伊藤忠 テクノ サイエンス。 伊藤忠テクノ、CRCが合併 業界3位入りを狙う − @IT

伊藤忠テクノソリューションズの年収偏差値:58.9 年収ランキング:30位

伊藤忠 テクノ サイエンス

製品販売に強みを持つCTCと、システム構築、運用・保守を得意とするCRCが統合することでシナジー効果が出せると判断した。 新会社の代表に就任する予定のCTC 代表取締役社長 奥田陽一氏は「ユニークなビジネスモデルで上から3番目に入る企業を目指す」と述べ、新会社をNTTデータ、野村総合研究所(NRI)に続くITサービス企業に育てる決意を示した。 存続会社はCTC。 新社名は「伊藤忠テクノソリューションズ」で、CTCの略称は使い続ける。 売り上げ規模は約3000億円、社員技術者が約5000人のITサービス企業になる。 CTC 代表取締役社長 奥田陽一氏(左)とCRCソリューションズの代表取締役 社長執行役員 杉山尋美氏 CRCソリューションズの代表取締役 社長執行役員 杉山尋美氏は「両社は単体でも安定成長できるが、もう一段の飛躍のためにギア・チェンジが必要と判断した」と合併の理由を説明した。 そのうえでCTCの課題として、製品販売のウェイトが高いことと、情報通信や金融の業種にビジネスが偏っていること、ITライフサイクル全般をカバーするリソースが手薄なことなどを説明した。 対して、CRCに対してはデータセンター事業の拡大にはさらなる財務基盤、営業基盤が必要と指摘。 コンサルティングや製品販売への対応力、大型案件を担当する人的リソースも十分でないなどと説明した。 杉山氏は「統合によってこれらの解決を狙う。 それにとどまらず、新しい会社では両社が一体となりさらなる飛躍を続ける」と話した。 新会社が目指すのは、運用・保守とシステム構築、製品販売の比率が「4:3:5」になる企業だ。 奥田氏はこのような比率でビジネスを展開するITサービス企業はほかにないとして、「(NTTデータ、NRIとは異なる)3番目のカテゴリとしてユニークなビジネスモデルを持ち、規模でトップ集団に入る会社を目指す」と語った。 新会社では両社の強みを活かして、特定業務、特定業種を得意にする企業に育てる。 業務ではCRM、SCMなどのフロント系基幹アプリケーション構築やインフラ基盤構築、データセンター運用などに力を入れる。 業種では両社がこれまで手がけてきた情報通信、金融、流通などに注目する。 総合力を持ち、ITライフサイクル全般をサポートできる企業が目標だ。 特に「新会社のコアは運用・保守などのサービスビジネスになる」(奥田氏)と見ていて、長期的な収益拡大を目指す。 2007年後半にはサービスビジネスの拡大やシステム構築能力の増強、人的リソースの最適配分などのシナジー効果が出てくると見ている。 CTCとCRCは同じ伊藤忠商事グループということもあり、合併がささやかれてきた。 しかし、過去の段階では「シナジー効果が出ないと考えていた」(杉山氏)ために実現することはなかった。 「CTCのメーンは製品販売で、CRCは開発、運用だった。 両社が合併に舵を切ったのは「ここにきてCTCが製品販売から保守・運用、システム構築にシフトし、CRCに近づいてきた」(杉山氏)からだ。 杉山氏は「両社の方向が同じになり、統合のメリットが出せると判断した」と語った。 (@IT 垣内郁栄) [関連リンク] [関連記事] (@ITNews) (@ITNews) (@ITNews) (@ITNews) (@ITNews) 情報をお寄せください:.

