サニー レタス の 育て 方。 サニーレタスが大きくならない。育て方を見直して栽培を楽しもう

【野菜のプロ監修】レタスの栽培!育て方のポイントや種まきの方法は?

サニー レタス の 育て 方

もくじ• 葉の全体で光合成をしているため玉レタスよりも栄養価が高く、栽培期間が短いので 家庭菜園初心者には育てやすいです。 サニーレタスは冷たく涼しい気候を好みます。 しかし日光も好みますので、日当たりの良い場所で育てましょう。 種まき時期は、春まき 3月上旬~4月下旬 と、秋まき 8月下旬~9月下旬 の2つがあります。 初心者には、育てやすい 秋まきがおすすめですよ。 サニーレタスの栽培方法 サニーレタスは種から育てることも簡単ですが、植える株数が少ない時や初心者の場合、 苗から購入して育てた方がより簡単です。 園芸店やホームセンターで苗を購入する場合は、以下の点に気を付けて選びましょう。 苗の選び方• 本葉が4~5枚揃っている• 葉の色ツヤが良い• 葉先がしおれていない• 病害虫がついていない サニーレタスの苗づくり 種まき セルトレイ 小さいV字型のポットが連なって並んでいる育苗箱 を利用して種を育てましょう。 セルトレイの中に市販の培養土を入れて、1つのマスに2~3粒ずつ種をまきます。 サニーレタスは光がないと発芽しないため、種の上から培養土をふるいにかけて、 ごく薄く土をかぶせてあげましょう。 板などを利用して、土を軽く押さえても良いですよ。 土をかぶせたら土表面が乾かないように優しく水やりをして、日当たりの良い場所で管理します。 間引きと植え替え 発芽して双葉が生えたら、育成の悪い苗を間引いていきます。 1マスに、育成の良い苗が1株となるようにしましょう。 本葉が2~3枚揃ったら、セルトレイからポリポットに苗を移し変えて育てます。 本葉が4~5枚揃ったら、菜園やプランターへの植え替えが可能になります。 サニーレタスに適した土や容器 サニーレタスの栽培には、市販の野菜専用培養土を利用するととても簡単です。 鉢の底には市販の赤玉土を敷き詰めておくと、水はけがよくなりますよ。 プランターサイズは小型サイズ 20~40cm や、標準サイズ 60~65cm を準備してください。 サニーレタスは根を浅く張る野菜なので、底の浅い物でも大丈夫です。 少ない株を育てる場合は、植木鉢を利用しても構いませんよ。 培養土は容器の8分目まで入れましょう。 菜園に苗を植える場合は、苗の植え付け2週間前に石灰をまき、植え付けの1週間前には土に元肥 窒素・リン酸・カリを含む肥料 を与え、しっかりと混ぜ込んでおきましょう。 苗の植え付け 菜園やプランターの土に、スコップでポリポットと同じ大きさの穴を掘ります。 その穴にたっぷりと水を注ぎましょう。 土の中に水がしみ込んでいったら、 やや浅めに苗を植えこみます。 こうすることで、水はけが良くなりますよ。 植えた後は、苗の両脇から土を寄せて根元を軽く押さえます。 苗をいくつか植える際には、20~30cmの間隔をとるようにしましょう。 春まきには黒いポリマルチ 土の上にかぶせるビニールシート 、 秋まきには透明のポリマルチを土に張っておくと、雨水や水やりの泥はねが防げます。 病気になるリスクも減らせるほか、防寒対策や育成促進になりますよ。 サニーレタスの水やり 苗が幼い段階では、水を少し多めにやります。 幼い苗は株が弱いので、 手に水を伝わせながら株の周りに水やりをすると、苗が倒れずに済みますよ。 株の高さが8cmほどになったら、土の表面が乾いた時にたっぷり水を与えましょう。 サニーレタスは水をあげすぎると病気にかかりやすくなってしまいますが、土の乾燥がひどいと葉が傷んでしまいます。 菜園 地植え で育成中の場合ですと、地中にある程度の水分を含んでいますが、日照りが続いた時などはしっかり水をあげてください。 サニーレタスの追肥 サニーレタスは育成期間が短いため、最初に施す元肥だけで十分です。 しかし、育成が悪いと感じた場合、水やりを兼ねて液肥を週に1度与えても良いですよ。 サニーレタスを収穫しよう 収穫は晴れた日に行います。 