お シッコ する 時 痛い 女。 【排尿痛】おしっこ時の痛みや違和感の原因と病気の見分け方

女性に多い膀胱炎(ぼうこうえん) : 高知医療センター

お シッコ する 時 痛い 女

性交痛の原因 一言で「性交痛」といっても、原因はさまざまです。 病院に行く必要があるものもないものもさまざまなので、原因別にお話していきます。 精神的な問題 特に性交の経験が少ない人に多いです。 性行為に対しての恐怖心や緊張感から、腟内がじゅうぶんに濡れていない状態で性交をしてしまって摩擦による痛みを感じてしまうというものです。 また、一度痛みを感じてしまったことから、「また次も痛いんじゃないか」という恐怖心が芽生えて、痛みが続いてしまうというケースもあります。 前戯不足 前戯が不十分で、まだ女性側の腟内が濡れていない状態で挿入を行うと、痛みが発生してしまいます。 この場合は、男性とのスキンシップを長くとったり、自分が快感を感じやすい前戯に誘導したりなどで解決できます。 体質 濡れにくい体質によって、挿入の際に痛みを感じてしまう場合があります。 前戯がどんなに十分でも、腟内の分泌液の出方などは個人差があるので、体質によっては痛みを感じやすいという場合もあるのです。 ローションなどを使って対処し、少しゆっくり時間をかけて挿入していくのがいいかもしれませんね。 感染症や炎症 性感染症に罹患していたり、腟内でなんらかの炎症が起こっていたりすると、性交痛が発生する場合があります。 挿入前からなんとなく痛みや違和感があり、挿入によって増強するといったケースや、発熱などのその他の自覚症状を伴う場合にはこれを疑います。 感染症の中には、性交痛以外に目立った症状がない場合もあるので、おかしいなと思ったらすぐに受診することをすすめます。 子宮内膜症や子宮筋腫などの女性疾患がある場合にも性交痛が発生することがあるので、定期的に婦人科健診を受けておくことも大切ですね。 性交痛を感じるときの対処法~自分たちで解決~ 性交痛があるときには、どんな解決法があるでしょうか。 例えば前戯で指などを挿入しているときには特に痛みがなく、ペニスの挿入時にのみ痛みがある場合や、性的興奮を感じていないときに感じる痛みなどの場合は、病気によるものではない可能性が高いです。 体質や精神的な問題などによる性交痛は、病院受診の必要は特にはありませんので、二人のラブタイムを見直してみましょう。 もし、前戯が不十分である場合には、パートナーとのスキンシップを増やして、しっかりと前戯の時間をとるようにしましょう。 いつもよりも長めにスキンシップをとることで、リラックスでき、緊張がほぐれて濡れやすくなります。 もし、性行為に対しての緊張や恐怖心が強いようなら、相手の男性としっかりとコミュニケーションをとり、挿入までに時間をかけたり、または挿入をせずに前戯だけを楽しむことをしてみたりと工夫してみるのもよいかもしれません。 それでも体質的に濡れにくくて痛みがある場合は、ローションなどを使って、腟内を潤滑にしてペニスを挿入しやすくするとよいでしょう。 ローションには様々な種類があり、通販やドラッグストアでも多数売られていたりするので、自分に合ったものを探し出しましょう。 性交痛を感じるときの対処法~病院へ~ 体質などではなく、なんらかの感染症があったり炎症が原因で性交痛がある場合には、自分で勝手な診断をするのではなく、病院を受診して正しい治療を受ける必要があります。 腟の入り口あたりや外陰部に、今まではなかった痛みが出てきた場合は、精神的なものなどではなく、外陰部での炎症が原因かもしれません。 カンジダなどによっても痛みが出る場合があるので、このような場合には受診しましょう。 また、腟の奥の方で感じる鈍い痛み 骨盤内の痛み がある場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、場合によっては卵巣腫瘍が原因、なんてこともあります。 奥深くで鈍い痛みがあり、挿入のたびに痛みが増強してきたり、痛みが持続するような場合は、一度病院を受診して検査をしてもらうとよいでしょう。 病院での治療法 感染症がある場合は、感染症の治療を行います。 なんの感染症なのかによって治療法は変わりますが、クラミジアなどの細菌感染によるものであれば抗生剤を処方されます。 痛みがひどい場合には、痛み止めなどが処方される場合もあります。 子宮内膜症や子宮筋腫などは、症状の進行度によって治療が変わります。 女性ホルモンによっておこる疾患なので、ホルモン分泌を調整するためにピルによる治療が行われることもあります。 子宮筋腫も、大きなものになると摘出手術を行うケースもあります。 もし卵巣腫瘍が発見された場合は、腫瘍の切除のほか、転移がないかなどをチェックする必要があります。 性交痛と一言で言っても、実は原因も対処法もさまざまです。 なんらかの感染症や内膜症があると思って慌てて病院に行ったら、精神的な理由によるものだったということもありますし、新しいパートナーの前戯不足だと思っていたら、感染症にかかっていたというケースもあります。 濡れていないことによる痛みではなさそうだな、と思ったら、はやめに受診するのがよいかもしれません。 医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。 著書に「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。 ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。 <コンテンツ提供/ラブリサーチ>.

