本当は 10 倍 怖い 火垂る の 墓。 全て実話だった!【火垂るの墓の都市伝説・裏話】

曇りがちな空の黄色い月の晩に、映画『火垂るの墓』の解説動画を観る。これは、深い、余りにも深い…

本当は 10 倍 怖い 火垂る の 墓

1 4月15日放送の『 』では、5日に逝去された高畑勲監督への追悼として、代表作の1つである『 火垂るの墓』の特集が行われました。 岡田斗司夫氏。 まず、清太と節子の2人が親戚の家を出て防空壕で暮らし始めた時、夜中に上空を飛んで行く飛行機を見つける、というシーンがあります。 その飛行機のかすかに点滅した灯りを見た清太は「特攻機や」と言います。 つまり、 これから相手に自殺攻撃をかける飛行機だと。 すると、次に節子が「 蛍みたいやね」と言うんですね。 その後、清太は、暗い洞窟で寝るのを嫌がった節子のために、何十匹もの蛍を捕まえてきて、蚊帳の中に放ちます。 2人が蚊帳の中に蛍を放すという時に、構図がロングになるシーンがあるんですけども。 これがもう、すごく意地悪なんですよ。 穴の中に2人が立っていて、その周りを蛍が飛んでるんですけども。 こういうふうに、この作品の中では、蛍のように光を発している時には、必ず死を暗示させるような見せ方をしてるんです。 この蛍の飛ぶ蚊帳の中で、清太は、お父さんが乗った日本海軍の連合艦隊の観艦式の様子を思い出します。 だけど、清太が思い浮かべる夜の海上で光に包まれた連合艦隊の摩耶という船は、実は、 このお話の1年近く前に沈んでいるんですよ。 つまり、この作品の中で光るものというのは、特攻機にしても、蛍にしても、連合艦隊にしても、すべて死ぬことになるんです。 「死に行くものだからこそ、光り輝いて美しい」というような描かれ方をしているんですよ。 蚊帳に蛍を放った翌朝、清太が「何してんねん?」と言うと、大量の蛍の死骸を土に埋めながら、節子が「お墓作ってんねん」と言います。 そこで「お母ちゃんもお墓に入ってんねんやろ? うち、叔母ちゃんに聞いてん。 お母ちゃん、もう死にはって、お墓の中に居るねんて」というふうに節子に言われた清太は、もう号泣してしまいます。 このシーン、あまりのかわいそうさに泣いちゃう人も多いんですけども。 もちろん、蛍という生き物は、光を放ち始めたら数日間で死ぬ運命なんですけども、だからといって、自分たちの慰めのために、蚊帳の中に閉じ込めて、自由を奪っていいという理由にはなりませんよね。 そして、「蛍、かわいそうやから、逃してあげよ」なんて発想は、別に節子にもないんですよ。 この蚊帳の中で蛍が飛んでいるシーンは、映画の冒頭ともリンクしています。 これは冒頭、幽霊となった清太と節子が、電車の窓の向こうで燃える、神戸大空襲の爆弾投下の様子を眺めているシーンなんですけど。 「火が垂れ落ちてくる」から「火垂る」と書く。 そして、この空襲の風景を眺める2人の中には「ツラいね、悲しいね」という思いはないんですよ。 この火垂るについても、蛍と同じく「 生命が燃えていて、綺麗だね」という視点で眺めているんです。

次の

火垂るの墓のエンディングの意味とは?怖いと言われる理由とは?

