オクラ 保存 期間。 オクラの選び方と保存方法:旬の野菜百科

オクラの保存方法まとめ|冷蔵・冷凍・常温での保存期間の目安はどのくらい?

オクラ 保存 期間

オクラは海外でもオクラ! 実は、オクラは日本だけでなく 世界中で食されている野菜で、海外でも日本と同じように 「okra=オクラ」と呼ばれています。 地方によって出回る時期は若干異なりますが、 旬は7-9月とされています。 ネバネバが特徴のオクラは ビタミン、ミネラルが豊富で、ネバネバ食材の代表格としても知られています。 そのネバネバは 「ムチン」という成分によるもので、 目や胃の粘膜を保護する役割があります。 また、オクラには 血糖値を抑え、糖尿病の予防、ダイエット効果もあると言われています。 これだけの効果があるなら、夏のおいしい旬の時期に食べないわけにはいかないですね! オクラの詳しい栄養やその効果についてはこちらをご覧ください。 夏は暑すぎて冷房が入っていたり常温と言ってもご家庭によって室内温度も異なります。 ですので、買ってきたら 冷蔵庫で保存しましょう。 かといって、冷蔵庫で保存しても2-3日ほどで傷んできてあまり日持ちがしません。 買ってきたネットに入っているそのままの状態で冷蔵庫に保存しておくと、 シワシワになり、だんだん 黒ずみができて変色してきてしまいます。 その原因は、オクラは 冷たい場所が苦手だからなんです。 冷蔵庫での保存法は? 冷蔵庫でオクラを少しでも長く保存したい場合は、洗わずにそのまま 新聞紙にくるんで切り口を下にして、 野菜室で保存します。 賞味期限はおよそ 1週間ほどです。 もし、1週間以上保存したい場合は、 冷凍保存ができるので冷凍してしまいしょう。 オクラの冷凍保存方法は? オクラは冷凍できるので、新鮮なうちに使い切れない場合は冷凍がおすすめです。 冷凍保存の仕方は、 生のままと 茹でてからの二通りあります。 生でも茹でる場合もどちらも下処理はしておきます。 とげのあるガクをとり、板ずりをして産毛もとったりして、下ごしらえをします。 生で保存する場合は、下処理後、水気をしっかり切って、キッチンペーパーなどでふいてから保存袋にいれて冷凍します。 茹でてから保存する場合は、下処理したオクラを沸騰したお湯に入れて茹でます。 ゆで時間は 短めの2分ほどでOKです。 ゆでたら粗熱を取るために水でさっと冷ましておきましょう。 しっかり水気を切り、密閉袋などに入れて保存します。 固い大き目のオクラは湯がく時間を若干長くしてくださいね。 茹でた後、輪切りにして冷凍しておくと、半解凍すれば、お浸しとして使えますし、 胡麻和えを作って小分けにして冷凍しておくとこちらも お弁当に凍ったまま使えてとても便利ですよ。 解凍方法は、生で保存したものは、凍ったまま、または自然解凍で半解凍にし、茹でてお浸しや煮物、炒め物など、何にでも使えます。 茹でて保存したものは、冷蔵庫で自然解凍で半解凍にしてこちらも煮物や汁物、炒め物などの調理に最後に加えて使えます。 茹でてあるのであまり長く加熱するとおいしくなくなるので注意しましょう。 他にも茹でて冷凍したオクラの使い方は炒めたり、お味噌汁やスープの具にしたりといろんな調理方法で使えます。 