作り置き冷凍。 お弁当には作り置きの冷凍おかず!便利で美味しいおすすめレシピ12選!

作り置きより簡単!? 肉の「下味冷凍」レシピ。そのままゆでる・焼く・煮るだけでOK

作り置き冷凍

食材自体の水分が多かったり、水分が抜けやすい食材が入ったおかずは冷凍保存に向いていません。 ただ、工夫次第で冷凍出来るおかずもあります。 具体例としては以下の通りです。 ・卵焼き ・ゆで卵 ・肉じゃが ・ぶり大根 ・ポテトサラダ ・竹輪の磯辺焼き 卵焼きやゆで卵は冷凍保存すると中身がスカスカになってしまいます。 肉じゃがはお肉部分は問題無いですが、じゃがいもは冷凍するとボソボソした食感になります。 ぶり大根も同様に魚は問題無いですが、大根は冷凍すると繊維ばかりが際立つ食感になります。 ポテトサラダはきゅうりやハムなどの具材から水分が出てべちゃっとした食感になります。 マッシュポテト部分のみであれば冷凍出来ますが、かなり細かく潰さないとボソボソして美味しくありません。 竹輪の磯辺焼きは食感がかなり固くなります。 練り物は全て同様のことが言えるので注意しましょう。 竹輪の作り置き冷凍おかずを作る場合は、小さめにカットしてサブ食材として使うのがおすすめです。 子供に人気なミートボールを照り焼きにすることで冷めても美味しく食べられます。 お子さんだけではなく、大人用のお弁当にもおすすめです。 手間がかかるイメージのシュウマイですが手軽に作ることが出来ます。 市販品よりも安く大量に作ることが出来るのでコスパも良いですよ。 使用する機種や容器によって差が出るので、様子を見ながら加熱して下さいね。 こちらは野菜もたっぷり摂れる栄養満点のレシピです。 食べづらい野菜も肉と混ぜることでお子さんも食べやすくなりおすすめです。 多めに作っておくと色々な料理が楽しめますよ。 好き嫌いも多い幼稚園生・小学生のお弁当は、色合いも単調になりがちですね。 そんな時におすすめなのがこちらの副菜です。 甘く煮たニンジンは食べやすく子供にも人気で、お弁当に彩りも添えてくれます。 鶏肉料理だとシンプルな唐揚げを冷凍作り置きしても良いですが、こちらも味噌とマヨネーズの旨味でご飯が進む1品です。 こってりしがちなつくねも、梅干しとしそを合わせるとさっぱり食べられます。 梅干しなどが嫌いでなければ、幼稚園生や小学生のお弁当にもおすすめです。 プロセスチーズと比べるとナチュラルチーズは溶けやすいので、しっかり包むと良いでしょう。 冷凍作り置きする場合シンプルに塩で焼いた魚も美味しいですが、西京漬けにすると風味も良くご飯との相性も最高です。 ただ、味噌が非常に焦げやすくくっつきやすいので弱火で様子を見ながら焼きましょう。 たっぷりのきのこを使うことで風味と食感を楽しめる1品です。 豚肉も使うのでメインのおかずになりますが、きのこのみを使って副菜にしても良いですね。 一般的なあんかけ入りの春巻きも美味しいですが、甘みのあるカボチャを入れても美味しく食べられます。 サイズを小さくすれば大人だけでなく幼稚園生・小学生のお弁当にもおすすめです。 揚げ焼きする前の状態で冷凍して、お弁当に詰める前に加熱しても良いですね。 おかずに合った手順で冷凍することで、解凍や解凍後の調理もスムーズに出来ます。 具体的な手順としては以下の通りです。 1、おかずは粗熱が取れるまで冷ます 2、煮物やソース付きのおかずなど小分け出来るおかずはカップに分ける 3、揚げ物や焼き魚などサイズが大きいおかずは、バットにクッキングシートを敷き間隔を空けて並べる 4、2は蓋付きの容器にまとめて入れて冷凍保存する 5、3はアルミホイルで覆って冷凍し、凍ったら蓋付きの容器又はジッパー付きの袋に移し冷凍保存する バットにクッキングシートを敷いて間隔を空けて冷凍することでおかずがくっつくのを防ぐので、蓋付き容器に移す際に失敗しません。 多めに作り置きした場合はジッパー付きの袋を使うとかさばらないので便利ですよ。

