御相伴にあずかる。 「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

【ご相伴】の例文集・使い方辞典

御相伴にあずかる

スポンサーリンク 「お相伴にあずかる」の意味は?使い方と例文を紹介 「お相伴にあずかる」という言葉のルーツは茶道から始まっていて、元々は招待したメインのゲストではないものの茶の席に一緒に招かれる客のことを指していました。 この一緒に招かれた客の事を「相伴」と呼んでいた事から転じて、「もてなしの席で本来招待された人とは違うけれども厚意で招待してもらった」という意味で使われています。 つまり「お相伴にあずかる」というのはあくまでも本来招待されている・もてなされている人がいる事を前提としているので… この言葉を使っている人は、その人のおこぼれに預かっている立場となります。 なので、「相伴」という立場に「あずかる」という言葉になっているわけです。 招待されたメインゲストや招待した側が使うものではないと考えられていて、招待を受けたことに対する謙遜と感謝の意味を込めて使われることが多くなっています。 それ以外にも「自分は招待されていないけれども、自分も参加したい」という意思表示として利用される事もあります。 この時も謙遜の気持ちをこめて「本来であれば自分は参加する資格も招待されるいわれもないことは承知しているが、おこぼれにあずかりたい。 ついでの客として招待していただきたい」という意味で使われる場合もあるようです。 では実際にどのように使うのか、例を挙げると… 「先日、社長のお相伴にあずかった」「仲間に招かれ、鍋のお相伴にあずかった」「これから劇場に行くのであれば、お相伴にあずかるとしようか」などの使い方をします。 基本的に謙遜や感謝の気持ちを含んでいるので、目上の人に対して使うことが多くなっています。 ですが、それ以外にも友人や知人に対して使うことによって「申し訳ないが、参加させてもらいたい」という気持ちを伝える事ができるのです。 ただし使い方によっては謙遜している部分が嫌味に聞こえてしまう可能性もあるので、使う場合には相手を不快にさせていないかどうか気をつける必要があります。 スポンサーリンク.

