氷 やられ 対策。 【MHWアイスボーン】歴戦イヴェルカーナのソロ攻略法と周回におすすめの装備

辿異種ドドブランゴ

氷 やられ 対策

最大まで強化したうえで 「守りの爪」と 「守りの護符」を所持している状態だと、防御力が 799、氷耐性が 13です。 まずは死なないことを前提とし、防御力と耐性を底上げしましょう(1回死ぬだけでもかなりのタイムロスに繋がるので・・・) 入手が困難な素材も特になく、凍て刺すレイギエナとディノバルド亜種を、3~4体ずつ討伐するだけで作成できました。 「風漂竜の天鱗」がなかなか出ない場合は、拠点のマカ錬金で交換してしまおう( 天の竜人手形が必要です) 装衣は、氷属性のダメージを軽減し、氷属性やられと寒さを無効化する 「耐寒の装衣・改」を必ず装備してください。 また、今作から装衣が 「改」になることで、装飾品のセットが可能になりました。 もう1つは 「耐熱の装衣・改」や 「耐雷の装衣・改」を装備しましょう。 これらも装飾品のセットが可能になっています。 :入手方法• 耐寒の装衣・改 フリークエスト【舞踏家たちのドゥエート】をクリア• 耐熱の装衣・改 フリークエスト【爆発粉砕フェスティバル】をクリア• 耐雷の装衣・改 フリークエスト【捕獲:雷の顎を捕まえろ!】をクリア 装衣が「改」になるフリークエストは、セリエナの武具屋に話かけることで追加されていきます。 防具はEXブリーナシリーズ! オトモ道具は 「はげましの楽器」一択です。 アイスボーンで、はげましの楽器に追加されたサポートスキル「ばくおんゴング」は、イヴェルカーナにも効くので非常に助かります。 スキル構成 少しでも生存率を上げるためには、下記の装飾品と護石を付けましょう。 体力珠 3個• 耐氷珠 5個• 耐氷珠は防具に1つだけ付け、残りの4つは各装衣に2つずつ付けてます。 というのも、 装衣に付けた装飾品は、クエスト中にその装衣を着ている間のみ効果を発揮するからです。 要するに装衣を着ている間だけ 「氷耐性Lv3」となり、氷耐性+20 防御力10が発動するわけですね。 強壁珠を1つ付けると 「ガード強化Lv1」が発動し、 イヴェルカーナの遠距離ブレスがガード可能になります。 強壁珠を持っていない方は 「堅守の護石」を装備して、ガード強化を発動させてください。 その場合は、 「鉄壁珠」を付けて補いましょう! ガード性能は、イヴェルカーナのブレスをガード時に、受けるダメージや消費スタミナを軽減してくれるため、できれば発動させておきたいです。 余った枠には 「痛撃珠」や 「超心珠」などを付け、 火力の底上げを行ってください。 スロット4の枠が4つ残っているため、強力な装飾品を複数セットできるのも魅力的ですね。 ちなみに今回紹介した装備では 、約27分でソロ討伐に成功しました(0死) ガチ装備なら15分くらいでいけそうです・・・.