次の

作り置きより簡単!? 肉の「下味冷凍」レシピ。そのままゆでる・焼く・煮るだけでOK

作り置き冷凍

初心者さんでもできる作り置き&下味冷凍 育休から職場復帰し、平日の夜ごはん作りをを時短にするために週末に4つのことに取り組んでいます。 それは 「まとめ買い」、 「作り置き」、 「下味冷凍」、 「半調理」です。 これらについて、いつも多くの質問をいただくので、わが家のスタイルとなぜこの4つが良いと思っているかをお伝えします。 まず用語について個人的な解釈をお伝えします。 まとめ買い…食料品を計算して買い込む• 作り置き…料理(完成品)を前もって作って冷蔵しておくこと• 下味冷凍…肉や魚、野菜に調味料を合わせて冷凍保存しておくこと(調理直前の状態)• 一週間の夕食の構成• 月曜日…作り置きしたものを食べる• 火曜日…作り置きしたものを食べる• 水曜日…作り置きしたものを食べる• 木曜日…作り置き&下味冷凍したものを食べる• 金曜日…下味冷凍したものを調理して食べる• 週の後半は旦那の予定や私の体力ゲージにより流動的なため、下味冷凍が活躍!万が一平日に食べきれなくても、土曜日や翌週にスライドできるのも下味冷凍の魅力です。 たまには外食したいという誘惑には無理して我慢せず、好きなタイミングで手を抜けるようにしているのもポイントです。 冷凍と下味冷凍はどう違う? そのまま冷凍 買ってきたスーパーのお肉や魚をそのまま冷凍してしまうと家庭用の冷凍庫では急速冷凍ができずに、冷凍している間に食品がダメージを受けてしまい味や風味が損なわれることがあるそうです。 下味冷凍 ダメージの原因である「水分」を冷凍前に調味料を使うことによって食品の外に出す=ダメージが減らせる、ということになります。 これにより普通に冷凍するよりおいしい状態で冷凍ができると思っています。 下味冷凍のメリット• 冷凍で細胞は多少こわれるため、下味をつけて冷凍することにより中まで味が入りこみ調味料が少なくてすむ。 おいしくできるので減塩につながる• 冷凍中の乾燥が防げる• 下ごしらえがすんでいるので、調理時間が短縮できる• なので 「お肉を冷凍保存するなら味付けまで!」が私のルールになりました!冷凍焼けしにくく、おいしいです。 わが家の夕食スケジュール 日曜日の場合• 16:30 夫帰宅 同じメニューを温めるだけ 毎食毎食作るのとは違い、ゴミが毎日出ないのもメリットです。 調理器具の洗い物も少ないので、台所に立つ時間は大幅に短縮できます。 節約にも効果抜群 10分程度で 1人前250円前後の夕食構成になっています。 ここ2年くらいずっと価格はブレていません。 作り置き生活は2年程度ですが、手際も良くなり家族の好きなメニューも把握できてきて、夕食作りを短縮しながらみんなが満足するご飯を作れています。 また、自分がテンション上がる食器類を持っておくのも作り置きが続くポイントだとも思っています。

次の

夕食を時短&節約する作り置きと下味冷凍のコツ。週末の準備が肝心!

