豚 キムチ 人気 レシピ。 キムチを使って作るアレンジレシピ

豚キムチチャーハン byコウケンテツさんの料理レシピ

豚 キムチ 人気 レシピ

豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。 キムチは粗く刻んで汁もとりおく。 キムチを切るときに出た汁も使う。 「この汁はうまみのもと。 野菜の栄養も溶け込んでるので、買うときに入れてもらってぜひ料理に使って」。 フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉、キムチを汁ごと加えて炒める。 豚肉にこんがりがついたらご飯をほぐしながら加えて炒める。 ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1をから回し入れて全体にからめる。 にら、いりごまを加えて混ぜ、塩、こしょうで。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の

豚キムチのレシピと作り方 -- 韓国の変らない人気メニュー。

豚 キムチ 人気 レシピ

豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。 キムチは粗く刻んで汁もとりおく。 キムチを切るときに出た汁も使う。 「この汁はうまみのもと。 野菜の栄養も溶け込んでるので、買うときに入れてもらってぜひ料理に使って」。 フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉、キムチを汁ごと加えて炒める。 豚肉にこんがりがついたらご飯をほぐしながら加えて炒める。 ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1をから回し入れて全体にからめる。 にら、いりごまを加えて混ぜ、塩、こしょうで。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の

豚キムチのレシピ/作り方:白ごはん.com

豚 キムチ 人気 レシピ

豚肉は2cm幅に切り、塩、こしょう各少々をふる。 キムチは粗く刻んで汁もとりおく。 キムチを切るときに出た汁も使う。 「この汁はうまみのもと。 野菜の栄養も溶け込んでるので、買うときに入れてもらってぜひ料理に使って」。 フライパンにごま油大さじ1を熱し、豚肉、キムチを汁ごと加えて炒める。 豚肉にこんがりがついたらご飯をほぐしながら加えて炒める。 ねぎを加えてさっと炒め、しょうゆ大さじ1をから回し入れて全体にからめる。 にら、いりごまを加えて混ぜ、塩、こしょうで。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。

次の