は だ おもい オーガニック コットン。 オーガニックコットンとは

ソフィ はだおもい オーガニックコットン 特に多い昼用 羽なし 23cm ( 16枚入 )/ ソフィ ( 生理用品 ) :4903111300419:爽快ドラッグ

は だ おもい オーガニック コットン

オーガニックコットンって何?その定義とは そもそもオーガニックコットンとは何かについては、オーガニックコットン協会により厳密に定義がされています。 オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。 (引用:NPO法人 日本オーガニックコットン協会) 通常、綿花の栽培には、害虫駆除や雑草の管理のために、大量の農薬が使われたり、手早く収穫をするために枯葉剤が散布されることがあります。 このような化学物質により、• 土壌を痩せさせる• 地下水を汚染させる• 農家の人々の健康を害する などのように環境や作り手に対して悪影響を及ぼすことになるのです。 しかし、オーガニックな有機農法を行うことで、土壌は元気なままで、地下水を汚染することなく、その上、農家の人々も健康的に綿花を育てられるので、長期にわたって持続可能な(サステイナブル)農業が可能となるのです。 オーガニックコットンは肌に優しいわけではない そのため、通常の農法による栽培であろうが有機栽培であろうが、綿花の品質は変わらないため、オーガニックコットンであるからといって、特別に肌触りがいいというわけではありません。 とはいえ、気になるのが、綿花についた農薬の健康面への影響についてですが、この点においても通常の綿とオーガニックコットンとは大差ないと報告されています。 普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。 (引用:NPO法人 日本オーガニックコットン協会) つまり、オーガニックコットンとは、「肌触りや安全性などの品質」のためではなく、「環境と作り手」を守るための思想運動なのです。 オーガニックコットンの安いものと高いもの、価格の差は何なのか? オーガニックコットンがこだわりの農法で育てられたという背景について理解すると、一般的な綿製品に比べてオーガニックコットン製品の値段が高いのにもご納得いただけると思います。 とはいえ、物によっては通常の綿製品と変わらないような安いオーガニックコットン製品もあり、その差がなんなのか疑問に感じられることもあると思います。 誤解を恐れずにいうと、オーガニックコットンの中には、有機農法にこだわって育てられたもの以外にも、設備が足りないために否応なくオーガニック農法となっているケースがあり、これにより価格差が生じていることがあるのです。 また、そもそも綿花の品質レベルによることもあります。 もしあなたが「オーガニックでありながら高品質な綿製品を入手したい」とお考えであれば、綿花の繊維の長さ(ステープル)が品質を確かめる重要な目安となります。 超長繊維綿に分類されるほどの高品質なオーガニックコットンが使用されています。 オーガニックコットンパジャマ 製品:アルティメイトピマ オーガニックコットンパジャマ 価格:18,000円 開発されてから日が浅いので様々な寝具製品に利用されるほど広がってはいないですが、パジャマやTシャツ、コートなどの原料に採用されるなど徐々に広がりを見せています。 ふわっとしたタオル生地の柔らかな寝心地を求める方にとてもおすすめです。 オーガニックコットンにカラーバリエーションが少ない理由 「オーガニックコットンに惹かれたから色々探したけど、カラバリが少ない!」と不満に感じたことはないでしょうか?色展開が少ないのには、実は理由があるのです。 どういうことかと言うと、そもそも綿は薄いベージュやオフホワイトが本来の色であることが大半です。 それらの色を一度漂白してから鮮やかな色に染色すると、その過程で化学薬品を使うことになり、オーガニックコットンの理念に反することになってしまいます。 そのため、綿花本来の色のままの商品が多いのです。 稀に薄いブルーやピンク色のオーガニックコットン製品を見かけることがあるかと思いますが、このような製品は天然由来の染料で色付けされており理念を守ったままカラーリングされているはずです。 そのため、色展開が少ない点においては「環境と作り手の保護」のためにご容赦ください。

次の

ソフィ はだおもい オーガニックコットン 特に多い昼用 羽なし 23cm ( 16枚入 )/ ソフィ ( 生理用品 ) :4903111300419:爽快ドラッグ

