プライム ビデオ 検索。 Amazonプライムビデオで無料で見放題の動画のみを検索する方法

Amazonプライムビデオの検索が使いにくいなら。おすすめ検索方法!|HOME&LIFE365+

プライム ビデオ 検索

2018-12-28 22:35 今更になって初めて気づいたのですが、これがまあ便利。 テレビ番組を見る時間は減り、動画を見る時間がグンと多くなりました。 なんせ、当たり前の事ではありますが動画サービスは、見たい時間に見たいものが観れますから。 ちょっと民放が心配になるレベルの便利さ。 ただ、Chromecastにも、ちょっとした難点があります。 その1つが、「対応ではない」ということ。 もちろんChromecastでも「タブキャスト機能(タブをテレビに映す機能)」を用いれば、プライムビデオ動画を視聴することは可能です。 実際タブキャストでも、そこまで不便さは感じません。 しかし、といえば、僕が現在唯一有料で加入している動画サービスです。 出来れば、対応キャストデバイスでサクサク視聴したいなと。 プライムビデオ対応のデバイスといえば、Amazonが出しているとなります。 で、早速購入して、プライムビデオ環境を構築し、テレビで動画を見出したら見事にハマってしまい、大量に時間を浪費してしまいました。 やっぱ、海外ドラマとか見出すと沼にはまる…。 わかっちゃーいたんだけど。。 というわけで、Fire TV Stickを購入して、いろいろ使ってみた感想を書きたいと思います。 Fire TV Stickで何ができるのか? とその前に、「Fire TV Stickって何?」という方向けに、簡単に説明したいと思います。 は、のような動画サービスが配信しているネット上の動画を、自宅のテレビで手軽に見れるようにしてくれるデバイスです。 その他にも、に加入していれば、音楽も聴き放題ですし、をインストールすればゲームも行うことが可能です。 対応サービス Fire TV Stickは、プライムビデオに完全対応しているデバイスではありますが、もちろん他の動画サービスにも対応しています。 対応サービスはこちら。 無料サービス 無料視聴可能な動画サービスはこちら。 :言わずと知れた世界最大の動画サービス• :コメント付きの動画サービス• :会員数4000万人超のAmebaが運営する新たな動画サービス• :テレビ番組、アニメ、映画、音楽が無料で楽しめる(有料動画もあり)• :世界の叡智が行うプレゼンの模様を録画した動画アーカイブ• :10,000本以上の無料作品が登録なしで視聴可能 有料サービス 定額見放題サービスも、いろいろ対応しています。 (月325円:年払い):Amazonの動画サービス。 対応端末なのでサービスを使い倒せる• (月650円:最安プラン):世界最大規模の映像配信登録サービス• (月1990円):日本最大級の動画配信サービス・アダルト見放題有• (月933円):海外ドラマ、映画に加え、人気の国内テレビドラマ、アニメの見逃し配信• (月500円):映画・ドラマ・アニメ・音楽が見放題の映像配信サービス• :パソコン・スマートフォンから購入した動画をテレビで楽しめる このように、いろいろなサービスに対応していますが、「プライムビデオ・ミュージック専用機」として、一番能力を発揮するデバイスだと思います。 Fire TV Stickに必要な環境 Fire TV Stickを動作させるには、別途以下の環境が必須になります。 Wi-Fi環境• HDMI端子対応のテレビ 僕が使用しているテレビは、4年ほど前に購入したですが、問題なく利用できました。 実際のFire TV Stick で、実際に届いたFire TV Stickがこちら。 パッケージを開けると、中には以下のような内箱が入っています。 この内箱は、パッカーンと開くことができ、中にFire TV Stick本体と付属品が綺麗に収められています。 同梱内容 Fire TV Stickの同梱物は全部で以下になります。 Amazon Fire TV Stick本体(第2世代)• 音声認識リモコン• 単4電池2個• 電源アダプタ• USBケーブル• HDMI延長ケーブル• 取り扱い説明書 詳しくはこちら。 Fire TV Stick本体 Fire TV Stick本体がこちらになります。 Fire TV Stickとしては前回の初号機に続く第2世代機となります。 大きさは、縦が3cm、横が8. 6cm、高さ(厚み)が1. 26cmとなっています。 フリスクを、少し横長にした程度の大きさ。 かなり小さい。 で、以下のFire TV Stick本体に付いているHDMI端子をテレビの端子にブッ挿して利用することになります。 主なスペックはこちら。 音声検索対応• Dolby Audio対応• 1080p HD画質• CPUはクアッドコア(4コア) 今回の、第2世代機からデュアルコア(2コア)からクアッドコア(4コア)と性能が大幅に向上し、サクサク動作するようになり、操作性もかなり上がったようです。 