あまり置きすぎると霜がおりておいしくなくなってしまうので早めに使い切ってしまいましょう。 オクラはレンジでも加熱できます。 オクラの産毛の取り方などの下処理やおいしい茹で方、ゆで時間についてはこちらをご覧ください。 乾燥すると、保存期間も長くなり、また栄養価もぎゅっと 凝縮されてアップします。 できあがった乾燥オクラは、密閉容器や袋に入れて保存します。 保存期間は3週間ほどです。 できれば乾燥剤を入れておくとベストです。 キッチンペーパーなどでさっと水気を拭いて、炒め物やカレーに入れたりしてもおいしいですよ。 枝豆も冷凍できるのをご存知ですか?枝豆の保存方法はこちらをご覧ください。 新鮮なオクラを選ぶには次の点に注意してみてください。 見た目もとにかく新鮮でハリがあって、買ってみたら案の定、驚くほど長持ちで、冷蔵庫で1週間経過してもきれいで、2週間ほど持ちました。 スーパーに並んでいるオクラも採ったときは新鮮でも、デリケートな野菜なのできっと流通過程で傷んでしまうんでしょうね。 オクラのおいしい簡単レシピ! オクラのおいし い食べ方はいろいろあります。 さっとゆでてごま和えなどの和え物やお浸しにしたりサラダに添えたり、スープやお味噌汁の具材や天ぷらにしたり。 また、夏だと、ゆでたオクラを斜め半分に切って、なすやズッキーニなど夏野菜たっぷりのカレーに入れてもおいしくいろんなお料理に使えます。 また、シンプルに細かく刻んでお豆腐の上にのせて、醤油でいただいてもおいしいですね。 ここでは、簡単で栄養満点のおくらの保存食ともう1品をご紹介します。 オクラの麺つゆ和え(保存食) オクラは新鮮だと 生でも食べれるのですが、生のままスライスしてめんつゆにつけるだけという超簡単なレシピです。 ちょっと大量にあるときなんかも作り置きしておくと便利ですよ。 さっと洗ったオクラをスライサーで細切りにしたら、タッパーなどに入れてめんつゆ適量を加えてかき混ぜたら出来上がりです。 冷蔵庫で 2,3日保存が可能です。 生のオクラが苦手なら茹でてからカットしてめんつゆにつけてもいいですね。 シンプルだけどどんどんお箸が進む一品です。 茹であがったら、先端部分としっぽの部分を切り落とし、みじん切りまたは細めの輪切りにします。 オクラと納豆といえば、どちらもネバネバ食品ですが、ネバネバにネバネバを加えて大丈夫?と思いますが、実はこの二つを一緒に食べることでより ネバネバ効果がアップし、 血糖値を下げたり、ダイエット効果にもつながります。 私もこのネバネバ食材が大好きで、この納豆オクラを良く食べますが、長芋・山芋のとろろと和えてもおいしいです。 とても簡単で手間もそれほどかからないので、夏の食卓やお弁当のおかずにぜひ1品プラスしてみてください。 長芋も栄養たっぷりでおすすめです。 長芋の栄養や効果効能はこちらをご覧ください。 これで夏のおいしい時期に少し多めに買ってしまっても、冷凍保存しおけば安心です。 オクラにはたっぷりの栄養と身体にもたらす効果もたくさんありますので、特に旬の季節はおいしいオクラを生食したり、いろんな調理法でどんどん摂取して健康な体を作っていきたいですね。 スポンサーリンク•

