大野 智 ブログ 大宮。 大野智主演『鍵のかかった部屋』終盤も好調 総合視聴率で5週連続横並びトップ

嵐の「スッピンデジタリアン」感想 ♡ 相葉ディスコスターを懸命に応援する大宮レポーターに大野くんのデジデジダンス。安定の山など見どころ満載|ARASHI

大野 智 ブログ 大宮

が嫌いだ。 この世で一番、嫌いだ。 2015年9月に起きたある出来事をきっかけにのファンを辞めた。 もう3年以上前の話だ。 当時の私は、にアイドルを名乗る資格は無いと思った。 アイドルとしての価値も、もちろん無い。 不良品だと思った。 は歌が抜群に上手い。 はダンスが抜群に上手い。 のコメントは抜群に面白い。 そしてなによりは、人から愛される才能が半端ない。 そりゃもう、突き抜けてる。 「人から愛される才能」なんてアイドルには必須条件なわけだが、 それでもはアイドルとして最初から最後まで不良品だった。 の中にアイドルとしての自覚は、一生芽生えることは無かった。 何度も女と撮られた。 アヘ顔まで晒されて、「君は大野なんてしません」だの散々言われた。 その数年後、自分の作品集のクレジットに彼女の名前を忍ばせて売った。 彼女の飼ってるパグを絵にして、それをプリントしたTシャツを売った。 どう考えてもアイドルとしての自覚は無いし、 ファンを幸せにしたいとも考えていない。 自分のやりたいことをやるのがだ。 ファンの理想を追い求めるのがアイドルだ。 …、まじでアイドルに向いていない。 「辞めたかった」というのはがこれまでに何度も口にした言葉だ。 「嵐になる直前、事務所を辞めるつもりだった。 押し切られて、デビューした。 デビューしてからも逃げ出すことばかり考えていた」 「10周年の前、辞めたかった。 当時は、言わなかったけど。 」 ファンだった頃、この「辞めたかった」という言葉を聞くたびに心臓が重くなった。 なんでこの人はいつまで経ってもこんなことを言うんだろうと思った。 ファンの前で、なにより、他のメンバー四人の前で。 デビューしたくても出来なかったかつての仲間に、思うところはないのだろうか。 辞めたいなんて、辞めたかったなんて、んだアイドルは。 少なくともお金を出して幸せを買ってるファンの見えるところで言うのは無しだ。 辞めたいなら黙ってさっさと辞めりゃよかったんだ。 20年間、ところどころで「辞めたい」なんて呟きながら活動なんて、しなきゃよかったんだ。 これはとんでもなく長い時間をかけた、茶番だ。 一部のファンは「辞めたかったのに、我慢して続けてくれてありがとう」と言う。 私から見れば、狂った発言だ。 ファンを幸せにしたいと汗を流しているアイドルは他にいくらでもいるのに。 辞めたいのに我慢して続けているアイドルになんの価値があって、あまつさえ感謝なんてするんだろう。 ……はびっくりするぐらい頑固だ。 コンサートの演出をしているから 「大野さんのソロ、今のままだと尺が短い。 ファンの子ももっと見たいだろうから、増やそうよ」 と提案されても、 「無理。 」とすっぱーんばっさーと断る男だ。 ファンが求めていようが、自分がやりたくないことは絶対にやらないのがだ。 本当に、その持ち前の頑固さで、さっさと辞めてりゃ良かった。 辞めたいと 辞めたくない他の四人の真ん中が、落としどころが、 「活動休止」だったのは、理解せざるを得ない。 嵐の物語を「おしまい」でくくることはできなかったんだろう。 でも、結局のところそれは呪いだ。 嵐らしい、優しさの皮で包まれた呪いだ。 帰ってくる保証はどこにも無い。 それなのに「またいつか」なんて言葉を使うのは、その中身は、本当に優しさだろうか。 「例えば釣りをしていても、明日は仕事だなとか考える。 