日当たりの良い場所で育成すると約1ヶ月で収穫が可能になりますよ。 葉が10枚以上揃い、株の大きさが約20~30cmの大きさになったら収穫の適期です。 株元から丸ごとナイフで切りとっても良いですし、必要な枚数を株の外側から1枚ずつはがして摘み取っても良いですよ。 株中心部の葉が伸びてきたら収穫適期が終わるサインですので、株元から収穫してください。 サニーレタスの病害虫 サニーレタスは収穫が早いので病害虫被害に遭いにくい野菜です。 しかし連作障害があるため、同じ場所に続けて植えてしまうと病気が発生しやすくなります。 最低2年間は、同じ場所にサニーレタスを植える事はやめましょう。 サニーレタスの病気 サニーレタスは低温多湿が原因で、灰色カビ病にかかりやすいです。 感染すると、葉が灰色のカビで覆われてしまいます。 感染した葉をすぐに摘み取って、被害の拡大を防いでください。 また、プランターを日当たりの良い場所に移動させたり、土にポリマルチを張り、栽培に適した環境づくりを行いましょう。 サニーレタスの害虫 サニーレタスにはアブラムシやネキリムシ、ハモグリバエなどの害虫がつきます。 葉を食い荒らされたり、栄養を吸い取られてしまうので、見つけ次第早めに駆除しましょう。 園芸店で販売されている防虫ネットをかぶせたり、野菜用薬剤を散布するのもおすすめです。 用法と容量を守って正しく使用しましょう。 室内でサニーレタスを栽培する方法 キッチンスポンジやペットボトルを使えば、室内でも手軽にサニーレタスを栽培することができます。 室内栽培をすると、お料理にサッと使うことができて便利ですし、インテリアにもなりますね。 準備するもの• サニーレタスの種適量• キッチンスポンジ• カッターナイフ• バット• 500mlペットボトル• 水耕栽培用肥料 ペットボトル植木鉢の作り方 苗が育った後は、ペットボトルの容器に移し変えて育成します。 ペットボトル容器の植木鉢は、事前に準備しておくと良いですね。 まずは500mlペットボトルを準備します。 ペットボトルの上部 全体の3分の1 をカッターナイフで切り取りましょう。 怪我をしないように気を付けてくださいね! ペットボトルの底の部分に、切りとった上部を、飲み口が上になるように入れ込んでください。 ペットボトル容器の側面には、遮光カバー代わりのアルミホイルをまいておきましょう。 室内栽培の手順 室内栽培の手順は以下の通りです。 サニーレタスは光を好むので、 窓辺や東の方角に置いて栽培すると良いですね。 室内栽培の手順• カッターでスポンジを6等分にカットする• カットしたスポンジの上面の中心に、カッターで十字の切込みを入れる• 切込み部分を上にしたスポンジを、水の入ったバットに並べる• 濡らした竹串の先に種を付け、十字の切込みに乗せる• バットの水を入れ替えながら育成すると、約5日ほどで発芽する• ペットボトル鉢の口の部分に、苗が生えたスポンジを入れる• ペットボトル鉢に水と水耕栽培用肥料を混ぜて入れる 根が浸かるくらいの量• その後も根が水と液肥に浸かるよう管理する• サニーレタスの葉が20~40cmほどになったら収穫する 素朴な疑問Q&A 葉がしおれてしまって大きく育たない 日光不足で土の水はけも悪く、多湿気味なのかもしれません。 ビニール製のポリマルチを利用したり、日当たりの良い場所に移動してあげましょう。 日陰での育て方を教えてください 日陰での育成は少々難しいですね。 日なたか、半日陰で育ててください。 色々なリーフレタスを育ててみたい 1つの袋に数種類のリーフレタスの種が入った、市販の『ガーデンミックスレタス』がおすすめです。 100円ショップにも同じような内容の物が売られていることもありますよ。 サニーレタス栽培のまとめ サニーレタスの栽培方法や収穫の仕方、室内栽培の方法についてご紹介していきましたが、みなさんいかがでしたか? サニーレタスは室内でも簡単に栽培できますし、初心者にもおすすめの野菜だということが分かりましたね。 鉄分やビタミン類が豊富なサニーレタスを、ぜひご家庭で育ててみてくださいね。