次の

【オクラの冷凍保存】が便利!1ヵ月長持ちさせるプロのテクニック

オクラ 保存 期間

オクラは海外でもオクラ! 実は、オクラは日本だけでなく 世界中で食されている野菜で、海外でも日本と同じように 「okra=オクラ」と呼ばれています。 地方によって出回る時期は若干異なりますが、 旬は7-9月とされています。 ネバネバが特徴のオクラは ビタミン、ミネラルが豊富で、ネバネバ食材の代表格としても知られています。 そのネバネバは 「ムチン」という成分によるもので、 目や胃の粘膜を保護する役割があります。 また、オクラには 血糖値を抑え、糖尿病の予防、ダイエット効果もあると言われています。 これだけの効果があるなら、夏のおいしい旬の時期に食べないわけにはいかないですね! オクラの詳しい栄養やその効果についてはこちらをご覧ください。 夏は暑すぎて冷房が入っていたり常温と言ってもご家庭によって室内温度も異なります。 ですので、買ってきたら 冷蔵庫で保存しましょう。 かといって、冷蔵庫で保存しても2-3日ほどで傷んできてあまり日持ちがしません。 買ってきたネットに入っているそのままの状態で冷蔵庫に保存しておくと、 シワシワになり、だんだん 黒ずみができて変色してきてしまいます。 その原因は、オクラは 冷たい場所が苦手だからなんです。 冷蔵庫での保存法は? 冷蔵庫でオクラを少しでも長く保存したい場合は、洗わずにそのまま 新聞紙にくるんで切り口を下にして、 野菜室で保存します。 賞味期限はおよそ 1週間ほどです。 もし、1週間以上保存したい場合は、 冷凍保存ができるので冷凍してしまいしょう。 オクラの冷凍保存方法は? オクラは冷凍できるので、新鮮なうちに使い切れない場合は冷凍がおすすめです。 冷凍保存の仕方は、 生のままと 茹でてからの二通りあります。 生でも茹でる場合もどちらも下処理はしておきます。 とげのあるガクをとり、板ずりをして産毛もとったりして、下ごしらえをします。 生で保存する場合は、下処理後、水気をしっかり切って、キッチンペーパーなどでふいてから保存袋にいれて冷凍します。 茹でてから保存する場合は、下処理したオクラを沸騰したお湯に入れて茹でます。 ゆで時間は 短めの2分ほどでOKです。 ゆでたら粗熱を取るために水でさっと冷ましておきましょう。 しっかり水気を切り、密閉袋などに入れて保存します。 固い大き目のオクラは湯がく時間を若干長くしてくださいね。 茹でた後、輪切りにして冷凍しておくと、半解凍すれば、お浸しとして使えますし、 胡麻和えを作って小分けにして冷凍しておくとこちらも お弁当に凍ったまま使えてとても便利ですよ。 解凍方法は、生で保存したものは、凍ったまま、または自然解凍で半解凍にし、茹でてお浸しや煮物、炒め物など、何にでも使えます。 茹でて保存したものは、冷蔵庫で自然解凍で半解凍にしてこちらも煮物や汁物、炒め物などの調理に最後に加えて使えます。 茹でてあるのであまり長く加熱するとおいしくなくなるので注意しましょう。 他にも茹でて冷凍したオクラの使い方は炒めたり、お味噌汁やスープの具にしたりといろんな調理方法で使えます。 あまり置きすぎると霜がおりておいしくなくなってしまうので早めに使い切ってしまいましょう。 オクラはレンジでも加熱できます。 オクラの産毛の取り方などの下処理やおいしい茹で方、ゆで時間についてはこちらをご覧ください。 乾燥すると、保存期間も長くなり、また栄養価もぎゅっと 凝縮されてアップします。 できあがった乾燥オクラは、密閉容器や袋に入れて保存します。 保存期間は3週間ほどです。 できれば乾燥剤を入れておくとベストです。 キッチンペーパーなどでさっと水気を拭いて、炒め物やカレーに入れたりしてもおいしいですよ。 枝豆も冷凍できるのをご存知ですか?枝豆の保存方法はこちらをご覧ください。 新鮮なオクラを選ぶには次の点に注意してみてください。 見た目もとにかく新鮮でハリがあって、買ってみたら案の定、驚くほど長持ちで、冷蔵庫で1週間経過してもきれいで、2週間ほど持ちました。 スーパーに並んでいるオクラも採ったときは新鮮でも、デリケートな野菜なのできっと流通過程で傷んでしまうんでしょうね。 オクラのおいしい簡単レシピ! オクラのおいし い食べ方はいろいろあります。 さっとゆでてごま和えなどの和え物やお浸しにしたりサラダに添えたり、スープやお味噌汁の具材や天ぷらにしたり。 また、夏だと、ゆでたオクラを斜め半分に切って、なすやズッキーニなど夏野菜たっぷりのカレーに入れてもおいしくいろんなお料理に使えます。 また、シンプルに細かく刻んでお豆腐の上にのせて、醤油でいただいてもおいしいですね。 ここでは、簡単で栄養満点のおくらの保存食ともう1品をご紹介します。 オクラの麺つゆ和え(保存食) オクラは新鮮だと 生でも食べれるのですが、生のままスライスしてめんつゆにつけるだけという超簡単なレシピです。 ちょっと大量にあるときなんかも作り置きしておくと便利ですよ。 さっと洗ったオクラをスライサーで細切りにしたら、タッパーなどに入れてめんつゆ適量を加えてかき混ぜたら出来上がりです。 冷蔵庫で 2,3日保存が可能です。 生のオクラが苦手なら茹でてからカットしてめんつゆにつけてもいいですね。 シンプルだけどどんどんお箸が進む一品です。 茹であがったら、先端部分としっぽの部分を切り落とし、みじん切りまたは細めの輪切りにします。 オクラと納豆といえば、どちらもネバネバ食品ですが、ネバネバにネバネバを加えて大丈夫?と思いますが、実はこの二つを一緒に食べることでより ネバネバ効果がアップし、 血糖値を下げたり、ダイエット効果にもつながります。 私もこのネバネバ食材が大好きで、この納豆オクラを良く食べますが、長芋・山芋のとろろと和えてもおいしいです。 とても簡単で手間もそれほどかからないので、夏の食卓やお弁当のおかずにぜひ1品プラスしてみてください。 長芋も栄養たっぷりでおすすめです。 長芋の栄養や効果効能はこちらをご覧ください。 これで夏のおいしい時期に少し多めに買ってしまっても、冷凍保存しおけば安心です。 オクラにはたっぷりの栄養と身体にもたらす効果もたくさんありますので、特に旬の季節はおいしいオクラを生食したり、いろんな調理法でどんどん摂取して健康な体を作っていきたいですね。 スポンサーリンク•