一度そういうものから開放されたい」 こんな理由で「辞めたい」と思った人間に、 再びアイドルをやる資格は無い。 「復帰後に誰だあいつと言われないように体型はキープしたい」 安心してダルンダルンになって頂きたい。 復帰なんてあり得ない。 20年間も騙し騙しでよくやったと思うよ。 本当はアイドルになんてなりたくなかったのに。 母ちゃんが勝手にオーディション申し込んだだけなのに。 ずっとずっと「辞めたい」と思いながら、よく表舞台に立ち続けたよ。 その場所に立ちたくても立てなかった人が沢山いる中、強靭なメンタルでよく立ち続けたよ。 恐れ入る、本当に。 は嵐が大好きだったんだろう。 そこに嘘は無いだろう。 嵐への愛が、20年ずるずると活動を続ける原動力だったんだろう。 でもは「アイドル」だ。 「アイドル」はファンを幸せにするのが仕事だ。 ずっと破綻している。 だけが。 破綻しているアイドルなんてもう二度と出てこないで欲しい。 破綻は幸福を生まない。 心の底から思う、と出会いたくなかったと。 だってなにより悔しいのは、 3年以上も前に見限ったはずののことを、2019年1月現在考えている自分だ。 昨日の夜は声を上げて泣いてしまって、 それがなんの涙なのかさえわからなかったけど、とりあえず目が腫れた。 が好きだった。 この世で一番、好きだった。 だからこそ、今貴方のことがこの世で一番嫌いだ。 お願いだから、帰って来ないでくれ。

次の

青と虹色〜嵐*大野智さん*天然+大宮〜 新着記事

大野 智 ブログ 大宮

毎日、毎日、熱い日が続いていますが、みなさんも夏バテなどされていませんか? 先週一週間は本当に東京はめちゃくちゃ熱くて! ブログ更新の気力も萎え気味でした(笑)ただ、そんな中で唯一の夏休み休暇を取り週中に、大野くんの個展「フリースタイル」に行けて元気回復しました! デジタリアンワールドに浸った後にフリスタ個展観覧など・・・毎日があっという間でしたが、やっと東京も昨日の夜から少し涼しくなり、ここでデジタリアンの感想などを投稿です。 嵐DIGITALIAN 初回限定版特典DVD「スッピンデジタリアン」 今回のデジタリアンDVD&ブルーレイの見所は、盛りだくさん!特に 初回限定版の特典DVD「スッピンデジタリアン」については、嵐ファンなら絶対に見ておきたい 骨抜き映像満載でした! デジタリアンDVD&ブルーレイおさらい DVD1、2枚目(バルーンに乗って嵐登場シーン)にコンサート収録。 3枚目が各メンバーの視点でコンサートの裏側を伝える映像レポになっていました。 これがいわゆる「スッピンデジタリアン」です。 スッピンデジタリアン、最強ですわ。 嵐ファンの心を鷲づかみ!じゃないですか!!! コンサートのリハーサル風景もさることながら、嵐のメンバーの楽屋での過ごし方が垣間みられます! そこにはリラックスモード全開で可愛いお顔でソファーに寛ぐ帝王様、櫻井翔が横たわっているし。 潤くんは、ほぼ毎回、上半身裸で美しいうなじと長いまつげを惜しげもなく映像だだ漏れですし・・・。 ニノちゃんもぷくぷく、ぷりぷりお肌を拝めますし。 いつも元気いっぱいで笑顔振りまく相葉くんが、楽屋ではちょっと神経質な表情を見せたりとか。 あと、相葉雅紀といえばお風呂シーンでございます。 私たちに惜しみもなく、入浴シーンとシャンプー姿を見せてくれてます。 そして、何と言ってもわたくし、らぶチーノおよび サトシックには、たまらない大野くんの「ぼーっ」「ほけ〜〜〜〜」としている普段使いの飾らない可愛い姿の映像にもう、目元や口元が緩みっぱなしで、寝不足気味の怒涛の一週間でした。 ツアー場所レポート担当をおさらい 5大ドームツアーの様子をメンバーがレポートするという流れの作りとなっています。 