は だ おもい オーガニック コットン

【ソフィはだおもい(オーガニックコットン)の商品紹介】 【商品詳細】 メーカー:ユニ・チャーム株式会社 商品名:ソフィはだおもい(オーガニックコットン) 公式サイト: 通常価格:商品によって異なる 内容量:商品によって異なる 商品説明:表面シートの上層にオーガニックコットン100%を使用した生理用ナプキン。 経血の広がりを抑えて汗まで吸い取る吸収力!! 高分子吸収体は一切使用していないそうです。 ナプキン• タンポン• パンティライナー• サニタリショーツ ラインアップもとても豊富。 オーガニックコットンの生理用品がドラッグストアなどで手軽で購入できるようになったのでとても便利に感じています。 実際に利用しましたが、通常のナプキンと変わりなく利用できました。 パッケージもナチュラルで店頭でも見つけやすいですね。 美容口コミカテゴリー•

次の

ソフィ はだおもい® オーガニックコットン|生理用品・他|商品情報|ユニ・チャーム

は だ おもい オーガニック コットン

オーガニックコットンって何?その定義とは そもそもオーガニックコットンとは何かについては、オーガニックコットン協会により厳密に定義がされています。 オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。 (引用:NPO法人 日本オーガニックコットン協会) 通常、綿花の栽培には、害虫駆除や雑草の管理のために、大量の農薬が使われたり、手早く収穫をするために枯葉剤が散布されることがあります。 このような化学物質により、• 土壌を痩せさせる• 地下水を汚染させる• 農家の人々の健康を害する などのように環境や作り手に対して悪影響を及ぼすことになるのです。 しかし、オーガニックな有機農法を行うことで、土壌は元気なままで、地下水を汚染することなく、その上、農家の人々も健康的に綿花を育てられるので、長期にわたって持続可能な(サステイナブル)農業が可能となるのです。 オーガニックコットンは肌に優しいわけではない そのため、通常の農法による栽培であろうが有機栽培であろうが、綿花の品質は変わらないため、オーガニックコットンであるからといって、特別に肌触りがいいというわけではありません。 とはいえ、気になるのが、綿花についた農薬の健康面への影響についてですが、この点においても通常の綿とオーガニックコットンとは大差ないと報告されています。 普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。 (引用:NPO法人 日本オーガニックコットン協会) つまり、オーガニックコットンとは、「肌触りや安全性などの品質」のためではなく、「環境と作り手」を守るための思想運動なのです。 オーガニックコットンの安いものと高いもの、価格の差は何なのか? オーガニックコットンがこだわりの農法で育てられたという背景について理解すると、一般的な綿製品に比べてオーガニックコットン製品の値段が高いのにもご納得いただけると思います。 とはいえ、物によっては通常の綿製品と変わらないような安いオーガニックコットン製品もあり、その差がなんなのか疑問に感じられることもあると思います。 誤解を恐れずにいうと、オーガニックコットンの中には、有機農法にこだわって育てられたもの以外にも、設備が足りないために否応なくオーガニック農法となっているケースがあり、これにより価格差が生じていることがあるのです。 また、そもそも綿花の品質レベルによることもあります。 もしあなたが「オーガニックでありながら高品質な綿製品を入手したい」とお考えであれば、綿花の繊維の長さ(ステープル)が品質を確かめる重要な目安となります。 超長繊維綿に分類されるほどの高品質なオーガニックコットンが使用されています。 オーガニックコットンパジャマ 製品:アルティメイトピマ オーガニックコットンパジャマ 価格:18,000円 開発されてから日が浅いので様々な寝具製品に利用されるほど広がってはいないですが、パジャマやTシャツ、コートなどの原料に採用されるなど徐々に広がりを見せています。 ふわっとしたタオル生地の柔らかな寝心地を求める方にとてもおすすめです。 オーガニックコットンにカラーバリエーションが少ない理由 「オーガニックコットンに惹かれたから色々探したけど、カラバリが少ない!」と不満に感じたことはないでしょうか?色展開が少ないのには、実は理由があるのです。 どういうことかと言うと、そもそも綿は薄いベージュやオフホワイトが本来の色であることが大半です。 それらの色を一度漂白してから鮮やかな色に染色すると、その過程で化学薬品を使うことになり、オーガニックコットンの理念に反することになってしまいます。 そのため、綿花本来の色のままの商品が多いのです。 稀に薄いブルーやピンク色のオーガニックコットン製品を見かけることがあるかと思いますが、このような製品は天然由来の染料で色付けされており理念を守ったままカラーリングされているはずです。 そのため、色展開が少ない点においては「環境と作り手の保護」のためにご容赦ください。

次の