次の

リーフレタス(サニーレタス)の栽培、育て方:プランターで家庭菜園

サニー レタス の 育て 方

Contents• ポットまきの場合、9cmのポットに用意した土の真ん中に軽く凹みをつけ、4~5粒を離してまきます。 その上から軽く覆う程度に土をかけ、その土が流れないように水やりをします。 雨が直接あたらない涼しい場所に保管し、発芽後に本葉が出たら2本立ちまで間引きます。 その後本葉が2枚になったら1本立ちに間引いてください。 本葉が4~5枚になるまで栽培します。 それまでは「朝やった水が夕方には乾く」くらいを目安に水やりをしましょう。 ポットの排水が悪くならないよう、気をつけてください。 その後、苗同士が触れ合わないよう間引いていきます。 【レタス 苗】 レタスの定植適期 レタスの定植適期は 本葉が4~5枚になった頃です。 若いうちの方が畑へ定着しやすいので、育ちすぎに注意しましょう。 住んでいる地域の年間気温と上記の表を目安に定植の時期を見きわめ、そこから逆算して苗の準備をするといいでしょう。 夏の暑い時期には、夕方に定植するのがおすすめです。 銀マルチや白黒ダブルマルチシートを利用して地温の上昇を抑制するのもいい方法です。 【ワイド防虫シルバーマルチシート 10m】 レタスの土作り レタスの根は浅く、根のほとんどが地中30cm以内にあります。 そのため 水分や肥料分に反応しやすいということを頭に入れておきましょう。 レタスの土については、酸性土壌を嫌うため 苦土石灰でしっかりと中和しておく必要があります。 定植の2週間前には石灰をまいて耕し、1週間前には堆肥と元肥を混ぜこんでなじませておきましょう。 定植のポイント• レタスは高温を嫌うので、涼しい日、もしくは時間帯を選びます。 朝よりは温度が下がり始める夕方の方がいいでしょう。 あらかじめ定植苗の鉢に水をかけておき、根鉢が崩れないようにします。 植えつけたい株の数だけマルチシートに穴を開けておきます。 株間は30cm以上とり、根鉢が収まる程度の植え穴を掘っておきます。 浅く植えるのがコツです。 株元が高くなるようにこころがけましょう。 植え終わったら、さらにじゅうぶん水やりをしておきます。 春秋の風が強い時期にはトンネル支柱をたてて寒冷紗でおおうと、苗の傷みを防ぐことができます。 その場合、苗が定着した頃を見計らってはずしましょう。 レタスの栽培管理 水やり レタスは 湿気と高温を嫌うので、 水はやり過ぎない程度にあたえます。 定植後、苗が乾燥してしおれているなどの場合は水やりをして回復を促しましょう。 水やりは夕方にすると根がムレずにすみます。 あまりに乾燥しすぎると成長の妨げになりますので適度に水やりをしますが、 葉がついて結球しはじめたころ(タマレタスの場合)からは逆に あまり多湿になりすぎないようにします。 防除 定植後は 害虫対策の薬剤を散布し、外葉がたちあがったころから(タマレタスなら30日前後)予防殺菌剤を定期的にまきます。 散布の期間は薬剤ごとに異なるので、使用方法を良く確認しましょう。 温度管理 何度も書いている通りレタスは高温を嫌います。 そしてあまりに暑い環境下で生育したり、夜間も光が当たり続けた場合にはトウ立ち(花芽が伸びて固くなる)してしまいます。 トウ立ちしたレタスは食べるのには適していません。 トウ立ちを避けるためには最初から 気温の高い時期をはずして栽培するか、トウ立ちのための条件が遅い(晩抽性)の品種を選ぶなどの対策が必要です。 