次の

【排尿痛】おしっこ時の痛みや違和感の原因と病気の見分け方

お シッコ する 時 痛い 女

ぼうこうは風船のように伸び縮みしてオシッコをためたり出したりしていますが、血液から得られる酸素が減ると十分に機能しなくなってしまいます。 ぼうこうは心臓から最も遠い臓器で、血流の変化を受けやすいのです。 (軽度の尿の悩みは下腹部をカイロで温めると改善します。 お尻体操の方法• 5秒間お尻の穴を締めたあと、ゆっくり緩める。 1を1日合計20回行う。 3か月で症状の改善が期待できます。 頻尿は高齢の方だけの悩みではありません。 実はあるトイレ習慣によって頻尿になってしまうことがあります。 私たちの体には、ぼうこうの張り具合で尿意を知らせてくれる尿センサーがあります。 ところが、このお知らせ尿意のたびにトイレに行く習慣を長く続けると、尿センサーくんは「これくらいのたまり具合が限界なのだ」と勘違い。 本当はまだ貯められる余裕があるのに、強い尿意を発してしまうのです。 「オシッコはまだまだ貯められるんだよ」と尿センサーくんに教えてあげることで、再び正常に働いてくれるようになるのです。 【オシッコトレーニングの方法】• いつでもトイレに行くことができる家などで行う• 尿意がきたらまずは5分。 次に10分というように少しずつ我慢する時間をのばす。

次の

【排尿痛】おしっこ時の痛みや違和感の原因と病気の見分け方

お シッコ する 時 痛い 女

ふつう黄色がかった透明であるはずの尿がにごっているのをみたとき、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。 尿がにごっているように見える上、しみて痛い• たまに尿がにごっているけど、いつもではないのでそのままにしている• 健康診断で尿の異常を指摘されたけど放置していたらにごった尿が出た…関係ある? このような場合に考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 尿のにごりの原因となる病気 病気でなくとも、濃縮された尿が長時間膀胱内にたまっていることによって尿の成分が結晶になり、尿の混濁を起こすこともあります。 しかし、症状によっては病気によるにごりが起こる事もあるため注意が必要です。 尿のにごりを起こす病気のうち、主なものには以下のようなものがあります。 膀胱炎・腎盂腎炎 ぼうこうえん・じんうじんえん は、何らかの細菌が膀胱に入り込む事で炎症を起こしている状態です。 また、炎症が膀胱にとどまらず、腎臓の腎盂という部分にまで炎症が及んだものをと呼びます。 になると、尿がにごる、トイレの間隔が近くなる、排尿時に痛みを感じるなどの症状があらわれます。 さらに発熱や腰痛などがある場合には、の可能性があるためはやめの受診が必要です。 受診の目安とポイント 尿のにごりに加えて、血尿や痛みなど他の症状がある場合や、発熱など体全体の症状がある場合には早めの受診がすすめられます。 またほかに症状がなくともにごりが続いている、毎回ではないがしばしばにごった尿が出ることがあるなどの場合にも一度受診を検討しましょう。 受診の際には、いつからの症状で、他の症状があるかどうか、毎回尿がにごっているわけではない場合には頻度などについて、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。 また、尿のにごりは口頭で伝えることが難しい症状でもあるため、スマートフォンなどで写真に収めておくと参考になる場合もあります。 日常生活上の原因と対処法 食習慣などが原因で尿がにごることもあります。 シュウ酸を含む食品の摂りすぎ ホウレン草やタケノコ、コーヒー、紅茶などシュウ酸を多く含む食品を摂りすぎると、シュウ酸が尿中に排出されるようになります。 するとシュウ酸カルシウムの結晶が尿中にできやすくなり、尿がにごる原因となります。 また、肉中心の食生活も同様の状態を招く原因となるといわれています。 この状態が長く続くとの原因となるとも指摘されているため注意が必要です。 シュウ酸の摂りすぎを防ぐ方法 シュウ酸は水に溶けるので、野菜などはゆでることでシュウ酸の量を減らすことができます。 また、カルシウムを含む食品を一緒に摂ると、シュウ酸が尿中に排泄されにくくなります。 たとえば、ホウレン草にかつお節をかける、タケノコをワカメと一緒に煮る、コーヒーや紅茶にミルクを入れる、といった少しの工夫を取り入れてみるのもよいでしょう。 もちろん、肉中心で高タンパク高脂肪の食生活を送っている人はその改善も必要です。 よくならないときには 尿のにごりが続く場合には、食習慣以外に何か原因があるかもしれません。 いつまでもよくならない場合には、早めに受診をして医師の診察を受けましょう。

次の