精神科医 恋愛。 精神科医に恋をしてしまいました。イケメンで、クールな男性です。今年の春から、通院していて始...

精神科医の本音 恋愛

精神科医 恋愛

結婚のところでも軽く触れましたが、精神科医だからといって人の心が分かるわけではありません。 ときどきドラマなどで、人の心を読んだり、人を洗脳する精神科医が登場しますが、精神科医の本音としては、そんな都合のいい能力あるわけねーよ、と思います。 そんなことができるなら、うつ病の人を洗脳して元気にすればいいわけで・・・。 薬もいらない名医の誕生となります。 実際は、人の心が読めないので精神科医同士での喧嘩もあれば、恋愛もうまくいくとは限りません。 ある先生が、医療事務の子を食事に誘ったけど断られた、とか 別の先生が、飲み会の帰りに看護師を誘って断られた、とか そんな噂を聞くことがあります。 人の心がわかるなら断られないでしょうし、断られたとしても後で言いふらすような相手は選ばないでしょう。 わたしの場合は運よく結婚できましたが、学生時代も医師になってからも、付き合ってはみたもののうまくいかず、こりゃ一生独身かなと思っていたものです。 精神科医だからといって、恋愛がうまくいくとは限りませんが、その反面、恋愛と距離を置いているというか、ひとりでも平気な人も多い印象があります。 釣りやらゲームやら、ひとりでもできる趣味があり、定時になれば挨拶もなく帰っていく先生もいます。 わたしも今回この記事を書くにあたって、恋愛がらみの本はないかと本棚を見てみましたが、まったくありませんでした。 恋愛小説のひとつやふたつ、あってもいいものですが・・・。 しいて言うなら、この一冊。 「モテ」につながるであろうファッション関連の本。 しかも、ファッションは手を抜こう、という持ち主の強い意志を感じます。 以上まとめると、精神科医の本音としては、恋愛にそこまで関心はないが、本気でやってもうまくできる自信はない、です。

