窺われる 類語。 息吹きの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

「伺わせていただきます」は間違い?正しい敬語と英語表現

窺われる 類語

A: ・私は彼が いかにして成功したかを知りたい。 I want to know how he succeeded. ・彼が いかに悲しんでいたか、あなたは知っていますか。 Do you know how he grieved? ・ いかに貧しくとも、他人の物を盗んではいけない。 Even if you are how poor, you must not steal things of another person. ただし、「 いかに」はやや文語的な言葉でフォーマルな雰囲気を持っていて、友人や家族などとの会話ではあまり使われません。 ですから、「 いかに」を「どれほど」や「どうやって(どのようにして)」などに置き換えます。 ・私は彼がどうやって成功したかを知りたい。 ・彼がどれほど悲しんでいたか、あなたは知っていますか。 ・どれほど貧しくとも、他人の物を盗んではいけない。 A: Airilly 「 いかにも」の辞書情報です。 goo. (1) 程度、状態のはなはだしいことを表す。 どう考えても。 ・ いかにも残念そうだ。 (2) 相手の考えを強く肯定する意を表す。 なるほど。 確かに。 ・ いかにも、おっしゃるとおりです。 ・ いかにも、私が本人です。 (3) まさしく。 ・ いかにも君らしい。 ・ いかにも本物らしくみえる。 ----- 使われる頻度は、全体的に低いと思われます。 (1)、(3)は、どちらとも言えないかも知れません。 (1)、(3)に比べて、(2)は、使用頻度が低いかも知れません。 ---------------------------------------- 「 いかに」の辞書情報です。 goo. (1) 状態などについての疑問を表す。 どのように。 どんなふうに。 ・人間、如何に生くべきか。 ・彼の運命や如何に。 (2) 程度などについて推量する気持ちを表す。 どれほど。 どんなに。 ・如何に大きな打撃を受けたか誰にもわかるまい。 (3) (あとに「ても」などの語を伴って) 逆接の意味を強める。 どんなに。 ・如何に苦しくてもがんばる。 ----- 使われる頻度は、時々あるという程度でしょうか。 ---------------------------------------- とりあえず、以上です。 (英語情報必要でしたら、準備します。 ) A: Sprin9 ou, 《clicher》 etc. or, 《it's probably so》 《it stands to reason》 《I'm not surprised》 etc. ----- <表現例です。 tripadvisor. mwed. naver.

次の

【伺う】 と 【 窺う】 と 【覗う】 はどう違いますか?

窺われる 類語

A: ・私は彼が いかにして成功したかを知りたい。 I want to know how he succeeded. ・彼が いかに悲しんでいたか、あなたは知っていますか。 Do you know how he grieved? ・ いかに貧しくとも、他人の物を盗んではいけない。 Even if you are how poor, you must not steal things of another person. ただし、「 いかに」はやや文語的な言葉でフォーマルな雰囲気を持っていて、友人や家族などとの会話ではあまり使われません。 ですから、「 いかに」を「どれほど」や「どうやって(どのようにして)」などに置き換えます。 ・私は彼がどうやって成功したかを知りたい。 ・彼がどれほど悲しんでいたか、あなたは知っていますか。 ・どれほど貧しくとも、他人の物を盗んではいけない。 A: Airilly 「 いかにも」の辞書情報です。 goo. (1) 程度、状態のはなはだしいことを表す。 どう考えても。 ・ いかにも残念そうだ。 (2) 相手の考えを強く肯定する意を表す。 なるほど。 確かに。 ・ いかにも、おっしゃるとおりです。 ・ いかにも、私が本人です。 (3) まさしく。 ・ いかにも君らしい。 ・ いかにも本物らしくみえる。 ----- 使われる頻度は、全体的に低いと思われます。 (1)、(3)は、どちらとも言えないかも知れません。 (1)、(3)に比べて、(2)は、使用頻度が低いかも知れません。 ---------------------------------------- 「 いかに」の辞書情報です。 goo. (1) 状態などについての疑問を表す。 どのように。 どんなふうに。 ・人間、如何に生くべきか。 ・彼の運命や如何に。 (2) 程度などについて推量する気持ちを表す。 どれほど。 どんなに。 ・如何に大きな打撃を受けたか誰にもわかるまい。 (3) (あとに「ても」などの語を伴って) 逆接の意味を強める。 どんなに。 ・如何に苦しくてもがんばる。 ----- 使われる頻度は、時々あるという程度でしょうか。 ---------------------------------------- とりあえず、以上です。 (英語情報必要でしたら、準備します。 ) A: Sprin9 ou, 《clicher》 etc. or, 《it's probably so》 《it stands to reason》 《I'm not surprised》 etc. ----- <表現例です。 tripadvisor. mwed. naver.

次の

「伺わせていただきます」は二重敬語!正しい使い方は「伺います」!英語も紹介

窺われる 類語

日本語では「うかがう」一語ですが、漢字には、その意味に近い語が三語あるわけですから、どうしても漢字で書きたい場合は漢和辞典でそれぞれの語の微妙な違いを調べればよいと思います。 でも、日本人で漢字のそれぞれの微妙なニュアンスの違いなどわかる人はいないのですから、基本的には皆「うかがう」ですのでどれを使ってももよいと思います。 「伺」と「覗」は音は同じなので、たぶん意味もほとんど違いはないのではないかと思います。 「窺」は音が「き」で少し違いますが、近い音です。 漢和辞典をひいても皆同じような意味が載っています。 あとは、個人的な趣味で気に入ったものを使えばよいと思います。 私は、「うかがう」はもともとの大和言葉ですし、漢字のどれもなんとなくこの場合は合わないのでひらがなを使いたく思います。 A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。 そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。 【通則 6】 本則は「取り組み」 複合の語(通則7を適用する語を除く。 )の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。 許容は「取組み」 読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる 【通則 7】 「取組」 複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。 1 特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。 詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。 bunka. もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php?

次の