翔ちゃんや相葉くん、潤くんはバランスの良いレポートをしているのですが、大阪を担当した大野くんは、翔ちゃんに寄り気味山レポとなっており、ニノちゃんのレポートは、ほぼ相葉ディスコスター様追っかけ大宮わちゃレポとなっております。 そこも見どころだったり! 福岡初日の楽屋の様子 楽屋の風景から始まります。 福岡担当、櫻井くんがドアップで挨拶。 こんなこと言っていたのね〜(笑) 潤くんは、洗顔とトリートメントを間違えて顔を洗ってしまったというだけあって、顔の潤いも半端なく潤っていて、美しい横顔がズーム!メンバーはいつもこんなに長いまつ毛の美しい潤くんの横顔を見ているんだな〜とか。 そんな映像が流れた後で、まだ本番の衣装に着替えてない大野くんに翔ちゃんがインタビュー。 大野くんが着替えてないことを突っ込むと 「 あなたも(翔ちゃん)じゃないですか、おじさん2人」と発言。 翔ちゃんから「 お兄さん!」と、しっかり訂正される。 そんな翔ちゃんに「 こだわるな〜」と大野くん。 そこ、こだわって!こだわって!大野くん。 まだ、みんなおじさんじゃないからね! 福岡2日目の様子 二宮くんのラーメン食べる画像からスタート。 もう、ニノちゃんのお肌が白くてぷるぷるで可愛いです〜。 そこから流れ流れて、福岡最終日。 「何杯ラーメン食べました?」という翔ちゃんが質問するほど、ニノちゃんは福岡でラーメン三昧だったご様子です。 「ラーメンは5〜6杯食べたかな」と話していました。 その二宮師匠を見習って、大野くんも同じくらい食べちゃったと話していました。 大宮がたくさん食べていたラーメンは「博多純情ラーメン」です。 出典: 大野くんの映像撮りは、翔ちゃんにズームアップ 楽屋でリラックスしているメンバーの姿がバッチリ見れます。 翔ちゃんがソファーで寝ているシーンから。 大野くんは、ほとんど翔ちゃんを撮ってます。 本番に向かう櫻井翔の背中をずっと追ってたりとか。 いつもこうやって櫻井翔の背中をおっかけてるんでしょうね〜。 相葉くんのパフォーマンスが披露された会場では、大爆笑の嵐でしたし、とても盛り上がったんですよ! だからか、空気読むのが敏感なニノちゃんが、相葉くんのパフォーマンスを見たいと思って最初に覗きにいった流れで、応援することになったのか。 相葉くんとそもそも仲がよいニノちゃんが、相葉くんのディスコスターのパフォーマンスが大変なのを相葉くんに直接何かで聞いて、純粋に応援してあげたいと思ったのかは、さだかではないですが。 福岡初日以降に、ニノちゃんは相葉くんソロを裏側でひっそり応援し出したようです。 しかし、そのニノちゃんのお応援を相葉くんは、気がついていなかったんですよね〜。 そのうち、一人で応戦するのに心が折れたニノちゃんが、大野くんを誘って二人で応援するようになったのか? それとも黙々と一人で応援しているニノちゃんの行動を大野くんが「何してんの?」と気がついて、だったら俺もやる。 となったのかはわかりませんが、コンサートの回数を重ねていくうちに、大宮2人で相葉くんのディスコスター様を応援するという流れになっていったようです。 実は、コンサート期間中にデジタリアンツアーに参加された方のツイートで「大宮がレモンと水を持ってディスコスター様をステージ脇から応援してる〜!」とイラスト付きのツイートが投稿されていたんですよね。 そのそのツイートを見て、それは見たかったな〜と思っていたから、スッピンデジタリアンにその様子が収められていて、むちゃくちゃ嬉しかったです! ディスコスター様に気がついてもらうために「愛を叫ぶ!」大宮 大宮のディスコスター様ミッションは回数を重ねるごとにレベルアップしていきます。 ニノちゃん一人で応援していた時は、相葉くんには気づいて貰えなかったんですね。 