次の

ウカムルバス攻略メモまとめ|モンスターハンター4G攻略広場

氷 やられ 対策

お守り(護石)最高pt• MH3G:pt(の護石)• MH4G:pt(の護石)• MHX :pt(の護石) スキル・〇〇耐性の効果 〇〇には「 火、 水、 雷、 氷、 龍」のいずれかが入り、 いずれも効果は属性が違うだけで内容は一緒。 シリーズによって強化(弱化)具合が異なっている。 要するに〇〇耐性【小】の方は 5スロスキルである。 頭~脚までの防具によって合計される属性耐性値から更に、 当スキルによる耐性値を加算(減算)させる効果。 言うまでもなく、その 属性攻撃を頻繁に行ってくるモンスターに対して有効なスキルである。 防御力の反比例計算とは違い、属性攻撃のダメージは 属性耐性が完全に割合計算になっている。 例えば、• 電撃・ランディープのラギアクルス亜種(雷)• JUMP・極界の門番のジンオウガ亜種(龍) は未だに記憶に残っていると思われる。 彼ら相手に、属性耐性が低い状態だと、一瞬で蒸発するほどのダメージが飛んでくる。 そのため、 耐性値を極力上げて、即死は何とか防ごうと言うことで、スキルの需要は高まったと言える。 特にジンオウガ亜種戦は 龍耐性20以上が強く勧められた。 硬めの肉質、雷属性(毒属性も)の通りが非常に良いモンスターだが、 龍属性やられで属性が封じられてしまうと、 肝心の属性が一切通らなくなる。 体力も意味不明なくらい多く、ソロだと時間切れにすらなり得るためである。 MH3G(後のMH4・4Gでも)シリーズでは、 装備による耐性値がマイナスであっても、 当スキルと食事スキルの併用でことが比較的容易になった。 これを採用したハンターも多いだろう。 MH4・4G 基本的にMH3Gとほぼ同じ。 ただし、 〇〇耐性弱化が発動してしまった場合、耐性値がー20と大きくダウンするように。 その属性を用いるモンスターの前では決して発動させないようにしよう。 手法が有効なのも変わっていない。 MHX• 属性やられ【小】無効化(【大】を【小】へ軽減)するのに、 耐性値が15が必要• 属性やられ完全無効にするには、 耐性値25が必要 と、敷居が上がってしまった。 さらに食事スキルで「 ネコの〇〇属性得意」が無くなったため、 手法も使えなくなった。 一応、食事内容によって「〇〇属性耐性【大】」のものだと、耐性値は10上がるので、 防具での耐性値が0以上であれば、食事とスキルの〇〇耐性【小】で25まで上げることは出来る。 マイナス耐性を強引にプラスにするのが難しくなったと言えるだろう。 オススメされる武器種、対モンスター、状況など 前述したとおり、属性攻撃が多いモンスターほど、当スキルの重要度が増す。 個人的に発動した方が楽と感じるのは….

