猫 毛色 性格。 毛色の種類で違う猫の性格、意外と知らない猫の豆知識

英国短毛猫最漂亮的11种毛色,你家养的是哪种?

猫 毛色 性格

近几年,养猫的人越来越多,狸花猫、橘猫、三花猫等一些中华田园猫都成了铲屎官的"常客"。 不过,也有一些人比较喜欢国外的猫,比如波斯猫、布偶猫、加拿大无毛猫等。 而近几年,英国蓝短猫凭借着它的大圆眼和大圆脸成功获得了铲屎官们的青睐。 不过,英国短毛猫的长相基本上都差不多,差别最大的应该是毛色。 英国短毛猫究竟有多少种颜色,你真的知道吗? 1. 蓝色 我们一般称蓝色的英国短毛猫为蓝短,蓝色的毛发应该算是比较常见的了。 圆胖的体型,短密的毛发,平时不喜欢大幅度运动。 白色 白色的猫、狗都会显得比较"天使",当然,白色的英短也会。 只不过,白色显胖,本来就圆滚滚的英短,在白色的衬托下,显得更胖了。 黑色 黑猫跟黑猫还是不一样的,黑色的英短少了那份戾气,多了一份呆萌 4. 乳色 乳色的英短相对来说数量还是比较少的,物以稀为贵,所以它的价格一般情况下也是比较高的。 黑白 黑白色的猫,奶牛猫?在夜里只能看见白的地方,一动一动地走过来 6. 蓝白 只要身上有白色,有蓝色的猫都可以称为蓝白。 通常情况下,背部是蓝色的,腹部是白色的,脸上蓝白分别呈正三角和倒三角形分布。 乳白 特别喜欢乳白色的英短,看起来给人一种暖暖的、萌萌的感觉。 蓝乳双色 这种颜色的英短应该也属于是比较少的,有的英短身上除了蓝乳色之外还会有一些白色,其可以被成为是三花英短。 养英短比较多的铲屎官会发现,其实黑色跟蓝色有点儿接近,黑色退化慢慢地就会变成蓝色。 金渐层 底层绒毛从浅黄色逐渐过度到亮黄色,背部或者是尾部的毛尖稍有黑色,脸部和腹部一般为浅色。 银渐层 相比于金渐层,银渐层的价格会低一点。 黑色占比在八分之一到三十二分之一,背部为黑,胸部为浅。 虎斑 除此之外,英短还有玳瑁、凯米尔等稀有颜色。 相信大多数养英短的人,不仅仅是看重英短的颜色,更重要的是英短性格比较安静,对人温柔,是陪伴最适合的猫咪。

次の

プロが語る「ネコの性格はこの9種類のどれかです。」猫は毛柄で性格が違う?