そこで、大野くんと2人で応援することになってからのミッションは「ディスコスター様に気づいてもらいましょう!」から始まります。 大野くんとステージ脇で2人で待機。 これこそ「愛を叫べ!」じゃない?(笑) 自担のお手振りファンサが欲しいファン心理を知ることになる大宮 大野くんが、花道を歩いてくる相葉くんにファンライトを振って「 ディスコスタ〜!」と何とか気づいてもらおうとするのですが、相葉くんは気づかず花道を颯爽と歩き去ってしまいました。 その相葉くんの後ろ姿を見ながら大野くんが 「振り向いてくれない!」 と残念がり、床にしゃがみこむシーンがあり、この映像シーンを見たファンの方がツイッターで「 私たちファンの気持ちを代弁している映像」と言っていたのも納得。 そうなの〜、お手振りや指差しやピースが欲しくて、アピールしていてもメンバーに気づいてもらえない時のあの状況と同じなんですよね〜。 わかって貰えます? 嵐さま。 お手振りファンサに期待している私たちの胸キュン度合い。 これからもお手振りファンサよろしくお願いします!!! 大宮になかなか気づいてくれない相葉ディスコスターさま 相葉くんのソロ曲で「 I am Disco star」という歌詞があるのですが、そのフレーズが 「相葉ディスコスター」に聴こえますと以前、相葉くんのレコメンでリスナーさんからメールが寄せられていて、それを聞いて「相葉ディスコスター」っていいな〜と思って、私も嵐友とお話しする時、相葉ディスコスターと話しています。 なんで、ここでも使っちゃいますね(笑) ディスコスター星から来た、相葉ディスコスター様は歌と踊りのパフォーマンスに集中していて、花道下の大宮になかなか気づかないまま、ツアーが進んでいきます。 ツアー最後の東京公演でディスコスター様に気がついて欲しいと意気込む大宮 ニノちゃんが「目標は手を振ってもらうことです。 」と大野くんに伝えながら 、ディスコスターをニノちゃんが口ずさんで歌うシーンも収められています。 もしあの曲がニノちゃんソロだったら・・・どんなパフォーマンスになったんでしょうか? ニノちゃんなら、可愛いディスコスターになりそう。 でも、サトシックの私としては、大野くんにディスコスターのパフォーマンスをやって欲しいなって思いました! すっごく楽しくなりそう。 相葉くんのダンスは下半身がすっごく激しい動作でも上半身がぶれなくて、常に全力投球だし、身長も高くて足が長いから、インパクトがすごいんですよね! 大野くんがもし、ディスコスターをやるとなると、相葉くんのダイナミックさとは違った、やわらかさでふわっとした感じのダンスになるんじゃないか?と妄想してます。 やっと相葉ディスコスターに気がついてもらう大宮 大野くんが花道ステージ脇で、嵐のファンライトを相葉くんカラーの緑色にしてスタンバイ。 しかし、 なんなんですか、あの大野くんの「うちわ振り!」 うちわの振り方がむっちゃ可愛いの! うちわ振り、ああいう風にやると可愛く見えるのね〜。 と大変、勉強になりました! 大野くんの可愛く振ったうちわに気がついたディスコスター様がお手振りしてくれたことに大野くんも大興奮!!!! すっごい嬉しそう! 「優しい、すごい!」 「優しい!ディスコスター様、手を振ってくれましたよ!」って、潤くんに報告してました。 大野くんのディスコスター真似マネ踊りがむっちゃ可愛い!! 相葉ディスコスター様に気がついて貰うミッションを続けていく大宮ですが、花道下でスタンバイしている時にいちゃついてる姿が可愛くて〜。 VS嵐の番組見ていても普段から、大宮はいつも至近距離が近いわけで。 