次の

転移や逆転移とは-精神科医を好きになってしまう理由は陽性転移?-

精神科医 恋愛

私は今年中に22歳になるもので躁鬱病です。 今は大分症状も良くなりました。 そしたらまずはありがとうと三回も頭下げてくれて逆に私が突然すみませんでしたって言ってたら大好きっていう気持ちは嬉しいし悪いきはしないよってでも私は私で先生は先生だよとも言われました。 先生の顔が少し赤みを増していて照れた感じに見えました。 生まれ変わったらは先生が笑顔でうんうんとぺこりとしてくださりました。 とっても嬉しかったです。 私はただ先生に大好きですって伝えたかっただけでしたので…その告白??の後いつもより長く話をして彼の愚痴や悩みも言い色々な知識も教えてくださったりと優しく男性らしく安定した収入ですのでハイスペックです。 話も新鮮で楽しく忘れかけていたドキドキ感とかなど思い出してしまいました。 先生は年齢は教えてくれず腰低いかんじで私よりおっちゃんですってたまりませんでした 歳を気にしている感じはありました 帰りにいつもは言ってくださらないのに気をつけて帰るんだよってヤバかったです。 これから私…耐えられるのか??不安です。 今の彼はあまり一般的な知識しかなく先生に比べてしまうとレベルなんて使いたくはないですが低いですし先生が彼はきっと線が細い人だって 先生と結婚できなくてもいいです 現世では 一緒に出掛けたりメールしたりしたいです。 本当は…ごめんなさい。 どんな関係性でもいいから先生といたいです。 年齢なんて関係ないです。 楽しいですし新鮮ですし優しいですし…。 長文すみませんでした。 中傷や誹謗はやめてください。 真剣に悩んでますのでアドバイスください。 あと先生の気持ちも客観的に教えていただきたいです 社交辞令とはわかってますが お願いいたします。 先生との会話のやり取りは実際にあったことです。 私は本気になってしまったことはいけないこととわかってはいます。 ちなみに私は接客業をしていて以外に人の表情や声のトーンなどで感じ取れたりはします。 特に男性相手ですので余計にかもですが• 今の主さんには、誹謗中傷になってしまうのでしょうか。 それならお許しください。 まず、自分が助けられたと思う人に恋心が生まれるのは、ごく自然ですし、よくあることです。 私も心療内科に通っていました。 意図はわかりませんが、超ミニスカートで胸を強調した服を着てくる女性が何人もいて、びっくりしました。 おしゃれすることは、回復に向かっているとも言えます。 医師は心の病を持つ方に、基本イエスマンです。 「うん。 そうか」 バレンタインデーには、机にはチョコだらけ。 おっしゃるように、来世に会えればいいですね。 それが回復に向かうのならば、とても嬉しいことです。 でも、治療です。 気を使わず問診に答えてほしいと思います。 お大事になされて下さい。 私の通っている精神科は山奥で年配の患者さんか子どもさんが目立ちます。 私は清楚系な服を着ています。 先生はきっと清楚系の方が好きだと思うからです。 やはり住む世界が違うのですね。 精神科医は、患者にプライベートな番号を教えたりできません。 患者との恋愛は禁忌とされています。 信頼から依存になり自律できなくなることは想定内です。 四六時中電話がかかってくるようになったりしてさらに病み、治療どころではなくなるといいます。 先生が主さんに接しているのは、患者を治療するためで、プライベートの姿ではないんですよ。 確かにそうかもしれません。 でも先生は優しい方です。 四六時中なんてメールしたり連絡なんてましてはしません。 実際に今の彼とのメールも1日2~3通くらいです。 先生にだって朝に1通に夜に1通くらいしかしません。 もともとメールが苦手でもありますので• 精神科医は、患者にプライベートな番号を教えたりできません。 患者との恋愛は禁忌とされています。 … 確かにそうかもしれません。 でも先生は優しい方です。 四六時中なんてメールしたり連絡なんてましてはしません。 実際に今の彼とのメールも1日2~3通くらいです。 先生にだって朝に1通に夜に1通くらいしかしません。 もともとメールが苦手でもありますので• あーあ、個人的に連絡してるんですか。 気を付けたほうがよいですよ。 精神科医の中には、何人もの患者と関係を持ち、それを治療と称する人がいるみたいです。 優しいと思った、て。 最近も雑誌に出ていましたよ。 有名な事件の精神鑑定をした医師。 精神科医、性的関係、などで検索してネットもよく見てみてください。 個人的な関係はNGと学会で決められていますよ。 四六時中メールしたりパニックで連絡したりは、患者のほうですよ。 エスカレートするんです。 それと、確かにそうかもしれません、ではなく、決まりごとがあるんですよ。 知らなかったのなら、そうなんですか!?て反応でないとおかしいです。 でも、優しいです。 の、でも、が分からないです。 何を打ち消していますか?• 主さんが好きになるのも解ります。 やんわりと上手に断ってますからね。 担当医ですからどの道そう簡単には受け入れられないでしょうからどちらにせよそうなると思います。 ただ、相手が変にポジティブだと勘違いさせる可能性もある言葉ですが、相手は精神科に通う患者さんですから、そういう対応が正解なのかも知れませんね。 神対応ってやつですね。 主さんが一線超えずに想う分にはいいと思いますよ。 恋心なんてどうしようもないものですから。 主さんの自由なんですから。 人から好かれる、想いを寄せられるというのは有難いものです。 ただ、相手にその気が全く無い場合、応えられない人にとっては、人による一定ラインを越えようとした瞬間迷惑になるものでもあります。 だから、想う分には構わないと。 自分を助けてくれる相手に好意を持つのは普通の事でもあります。 主さんが、想うだけでも良いと思ってそれが励みになるならば主さんにとっても良いものなのでしょう。 ただ、受け入れて貰えてない時、諦め切れずに思い悩みそれが鬱を悪化させる可能性というのも十分に有り得る事なので、注意が必要でしょうね。 先生は確かに神対応ですよね。 でも先生に嫌われてしまったら鬱になるかもです。 でも先生は優しい方です。 四六時中なんてメールしたり連絡なんてましてはしません。 実際に今の彼とのメールも1日2~… あーあ、個人的に連絡してるんですか。 気を付けたほうがよいですよ。 精神科医の中には、何人もの患者と関係を持ち、それを治療と称する人がいるみたいです。 優しいと思った、て。 最近も雑誌に出ていましたよ。 有名な事件の精神鑑定をした医師。 精神科医、性的関係、などで検索してネットもよく見てみてください。 個人的な関係はNGと学会で決められていますよ。 四六時中メールしたりパニックで連絡したりは、患者のほうですよ。 エスカレートするんです。 って? 医者は患者が一日でも早く回復するよう、懸命に治療をしてくれている。 それは、貴女だけじゃなく、沢山の患者さんの為に。 好意を持つ事は悪いことでは無い。 それで毎日にハリが出たり、前向きになれるなら、大いに結構な事だと思う。 でも、押し付けは良く無い。 自分の思い通りにならない、それは仕方がないこと。 フッたフラれたなんて、貴女だけじゃない、沢山の人が、一度や二度経験している事。 その度に病むのは、それは相手の所為じゃない。 うちの旦那、部下の女性に一方的に惚れられて、毎日「おはようございます」 「おやすみなさい」って、LINE攻撃されたの。 旦那は無視を続けてね。 部下の女性、鬱になったんだって。 旦那に嫌われたからだって。 何で?思った。 人の所為にしないでよ思った。 鬱の人には優しく、理解と協力が必要なの分かるけど、振り回される周りのことも、少しは考えた方が良くない? 貴女が今優先させるべきは、治療。 彼氏もいるみたいだけど、彼氏蚊帳の外だけど? 回復したら、医者に対する気持ちも無くなるだろうけど、四六時中医者の事が頭から離れないようなら、今の担当医師は、貴女に合っていないって事だと、医師側が判断するかもね。 医師は、一人でも多くの患者を回復させる為に、仕事しているんだから。