画質は、HD画質(1080p)に対応しています。 今の大抵のテレビであれば、これだけの画質があれば十分なのではないかと思います。 もし、4K対応テレビを利用しているのであれば、4K画質対応のの方が良いかと思います。 ただし値段は倍しますが。 あと、今世代機から音声検索にも対応しました。 あとで、詳しく書きますが、この音声検索の使い勝手が素晴らしい。 音声認識リモコン その、音声認識リモコンがこちら。 上部にある、マイクアイコンが書かれたボタンを押して、映画やドラマのタイトルを発するだけで手軽に動画検索ができます。 は音声入力ボタンがついておらず、タイトル検索をする場合は、リモコンでポチポチ文字入力してたみたいです。 それと比較すれば作品を探す手間は大幅に軽減できます。 この音声検索機能は、Chromecastにも無い機能です。 そもそもChromecastにはリモコン自体がなく、パソコンやスマホ上で作品を探した上で、テレビにキャスト(映し出す)という操作形態をとっています。 ですので、Fire TV Stickは「テレビだけあればリモコン操作で何でもできる」といった感じ。 そもそも、Chromecastは「パソコンやスマホで探したものをテレビに映す」ためのデバイスで、設計思想自体に違いがあります。 リモコン自体の詳しいボタン説明はこちら。 リモコンボタンを見れば、ある程度「どんなことが出来るのか?」も推測できるかと思います。 電源供給 Fire TV Stickへの電源供給は、テレビの裏にUSB端子があれば、以下のUSBケーブルのみで完結します。 ケーブルの長さも1. 5mほどあるので、付近にUSB電源があれば、そこに挿し込んでもOK。 もし、テレビにUSB端子がなくても、家庭用コンセントに挿し込んで使えるACアダプタも付属しています。 これを、USBケーブルに挿し込むことで家庭用コンセントからでも利用可能です。 Fire TV Stickをテレビに接続 Fire TV Stickの接続は、このように行います。 基本的に図のように行えば、問題なく接続できると思います。 もしHDMI端子が挿しづらいところにあったら もし、テレビの裏が入り組んでいて、Fire TV Stickが挿し込みづらいところにあったら、以下の「HDMI延長ケーブル」を利用すると良いでしょう。 これがあることで、入り組んだテレビ裏であっても、ケーブルをくねらせてHDMI端子に挿すことが出来るようになります。 Fire TV Stickのセットアップ Fire TV Stickをテレビ側のHDMI端子に挿し込んでしばらく待つと、以下のような画面が表示されます。 使用言語の選択 次に、言語選択画面が表示されるので、日本語を選択します。 Wi-Fiの設定 次に、接続可能なWi-Fiが検出されて表示されるので、利用するWi-Fiを選択します。 Wi-Fiを選択すると、パスワード入力画面が表示されるので、Wi-Fiパスワードを入力します。 「Wi-Fiのパスワード」は、Wi-Fiの本体に書かれていたり、パスワードカードがWi-Fi本体に付属していたりします。 僕の場合(バッファロー)は、以下のようなパスワードカードが本体についていたので、これを利用してパスワードを入力しました。 Amazonサービスとの関連付け Wi-Fiの設定を終えると、以下のような画面が表示されます。 ここでは、「Wi-FiのMacアドレスと紐付けられたAmazonアカウント」が表示されます(以前、KindleなどでWi-Fiから接続した場合)。 Fire TV StickとAmazonアカウントを紐付けて利用するには「〇〇さんのアカウントを使用」と書かれた黄色いボタンを押してください。 すると、「Wi-FiパスワードをAmazon側に保存するか?」を聞いてくるので、「はい」を押します。 セキュリティー上のことを考えれば、Wi-Fiパスワードを他社に預けるべきではないのかもしれません。 けれど、これをしないと毎回パスワードを入力する必要があって面倒そうなのでAmazon側に保存しました。 機能制限選択 次に、機能制限選択画面が表示されます。 この機能制限とは、「Amazonビデオの再生時や、ビデオ、アプリ、アプリ内課金のときに、PINコードの入力が必要になる」というものです。 「機能制限を有効にする」ボタンを押すと、子供が勝手に有料ビデオを再生したり、アプリに課金したりが出来なくなります。 「を利用すれば、音楽が聴き放題だよ」とか。 確かそんな内容だったと記憶している(うろ覚え)。 Fire TV Stickを利用してみる PVを見終えると、Fire TV Stickのホーム画面が表示されます。 音声検索をしてみる ここで、Fire TV Stickの目玉機能でもある「音声検索」を行ってみました。 リモコンの音声ボタンを押し続けると、以下のような画面が表示されます。 この画面になった状態で、リモコンに向かって「コンテンツのタイトル」もしくは「コンテンツのジャンル」、「出演者」等を声で発します。 僕の場合は、よく見ている「」と音声検索してみました。 