次の

ご相伴・お相伴の意味とは?読み方や類語・使い方の例文や英訳も

御相伴にあずかる

「ご相伴」の意味 「ご相伴」はご一緒するという意味 「ご相伴」は「ごしょうばん」と読み、「相伴」という言葉に、ていねいさや敬いの気持ちを示す接頭辞の「ご」がついたものが「ご相伴」です。 「相伴」は、「補佐する」「互いに」「仲間」を意味する「相」と、「伴う」「連れ立つ」「仲間」を意味する「伴」という漢字が合わさってできた熟語で、誰かと一緒に何かをすることや誰かと連れ立って利益を得ることという意味があります。 「ご相伴」は室町時代の役職名 「ご相伴」は、室町時代の役職名にも見られる言葉です。 殿中での饗宴や将軍が他家を訪問する際に、随従・陪席する者たちのことを「御相伴衆」といいました。 将軍に相伴する者たちだから「御相伴衆」という、分かりやすいネーミングです。 御相伴衆は、細川氏・斯波氏・畠山氏の三官領家に次ぐ高い家格を持つ山名氏や赤松氏など、管領家の一族や一部の守護大名のみに限定された役職でした。 「ご相伴」は宴会でよく使われる言葉 室町時代に将軍とともに饗宴の座に同席していた「御相伴衆」の名残をとどめ、現在でも「ご相伴」は宴会やパーティーの場でよく使われます。 正客の連れとして同席して一緒にもてなしを受けることや人のことを指す「ご相伴」は、メインゲストではない自分がお供としてもてなしを受けさせていただくことに対する、もてなしてくださる相手と正客への敬意や謙遜と感謝の心が込められた言葉です。 ご相伴に「あずかる」は「与る」と書く 「ご相伴」には「あずかる」という言葉がよく続きます。 「あずかる」は漢字では「預かる」ではなく「与る」と書き、物事に関与することや目上の人からの恩恵を受けること、分け前をもらうことという意味がある言葉です。 宴席などに同席するよう声をかけてくださった上司に対して「お言葉に甘えてご相伴にあずからせていただきます」、あるいは自分が興味のあるイベントに参加する先輩に対して「ぜひともご相伴にあずかりたいのですが・・・」などというように使うことができます。 「ご相伴」と「お相伴」の違い 「御」相伴は「ご」とも「お」とも読める 「ご相伴」は「御相伴」と書きますが、「お相伴」と読むこともあります。 「御」の読み方には「ご」「お」「おん」などがあり、「ご」と「お」の使い分けを決めるのは、後に続く言葉です。 原則として音読みする言葉があとに続く場合は「ご」、訓読みする言葉が続く場合は「お」です。 たとえば「ご」と読むものとしては「御子息」「御連絡」「御飯」、「お」と読むものとしては「御手紙」「御着物」「御車」などが挙げられます。 「ご」と「お」はどっちも正しい読み方 「御相伴」は原則から外れた例外的な言葉で、「ご相伴」「お相伴」のどちらの読み方をしても大丈夫です。 同じような読み方をするものに「御会計」「御返事」などがあり、これらも「ご」と「お」のどちらで読んでも構わない言葉です。 また、どちらの読み方をして同じ意味を持ちます。 つまり「御相伴」を口に出して言うときには、「ご相伴」でも「お相伴」でも言いやすい方を使ってよいということです。 「ご相伴」と茶道の関係 お茶席で「相伴」は正客以外を指す言葉 「ご相伴」は、茶道でも使われている言葉です。 お茶席ではお客によって座る場所が決められていて、最上位の客である正客が一番上座に座ります。 その正客とともにもてなされる連れの客や同席する客のことを、「相伴」と呼ぶのです。 またお茶席で正客以外、つまり次客から末客までが座る場所のことを「相伴席」といいます。 お茶をいただくときにも「ご相伴」が登場 最初に正客がもてなされた後、2番目の次客以降の客にも順番にお茶が出されます。 出されたお茶をいただくとき、まず上座の人に掛ける挨拶の言葉が「お相伴いたします」です。 お茶席では、同席した客同士のお互いへの思いやりと、お茶会を主催した亭主と主賓である正客に対する感謝が、「ご相伴いたします」という奥ゆかしい挨拶となって発せられるのです。 まとめ 「ご相伴」には連れ立って行動するという意味があることから、主賓とともにホストの相手を務めることも「ご相伴」には含まれていると考えられます。 便乗してもてなしを受けるだけでなく、ホストと主客を上手に立てながらもてなしを受けられるようになれば、声をかけてくださった方の面目が立ちます。 「ご相伴」の言葉としての意味だけでなく、由来としての「御相伴衆」や茶道における「相伴」の使われ方など、記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