作り置き冷凍

食材自体の水分が多かったり、水分が抜けやすい食材が入ったおかずは冷凍保存に向いていません。 ただ、工夫次第で冷凍出来るおかずもあります。 具体例としては以下の通りです。 ・卵焼き ・ゆで卵 ・肉じゃが ・ぶり大根 ・ポテトサラダ ・竹輪の磯辺焼き 卵焼きやゆで卵は冷凍保存すると中身がスカスカになってしまいます。 肉じゃがはお肉部分は問題無いですが、じゃがいもは冷凍するとボソボソした食感になります。 ぶり大根も同様に魚は問題無いですが、大根は冷凍すると繊維ばかりが際立つ食感になります。 ポテトサラダはきゅうりやハムなどの具材から水分が出てべちゃっとした食感になります。 マッシュポテト部分のみであれば冷凍出来ますが、かなり細かく潰さないとボソボソして美味しくありません。 竹輪の磯辺焼きは食感がかなり固くなります。 練り物は全て同様のことが言えるので注意しましょう。 竹輪の作り置き冷凍おかずを作る場合は、小さめにカットしてサブ食材として使うのがおすすめです。 子供に人気なミートボールを照り焼きにすることで冷めても美味しく食べられます。 お子さんだけではなく、大人用のお弁当にもおすすめです。 手間がかかるイメージのシュウマイですが手軽に作ることが出来ます。 市販品よりも安く大量に作ることが出来るのでコスパも良いですよ。 使用する機種や容器によって差が出るので、様子を見ながら加熱して下さいね。 こちらは野菜もたっぷり摂れる栄養満点のレシピです。 食べづらい野菜も肉と混ぜることでお子さんも食べやすくなりおすすめです。 多めに作っておくと色々な料理が楽しめますよ。 好き嫌いも多い幼稚園生・小学生のお弁当は、色合いも単調になりがちですね。 そんな時におすすめなのがこちらの副菜です。 甘く煮たニンジンは食べやすく子供にも人気で、お弁当に彩りも添えてくれます。 鶏肉料理だとシンプルな唐揚げを冷凍作り置きしても良いですが、こちらも味噌とマヨネーズの旨味でご飯が進む1品です。 こってりしがちなつくねも、梅干しとしそを合わせるとさっぱり食べられます。 梅干しなどが嫌いでなければ、幼稚園生や小学生のお弁当にもおすすめです。 プロセスチーズと比べるとナチュラルチーズは溶けやすいので、しっかり包むと良いでしょう。 冷凍作り置きする場合シンプルに塩で焼いた魚も美味しいですが、西京漬けにすると風味も良くご飯との相性も最高です。 ただ、味噌が非常に焦げやすくくっつきやすいので弱火で様子を見ながら焼きましょう。 たっぷりのきのこを使うことで風味と食感を楽しめる1品です。 豚肉も使うのでメインのおかずになりますが、きのこのみを使って副菜にしても良いですね。 一般的なあんかけ入りの春巻きも美味しいですが、甘みのあるカボチャを入れても美味しく食べられます。 サイズを小さくすれば大人だけでなく幼稚園生・小学生のお弁当にもおすすめです。 揚げ焼きする前の状態で冷凍して、お弁当に詰める前に加熱しても良いですね。 おかずに合った手順で冷凍することで、解凍や解凍後の調理もスムーズに出来ます。 具体的な手順としては以下の通りです。 1、おかずは粗熱が取れるまで冷ます 2、煮物やソース付きのおかずなど小分け出来るおかずはカップに分ける 3、揚げ物や焼き魚などサイズが大きいおかずは、バットにクッキングシートを敷き間隔を空けて並べる 4、2は蓋付きの容器にまとめて入れて冷凍保存する 5、3はアルミホイルで覆って冷凍し、凍ったら蓋付きの容器又はジッパー付きの袋に移し冷凍保存する バットにクッキングシートを敷いて間隔を空けて冷凍することでおかずがくっつくのを防ぐので、蓋付き容器に移す際に失敗しません。 多めに作り置きした場合はジッパー付きの袋を使うとかさばらないので便利ですよ。

次の