえ感じる。 需要のピークは過ぎたのだろうか。 どの店も購入個数に制限はなく、なかにはフェイスパックのプレゼント付きとアピールする店や、1箱3600円から3000円に値下げをしている店があった。 だが、マスク販売はもはや商売のためだけはないようだ。 筆者撮影 3600円から3000円に大幅値下げしたマスク。 - 筆者撮影 店の入り口に「マスクあります」と手書きの張り紙を掲示する韓国料理店。 いわく2日前からマスク販売を始めた。 だが、店員の韓国人の男性は「これで利益を出そうとしているわけじゃないよ。 欲しい人がいるから販売している」と話す。 しかし責任者である日本人男性も「利益はほぼない」と話す。 「みんなマスクがなくて困っているじゃない? 仕入先から『1箱4500円にして店頭で売っていいよ』って言われたんだけど、3500円にしている。 利益は1個あたり100円か200円くらいで、ほぼないよ。 気持ちとしてはもっと安くしたいくらい。 でも安すぎると転売されるかもしれないから。 今はネットで3200円くらいみたいだし、相場を調べて値段決めているよ」 コスメショップの男性は、マスクを手に取りながら入荷までの苦労を語ってくれた。 「中国製なんだけど、検査証もついてるからね。 本当は日本製を入荷したかったけど、選べる立場じゃなかった。 2月から探してはいたんだけど、全然手に入らなくてね。 何十年も付き合っている問屋にお願いしたら、最低注文700万円からって言われちゃってさ。 とはいえ、店はギリギリの経営状況のようだ。 「今月の売り上げは前年から9割落ちたよ。 ある程度は覚悟できていたけどこの状態が、6月以降も続いたら、店を続けられる自信ない。 一度休業しようと思ったけども、お客さんが顔を出してくれたのに、店が閉まっていたら、もう来てくれなくなるでしょ。 コロナが収束したら『新大久保でマスク買ったから』ってまた遊びに来てほしいね」 実際に、他県の人や医療関係者がマスクを求めて店に訪れているという。 マスクが手に入らない人にとっては、新大久保は貴重な入手場所になっている。 筆者撮影 新大久保の多くの店は個数制限を設けていない。 - 筆者撮影 ただ、新大久保というエリアは複雑だ。 とある店舗で店長に取材を断られた時に、同店でアルバイトをしている韓国人男性がポロッと口にした言葉が、印象に残っている。 韓国人が転売しているって日本人に勘違いされたら嫌だから」 たしかに、マスク転売による買い占め行動などは社会的に問題となり、政府も対応に乗り出している。 そしてマスクの転売ヤーたちを非難する声が日本中にあふれている。 輸入元など聞かせてくれた新大久保のひとたちは問屋から仕入れている人しかいなかったが、マスクを売ることが差別や偏見の火種になりかねないと恐れる韓国人店主や店員の気持ちは、インターネット上にあふれるヘイトスピーチを見ていれば理解できる。 この取材から、マスク不足よりも根深い、日本の問題を突きつけられた気がした。 (フリーライター ツマミ 具依) 外部サイト.

次の