夏の暑い時期に、屋外に涼しい場所を用意するというのは現実的にかなり困難ですが、どうしてもと言う場合はプランター栽培にして、日当りをこまめに調節すると言う方法もあります。 追肥 レタスは生育期間が短いため 基本的には元肥だけで育てますが、タマレタスの場合と、リーフレタスをかきとり収穫する場合は追肥を施します。 植え付けから2週間後を目安に、元肥と同じ比率のものをマルチシートが覆っていない通路にまいてあげましょう。 マルチを使っていない場合は株間にまいていきます。 レタスの収穫時期と収穫方法 タマレタスの場合 植え付けから大体 50日前後が目安になります。 球を上から押してみて、程よくしまっているようであれば根元からナイフで切り取って収穫しましょう。 切断面からでる乳液状の液体は、ぬらした布などでふき取ります。 リーフレタスの場合 植え付けから1ヶ月ほどたち、中心の葉が 背丈の八割ぐらいのところまで伸びたら収穫できます。 株ごと引き抜いてもいいですが、外葉からかきとって収穫すると長く楽しめます。 いずれも採りおくれると味が損なわれますので、少し早いかなと言う程度で収穫を始めてもいいでしょう。 スポンサーリンク レタスがかかりやすい病気 チップバーン 葉の先や周辺部分が、 焦げたかのように茶色くなる病気です。 原因は土壌のカルシウム不足です。 発症した場合にその葉を回復することはできませんが、感染拡大を防ぐためには「ダーウィンFC」などのカルシウム補給剤を散布します。 べと病 黄緑色の斑点がだんだん株全体に拡大する病気で、カビ菌が原因です。 一旦発症すると畑全体に拡大する可能性があるため、予防のため殺菌剤をまくのが最も効果的です。 殺菌剤としては「ダコニール」、「アミスター」などが用いられます。 レタスの害虫対策 アブラムシ 菜園の代表的な害虫と言ってもいいアブラムシはもちろんレタスにも発生します。 葉や茎への食害、分泌物による病気の媒介など 百害あって一利なし。 てんとう虫はアブラムシの天敵ですので、大事にしましょう 対策としては 銀マルチを敷いてアブラムシを寄り付きにくくする(光を嫌う性質があるため)、見つけたらテープなどで取り除く、そして殺虫剤をまく、と言った方法になります。 やはり効果が一番高いのは殺虫剤ですが、予防的な使い方で定評があるのが「 GFオルトラン粒剤」です。 定植時に株元にまくことでアブラムシを寄せ付けない効果を発揮します。 ナメクジ 【ハイポネックス ナメトール 120g 1個】 ナメクジは 直接レタスを食害しますので、見つけたら即、捕殺してしまいます。 夜行性ということもあり姿は見かけないかもしれませんが、朝に葉を見てみてキラキラとした粘液のあとがあったら、それはナメクジが這ったあとです。 葉の中や裏側も良く探しましょう。 薬剤で対処する場合は、ナメクジを誘引して駆除する「ナメトール」であれば農作物周辺でも使うことができます。 おわりに 新鮮なレタスを家庭菜園で育てるためのポイントはいくつもありますが、その中でも重要なところをピックアップしてお届けしました。 新鮮なレタスをパリッとサラダでいただくのも良いですし、たっぷり取れたところを加熱調理して料理のレパートリーを広げるのも素敵ですね。 ぜひとも元気なレタスを育ててみてください。 レタスともども、暑さにだけはお気をつけて!.