次の

耐性・無効化

氷 やられ 対策

どうもお久しぶりです。 がっつです。 前回のクッッッソ気持ち悪いブログを書いてから 早くも一月以上経過しておりますが皆様はお元気でしょうか? 僕はお仕事の影響で元気ではありませんが、ゲームで遊ベる程度には不元気です。 そんな僕が最近プレイしているゲームは 2 ワールド・アイスボーンです。 以降 IB この IBは2018年に発売した ワールドの 大型拡張コンテンツとなっております。 いつものG級商法。 そんな IBですが新たなる難易度として マスターランクが追加される他、 新規モンスターが大量に導入され、 既存の モンスターにも新モーションが 追加されております。 勿論ハンターにも 鬼の手 を中心に、 新アクションが多数追加されており、 僕も熱中してプレイしております。 というわけで、今回は楽しく狩人ライフを送っている僕が遭遇した 開発陣の性格の悪さが滲み出たようなクソッタレで理不尽な 強力なモンスター達を紹介していこうと思います。 紹介順はストーリーに沿った形で行なっていくので ストーリー途中の方や未プレイの方はモンスターのネタバレにご注意ください。 凍魚竜ブラントドス 初めて凍て地に降り立ったハンターを迎える最初の大型モンスター。 魚竜系モンスターの例に漏れず、基本的に地面を潜って行動します。 潜るだけでも厄介なのに、足元が雪で動きが鈍く、 その上ハンターを氷やられ状態にしてスタミナを奪ってきます。 僕は受付嬢の話を聞いていなかったせいで ホットドリンクを作りそびれ、 最後は 鬼神化しないという全く新しい戦闘スタイルを編み出す事になりました。 ブーメランも新武器として復活してほしい。 以降のモンスター達も状態異常攻撃を行ってきますが、 これ以降はウチケシの実を常備するようになった為、 ブラントドスほど状態異常に悩まされることはありませんでした。 そういう意味では ブラントドスは 今作のウチケシの実の重要さを教えてくれる為のモンスター であったのかもしれません。 浮眠竜パオウルムー亜種 似てる 任務クエで戦う黒い パオウルムーは周囲に睡眠ガスを撒いてきます。 睡眠対策をしていないとその霧を避けながら戦わなければならない為、 動きが大きく制限されてしまいます。 上記の睡眠ガスだけでも厄介なのに通常種同様に高頻度で飛行するので最悪です。 閃光玉で落とそうとしても マスターランクのモンスターは 閃光耐性がついてしまうので 一回使用するとしばらくは閃光玉で落とせなくなってしまいます。 歴戦王かな? 今作の飛行モンスターは新アクションのでの ぶっ飛ばし攻撃で叩き落とすことが正攻法なのでしょう。 僕はそんな新アクションがあることを知らなかったので、 攻撃を無理やり当てては催眠ガスの上に叩き落とされ眠り、 ぶん殴られて起きて回復して…を延々と繰り返して討伐していました。 みんなはちゃんと下位のの 練習クトを受けような! それが面倒ならせめての 操作方法や 公式動画くらいは見たほうが良いですよ! 冗談抜きに今作アクション必須なんで。 ぶっ飛ばし の練習用のボスモンスターとして配置されたのでしょうが、 睡眠攻撃と合わさって最高に面倒なモンスターとなっておりました。 対策を知っているか否かで難易度が大きく変わるモンスターであると思います。 氷牙竜ベリオロス 般若 とにかく素早いのでしようにも上手く狙った部位を掴めませんし、 掴まっても攻撃速度が早いので振り落とされることが多々ありました。 下手にしようとせず、普通に狩猟すると安定して戦えました。 ベリオロスに限らず今作のモンスターはを多用すべき相手と、 あまり多用しない方が安定するモンスターのどちらかを 早々に見分けるのが大事だと思いました がめんどくせえから転身の装衣着て全員殴る。 風漂竜・凍て刺すレイギエナ 2つ名有りなら黒炎王とかも期待できるかな ほぼ全ての攻撃で氷やられ状態になる、 一度飛び始めると地上に降りてこない、 攻撃動作が素早くが振り落とされる、 と上記のモンスターの嫌なところを併せ持って生まれた ハイブリッドクソモンスター。 早く終わらせようと下手に焦らず、 通常時はぶっ飛ばし攻撃でのダウン、怒り時は閃光玉や乗りで攻める戦法が、 多分一番早いと思います。 ウチケシの実や耐寒の装衣も忘れずに。 爆鱗竜・紅蓮滾るバゼルギウス うんち! 公式サイトに載ってるモンスターと載ってないモンスターの区分が分からん 色が紫になってので病気っぽくなりましたが、 攻撃自体はとてもマトモ になった。 ふっ飛ばされた先に破裂寸前の爆弾が置かれてるは健在。 恐暴竜・怒り喰らうイビルジョー 来たら仕方ないって思う。 感覚的には自然災害に近い。 戦闘に関しては強敵ではありますがそこまでクソじゃありません。 しかし、 調査クト等での乱入してくる頻度が高すぎてかなり鬱陶しい。 こやし玉打っても隣のエリアに移動する為、エリア移動で鉢合わせることや ジョーから逃げる狩猟対象モンスターと同じ方向に逃げることも多いのもしんどい。 前作の同ポジションであった うんちは バゼルギウスを撒き散らしたらスッキリして どこかへ去るがこいつは図々しいほど居座る。 うんち!( 導きの青い星の音) 「こいつを利用してモンスター狩れば楽じゃん」 確かに初回こそワチャワチャしてたり殆ど倒してくれて楽しかったのですが、 すぐに飽きました。 感覚的には火力の低い使い勝手の悪い悪魔猫。 