声を発した後、音声認識ボタンを離すと、一発で作品が表示されました。 あとは、コンテンツを選択すれば番組が始まります。 ネット上で途中まで見ている動画の場合は、途中から再生されました。 これがかなり簡単。 仮に、ちょっとぐらいタイトルなどを間違っても、大抵の場合、似たようなタイトルに補正されて検索結果が表示されます。 試しに「有田さんと週刊プロレスと」で検索してみたところ、以下のような結果が表示されました。 もし、音声検索にちょっとぐらい失敗したとしても、似た結果から該当コンテンツを表示してくれます。 僕が使ってみた限りでは、音声検索能力は結構高いと感じました。 Fire TV Stickを使ってみた感想 今回、Fire TV Stickを購入して使ってみたわけですが、「ユーザーであれば、Fire TV Stickは購入しておいて損はないな」と感じました。 「リモコンボタンを押してタイトルを音声で検索できる」という、この手軽さは、Chromecastには無い機能です。 残念ながら音声検索機能は、Amazonプライム関係の検索にしか使えないようですが、プライムビデオの視聴目的であれば、それで十分すぎるでしょう。 音声認識の精度も高く、安定感があります。 Fire TV Stickを使ってみて良かった点 今回、Fire TV Stickを使ってみて「これはいいな」と感じた点はこちら。 Amazonサービスとの親和性が高い• プライムビデオでタイトルを探すのに音声検索することで手間が軽減• テレビとリモコンさえあれば利用可能(パソコンやスマホ起動が不要)• 付属のリモコンでが出来る• リモコン操作がかなりサクサクでストレスがない• Fire TV Stick自体コンパクトで場所をとらない• 設定も案内通りに行えば難しくはなかった• 値段も5000円未満と手頃 音声検索が、非常に便利なのは前述の通りです。 この「音声でタイトル検索が出来る」という機能だけでも、「Fire TV Stickを購入した甲斐があった」と僕自身は感じています。 また、リモコンの「十字ボタン」と「決定ボタン」を用いてゲームが出来るというのもポイントが高いです。 このゲームは、小学校低学年の子供(姪)が大喜びでやっています。 リモコンで行えるゲームなので、とても簡単なゲームしかありません。 けれど、小学校低学年の子供には、ちょうど良い難しさなんでしょう。 アクション性のないゲームなので、安心してプレイ出来るようです。 ゲーム自体、機能制限はあるものの無料のものが結構あります。 課金についても、設定であらかじめ機能制限さえしておけば問題ないでしょう。 パソコンやスマホで見ている動画をテレビに映し出す機能はデフォルトではない• Amazonプライム系サービス以外の使い勝手は普通 Fire TV StickにはChromecastとは違い、デフォルトで動画をテレビに映し出す機能はありません。 Fire TV Stickを利用する場合は、「リモコンで操作するもの」と考えといた方が良いでしょう。 後、Fire TV Stickは、Amazonが出しているデバイスだけあって、プライムビデオ等の使い勝手は非常に高いです。 けれど、YouTubeとか、その他の動画サービスの使い勝手といえば、普通としか言いようがない感じです。 コンテンツを検索するときも、音声検索はできず、リモコンでポチポチ文字入力して探す必要があります。 Chromecastとどちらを購入するか迷っている場合は 「Fire TV StickとChromecastどちらを購入するか?」で迷っている場合、僕としては以下のように判断すると良いと感じました。 Fire TV Stickを購入した方が良い場合 Fire TV Stickの購入が向いている人はこんな方かと思います。 会員である(特にをよく利用する)• テレビとリモコンのみで利用したい(動画視聴にパソコンやスマホ操作をするのが面倒)• プライムビデオ利用時に音声検索で文字入力の手間を省きたい• 子供向けにリモコンで行えるような簡単なゲームがしたい(利用で高度操作が必要なゲームも可能) 「プライムビデオユーザーで、手元リモコンのみで音声検索して動画をテレビで見たい」なんて場合は間違いなく「買い」だと思います。 Chromecastでもゲームはできますが、スマホ画面から操作する必要があります。 Chromecastを購入した方が良い場合 反対に、Chromecast利用が向いている人はこちら。 パソコンやスマホで普段動画を見ていて、大画面で見たい動画だけをChromecastでテレビ表示させたい• Chromeブラウザで表示しているタブ内容をそのままテレビに映したいケースがある• テレビを用いたプレゼンを行いたい(プレゼン用サービスも利用可能)• AIスピーカーのと連動させたい Chromecastを利用するには、パソコン、もしくはスマホが必須になってきます。 普段動画は、パソコン及びスマホで見ていて、たまに「これは!」と思う動画を大画面の迫力で見たい場合は、Chromecastかなと思います。