猫 毛色 性格

三毛猫(みけねこ)の柄の色は黒、茶色、白の3種類。 茶色の色は、どちらかというとオレンジっぽい色味なのがポイントです。 また、散歩中に三毛猫(みけねこ)を見かけたことがあるという方が多いはずですが、白や茶トラ、キジトラのように、三毛猫も野良猫の中でよく見られる柄です。 そんな三毛猫(みけねこ)は、日本猫にカテゴライズされます。 ですが日本猫だけでなく、実は洋猫にも3色の柄をしている猫がいます。 例えばメインクーンやスコティッシュフォールド、マンチカンでも三毛猫(みけねこ)のような柄をした子がいます。 洋猫で3色の柄だと和と洋が混ざった感じで、可愛らしいですよね!ちなみに三毛猫(みけねこ)は、海外でも人気があります。 三毛猫の毛の模様の種類の1つ目は、縞三毛です。 縞三毛はしまみけと読み、黒と茶色の柄の中にしましま模様がある猫のことをいいます。 三毛猫でもしましま模様があることから、まるでトラ猫のような、キジトラのような雰囲気も持ち合わせているのがポイント!また野良の三毛猫の中でも、比較的多く見られる柄の種類です。 縞三毛の性格ですが、他毛の柄の種類を持つ三毛猫より自己主張が少ないです。 静かな傾向がありますが、怒ると怖い一面を見せることも…また母親意識が強く、いい母親になるのも特徴のひとつ。 子猫が生まれると、必死に守ろうとします。 キジ三毛は縞三毛やとび三毛と比べ、柄の色が薄くなっているのが特徴です。 毛の柄がくっきりしていないことから、他三毛猫の種類よりもキジ三毛は柔らかな印象を与えますよね!またこのキジ三毛も、縞三毛と同じく野良の三毛猫に多く見られる毛の柄です。 そんなキジ三毛は、思慮深い性格をしています。 また人見知りで心を許すまでに時間がかかるため、はじめのうちは仲良くなるのに時間がかかると感じてしまうかもしれません。 中にはごはんをくれる人が飼い主でないと、食べないという子もいるようです!ですが一度心を開くと、可愛く甘えてくれるのがキジ三毛です。 好き嫌いがはっきりしていることから、そりの合わない猫と喧嘩をする、また嫌いな人には近づかないという一面を見せることもあります。 エサの好みもはっきりしていて、カリカリでないと食べない三毛猫、逆にウェットタイプでないと食べない三毛猫もいます。 また、三毛猫は好みがはっきりしていることに加え、気まぐれな性格をしています。 そのため三毛猫を飼った方の中で、「大好きなエサをあげたのに食べてくれなかった」という経験をされた方も多いはず。 エサを食べないと、体調でも悪いのか心配になってしまいますよね。 ですがこれは三毛猫特有の気分屋の性格からきています。 三毛猫と同じく日本猫の茶トラは甘えん坊な傾向がありますが、三毛猫は依存心がなくしっかり者であることが多いです。 同じ日本猫でも性格が違うのは、とても興味深いですよね!また三毛猫が独立心が強いのは、三毛猫のほとんどがメスだからだといえます。 というのは一般的に猫はオスの方が甘えん坊、メスの方がしっかり者という性格の傾向があるからです。 そんな独立心が強い三毛猫はお留守番が得意な子も多く、家を留守にしがちな方にも飼いやすいのがポイント。 飼い主に甘えてべったりするのが好きな猫もいますが、三毛猫は飼い主とある程度距離を置いた関係を望みます。 三毛猫はもともとメスが多いため家族意識が強いです。 母猫になると、子猫を育てようと一生懸命になります。 ただし他子猫にはドライで、自分の子猫でないと世話しないという冷淡な部分もあります。 このギャップは人間からしたら、びっくりしてしまいますよね! また、三毛猫は警戒心が強いため、はじめは距離感を感じてしまうかもしれません。 ですが三毛猫は一度心を開けば、飼い主のことを大切な家族だと認識してくれるでしょう。 中には家族である飼い主のことを、守るような態度を取る三毛猫もいるようです!小さな体で守ろうとする姿に、きっと愛情を感じることでしょう。 三毛猫は頭が良いため厳しい躾をしなくても、トイレの場所などはきちんと理解してくれます。 三毛猫を迎え入れるときは、ほどよい躾で大丈夫です。 もちろんできたことに対しては、撫でたりごほうびのエサをあげるなどしてしっかり褒めてくださいね! ちなみにあまりに厳しい躾をしてしまうと、三毛猫に気分を害する嫌な人だと認定されてしまうことも…三毛猫は好き嫌いがはっきりしているため、一度嫌いな人に分類されてしまうと、そこから這い上がるのは難しいといえるでしょう。 また三毛猫の警戒心を高めてしまう恐れがあるので、躾の仕方には十分注意してください。 三毛猫はデリケートな性格をしているため、部屋が散らかっているとストレスを感じてしまうことがあるので注意しましょう。 三毛猫を飼うときは大切なお客さんを招き入れるときのように、部屋をしっかり掃除するよう心掛けてくださいね。 ちなみに猫がストレスを感じると、食欲がなくなる、毛づくろいをしなくなる、大声で鳴き続けるなど、行動面に異常が目立つようになります。 これはまれにクラインフェルター症候群といって、XXYの染色体を持つオスが生まれることがあるからです。 オスのみけ猫が生まれる確率は非常に低いため、販売価格はなんと3000万円ほどともいわれています! ですがオスのみけ猫がメスのみけ猫のように健康体かといえば、そういう訳ではありません。 クラインフェルター症候群という染色体の異常からオスになったため、生殖機能がないまま生まれてきたり、体が弱く病気になりやすかったりします。 三毛猫は猫らしい性格が魅力的!躾をする際は注意が必要 三毛猫は賢く綺麗好き、また運動神経が良いので、三毛猫を飼うときは躾の仕方や住環境に配慮してくださいね。 最初はとっつきにくい三毛猫ですが、心を開けば飼い主のことを本当の家族のように接してくれるでしょう。 今回の記事を参考にして、ぜひ三毛猫と素敵な関係を築いてくださいね!•