大野くんがね、 ファンライトを持って、相葉くんのディスコスターのダンスシーンをマネしている映像をニノちゃんが撮っているのですが、 もうむちゃくちゃ可愛いの! お口を開けて、超楽しそうに肩と足を上げて踊ってる大野くんがかわいくて、かわいくて、もうリピしまくりです!!! 「楽しいね〜!!」 と大宮で、楽しそうにじゃれあってます。 ニノちゃんだから撮れた映像なんですよ、コレ。 たぶん。 ニノちゃんの瞳には、大野くんはこんなに愛らしく写っているんですね〜。 大宮、次のミッションは? 相葉ディスコスター様に気がついて貰えた大宮はミッションが終了し、新しいミッションに突入します。 今度はお疲れのディスコスター様に差し入れをしたいと大野くんがレモン、二宮くんがドリンクを持って花道へ向かっています。 ステージ脇でわちゃわちゃしていると潤くんが現れて、2人を撮影してくれてました。 さすが、嵐。 仲がいいですね! ディスコスター様が花道を通る時に大野くんが必死で、レモンを差し出していますが、そりゃ〜ね。 コンサート本番中だし、取れないよね(笑) 最後は、大宮だけでなく、翔ちゃんが自分の次のソロを控えながらもリップを差し入れに持って参加とか。。。 嵐の仲の良さがたっぷり収められている映像でした。 コンサートの演出の変化やら、福岡初日公演のことやら 福岡初日に参加したニノ担のお友達から「初日と演出が変わってない?」と言われました。 ニノ担のお友達が言っていたのは「ニノちゃんソロの演出が福岡初日では、最初から最後まで白黒2色の映像だったよね?」と言われて、もはや私も記憶もなく(笑) かすかな記憶をたどると・・・確か、ファンライトも制御されていて、みんな白い光だったような記憶はかすかにあります。 今回のデジタリアンDVDの映像を見ると最後の方に赤や緑、黄色のカラフルなクリスマスのイルミネーションになっていたので、そこがニノ担の友達は違ってない?ということでしたが・・・正直覚えてないです。 記憶って時間とともに曖昧になりますよね〜。 公演が進むにつれて、演出を変えていったようですし、後半に進むにつれて完成度の高いコンサートになっていくんだろうなって思います。 コンサートツアー初日は、ある意味レア 正直、福岡初日は、1部が終わるところの演出がわかりずらくて、2部が始まる(2部がアンコール部分だったと言われていますが)間に時間が開いて、私たちはその前にNHKのハワイライブでニノちゃんが腰を痛めていた番組を見ていたから、嵐がステージ上からステージ下に飛び込んで、舞台裏にはけた時に、ニノちゃんがまた腰を痛めたんじゃないか?とすごく心配していたんですよ。 しかしツイッター上では、福岡初日のコンサートマナーが悪いと酷評で、マナーが悪すぎたからアンコールもして貰えない。 当然でしょ!と。 今まで嵐がアンコールしなかったことなんかない。 前代未聞。 それだけマナーが最悪なんだと、すっごく叩かれていたのを見て悲しくなったし、なんかブルーな気分になったのを覚えています。 一部のファンがコンサート中に「救急車の音」とかツイートしたらしく、コンサートに参加できなかった待機組の方の不安を駆り立てたんですよね。 嵐になんかあったんじゃないかって。 事故?みたいな。 そして、なんでコンサート中にツイートしてるんだと叩かれていました。 (確かに、それは良くない)それがね、結局、福岡初日に参加したファン全員が悪いように叩く人もいたりして。。。 九州のニノ担のお友達なんかは、ファン歴が浅いからっていう理由だけで同じ嵐ファンでファン歴が長い人に直接ひどいこと言われたらしい。 すごく悲しいって、私に愚痴ってきてました。 それを聴いて本当に悲しかったですね。 同じファンなのにファン歴が長いとか、浅いとか、そんなの関係あるのかな?って思うんですよね・・・私としては。 