次の

Amazonプライムビデオの視聴履歴・検索履歴を削除する方法

プライム ビデオ 検索

今回は「Echo Show」でプライムビデオを見る方法と便利な音声コマンドをご紹介します。 プライムビデオの検索能力がいまひとつなEchoShowですが、この方法を覚えておくとスムーズな操作が可能になりますので、ぜひ参考にしてください。 「Echo Show」の詳しい情報を知りたい方は、使用体験レビュー記事をご覧ください。 「Echo Show」でプライムビデオを見る方法 「Echo Show」でプライムビデオを見るために必要な事は1つだけ。 それは「 Amazonプライム会員(無料会員も含む)」に入会することです。 もちろん「PrimeStudent有料会員」や「Amazonファミリー会員」も対象です。 プライム会員の方は、「Echo Show」に話しかけるだけで、簡単にドラマや映画を見ることが出来ます(プライム対象作品は見放題ですが、レンタル・購入作品は別途お金が必要です)。 便利な音声コマンドまとめ紹介 ではEchoShowでプライムビデオをスムーズに視聴するための便利な音声コマンドを紹介しましょう。 注意点 「Echo Show」は現時点で認識能力がまだまだ不足している部分が大きく、 正しい音声コマンドを伝えても検索してくれない場合がありますので、その点はご了承ください。 また、ハッキリとした口調で言わないと、正しく認識してくれない場合があります。 1.ウォッチリストを見たい時 プライムビデオは見たい作品をお気に入り登録できるウォッチリスト機能があります。 後でまとめて作品を見たい時に便利な機能です。 ウォッチリストは「Echo Show」で確認する事が出来ます。 音声コマンド ・「検索して」と伝えること ・「プライムビデオの」というワードを入れること 一番重要な事は「 検索して」というワードを入れることです。 「表示して」も大体通じますが、「海外ドラマ」では通じないなどジャンル名によって認識しないケースがあります(「検索して」だと認識してくれる)。 また、「見たい」でも大丈夫ですが、「プライムビデオの(ジャンル名)が見たい」と言うと、勝手に作品がランダム再生されてしまいますのでご注意ください。 2つ目のポイントについて。 「プライムビデオ」というワードがなくても基本的には認識しますが、それを言わないと通販サイトAmazonの商品を間違えて検索する場合があります。 「プライムビデオの(作品名)を検索して」と言ってるのに、Amazonで検索されることもあり、そこは早く改善してほしいです。 また、「刑事ドラマ」などは、正しく伝えても検索してくれません。 音声コマンド ・シーズン数とエピソード数を伝えること(シーズン数だけの場合はそのシーズンのエピソードがサムネイル表示される) ・数字は日本語で伝えること まず1つ目は「 シーズン数(とエピソード数)を伝えること」です。 作品名だけの検索も可能ですが、検索結果に出てきた作品を選択すると、そのまま再生が始まってしまいます。 タッチ操作によるエピソード選択には対応していません。 エピソード一覧を見たい場合は「シーズン数のみ」、具体的に見たいエピソードが決まっている場合は「シーズン数とエピソード数」を指定してアレクサに伝えましょう。 また、エピソードの指定ですが、「M-1グランプリ 2007年」「宇宙の仕事 第5話」「ドキュメンタル6」と言っても要求通りに反応してくれません。 どの作品も「 シーズン数+エピソード数」を伝えると検索してくれます。 「宇宙の仕事」のように複数シーズンではない作品も「シーズン1」を入れると、認識しやすくなります。 2つ目のポイントは「 数字を日本語で伝えること」です。 「シーズン2(ツー)エピソード7(なな)」と英語ではなく、日本語で伝えると正しく反応してくれます。 英語では上手くいきません。 音声コマンド 悪い例 ・「第5話」など話数で伝える(エピソード数を伝えましょう) ・数字を英語で伝える(「いち、に、さん」と日本語で伝えましょう) ・「M-1グランプリ 2005年」や「ドキュメンタル4」など、シーズン数とエピソード数で言わない 4.海外ドラマの検索について 海外ドラマには「字幕版」と「吹替え版」があります。 音声コマンドでどちらか指定することが可能ですが、認識率は いまひとつ。 「スーツ吹替え版シーズン1を検索して」と言ってるのに、何度も字幕版が表示されるなど、まだアレクサの中で区別が付いていない作品が多いようです。 また、海外ドラマ以外にも言えることですが、「ウエストワールド」など正しいコマンドで伝えても検索してくれない作品がいくつかあります。 その点は早く改善してもらいたいです。 5.検索結果表示中の操作 検索結果は上の写真にもあるように画像付きで表示されます。 画面には最大6作品表示されますが、それ以降の作品を見たい時も音声で操作出来ます。 もちろん 作品選択も音声で出来ます。 音声コマンド.