次の

毛色の種類で違う猫の性格、意外と知らない猫の豆知識

猫 毛色 性格

<目次>• 猫の性格はどうやって決まる? 私は1頭の猫の中にはいくつもの『にゃん格(人格)』があるのではないかと考えています。 ベースの性質は生まれ持ったものですが、その後の環境や経験、相手、その場の状況によって様々な『にゃん格』が姿を表すのではないかと。 ここでいう性質は持って生まれた基本的な『にゃん格』で、性格はその後の環境や経験等によって付加された『にゃん格』とご理解ください。 もともと単独で狩りをする猫は縄張り意識が強く、同族の猫を含め人や他の動物と共生することがあまり得意ではありません。 しかし、自分に敵意を見せず、好意を示してくれ、自分の存在をそのまま受け入れてくれる相手であれば、猫側の受け入れ度もあがります。 子猫の時から一緒に成長すれば、他の動物とも仲良しになれます 幼猫の時には、攻撃されたり痛い目に遭わない限りほとんどの動物と仲良くでき、そのまま一緒に成長すれば仲良しの関係が続きますが、離ればなれになって成長すると、ほとんどは忘れてしまいます。 多くの犬は幼い時に分かれた親兄弟や、例えば3日だけ一緒に過ごした人のことを一生覚えています。 しかし、猫はそれぞれの記憶力によって違いがありますが、親兄弟や育ててくれた人と久しぶりに再会しても警戒して隠れてしまったり、攻撃したりと忘れてしまって、受け入れができなくなることが多いようです。 猫は相手を『個』として認識・区別ができる動物です。 それまで人と猫が1対1で暮らしていたところに新人猫が仲間入りしたり、結婚して同居人が増えたり、赤ちゃんが生まれたりと環境に変化が起きた時、猫は不安感から今までと違う『にゃん格』を見せるかも知れません。 この猫の多面性も猫の魅力のひとつでしょう。 猫の毛色から見る性格・性質 多面性を持った猫の性格を一言で表すのは非常に難しいですが、同じ毛色柄を持つ猫の本来の性質は、似通った部分が多いようです。 「でも、うちの子はキジ猫だけど、こんな性質じゃない」という猫もいるでしょう。 猫の毛色は、両親双方からひとつずつ毛の色の遺伝子をもらうことにより決定されます。 ですから、表面上はキジトラに見える猫が実は黒の遺伝子を持っていれば、キジトラだけど黒の性質が表れている可能性もあるのです。 こうして猫の性質はますます複雑になるのです。 ここでは、猫の毛色・柄が持っている可能性の高い、猫の基本的な性質についてご紹介します。 キジ猫(ブラウンタビー) 三毛猫(三色の毛をもつ日本猫) サビと同じく、ほとんどがメスで、猫らしい性質の子が多いです。 メス猫特有のワガママで気位が高く、警戒心が強い、気分屋、その時によって甘えたさんになったり、手のひら返しで人を避けたり。 人にはなれなれだけど、猫の好き嫌いははっきりしていて、相性が合わない猫は徹底的に追いつめる高ピーな子もいます。 非常に母性本能が強い子が多いですが、自分の子どもは命がけで守っても、よその猫の子には全く無関心・興味を示さないことも。 しかし、一度受け入れたら他の猫でも命がけで守る強さがあります。 洞察力に優れていて、にゃん格をたくさん持っている猫が多いようです。

次の