トイレットペーパーデマ流した人。 【特定】デマ拡散した人は誰?職場も判明で処分?トイレットペーパー品薄の理由は?|Mahiyu's blog

トイレットペーパーデマ犯人富田優史は無罪!ただし米子市から追放されたか

トイレットペーパーデマ流した人

トイレットペーパーが品薄になる。 根拠付きで説明する…こんなデマ情報をTwitterで拡散した影響で一時的に紙類の在庫が少なくなっていますが、つい先日デマを流した1人が特定されました。 そして、勤務先にも発覚したとのことです。 この記事では、このデマ情報を流布した人物の正体について触れていきます。 あくまでも噂を流した一人であり、一番最初に情報を発信したかどうかの裏付けは取れていないのが現状です。 新型コロナウィルスによって品薄になる予想を根拠付きで伝える• 生産元が中国のティッシュ・トイレットペーパーは品薄になる• 中国はコロナで紙類を生産しなくなるため事前に購入した方が良い 既にTwitterアカウントは削除されてしまっていますが、魚拓を見るとこのようなツイートが残っています。 ただ、 日本国内におけるトイレットペーパー・ティッシュの生産率は9割強あるため、ゆうじ氏が話すような枯渇状態にはなり得ないでしょう。 3月3日に行われた参議院予算委員会では、安倍総理が直々に「 トラックの供給トラブルはあるものの、在庫は十分にあるので安心してほしい」と話しています。 ただ、当然ながらコメント欄はかなり荒れていますね。 すでにTwitterアカウントは消され、Instagramの内容も若干修正されているので彼が普段どんな内容を発信していたかを確認することはできませんが、なぜ今回のような誤情報を発信するまでに至ったのでしょうか。 そして、3月3日時点で勤務先とみられる組合が公式サイトにて「 トイレットペーパーが品薄になる旨の事実とは異なった情報をSNSに投稿した」とアナウンス。 なお、処分内容に関しては組合規定に照らし厳正な対応を行うとのこと。 トイレットペーパー品薄デマを流した人物まとめ SNSの一部のユーザーから日本全国まで飛び火したトイレットペーパー品薄デマ。 人間は不安になると日常品を購入する傾向がある…といったデータもありますが、やはり根拠もなく不安を煽るような情報を発信するのはパニックの原因になりますので、こんな時だからこそ落ち着いて行動したいものです。

次の

台湾で『トイレットペーパー品薄につながるデマ』を流布した女3人が逮捕される!

トイレットペーパーデマ流した人

そんなデマを流した犯人は誰やねん!私達庶民をこんな混乱に巻き込んで。 花粉症の人は死にますよ!と叫びたいです。 ですが、こちらの発言についてはデマであるということが分かっているんですが。 コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。 次はトイレットペーパーとティッシュが品薄になります。 製造元が中国です。 生産元がティッシュペーパーやトイレットペーパーを生産をそもそもしていないのが根拠です。 品薄になる前に事前に購入しておいたほうが良いですね。 スポンサーリンク と投稿し、これを見た人たちが焦って購入を急ぎ品薄に至ったようです。 元々は熊本で発生していたようですが現在では全国各地で品薄が起こっています。 意味が分からない投稿をして現在はアカウントを消していますが犯人の顔が気になるところ。 しかし、ツイッター上での出来事でしたので顔写真の特定までは至りませんでした。 本日日本でトイレットペッパー 類が爆発的に売れましたので一時的に品切れになってますが普通に日本からトイレットペッパーがなくなる 事はないそうです。 デマを流してる方も悪いけど、 その情報をなんで鵜呑みにする人が多いの・・・ これでまた、増産したとしても転売屋が出てきての悪循環よ。 良かれと思って、中国生産だったら無くなるかもしれないね。 と軽く発言しただけなのか。

次の

トイレットペーパーデマ誰特定か!犯人ゆうじが出所で流した人と物議

トイレットペーパーデマ流した人

「コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足するというデマを流した人物はこの人だ!」として、ネット上で特定の個人を叩く状況が起きています。 でも、それもデマなんです。 その人物の発信前にも「不足」デマが流れている デマを流したとされる人物は、たしかに「トイレットペーパーが不足する」というデマを『Twitter』と『Facebook』に投稿していました。 拡散しているキャプチャ。 個人情報削除の加工は筆者。 Twitterより しかし、調べたところその人物がツイートする前にも「トイレットペーパーが不足する」とのデマや憶測が流れていることを確認できます。 発信元の証拠として出回っているツイートのキャプチャ画面の投稿日時は2月27日です。 けれど3日前の2月24日時点でも、中国での生産不足からトイレットペーパーが不足するというデマや憶測が流れていました。 「コロナの影響でトイレットペーパーが供給不足に」。 Twitterより 「トイレットペーパーは中国製」。 Twitterより 「中国で作られている」との伝聞。 Twitterより たしかにいま叩かれている人物は、分かりやすいように情報をまとめてツイートしました。 問題の人物のツイートは単純に拡散したデマのうちのひとつにすぎません。 この人物にすべての責任を負わせるのは間違っているのではないでしょうか? ネットリンチに参加する必要はない でも書きましたが、ネットリンチは間違っています。 そんなことに参加する必要ありません。 仮にその人物がデマを流していると判断できるだけの理由があれば、警察に通報してください。 特定の個人を寄ってたかって叩き、名前や顔写真、職場などを晒しあげる行為は新たな犯罪となる可能性も考えられます。 デマを流す人間は許されないという気持ちは、デマの検証や話題のファクトチェックを行っている筆者としてもよく理解できます。 だからといって、特定個人を叩くのも間違っている。 そう思うのです。

次の