次の

Fire TV Stickはスマホを利用した検索が快適!

プライム ビデオ 検索

・Windows 7 以上 ・Mac OS 10. 7 以上 ・LinuxおよびUNIX OSの場合はChrome。 ただし、Windows XPや古いMacのバージョンだと視聴できない可能性があるので注意しましょう。 推奨ブラウザ Amazonプライムビデオは、パソコンのブラウザをプレイヤーとして視聴できます。 ブラウザとは、インターネットを視聴するソフトウェアです。 インターネットを閲覧する時に、上記のようなアイコンをクリックしますよね。 これがブラウザです。 WindowsではInternet Explorer、MacではSafariが標準で入っているので、最もなじみがあるでしょう。 ブラウザにも種類とバージョンがあって、AmazonプライムビデオではHTML5対応のブラウザが推奨されています。 Google検索やYahoo!検索で、ブラウザ名で検索するか、上記リンクより公式ページからダウンロードしてください。 パソコンにはダウンロードできません Amazonプライムビデオのメリットの一つがスマホとタブレットに動画をダウンロードできること。 ダウンロードすることで、インターネット環境がないオフラインでも視聴できます。 ただし、パソコンにはダウンロードできません。 ダウンロードできるのは、スマホとタブレットのみになります。 詳しくは以下ページにまとめました。 スポンサードリンク パソコンで視聴する方法 以下の手順で好きな動画を再生できます。 巻き戻し、早送り、一時停止などはマウスで操作できます。 パソコンで視聴することのメリット パソコンならではのメリットをまとめました。 大きな画面で視聴できる スマホやタブレットに比べて大きな画面で視聴できます。 前項で紹介した推奨環境さえ満たしていれば、ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも視聴できます。 テレビでも視聴できますが、インターネット機能を要したスマートテレビではない限り、Fire TV Stickやゲーム機といった別の機器が必要です。 別の作業をしながら動画を視聴できる インターネットや他のソフトで仕事をしながらAmazonプライムビデオが視聴できます。 私はモニターを2つ並べてデュアルディスプレイにしているので、片方で作業して、片方で動画を再生しています。 2つの動画を同時再生できる ブラウザのウインドウを2つ出して、Amazonプライムビデオを再生すれば2つの動画を同時に視聴できます。 音声が同時に流れるので、満足に視聴できるかといえばそうではありませんが。 まとめ パソコンのOSとブラウザが推奨環境であれば、問題なく視聴できます。 パソコンならではのメリットもあるので、楽しんでみてください。 Amazonプライムビデオは、プライム会員になれば年間4,900円(月額あたり408円)で見放題になります。 これから登録を考えている人は、以下ページもご覧ください。 現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。 特集 簡単安い!自宅でWiFi特集 「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」 インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。 しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。 WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。 以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。 すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

次の