しめ縄 飾り。 しめ縄・しめ飾りの飾り方と外す日 ~種類・向き・飾る場所・処分~ [暮らしの歳時記] All About

しめ縄は来年も使い回してOK?再利用しない場合の処分方法についても詳しく解説!|つぶやきブログ

しめ縄 飾り

しめ縄は同じ読み方ですが漢字では「注連縄」「標縄」「七五三縄」「占縄」のような4種類の異なる書き方があり、それぞれには意味があります。 漢字の語源を読み解くことで、しめ縄の意味や語源が理解できますので、ご紹介しましょう。 「標縄」は、高貴な人間の占有した場所に一般者の立入りを禁ずるという意味があります。 「注連縄」は死霊が入らないようにする結界を中国では「注連」ということからあやかった書き方です。 「標縄」と「注連縄」は、しめ縄本来の語源「占める」からきていますが、「七五三縄」の語源だけは2つの語源とは異なります。 では、「七五三縄」と書いてしめ縄と読む語源について注目して見ましょう。 「七五三縄」とは縄の状態を表していることから「七五三縄」と表記されました。 七五三縄は藁を綯って作られますが右から7本、5本、3本となることから「七五三縄」と書かれるようになりました。 日本の節句である七五三とは関係ありません。 しめ飾りの飾り物には「橙」「紙垂」「裏白」「ゆずり葉」などの縁起物が使われており、きちんとした意味があります。 「橙」は葉が付いている柑橘類を使用しますが、これは代々繁栄することを願って用いられます。 「裏白」は鏡餅の敷物に使われているものと同じで、長寿の願掛けを意味します。 稲妻の形で作られた「紙垂」は神様の聖域を表し、「ゆずり葉」は子孫繁栄を意味しています。 お正月飾りについている「紙垂」は自分でつくることが可能です。 紙垂のつくり方や飾り方に興味のある方は、こちらの記事を参考にしましょう。 神社でしめ縄を飾る向きは「入船」の付け方が一般的です。 これには意味があり、右が神様にまつわるものとして「上」と捉え、左が俗物的な「下」という意味から、神社では幸福が訪れることを祈念して入船で飾られていることが多いです。 神棚は飾り方は、神棚の正面の向きが南か東になるように配置すると良いといわれています。 そして、神棚に飾るしめ縄は太陽が強い向きに太い方を飾る風習がありますが、住んでいる場所や間取りよってしめ縄の向きが変わる場合があるでしょう。 商売をしている家庭の場合は、商売繁盛を祈願するためお客さんやお金が入るように「入船」で飾り、サラリーマンのように外で稼いでくる家庭では、外に悪い邪気などを排出するため「出船」で付け方をしましょう。 水回りの付近に飾る場合も、吸盤フックは役に立つでしょう。 しめ縄を支えるように軽く針金で包みこみ、針金の端などを釘を合わせトンカチなどで打ち付けましょう。 この時、しめ縄を傷つけないように注意しましょう。 ご家庭でも紐で結べるような場所があればこの方法も活用できることでしょう。 100円ショップでも紐は売っていますので、紐を買ってきてしめ縄の端と端を紐でくくり柱など、紐で結べるところにしっかりと結びましょう。 しめ縄を飾る時期や処分方法とは? しめ縄は12月13日から12月28日までの間に飾る しめ縄を飾る正式な時期は「すす払い」の後の12月13日から12月28日までの間に飾ると良いといわれています。 そして、反対にしめ縄を飾ってはいけないといわれている日は、9日から「苦」を連想させる「くんち飾り」という29日と、「一夜飾り」になってしまう12月31日には縁起が悪いので飾ってはいけません。 しめ縄は12月13日から1月7日の間に取り外す しめ縄とは外す(交換)する時期が決まっています。 しめ縄を取り外す時期は「松の内」が良いとされていますので「12月13日から1月7日」に行うことが良いでしょう。 しかし、関西の松の内の時期は「12月13日から1月15日」ですので、一般的には、「1月15日」の鏡開きに取り外すと良いといわれています。 しめ縄は神社で処分してもらう 一般的なしめ縄の処分方法は、神社で開催されている「どんど焼き」に持っていく方法で1番のおすすめの処分方法です。 どんど焼きは日にちが指定されていますので、その日に行かれなくても神社では常にお焚き上げをしてくれるので問題ありません。 しめ縄を自宅で処分する場合はお清めをする 自宅でしめ縄を処分しなければならない場合は、しめ縄を丁寧にほどいたあと塩やお酒でしっかりとお清めをしたあとに新聞紙などにくるんで、一般ゴミの日に処分することができます。 お清め方法に不安がある方は神社へ納めるようにしましょう。 1年間の感謝を込めて「しめ縄」を飾ろう 「しめ縄」とは日本の伝統であり文化です。 お正月にはどこのご家庭でも飾られる「しめ縄」の風習は古き良き伝統ですので、1年の終わりには必ず忘れずに「しめ縄」を飾り、1年間の感謝の気持ちを込めて新年を迎えましょう。

次の

しめ縄の意味と飾り方を徹底解説!種類・向き・飾る場所など!

