大阪 商業 大学 シラバス。 大阪商業大学

大阪商業大学

大阪 商業 大学 シラバス

履修登録について 履修登録 履修登録は、入学時・年度始めに1年間の授業時間割を決めるための重要な手続きです。 毎年、受けたい授業科目を、本学のWebポータルサイトから登録します(スマートフォンでの登録は推奨しません)。 履修登録は毎年4月に1回のみ行います。 締切期日までに授業科目の登録ができなかった場合、1年間の授業および試験を受けることができなくなります。 科目を登録する際は「シラバス 授業計画書 」を参考にしてください。 インターネット接続が可能な自宅や大学の情報教室のPCからWebシラバスを閲覧することができます。 Web履修登録後、必ず「履修登録確認表(時間割)」をプリントアウトし、内容を確認してください。 履修登録のもれや誤りがあれば必ず所定の期間中に登録の変更・訂正を行ってください。 この確認が不完全なため、卒業ができなくなったという事態も起こり得ますので、「履修登録確認表(時間割)」で必ず最終の確認を行ってください。 なお、履修登録ができていない科目は、授業に毎回出席していても単位は認定されません。 閲覧用シラバス 2012年度以降• 2006年度~2011年度 大阪大谷大学、大阪大谷大学教育福祉専攻科、大阪大谷大学大学院のシラバスは以下より閲覧できます。 (閲覧方法は、下記リンク先「シラバストップページ」の「使用上の注意」をご覧ください。 *大阪大谷大学短期大学部のシラバスは2012年度のみ閲覧できます 2012年度末をもって閉学のため。 CAP制について<2015年度入学生から適用>• CAP制とは 学生が毎年1年間に履修科目として登録できる単位数の上限を設定することです。 CAP制導入の目的 過剰な履修登録を防ぎ、履修登録した科目に対して適切な学修時間を確保することを目的とします。 熟考して履修計画を立て、学修すべき授業科目を精選し、十分な学修時間を確保することにより、学修をより深めてください。 上限単位数と対象科目 全学部、各年度の上限単位数は「48単位」とします。 ただし、「認定科目」については除きます。 対象科目は学科によって異なりますから、Webポータルサイト上のカリキュラム表等で必ず確認してください。 上限単位数の緩和 累積GPAが年度末の時点で3. 2以上であれば、次年度の履修登録単位数の上限を「56単位」とします。 登録と追加登録 年度初めでの登録を基本としますが、年間の上限単位数に余裕がある場合に限り、8単位を上限として後期に追加登録できます。 ただし、GPA評価のための履修登録の取消をした科目および前期に不合格となった科目は、CAPの対象科目単位数から除外しませんし、再登録もできません。 また、人数制限のある科目については、後期登録はできません。 年間に修得すべき最低限の単位 最低でも年間32単位を修得するようにしてください。 これを下回るとCAP制により卒業が延びることもあります。 単位互換制度 本学の授業科目のほかに他大学・他短期大学が提供する科目を受講して、本学の卒業単位として認定される制度がありますので、興味のある方は、積極的に受講してください。 南大阪地域大学コンソーシアムの単位互換制度 南大阪地域大学コンソーシアム単位互換制度」に参加する全17大学・短期大学が提供する「単位互換科目」を、科目提供大学に行って受講できる制度です。 受講科目・手続き等については、教務課にあるパンフレットをご覧ください。 詳細については、下記のバナーをクリックしてご確認ください。 My 大阪大谷 Days.

次の

大阪商業大学 manaba

大阪 商業 大学 シラバス

学則にもとづく「人材養成の目的に関する規程」では、「教員養成課程は、建学以来、多くの教員を養成してきた伝統を踏まえ、また新しいグローバル時代の社会的要請に応えるために教育基本法、学校教育法および本学の教育理念である『人間的実学』に基づき、『生きる力』や『確かな学力』を真に育むことのできる中等教育の教員養成を目指している」(第6条)と規定している。 ここに示されているように、本学の教員養成に対する理念は、教育基本法や学校教育法の精神にのっとり、本学の教育理念である「人間的実学」を具現化した教員としての「豊かな人間性」「幅広い教養」「専門的力量」を育成することにある。 ここで言う「豊かな人間性」とは、生徒を愛し、励まし、共に育ちあう心を持った人間味豊かな教員になることを意味する。 「幅広い教養」は、グローバル化と価値の多様化が進行する現代社会において単なる博学多識ではなく、広い活用力と深い良識を身につけることである。 「専門的力量」は、教科に関する専門的知識を基盤としながら、授業場面で確かな学力を形成し、生徒の発達に即して適切な指導を行なう能力である。 本学における教員養成は、以上の理念にもとづき、教員に求められる基礎的な知識、理論を理解するだけにとどまらず、実践的な指導能力を高めることを目指している。 学部紹介• PICK UP 講義• 経済学部TOP• 経営学部TOP• 情報社会学部TOP• 人間科学部TOP• 教育目標・4ポリシー• ゼミナール• ゼミ活動紹介• ZEMI-1グランプリ• 教育システム• 外国語教育について• 教職課程• 高大連携• 高等学校での模擬講義について• 高校生フォーラム「17歳からのメッセージ」• 国際交流• Horizons Summer Program• 大学院紹介• 経済学研究科TOP• 経営学研究科TOP• 経営情報研究科TOP• 人間科学研究科TOP• 大学院事務室• 科目等履修・研究生・社会人対象講座等• 北浜キャンパス• 社会人大学院• 社会人向け公開講座• よくある質問•

次の

|大阪経済大学

大阪 商業 大学 シラバス

学則にもとづく「人材養成の目的に関する規程」では、「教員養成課程は、建学以来、多くの教員を養成してきた伝統を踏まえ、また新しいグローバル時代の社会的要請に応えるために教育基本法、学校教育法および本学の教育理念である『人間的実学』に基づき、『生きる力』や『確かな学力』を真に育むことのできる中等教育の教員養成を目指している」(第6条)と規定している。 ここに示されているように、本学の教員養成に対する理念は、教育基本法や学校教育法の精神にのっとり、本学の教育理念である「人間的実学」を具現化した教員としての「豊かな人間性」「幅広い教養」「専門的力量」を育成することにある。 ここで言う「豊かな人間性」とは、生徒を愛し、励まし、共に育ちあう心を持った人間味豊かな教員になることを意味する。 「幅広い教養」は、グローバル化と価値の多様化が進行する現代社会において単なる博学多識ではなく、広い活用力と深い良識を身につけることである。 「専門的力量」は、教科に関する専門的知識を基盤としながら、授業場面で確かな学力を形成し、生徒の発達に即して適切な指導を行なう能力である。 本学における教員養成は、以上の理念にもとづき、教員に求められる基礎的な知識、理論を理解するだけにとどまらず、実践的な指導能力を高めることを目指している。 学部紹介• PICK UP 講義• 経済学部TOP• 経営学部TOP• 情報社会学部TOP• 人間科学部TOP• 教育目標・4ポリシー• ゼミナール• ゼミ活動紹介• ZEMI-1グランプリ• 教育システム• 外国語教育について• 教職課程• 高大連携• 高等学校での模擬講義について• 高校生フォーラム「17歳からのメッセージ」• 国際交流• Horizons Summer Program• 大学院紹介• 経済学研究科TOP• 経営学研究科TOP• 経営情報研究科TOP• 人間科学研究科TOP• 大学院事務室• 科目等履修・研究生・社会人対象講座等• 北浜キャンパス• 社会人大学院• 社会人向け公開講座• よくある質問•

次の