嵐もそんなこと望んでないと思うんですよね。 ダメなの?って思っちゃう。 まぁ、そんなことがあって、次に嵐のコンサートに行けるとしたら、ファン歴浅目な私たちは、初日はなるべくやめておきたいねって話になったほどです(笑) メンバーのソロについて コンサート会場では、大型VTRがあり、ダンスシーンも見れますが細かい動作はやはり見れないからDVDやブルーレイが頼りです。 だから発売をいまか、いまかと待ちわびる訳ですが、今回もDVDを見て、初めてそのダンスのパフォーマンスの高さを知れました。 潤くんのソロも素敵でしたね! セクシーで柔らかいダンスで素敵です! 潤担の間でささやかれている「エンジェルスマイル(天使の微笑み)」が健在でした! 潤くんのスマイルは、キラキラ、キラキラ輝いていて!綺麗ですよね! ひとことで表現するなら「美しい」ってことです。 大野くんのソロもまた秀悦。 無重力の世界感。 ムーウォークが素晴らしく綺麗。 スムーズなムービングの足さばき。 どうなってるの?って感じ。 しかも、ふわふわしてるの〜。 ふわふわ。 ああ、素敵。 嵐フルメンバーのダンスシーンが迫力あってカッコイイ!!!! 黒系の衣装が曲にあっていてカッコイイ。 なんとなく、マイケルジャクソンっぽい演出。 ジュニアを後ろに引き連れての圧巻のダンスシーンです。 最初に大野くんが登場したのは、わかったんですが、なかなか動かない。 繊細なピアノの音がして、それが筋肉を動かすことで音を鳴らしていることに気がつくのも結構時間がかかった訳で・・・笑。 ステージ脇に数字がぴょんぴょん表示されていた演出は、心拍数が表示されているというのも説明があったようですが、3階席だったのもあり、嵐の会話や説明が一部、聴き取れなくて「単なる数字がぴょんぴょんしているだけ」だと思っていたほどでしたから。 2日目以降のコンサートの様子をツイッターで見ていたら、あの数字はメンバー各人の心拍数だったということを知るという。 えーーーー、マジで!という、状態だったんですよね(苦笑) 大野くんの誕生日を祝う 大阪初日 11月27日 サプライズシーンも収録 今回のツアーでは、大野くんと相葉くんの天然コンビの誕生日もかかっていていたので、できればそのお祝いシーンをDVD&ブルーレイに収録して欲しいと願っていたので、収録されていて本当に嬉しかったです。 大野くんの誕生日祝いのサプライズの進行を打ち合わせしているメンバーの映像。 大きなケーキが出てきて、ローソクの火をエアーで消すところでクリームを衣装につけてしまう大野くんも相変わらず可愛くて。。。 「 もう、子供じゃないんだからさ〜」と潤くんに言われちゃう。 相葉くんの誕生日を祝う東京(12月23日)サプライズシーンも収録 ファンライト使ってのサプライズ企画。 ずいぶん前から打ち合わせをしていたという潤くん。 メンバーが朝早めに東京ドームに入って、対象の席に1つづつ緑丸シールを貼っていました。 あの席に座っていた方、DVD見て驚いている人もいらっしゃるのでは?!翔ちゃんがドームの青い椅子に座っていたりとか、あれ座っていた人が見たら、すっごい嬉しいんじゃないかと。 相葉くんにバレないように翔くんが配慮したり、ファンのみんなが潤くんの企画に沿って緑のライトでお祝いメッセージを作るところなんかの映像は圧巻でした。 相葉くんもとても驚いていて、嬉しそうでしたね! その他、スッッピンデジタリアンの見所 今回は、潤くんファンにはめちゃめちゃ嬉しい映像だと思います。 だってね〜、潤くんの解説の時は、そのほとんどが上半身裸体。。。 潤という名前にふさわしく、美しい潤ったカラダがおしげもなく映像で見れます・・・。 おしげもなくです・・・。 ・コンサート始まる前に現れる「アユーレディー」「エビバディー」おじさん(潤くん)のテンションの高さ。 ・相葉くん、ニノちゃん、大野くんで、楽屋でたこ焼きを作るシーン。 3人でたこ焼き作りをわちゃわちゃしてたら・・・内緒にしたい翔ちゃんが現れてしまい動揺を隠せない3人が見ていて、可愛いし。 あっちに行け!と大野くんに言われた翔ちゃんが、外された感を背負いながら場を外し、ちょっと拗ねちゃうシーンも可愛かったり。 ・翔ちゃんの腹筋姿。 あのソファーって、コンサート会場に嵐が持ち込んでいるんでしょうか? ・ニノちゃんの上半身裸の腹筋姿もチラリ(意外と男らしい) ・「がんばるぴょん!」の掛け声とポージングがむっちゃ可愛いニノちゃん。 嵐のバックダンサーまとめ バックダンサーのジュニアもグループが色々あるんですね〜。 大野くんのラジオで初めて、They武道の存在を知りましたが他にもいくつもグループがいることがデジタリアンのDVDでわかりました。 They武道 MAD MADE Jr. 「Asterisk」「TRAP」の2曲で「定点撮影」が別アングル映像だということです。 そちらも要チェックですね! 通常盤はまだご覧になられていないという方は、店頭販売よりも割引されている通販で購入されるとお得です! 1,000円以上の割引をやっている店舗がありますよ。 今年は特にサトシックはグッズ販売が個展グッズと宮城グッズが重なりましたので、少しでもお得に購入できると助かりますね! 価格:4,349円(税込、送料込) 嵐のシングル、アルバム、DVDの初回限定版を確実に購入するために気をつけておきたいこと 嵐のシングル、アルバム、DVDの初回限定版はネット通販で買おうとすると正規値段では「完売」で売切れという恐ろしいことになりがちです。 また、嵐の人気にあやかって値段が定価の2倍、3倍当たり前という状態があったりとか・・・購入時期がずれるほど高い金額を出さないと手に入らないということにも。 なので、初回限定版を定価で購入したい場合には、発売のアナウンスが流れた段階で近くのCDショップに予約するのが一番です!予約も2〜3日中にやっておかないと「完売」で入手困難になりがちなので、気をつけてくださいね!私も過去に痛い思いをしちゃいました。 通常盤に関しては、販売後に通販で値引きで販売する店舗さんが出てくることもあるため、いくらか安くで購入することもできます。 また、車の中で見るようとして2枚目が欲しいなと思う方は、通常盤を通販で購入されるとお得ですね!.

次の

嵐二宮和也くん&大野智くんの「大宮SK」が気になる!由来や仲良しエピソードを大特集

大野 智 ブログ 大宮

が嫌いだ。 この世で一番、嫌いだ。 2015年9月に起きたある出来事をきっかけにのファンを辞めた。 もう3年以上前の話だ。 当時の私は、にアイドルを名乗る資格は無いと思った。 アイドルとしての価値も、もちろん無い。 不良品だと思った。 は歌が抜群に上手い。 はダンスが抜群に上手い。 のコメントは抜群に面白い。 そしてなによりは、人から愛される才能が半端ない。 そりゃもう、突き抜けてる。 「人から愛される才能」なんてアイドルには必須条件なわけだが、 それでもはアイドルとして最初から最後まで不良品だった。 の中にアイドルとしての自覚は、一生芽生えることは無かった。 何度も女と撮られた。 アヘ顔まで晒されて、「君は大野なんてしません」だの散々言われた。 その数年後、自分の作品集のクレジットに彼女の名前を忍ばせて売った。 彼女の飼ってるパグを絵にして、それをプリントしたTシャツを売った。 どう考えてもアイドルとしての自覚は無いし、 ファンを幸せにしたいとも考えていない。 自分のやりたいことをやるのがだ。 