次の

リーフレタスの水耕栽培は本当にできる?ペットボトルでリーフレタスを水耕栽培する方法とは?

サニー レタス の 育て 方

リーフレタスは葉や形がさまざま。 ちなみにサニーレタスはこのリーフレタスの一品種で葉の縁が赤くなるタイプです。 少量利用する場合は外葉を摘み取って収穫すれば長期間収穫が楽しめる便利なレタス。 種からでも苗からでも育てられるのでリーフレタスの作り方はコツを掴めば簡単です! 株の中心から次々と新葉が出てくるので、外葉を必要な分だけ千切って収穫すれば経済的でお得な野菜。 ベランダに数株ほど植えてあれば、いつでも新鮮なサラダが楽しめます。 リーフレタス栽培に適したプランターサイズは? リーフレタスを育てるときのプランターサイズは小型(20㎝~40㎝)または、標準タイプ(60㎝~65㎝)を利用しましょう。 品種にもよりますが、プランター1つに対して、3~5株程度の栽培が可能です。 プランターで育てる時は底には水はけを良くするために赤玉土を底が見えない程度敷き詰め、残りは8分目まで培養土を入れておきます。 水はけが悪いと根腐病などの原因になるので注意しましょう。 リーフレタス栽培で作る畝は、幅60~80㎝で高さが10~15㎝の平畝です。 リーフレタスの種をまく時期と種のまき方は? リーフレタスの種は小さく1粒ずつまくのは難しいのですが、種にコーティングを施したペレットシードなら粒が大きくて便利です。 リーフレタスの種のまき方ですが、露地栽培で種から育てる時は15㎝ほど間隔を空けて2条に筋蒔きして種に土を薄くかけましょう。 リーフレタスは好光性種子のため、種を地中深くに埋めてしまうと発芽しない事も。 覆土は種が隠れる程度にしておきます。 ポットやセルトレイ(連結ポット)で種から育てる時は、ペレットシード(種にコーティングを施したもの)は1粒、普通の種は数粒ずつ蒔きます。 種蒔き後は被せた用土を平らにならして軽く押さえ、種と土が密着する様にしっかりと水を与えましょう。 リーフレタスの種を畑に直接蒔いた時は芽が出るまでの間、種が風で飛ばされることがあります。 用土が乾燥して強風が吹くと種と土が飛ばされてしまうので、風を防ぐために濡れた新聞紙などを上から掛けるなどして対策しましょう。 リーフレタスが発芽しない原因は? リーフレタスの発芽率を上げるには?リーフレタスの芽が出ない時の対処法は? リーフレタスは乾燥を極端に嫌う野菜です。 種を撒く前に一昼夜水に浸けると綺麗に発芽が揃います。 直まきで上手に発芽させるのは難しいので、濡れたティッシュペーパーの植えに種を乗せて冷蔵庫に4~5日入れておき芽の動いたものをまくようにすると失敗が少なくなります。 夏植えのレタスの種は休眠状態になっているため、催芽処理を行つと発芽が揃いやすくなります。 催芽処理の仕方 1.種をガーゼに包んで一昼夜水に浸ける 2.水気を軽くきりガーゼごとラップで包み冷蔵庫に48時間冷やす 3.種から白色の根が出たら種をまく リーフレタスの苗を植える時のコツとポイントは?苗の植え付け時期は? 苗から植えるときは培養土をプランターの6分目までにしておいて、ポットから出した苗をプランターに並べてから苗の周りに土を入れるようにします。 植え付けた後はプランターをゆすり土を落ち着かせ株元を軽く押さえておきましょう。 穴を掘って苗を植えても良いのですが、家庭菜園に慣れない頃は根の下の部分に土が回っていないことが多いので、リーフレタスの生育が悪くなることがあります。 その後は成長に合わせて定期的に間引いていきます。 間引きのタイミングは葉が重なった時に行いましょう。 間引いた苗もおいしく頂くことが出来ます。 苗を植え付ける場所ですが、長く光があたると塔立ちしてしまうため、街灯の光が当たらない場所を選ぶようにしましょう。 リーフレタスの水やりの頻度。 水やりの回数(タイミング)は?1回の水やりで与える水の量はどれくらい? リーフレタスは乾燥を極端に嫌います。 こまめに乾き具合をチェックしてたっぷりと水を与えてください。 水やりで気をつけることは出来るだけ午前中の涼しい時間帯に与えることと、苗から植えた時と苗が小さいうちは苗が倒れないように丁寧に与えること。 ジョウロから出る水を手に受けて株と株の間に優しく水やりしてください。 初期段階で苗が倒れたり抜けたりすると成長に影響することがあります。 水やりは土が乾いた時にたっぷりと与えますが、排水が悪く長時間水分が土壌にたまると病害が発生しやすいので排水性の良い土壌で育てることが大切です。 苗を植えてから2週間ほどすると根付き始めて苗はグングン成長を始めます。 リーフレタスは連作障害があるので同じところに植えるときは最低でも2年は間隔をあけるようにしましょう。 リーフレタスは日当たりのよい場所で育てると早く収穫できます。 また根を浅く張るので排水をよくするのがポイントです。 株が成長した後の水やりは土が乾いた時にたっぷりと与えましょう。 肥料は元肥の堆肥や化成肥料だけでも十分育ちますが、株ごと収穫せずに外葉からちぎって収穫する際は2週間おきに追肥を与えると長く収穫できます。 連作をすると病害が発生しやすくなります。 レタスは謬外の少ない野菜ですが、菌核病、軟腐病、灰色かび病などが発生することがあります。 リーフレタスは水やりを頻繁に行う分、多湿環境になりやすいので水はけの良い土壌で育てることが病害を防ぐポイントです。 細菌が原因で起こる病害を発病した株は他の株への伝染源となるため早めに切り取り処分しましょう。 害虫を防ぐためにマルチ栽培を行うとうまく育てられます。 特にネキリムシ類による虫害があるので、発見したら被害株付近の土を掘って害虫を早期に除去するようにしましょう。 レタスは高原野菜と呼ばれている野菜です。 実はレタスの種は気温が25度以上だと発芽しません。 春と秋の気温が25度以下の時期に種をまくのが上手く発芽させるポイント。 高原野菜と呼ばれているのは、夏に涼しい高原でよく育つからです。

次の