普通に モンスターと戦いたいのに戦えないのが嫌だ。 普通に縄張り争いして終わりにしてほしい。 アップデートに期待。 編纂者・受付嬢 で芋焼くのはやめろ 人間サイド の ジョー。 前作では仕事をしている描写がほとんど無かった為、凄く嫌いでした。 今作は勝気な推薦組のお陰で普段の狩猟でも仕事をしていたのだと気がつき、 少し好感度上がってそこそこ嫌いになりました。 こういう台詞があれば編纂者として仕事してるのが分かり易かったのかと思った。 地図の記載やモンスターの記録、雑務関連は全て受付嬢がやってくれているので、 彼女がいなかったら狩猟は相当大変だということは理解できています。 普段の「 好きなものはドキドキノコ!」のような不要な言動を抑えて 仕事してる描写があればもう少し相棒感は出ていたのではないかと僕は思います。 冰龍イヴェルカーナ 一番苦手な攻撃は尻尾突き刺しからの尻尾薙ぎ払い 普通に戦うなら素早くて戦いにくいで終わりですが、 イヴェルカーナは氷の壁を生成して視界を遮り、 その後ろから壁を貫通する冷凍ビームを撃ってきます。 避けらんねぇ。 走り回ってれば大体避けられる。 (氷属性やられの時は諦める) 強い弱いではなく理不尽。 イヴェルカーナに直接関係ないけどちゃんと燃料詰めてて欲しかった。 セリエナ防衛会は一人でやるとクッソつまらないですが 友達とノリノリでプレイすると楽しいからおススメです。 友達いない奴は耐えろ。 ラスボス 怖い。 出る作品間違えてますよ。 前作ラスボスの ゼノ・ヴァ同様、たまに出現した時にしか戦えない。 戦闘面に関しては顔面の耐久値が高い上に 顔面破壊でしかドロップしないアイテムがあるのがしんどいです。 近接武器の場合は半分以上で攻撃するしかありませんが 前方への攻撃頻度が高すぎて振り落とされまくるのでとてもしんどいです。 素直に ボウガン持っていこうな。 大団長の口上は必見。 ストーリー外で戦える クソモンスター達 以降はストーリー上では戦う必要のないモンスター達を紹介していきます。 ・亜種 顔が半分ずつ写される描写って良いよね 通常時はそれほど変わりありませんが、 怒り時は攻撃 スピードが1. 2倍 体感 になり、攻撃の間の隙を無くなります。 バカのする強化方法だよ。 突進突進潜行浮上急突進をノンストップで繰り出してくるのでずっとお前のターン! 普通に戦うとかなりの強敵ですが怒り時でも 音爆弾が効く為、 対策さえしてしまえば問題はありません。 武器を出したまま が使える点もプラスに働いています。 油断すると突き上げからのコンボで乙りますけどね。 (1敗 今まであまり使用されていなかった音爆弾が必須アイテムになりました。 鳴き袋ください。 ・亜種 共通点があるやつが並んでるの良いよね 降りてこい。 空の王者 笑 から 低空の王者にランクアップしました。 閃光玉では落ちないけど代わりに で叩き落せます。 落ちない時もある。 まあ パオウルムーや レイギエナと同じですね。 ヴォルガノス ほんと最低最悪。 悪意が魚の形をしている。 が生み出した忌み子。 名誉クソモンスター。 こいつに関しては擁護しようがない程クソモンスターだった。 戦い方、見た目、顔、性格、全部クソ。 他のクソモンスターは対策可能であったり、自分のプレイスキルが不足してたり、自分のプレイスタイルと合わないだけで他の人はそうでもない、等々何かしらの理由や言い訳があると思うけどこいつは本当にクソ。 足の肉質がカッチカチなのに新アクションの張り付きで足に引っ付いても何故か胴体に吸い込まれて足に傷付けられない意味不明な仕様だし、ぶっ飛ばししようにもマグマに入るせいで振り落とされる。 あと顔が不細工。 色々書いてるけど1番はとにかく戦っててつまらないし、新アクションも活躍させ難いしなんなの?せめて お守り落として。 で挑むのは拷問に近いので使いはこいつと戦う時は別武器担いだ方が良いですが他武器でもめんどくさいです。 上位防具にはお世話になりました。 ヒステリック粉塵ばら撒きババア。 に可愛い成分を全て奪われた哀れな殺戮マシーンであり、 に可愛い成分を全て奪われている。 可愛さ上方修正はよ。 マム・タロト 戦闘そのものは割と好き 二度と来るんじゃねーぞ いやマジで武器ガチャだけはやめろ 導きの地のモンスター達 戦っていて楽しいのも多いですが そもそも銀や金、歴戦や悉くとは簡単には戦えません。 頑張ってレベルを上げて戦っても導きの地の素材じゃ防具作れません。 調査クエが出ないことも多いので狩猟と関係ない所でストレスが溜まって最高。 まとめ 今作は大体のクソモンスターは戦闘に関しては対策すれば問題なく、 そこまで不愉快に感じるモンスターは ヴォルガノスを除いていませんでした。 ( ジョーの乱入はクソだけど戦闘に関しては普通) ただ 前提のモンスターが多いこと、 それらのモンスターが に不慣れな時に多く出てきた事から 討伐に手間取ってしまいクソだと感じることが多かったのだと思います。 みんなクソクソ言わずちょっと対策してから本当にクソか考えよう! 僕は考えたうえで ヴォルガノス はクソだと思った!!!クソ!!!! そんな ワールド・アイスボーン 色々文句ブー垂れていましたが 凄い面白いゲームなので是非プレイしてみてください! とりあえず ヴォルガノス簡単にころころ出来る武器、 もしくは楽しく討伐する方法があれば教えてください。 以上、ここまでご拝読下さりありがとうございます。

次の