ファンの理想を追い求めるのがアイドルだ。 …、まじでアイドルに向いていない。 「辞めたかった」というのはがこれまでに何度も口にした言葉だ。 「嵐になる直前、事務所を辞めるつもりだった。 押し切られて、デビューした。 デビューしてからも逃げ出すことばかり考えていた」 「10周年の前、辞めたかった。 当時は、言わなかったけど。 」 ファンだった頃、この「辞めたかった」という言葉を聞くたびに心臓が重くなった。 なんでこの人はいつまで経ってもこんなことを言うんだろうと思った。 ファンの前で、なにより、他のメンバー四人の前で。 デビューしたくても出来なかったかつての仲間に、思うところはないのだろうか。 辞めたいなんて、辞めたかったなんて、んだアイドルは。 少なくともお金を出して幸せを買ってるファンの見えるところで言うのは無しだ。 辞めたいなら黙ってさっさと辞めりゃよかったんだ。 20年間、ところどころで「辞めたい」なんて呟きながら活動なんて、しなきゃよかったんだ。 これはとんでもなく長い時間をかけた、茶番だ。 一部のファンは「辞めたかったのに、我慢して続けてくれてありがとう」と言う。 私から見れば、狂った発言だ。 ファンを幸せにしたいと汗を流しているアイドルは他にいくらでもいるのに。 辞めたいのに我慢して続けているアイドルになんの価値があって、あまつさえ感謝なんてするんだろう。 ……はびっくりするぐらい頑固だ。 コンサートの演出をしているから 「大野さんのソロ、今のままだと尺が短い。 ファンの子ももっと見たいだろうから、増やそうよ」 と提案されても、 「無理。 」とすっぱーんばっさーと断る男だ。 ファンが求めていようが、自分がやりたくないことは絶対にやらないのがだ。 本当に、その持ち前の頑固さで、さっさと辞めてりゃ良かった。 辞めたいと 辞めたくない他の四人の真ん中が、落としどころが、 「活動休止」だったのは、理解せざるを得ない。 嵐の物語を「おしまい」でくくることはできなかったんだろう。 でも、結局のところそれは呪いだ。 嵐らしい、優しさの皮で包まれた呪いだ。 帰ってくる保証はどこにも無い。 それなのに「またいつか」なんて言葉を使うのは、その中身は、本当に優しさだろうか。 「例えば釣りをしていても、明日は仕事だなとか考える。 一度そういうものから開放されたい」 こんな理由で「辞めたい」と思った人間に、 再びアイドルをやる資格は無い。 「復帰後に誰だあいつと言われないように体型はキープしたい」 安心してダルンダルンになって頂きたい。 復帰なんてあり得ない。 20年間も騙し騙しでよくやったと思うよ。 本当はアイドルになんてなりたくなかったのに。 母ちゃんが勝手にオーディション申し込んだだけなのに。 ずっとずっと「辞めたい」と思いながら、よく表舞台に立ち続けたよ。 その場所に立ちたくても立てなかった人が沢山いる中、強靭なメンタルでよく立ち続けたよ。 恐れ入る、本当に。 は嵐が大好きだったんだろう。 そこに嘘は無いだろう。 嵐への愛が、20年ずるずると活動を続ける原動力だったんだろう。 でもは「アイドル」だ。 「アイドル」はファンを幸せにするのが仕事だ。 ずっと破綻している。 だけが。 破綻しているアイドルなんてもう二度と出てこないで欲しい。 破綻は幸福を生まない。 心の底から思う、と出会いたくなかったと。 だってなにより悔しいのは、 3年以上も前に見限ったはずののことを、2019年1月現在考えている自分だ。 昨日の夜は声を上げて泣いてしまって、 それがなんの涙なのかさえわからなかったけど、とりあえず目が腫れた。 が好きだった。 この世で一番、好きだった。 だからこそ、今貴方のことがこの世で一番嫌いだ。 お願いだから、帰って来ないでくれ。

次の