次の

「ご相伴にあずかる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

御相伴にあずかる

ご相伴させてもらった夕食の様子を見ていてもそう思った。 これが家族の会話なのか、と。 … 西尾維新『猫物語(白)』 より引用• 作戦室にも出しましたし、皆もご相伴に預かりました。 池上司『八月十五日の開戦』 より引用• 彼女のご相伴者も自分のボウルを脇へやった。 「わたしもだ」と、そいつはいった。 … ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』 より引用• そして、たえずなんとか充分な食物を手に入れることができた。 その二回などは、われわれが目の前にいるのすら気づいている様子もない白痴たちといっしょにすわってご 相伴 しょうばんにあずかったのだった。 一度、かなりのあいだ食物なしですごし、餓死寸前に追いこまれたことがあった。 … バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』 より引用• 彼女のようにパンばかり食べられるわけでもない。 ご 相伴 しょうばんは最初の三軒だけでギブアップして、あとはジュース片手のお 供 ともという状態だった。 … 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第05巻』 より引用• これからする旅行のことだの狩りのことだのを話して、ライオンの毛皮を送ってやろうと約束した。 みんなはご相伴にあずかろうと、彼の手帳にめいめい、自分の名前を書きこんでいる。 その時の様子ときたら、カドリールの踊りを申し込みでもするみたいだった。 … ドーデ/辻昶・庄司和子訳『タルタラン・ド・タラスコンの大冒険』 より引用• それでも再度うながされて、ご 相伴 しようばんにあずかることになってしまう。 それでは、と、わたしはテーブルのうえの伝票をつかみとった。 … 下田治美『愛を乞うひと』 より引用• 「さあ、飲もうじゃないか」かれは二人にすすめた。 「できればご相伴したいところなんだが」シルクは丁寧に断った。 「あいにく急ぎの用件を抱えているものでね」 「おれがどんなに残念に思ってるか、おまえさんには想像もつかんだろうな」ヤーブレックはそう言いながらカップを何個か取り出した。 … エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』 より引用• あとは、ご 相伴 しょうばんにあずかろうかと思ってね。 このあと、続々とうちの部のメンバーがやって来る。 … 沖田雅『先輩とぼく 03』 より引用• もっとも考えてみれば、毛が何か有用なものであるとすれば、一方にだけあれば大過がないようでもある。 驚きはしたが、むろん忠治はありがたくご 相伴 しようばんにあずかった。 最初からこれくらいのことはあるだろうという下心もあったから、べつに意外とは思わないし、遠慮はしない。 … 山田風太郎『忍法笑い陰陽師』 より引用• 尾道出身の石堂のところにはときどき郷里から好物の魚が送られてくる。 そのご相伴に与ったのである。 関東のコハダや鯖ほど荒くない、瀬戸内海特有の柔くて軽い魚肉を酢で殺した風味はさすがにこたえられなかった。 … 種村季弘『食物漫遊記』 より引用• ついたその日は、もう遅かったので、ビールのお相手を少ししただけで、ぼくのために用意してあった部屋にすぐ引きとり、休みました。 そして、翌朝、九時頃にゆっくり眼をさまし、朝風呂に入って、テラスで副社長の朝食のご相伴をしていた時です。 自動車の止まる音がして、やがて、若い娘と、その母親らしい初老の婦人が入ってきました。 きのこの山のご相伴にあずかりながら、土門くんはいう。 常連客の一人なのだろう。 木原もこの時ブルー・マウンテンのご 相伴 しようばんにあずかった。 … 阿刀田高『仮面の女』 より引用• ハルヒもこんな環境で育っていれば阪中みたいな性格になったのかもしれないな。 俺たちが絶品シュークリームとアールグレイをご 相伴 しょうばんにあずかっている間、調査の 顛末 てんまつは古泉が阪中に説明していた。 阪中は抱いたルソーの頭を撫でながら言葉一つ一つにうなずいていたが、説明が終了してもやはり不思議そうな表情を消さなかった。 … 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』 より引用• しかし私は[狂気]の論理には昔から通暁していたので、対談中は、最初の注意を最後まで守りとおした。 ほどなく、お仕着せ姿のスマートな召使が盆に果物、ワイン、茶菓子などをのせて運んできて、私もご相伴にあずかったが、ご婦人はその後まもなく部屋から出ていった。 彼女が退出すると、私は問いかけるようなまなざしで院長を見た。 … ポー/八木敏雄訳『ポオのSF 第2巻』 より引用• それではご相伴となるかな。 ほう、これは鮒の膾のようだな。 … 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』 より引用• 小さな椅子を一つ、私に勧めてくれ、足下の発泡スチロールの箱に入っていたラムネを取り出しました。 真夏の古本市において、ラムネは無上の飲み物ですから、私はありがたくご相伴にあずかることにしました。 … 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』 より引用• ある日、小野二助は研究に行き詰って、二十日大根をおひたしにして食べてしまう。 妹の小野町子がそのご相伴にあずかった。 … 種村季弘『食物漫遊記』 より引用• だからわれわれは仕事もなく、金もなかった。 われわれにできることと言ったら、寄り集まって雑談したり、ぐちを並べたりするぐらいのことで、懐が少々あたたかい者が勘定をはらい、一文なしが酒のご相伴にあずかる、といったぐあいであった。 ときおり、運がいいと、ブルボン王家の親衛隊の一人に喧嘩をふっかけることができた。 … ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』 より引用•

次の