しめ縄 飾り

2017年7月3日 Category - 正月飾りを捨て忘れた!しめ縄の処分の方法は?どうしても神社に持って行かないとダメなの!? 正月飾りのしめ縄や門松は地域によって違いはありますが、1月15日にどんと焼きや左義長と言われるお焚き上げで燃やしてもらいます。 ですが、お焚き上げの日をうっかり忘れていたり、体調が優れなかったり、都合が悪く当日までに行けなかった場合は、どのようにして処分するのが良いのでしょうか? 正月飾りを捨て忘れた場合のお飾りの廃棄の方法をお伝えします。 正月飾りを捨て忘れた場合 うっかりしていて正月飾りを捨て忘れてしまった場合、15日を過ぎてすでにお焚き上げの日が終わってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか? 全部の神社がそうとは限りませんが、1月中ぐらいは初詣の参拝者も来られることもあり、古札納所が設置されていますので、15日を過ぎてからでも神社に持っていくと良いですね。 もし古札納所がない場合は、社務所で事情をお伝えすれば預かってくれる神社もあると聞きますので、尋ねてみましょう。 ですが、最近は神社も燃やしたりするのは環境の観点や、いろいろと大変みたいで、我が家が毎年参拝している神社も、分類して燃えるものしか出せなかったりと、細かい所もあります。 そういう神社だと、お正月飾りまでは預かってくれない恐れがありますね。 白い紙に丁寧に包みます。 その時にお塩を振って、神様に感謝の気持ちを伝えてから包んで家庭ごみで処分します。 なんとなく、神様の依代になった正月飾りをゴミとして捨てるのは気が引けますね。 そういった場合はどうすれば良いでしょうか? しめ縄の処分 神社に翌年持っていく 本当は古いものを家の中に置いておくのはあまりよくないのですが・・・・。 松が開けたら玄関に飾っているしめ縄は外し、紙に包んで保管しておきます。 そして翌年の初詣の時に、お守りたちと一緒に神社にお返しするようにしています。 ですので、結局気持ちの問題な所が大きいです。 白い紙に包んでも、どうしても縁起物のしめ縄をゴミと一緒にすることが忍びないので、こういう形にしています。 本当は、7日に正月飾りを外し、15日のどんと焼きにお焚き上げして神様に帰ってもらうのが一番良いのでしょうが、15日は平日だということもあり、年によってはなかなかその日までに持っていくことも難しいですよね。

次の

しめ縄の意味と飾り方を徹底解説!種類・向き・飾る場所など!

しめ縄 飾り

しめ縄の基礎知識 お正月飾りは、松の内の7日又は15日の小正月まで飾り、「さいの神」や神社で燃やすのが習慣です。 神棚の基礎知識 神棚は一家の中心となる神聖な所です。 清浄で静かな高い所に設けてください。 そして家庭にとって親しみやすく、明るいところが適切です。 神棚飾りは、1年飾った後、新年を迎える前に新しいものと取り替えます。 写真は新潟県 中越地区の飾り方です。 神棚の向き 南向き、または東向きがよい。 神棚中央にお宮形を納め、正面にお鏡、左右に榊と燈明具を置き、前面にしめ縄をかけます。 しめ縄 神聖を保つしるし。 太い方(ワラの綯い始め)を向かって右に、細い方(綯い終わり)を左にします。 そして白い御幣をつけてかけましょう。 しめ飾り 紅白の御幣のついているしめ飾りは玄関等につけます。 榊 栄える木の意味 鏡 浄明のしるしで、神明の照艦とけがれのない誠心をあらわします。 お燈明 清浄の火を以て照らし清めるという意味をもちます。 お供物 米、酒、塩、水、その他季節ごとの美味なものをお供えし、感謝を込めてから頂きます。 神拝方法 二拝二拍手一拝 二度おじぎをし、二つ手を打ち、もう一度おじぎをします。

次の