トウキョウ バイス。 渡辺謙出演ドラマ「トウキョウ・バイス」、『ヒート』『コラテラル』マイケル・マン監督が就任 ─ アンセル・エルゴート主演で日本の裏社会描く

『トウキョウ・バイス』 妖刀伝のスタッフがおくる安心のサスペンス・アクション!

トウキョウ バイス

com ニュース] 「」「」「」の監督が、米HBO Maxの新ドラマ「トウキョウ・バイス(原題)」パイロット版でメガホンをとることがわかった。 「」のが主演、が共演する本作は、読売新聞の記者だったアメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏によるノンフィクション本「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」を、10話構成でドラマ化する作品。 全国紙初の外国人記者として東京の裏社会を駆け巡り、ネオンに彩られた大都会に潜む様々な真相を追い続けたジェイク役を、ドラマ初主演となるエルゴートが演じる。 また、警視庁組織犯罪対策部の刑事で、ジェイクを導く父親的存在となるカタギリ・ヒロト役を渡辺が演じる。 脚本は、「オスロ」でトニー賞を受賞した劇作家J・T・ロジャースが執筆。 監督には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上初のアジア系ヒーロー映画「シャン・チー(原題)」が待機中のの名が挙がっていたが、メガホン交代となったようだ。 米Deadlineによれば、マンは「トウキョウ・バイス(原題)」パイロット版だけでなくシーズン1のその他エピソードも監督する可能性があるという。 マン、エルゴート、渡辺、クレットン、ロジャースが制作総指揮を務め、撮影は日本で来年2月にスタートする。 現在、日本でキャスティングとロケーションハンティングを行っているマンは、11月1日にニューヨーク近代美術館で開催される「」(&共演)20周年記念イベントに出席する。 また、製作総指揮を務めた新作「」(監督、&共演)が11月15日から全米公開、2020年1月10日から日本公開。 (映画. com速報)•

次の

トウキョウバイス|ネタバレやあらすじ!キャストに渡辺謙や菊地凛子も?

トウキョウ バイス

『ベイビー・ドライバー』(2017)『きっと、星のせいじゃない。 』(2015)の と 渡辺謙が出演するドラマ 「トウキョウ・バイス(邦題未定、原題:Tokyo Vice)」の第1話(パイロット版)を、『ヒート』(1995)や『コラテラル』(2004)などで知られる名匠 監督が手がけることがわかった。 米が報じている。 「トウキョウ・バイス」は、元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏による著書『トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記』をドラマ化するもので、日本の裏社会をえぐり出すストーリー。 全国新聞初の外国人記者だったジェイク氏が、警察回り記者(警察への取材を担当する記者)として殺人事件や人身売買を調査し、やがて日本最大の暴力団をめぐるスクープをつかんでいく。 あらすじには「ジェイクは日々、ネオンの輝く東京の裏社会へと潜入していく。 そこに信頼できる人はおらず、信頼できるものは何ひとつなかった」との言葉がある。 アンセルは主人公のジェイクを、渡辺は警視庁組織犯罪対策課の刑事カタギリ・ヒロトを演じる。 カタギリはジェイクの父親めいた役割を担い、警察と暴力団の、時にあいまいな境界線上を立ち回る役柄だという。 なお、アンセルと渡辺はそろってエグゼクティブ・プロデューサーも兼任。 そのほか、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)『ブラック・スキャンダル』(2015)を手がけたジョン・レッシャー、『ナオミとイーライのキス禁止リスト』(2015)のエミリー・ガーソン・セインズも名を連ねている。 なお「トウキョウ・バイス」では、『ショート・ターム』(2013)『ガラスの城の約束』(2017)の デスティン・ダニエル・クレットンが監督を務めると以前報じられていた。 マイケル・マンは現状パイロット版のみ監督を手がけるとされているが、別のエピソードを監督する可能性もあるとのこと。 マイケル&デスティンのタッグがシリーズを引っ張るとなれば、作品のクオリティはすでにお墨付きだろう。 シリーズは全10話構成で、脚本はトニー賞に輝く劇作家J・T・ロジャースが執筆。 マイケル、デスティン、ロジャースの3名もエグゼクティブ・プロデューサーを務める。 マイケル・マン監督は、 &ロバート・デ・ニーロ主演『ヒート』やトム・クルーズ主演『コラテラル』のほか、ウィル・スミス主演『ALI アリ』(2001)、ジョニー・デップ主演『パブリック・エネミーズ』(2009)、クリス・ヘムズワース主演『ブラックハット』(2015)など、スター俳優を迎え、つねに骨太の人間ドラマやハードボイルドの世界を描き出してきた。 アンセル&渡辺のコンビ、日本の裏社会、そしてテレビドラマというフィールドで、今度はどんな作品を送り出してくれるのだろうか。 撮影は2020年2月に日本で開始される。 ドラマ「トウキョウ・バイス(邦題未定、原題:Tokyo Vice)」は米ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」のオリジナル作品として製作・配信される。

次の

鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった

トウキョウ バイス

com ニュース] 「」「」「」の監督が、米HBO Maxの新ドラマ「トウキョウ・バイス(原題)」パイロット版でメガホンをとることがわかった。 「」のが主演、が共演する本作は、読売新聞の記者だったアメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏によるノンフィクション本「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」を、10話構成でドラマ化する作品。 全国紙初の外国人記者として東京の裏社会を駆け巡り、ネオンに彩られた大都会に潜む様々な真相を追い続けたジェイク役を、ドラマ初主演となるエルゴートが演じる。 また、警視庁組織犯罪対策部の刑事で、ジェイクを導く父親的存在となるカタギリ・ヒロト役を渡辺が演じる。 脚本は、「オスロ」でトニー賞を受賞した劇作家J・T・ロジャースが執筆。 監督には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上初のアジア系ヒーロー映画「シャン・チー(原題)」が待機中のの名が挙がっていたが、メガホン交代となったようだ。 米Deadlineによれば、マンは「トウキョウ・バイス(原題)」パイロット版だけでなくシーズン1のその他エピソードも監督する可能性があるという。 マン、エルゴート、渡辺、クレットン、ロジャースが制作総指揮を務め、撮影は日本で来年2月にスタートする。 現在、日本でキャスティングとロケーションハンティングを行っているマンは、11月1日にニューヨーク近代美術館で開催される「」(&共演)20周年記念イベントに出席する。 また、製作総指揮を務めた新作「」(監督、&共演)が11月15日から全米公開、2020年1月10日から日本公開。 (映画. com速報)•

次の