次の

転移性恋愛~精神科医のタブー~第5話のネタバレと感想|めちゃコミック|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

精神科医 恋愛

嵐の二宮和也(36)と元フリーアナウンサー、オードリーの若林正恭(41)と20代の看護師、イモトアヤコ(33)と日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ』のプロデューサーなど、2019年秋以降の芸能界は空前の結婚ラッシュが続いた。 そのなかで話題を呼んだのが、元「ももいろクローバーZ」の有安杏果(24)と、25歳年上の A氏(49)との結婚だ。 A氏は都内でクリニックを開業する精神科医で、有安がももクロ時代から主治医を務めていたと報じられた。 2019年11月24日に有安がInstagramでA氏との結婚を発表すると、投稿から3時間で1万2000件以上の「いいね」がつく一方、ネットを中心に「素直に祝福できません」「精神科医と患者が結婚してもいいの?」との声が多数寄せられて賛否両論となった。 「有安さんのケースはさておき、一般的に精神科の患者が主治医に恋愛感情を抱くことはあるのですが、それから発展して性的関係を持つようになるのは問題です」と指摘するのは、精神科医の片田珠美氏だ。 「精神科の患者は、治療中に自分の悩みを真剣に聞いてくれ、何でも相談できて頼りになる主治医に恋愛感情を抱きやすい。 これは、フロイトが『ほれこみ』と呼んだ精神状態です」(片田氏) 心身が弱っている患者は悩みを真摯に聞いてくれる主治医に恋心を抱きやすいとの指摘だが、なぜ、転移性恋愛は「気をつけなければいけない」のだろうか。 「転移性恋愛が生じると、主治医が患者の愛情欲求を満たさなければ治療が中断することもあります。 また、一時的な恋愛関係を結んだとしても、その後で患者が精神的に傷ついたり、主治医に対する怒りや復讐心を持ったりすることもあります。 たとえ結婚しても、転移性恋愛は治療関係を通して引き起こされるのであり、必ずしも医師個人の人柄に魅力を感じたわけではないので、結婚生活に幻滅するかもしれません。 様々なリスクがあるからこそ、フロイトは患者とは距離を置き、深みにはまらないことを精神科医に求めました」(片田氏) 精神科だけでなく、内科や外科、産婦人科などの他科でも、症状で不安になった患者が信頼や尊敬、感謝などの気持ちから主治医に好意を抱き、それが恋愛感情に発展するケースがある。 例えば2017年に斉藤由貴(53)が横浜でクリニックを経営する50代医師とのW不倫疑惑を報じられた際も、ネットでは「転移性恋愛ではないのか」と議論された。 ただし臨床現場においては、患者が主治医に一方的な好意を抱くだけでなく、恨みや敵意、憎悪といったマイナスの感情を主治医に向けることもある。 精神的に不安定な状態になって受診した患者から「好き」と「嫌い」というまったく逆の感情を一方的に向けられるリスクを背負いながら、多くの医師は患者の治療に全力を尽くしている。 他方で精神科の医師には、他科よりも患者との関係に慎重であるべき事情があるという。 「患者が医師に恋愛感情を抱きやすいことに加えて、精神科医は脳内の神経伝達物質に作用する向精神薬を用いるからです。 だが精神科の臨床においては、医師が自らの立場を利用して患者を支配する可能性がないわけではない。 それゆえ、欧米では、治療中の精神科医が患者と性的関係を持つことを「犯罪行為」として刑法などで規制したり、医師資格の抹消を含む制裁を加えたりするケースが見られる。 例えばドイツの刑法は、「治療を行う関係を濫用して、精神療法が行為者に委ねられている者に対して性的行為を行うなどした者」は、「三月以上五年以下の自由刑」と定める。 だが日本には明確なルールが存在しない。 多くの精神科医が所属する日本精神神経学会は「精神科医師の倫理綱領」で、〈精神科医師は、専門的技能および地位の乱用を行ってはならず、精神を病む人びとからのいかなる搾取も行ってはならない〉とするが、罰則規定は設けられていない。 2019年11月には、通院先の鹿児島県内の精神科医から性的搾取を受けたことを原因として自殺したという女性(当時27)の遺族らが都内で会見を開き、医師と患者が性的関係を持つことを法律で禁止するよう求めた。 遺族らは、主治医だった精神科医が不適切な投薬や懲罰的な断薬を繰り返して女性を支配していたと主張している。 もちろん、知り合ったのは精神科医と患者としてであっても、治療終了後に恋愛・結婚へと発展するケースもあるだろう。 本人たちが望んだ生活を送るならば、出会ったきっかけにこだわる必要はない。 ただ一方で、精神科医と患者の関係は構造的に様々な問題をはらみやすいので、個々の医師の倫理観のみに委ねるのではなく、明確な規則を定めるべきではないかとの声も聞こえる。 「海外では法律などで規制されていること自体、裏を返せば、この問題がいかに根深いかを物語っています。

次の