本当は 10 倍 怖い 火垂る の 墓

火垂るの墓はジブリアニメとして有名になったが、元は 小説である。 その詳細は後で書くが、セミドキュメンタリーとでも言うべき辛く悲しい真実の話だ。 当然、その都市伝説も辛い話が大半である。 このアニメは「はだしのゲン」と並んで戦争アニメの傑作と言われているが、一時は夏の風物詩と思われるくらい終戦記念日に放映されていた。 しかし、最近は全く見ない。 ここにも都市伝説があるので後で詳しく書こうと思う。 このアニメを見て戦争の悲惨さを知るのは良いことだと思う。 お子さんが見た場合には少々刺激が強いのかもしれないが、どこかで戦争は嫌だという気持ちを実感しなければならない。 ともかくこの記事では、火垂るの墓の 都市伝説について書きたいと思う。 節子の「本当の死因」は都市伝説で明かされていた 主人公清太の妹・ 節子の死はこのストーリーのヤマ場だ。 節子の死は通常、「栄養失調」が原因だと考えられてきた。 餓死を想像させるシーンは有名な「 サクマのドロップ」以外にも実はたくさんある。 しかし都市伝説では「違った死因」が解説されているのだ。 それは「 化学物質による身体の変化」だ。 まず原作の記述から見ていこう。 原作では死因は「急性腸炎」とされている。 もう立ち上がれない状態にまで衰弱して栄養失調に陥っていたと記述されている。 しかし、気になる記述があるのだ。 これはアニメでも描写されているが、節子の目に異物が入る場面だ。 そして衛生兵に目を洗ってもらっている。 節子の目にはいわゆる「 黒い雨」が入ったのだが、これは原爆の黒い雨と違って、決して放射能の雨ではない。 これは火災の「スス」が上空で雨と混ざっていたのだ。 大きな火災の際には上昇気流によって 火災積雲という雲ができ、それによって雨が降る。 ここで何のススかということが問題になる。 実際の神戸空襲においては、海軍関係の化学薬品を扱っていた軍需工場が燃えていた。 この化学物質が燃えて出来たススと混ざった雨が節子の目に入り、その毒物によって身体が 中毒反応を起こしたのだ。 そして体中に発疹が出来たうえに下痢をした結果、 急性腸炎を引き起こして衰弱死したものと思われる。 上記の考察に関してはWeb上に大変詳しい記事があるので、興味のある方は検索して頂きたい。 火垂るの墓は「清太の死後」の回想シーン 皆さんは火垂るの墓の オープニングを覚えておいでだろうか?それはこんな一節だ。 「 昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」 つまり、死んだ清太が過去を回想して語る形式でストーリーが進んでいくということだ。 さらに高畑監督は「清太と節子の幽霊を登場させているが、この幽霊たちはこの体験を繰り返している」と語っている。 表現として画面が赤くなるところは幽霊である 二人の回想シーンだということだ。 つまり小説はともかく、火垂るの墓のアニメは「清太と節子の霊が、自分たちの経験した 悲惨な死を 繰り返し体験するストーリー」だということになる。 そこから永遠に抜け出せないとなると、まさに悪夢のような話になっていると言えるのだ。 Sponsored Link 火垂るの墓には実写版があった! アニメで有名な火垂るの墓だが、なんと 実写版が存在する。 まず最初は2005年の テレビドラマ版だ。 これは戦後60年のスペシャルドラマとして日本テレビが制作したものだ。 ストーリーとしては脚色されていて、清太の母の従姉妹の孫がドロップ缶を見つけるところから始まる。 二人以外の周囲の人々も登場する内容であった。 次の実写化は2008年で、これは 映画として公開された。 こちらは原作に忠実で、より戦争の悲惨さを強調する内容となっている。 またスタッフやキャストの作品に対する思い入れが強く、見ごたえのある内容となっている。 さらに作品やキャストが多くの賞を受賞している点においても良い作品だということが伺える。 どちらもWeb上に公式サイトや公式ブログが残っているので、現在も詳細を確認できる。 火垂るの墓は「二度と放送されない」という都市伝説 もはや定番の都市伝説だが、 商標権の争いで許可が下りないという話もある。 「サクマ式ドロップス」の商標権に関しては確かに裁判沙汰になってはいる。 しかしこの説は単なる都市伝説で、実際に中身のある話ではない。 仮に作中の登場ではなくタイトルになったとしても、商標権は法律的には何の関係もないからだ。 商標権というのは似た製品の販売を差し止められる権利であり、商品ではないアニメやドラマ、映画の場合は問題も起きない。 つまり再放送されない理由は他にあるということだ。 実際には視聴率の低下がその背景にある。 火垂るの墓は1989年以来、2年に一度8月14日前後に放送されているが、最低視聴率は2007年の7. その結果2009年には放送されたものの、2011年は飛ばされて4年のブランクが出来てしまった。 しかし2013年・2015年には放送されているので、実はきちんと再放送されているのである。 つまり「火垂るの墓は再放送されない」という記事自体、ただの都市伝説に過ぎないというワケだ。 火垂るの墓は作家の「実体験」によって作られていた 火垂るの墓のアニメは作家・野坂昭如氏の小説が原作になっているのは有名だ。 しかし、これは衝撃的にも「 野坂氏の実体験」がモデルになっていたのだ。 火垂るの墓を「 セミドキュメンタリー」と書いたのはそういうことだ。 実話と小説の一番大きな違いは、実際の節子は 1歳6か月の幼児で会話もできなかったという事。 これではドラマ自体、作りづらいため小説では 5歳 の設定になっている。 また節子にあまり食べ物を与えられなかったことを野坂氏は悔いている。 彼いわく「 ドロップの話」は本当とのこと。 また火葬した後、ドロップの缶に遺骨を入れたのも事実である。 アニメであれば話として観ることもできるが、実際にあのような出来事が日本で起こって、それも当時は珍しいことではなかったというのは大変悲しい。 当時の大阪駅には餓死した少年少女の遺体が普通に打ち捨てられていたという。 ともかく、我々は戦争の惨禍を二度と経験しないように努力していくしかない。