次の

滋賀大学とCTC、データサイエンス分野における連携協力の協定を締結|伊藤忠テクノソリューションズ

伊藤忠 テクノ サイエンス

ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年収は823万円が年収の平均となります。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年収は、 823万円が平均でした。 () 年度別の年収は、 平成29年:855万円 平成28年:802万円 平成27年:812万円 平成26年:748万円 平成25年:777万円 平成24年:774万円 平成23年:716万円です。 従業員数は約3892人。 平均年齢は、37歳です。 平均勤続年数は10年となりIT業界の中では長い部類にはいります。 4年度分の年収推移をみてみると、年収は年によって数十万円の違いはありますが716万円~802万円の間で推移しています。 サラリーマンの年収水準よりかなり高い年収となっています。 ctcは伊藤忠テクノソリューションズの略称であり、業務はコンピューターネットワークシステムの販売、保守、ソフトウェア受託開発、データセンターサービスなどを行っています。 情報・通信業界の平均年収が430万円辺りなので業界内でも上位に入る企業といえます。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。 是非チェックしてみましょう。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年齢別年収で比較してみよう つぎは、ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年齢別年収をみてみましょう。 各年齢を5歳刻みで算出しました。 最大年収を迎える50代の年収が907万円でした。 またctc 伊藤忠テクノソリューションズ で働き盛りの30代の年収はおよそ754万円になります。 それでは全体の年齢別年収をみてみましょう。 年齢 男性 女性 20~24歳 338万円 338万円 25~29歳 679万円 586万円 30~34歳 702万円 629万円 35~39歳 726万円 650万円 40~44歳 784万円 727万円 45~49歳 892万円 827万円 50~54歳 976万円 907万円 55~59歳 967万円 899万円 60~65歳 633万円 587万円 働き盛りの30代の男女の年収を比較してみると、男性の方が女性よりも 24万円多く貰っている結果となりました。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年収ピラミッドで階層を知ろう 男女年齢別の年収をみてみましたが、次はctc 伊藤忠テクノソリューションズ の社員は年代によってどの年収層にいるのかを年収ピラミッドで表しました。 あなたの年代と是非比較してみてください。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の30代・40代・50代の年代別年収 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 729万円~(推定) 40代で 848万円~(推定) 50代で 1,017万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 297万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 36,451万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は 18,612万円です。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の初任給 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の初任給を見てみると、 修士了:月給24. 5万円 大学卒:月給23. 0万円 となっていました。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の採用情報 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ の採用は新卒、キャリア採用を行ってます。 職務内容は、エンジニア システムエンジニア、サイエンスエンジニア 、営業、スタッフとなります。 勤務地は、東京、大阪、名古屋、福岡がメインとなりその他地域もあるようです。 OBやOG訪問などは、会社から積極的にはしていないため、自分自身で先輩などにあたるのが多いようです。 入社時点では大学卒業時の標準的なレベル(TOEIC450点程度)は最低限必要です。 面接や就職活動でのNGについては、人事ブログを見ると、 面接において、まず挙げたいのが「第一印象」が大事なようです。 身だしなみはちゃんとする。 面接前には鏡で自分自身をチェックすることは必須。 その他面接では、志望動機と、自己PRなどを聞かれ、特に志望動機については深く聞かれるようです。 ctc 伊藤忠テクノソリューションズ のIT業界のランキングは一流企業 IT業界の就職ランキングでは一流企業の一つとされています。 同じランクには、アビームコンサルティング、大和総研、富士通、日本総研 JRI などがあります。 2chや転職サイトの口コミでもやりがいがある企業として評判があるため、信頼度が高い企業ではないでしょうか。 その他口コミでは フリーデスクだった。 体質は、年功序列の日本企業。 若い世代でも責任のある仕事を任せられる。 ブラック企業度は低い! などでした。 ctc教育サービスについて ctcでは教育サービスにも力をいれており、cisco,ccna,ccent,ccnpなどのエキスパートを育てるために研修サービスも行ってます。 会場は、CTCテクノロジー・ラーニングセンター(駒沢) 青山 Oracle 赤坂 F5 赤坂 Sybase 池袋(大塚商会) 渋谷 IBM その他東京会場と大阪、京都、福岡にも会場があります。 元ctc 伊藤忠テクノソリューションズ 社員のクチコミ年収 33歳 男性 システムエンジニア 年収は620万程度。 若い世代からやりたいことが出来ました。 やりたい仕事につけないとちょっと士気が落ちるかもしれませんが年収は安定しているのでそれまではじっくり勉強あるのみ! 30歳 男性 営業 年収は600万程度。 残業はありましたがそんな多い会社でもありません。 関連コンテンツ 情報・通信系企業年収一覧 情報・通信系の年収をまとめています。

次の

伊藤忠テクノ、CRCが合併 業界3位入りを狙う − @IT

伊藤忠 テクノ サイエンス

同社は、この統合に際して固定IP電話や個人ロッカーの導入などによってグループフリーアドレス(グループ単位のフリーアドレス)を可能にしており、コミュニケーションの充実を図っている。 同じく、統合に際して、情報インフラの整備・強化( 注 シンククライアントシステム、生態認証、グルプウエアー等)を行い、情報のセキュリティー強化を実現している。 コミュニケーションとセキュリティーという相反する課題を、同時に実現したオフィスのモデルである。 注 シンクライアント thin cliant : アプリケーションソフト等とサーバーで一元管理し、運用・管理コストの削減をはかるコンピューターシステム (レセプション) デザインコンセプト: 「情報エンジニアリング」 ブランディングウォールコンセプト: 「活気のあるおもてなしの場」 「スタート地点の場」 「ユニークかつ最先端技術の発信の場」 (ウェイティングエリア) レセプションの後方に位置するウェイティングエリアは窓側に面しレセプションとの一体感を創造。 (ゲストゾーンコリドア(通路)) 一目で見渡せる50m以上にも及ぶ通路は永続性のある空間を表現。 (セミナールーム) 最大180名収容のセミナールーム。 大中小とフレキシブルな使用が可能。 (ゲストルーム(プレゼンテーションルーム)) テーブルは提案型ビジネス支援を考慮したデザイン。 2面マルチモニター、ガラスボード(ホワイトボードとスクリーンを兼用)などを採用した機能的空間。 (執務ゾーン(執務側)) 開放的なオープンオフィス。 IPフォンの導入で実現されたグループアドレス制。 (執務ゾーン(通路側)) 帰宅時には各自に割り当てられたパーソナルロッカーにPCや事務用品等を収納し、「クリーンデスク」を習慣化するとともに、日常のセキュリティを強化。 (コラボレーションエリア) 各部間に設置されたコラボレーションテーブル。 通常は6名用、2つのテーブルを使用し、10名以上のコラボレーションも可能。 (リフレッシュエリア(ソファータイプ)) あたたかみのある空間として床、壁、ソファーの素材と配色を工夫。 (リフレッシュエリア(ハイカウンタータイプ)) 気軽に立ち寄れるように執務エリアに隣接。 (リサイクル/廃棄物処理) リサイクルボックスにより廃棄物処理を徹底。 (メールセンター) メールセンターはサービスセンターに隣接。 社内外の郵便物、宅配便を一括管理。

次の