次の

【岡田斗司夫】ゼミ動画の人気を検証!ジブリ講座の火垂るの墓の真実って?進撃の巨人・天気の子の解説や評価経済の言及にも注目

本当は 10 倍 怖い 火垂る の 墓

都市伝説が怖い!?• 赤いシーンは幽霊だった? などを中心に見ていこうと思います! スポンサーリンク 火垂るの墓の都市伝説が怖い!? 1988年から映画公開された「火垂るの墓」は戦争の悲惨さを描いているのですが、その映画の中で怖い都市伝説や裏設定などをまとめてみたので、ぜひ作品とあわせて確認してみてください^^ 節子の死因がは栄養失調ではない…。 節子が作中で栄養失調でなくなるというシーンがあるのですが、実は栄養失調による衰弱死ではなく、 別の死因ではないかと言われています。 その理由は、節子が栄養失調だとしても、エネルギー消費量の多い兄の方が先に症状が出ると思われるからです。 (確かに!) 節子の死因を考えたところ、節子が目をこすり、「痛い」というセリフや、学校で目を見てもらうなどの描写があったことから、 化学物質の含んだ雨が目に入った結果、症状が悪化したとも考えられます。 実話に基づいた話! 火垂るの墓は日本の過去のハナシだけにとどまらず、 原作者である野坂昭如さんの体験をもとに制作されたと言われています。 野坂昭如さんにも妹がおり、実際が1歳で亡くなったそうで、ドロップの中に亡くなった妹の骨を入れていたのも本当らしく、戦争を二度と引き起こしてほしくないという想いが込められているのかもしれません。 放送禁止になっていた? 火垂るの墓が2011年から放送されなくなったのですが、 放送禁止になったという噂があります。 その理由は、 ドロップ(サクマドロップ)の商標権が絡んでいるとのことで、なんでも子会社と裁判を起こしたほど問題になっており、「サクマドロップ」と「サクマ式ドロップス」に分けられました。 節子の声優が行方不明? 節子と同じ年齢の方がよりリアルに伝わるということで、当時5歳であった声優の 「白石綾乃」さんが務めたのですが、現在 行方不明になっているとのこと。 ただ、単に連絡が取れないだけかもしれませんが、2012年に火垂るの墓のイベントがあった時に実現できなかったそうです。 映画「千と千尋の神隠しに登場してる?」 映画「千と千尋の神隠し」に 節子が登場しているシーンがあるとのことで、終盤の水上の駅を見ると、黒い影の少女が立っていました。 節子よりも若干大人っぽい感じもしますが、度々作中にユーモアな箇所を取り入れる宮崎駿監督であれば、節子を登場させていたのかもしれません。 スポンサーリンク 火垂るの墓の赤いシーンとは?節子と兄は幽霊になっていた? 火垂るの墓の赤いシーンが何かですが、節子や兄の描写など作中の 画面が赤くなるシーンがあります。 その時は節子も兄も元気で笑顔だったりと場面が変わるなど不自然になるのですが、実はこの時 すでに節子と兄は亡くなっていて、幽霊の姿として登場していたんですよね・・・。 また、ラストシーンにて蛍に照らされた赤い節子と兄が、 現代の街並みの夜景と一緒に映っていたので、幽霊として現代まで生きていて、 現代にこのような戦争は繰り返してはならない、というメッセージで見守っているのかもしれませんね。 火垂るの墓についてのまとめ! 火垂るの墓の都市伝説や赤いシーンについて見てきましたが、ジブリ作品なだけに細かい描写まで表されていて、何回でも見たいと思える作品ですよね。

次の