次の

オクラの収穫の時期は?タイミングの見分け方・やり方、保存方法も

オクラ 保存 期間

オクラの常温での賞味期限と保存方法 オクラの常温での賞味期限はどのくらい? オクラは傷みやすい野菜です。 もしも常温で保存する場合には、表面が黒く変色する前に 2、3日を目安に使い切りましょう。 オクラの常温での保存方法 オクラが生って(なって)いるところを見たことがありますか? オクラは生り口を下にして、上向きに成長して生っているんですよ。 そのため生のまま保存する場合には、生っていた時と同じように切り口を下にして保存していきます。 オクラは乾燥と寒いところが苦手です。 オクラを保存するときには水では洗わず、キッチンペーパーなどにくるんで保管しましょう。 乾燥が気になる場合にはビニール袋などに入れて口を縛っておくと良いでしょう。 オクラの冷蔵庫での日持ちと保存方法 オクラの冷蔵庫での賞味期限はどのくらい? オクラを生のまま冷蔵庫で保存する場合も、野菜室で 2、3日程度になります。 オクラの冷蔵庫での保存方法 オクラは低温が苦手で低温障害を起こしてしまうことがあるので、冷蔵するなら必ず野菜室で保存しましょう。 今回はオクラを生のまま冷蔵庫で保存する方法を2つご紹介します。 常温で保存するときと同じように洗わずキッチンペーパーに包んで、ジップロックなどの袋に入れて切り口を下にして立てて保存• コップの底に湿らせたキッチンペーパーを敷き、オクラの切り口を下にしてコップにさして立てて保存。 この方法ですと5日ほど保存できます。 オクラは濡れてしまうと濡れた部分が茶色く変色してしまうので、保存する場合には水分に気を付けましょう。 オクラの冷凍での賞味期限と保存方法 オクラの冷凍での賞味期限はどのくらい? オクラを冷凍で保存する場合は 1カ月ほど保存が可能です。 オクラの冷凍保存の方法 茹でてから保存する場合ですが、1本そのまま保存する方法と、カットしてから保存する方法があります。 1本のまま保存する場合は、オクラを1ネットあたり小さじ一杯の塩をまぶして板摺(板ずり)し、産毛を取っていきます。 ネットから取り出し水洗いしてオクラのへたの先端部分を切り落とし、軸の部分を中心に鉛筆のように、がくをぐるりと一周円錐状に切り落としていきます。 がくの部分は少し硬いので十字に切込みを入れておくと茹でやすいです。 そして沸騰したお湯に10~15秒茹でざるにあげます。 ざるに間隔をあけてならべ、水分が切れたらバットに間隔をあけて並べ冷凍庫に入れ、凍ったらジップロックに入れて冷凍保存します。 カットして保存する場合は、塩で板ずりして産毛を取ったオクラの額の部分を切り落とし、沸騰したお湯でお好みの柔らかさまで茹でます。 茹でたオクラを氷水に入れて冷まします。 冷めたらしっかりと水分をふき取り、カットします。 ラップに1回使用する量ずつ包みます。 包む際は平らになるように包み、ジップロックに入れて冷凍保存すればOKです。 オクラの解凍方法 1本丸ごと冷凍で保存した場合には、もう一度お好みの柔らかさまで茹でて使用してください。 熱湯に2分ほど入れるだけです。 カットして保存したオクラの場合は、電子レンジで解凍するのが便利です。 使用する分を自然解凍やレンジで解凍して使用しましょう。 オクラ は腐ると見た目はどうなる?賞味期限切れも食べられる? オクラは傷みやすい野菜で、表面にぽつぽつと黒い斑点が出てきてしまいます。 これは人体に影響はないですが、低温障害や黒斑病という野菜の病気によるものです。 黒い斑点をみると食べられないのではないかと思ってしまいますが、状態によっては問題なく食べることができます。 食べられる状態とは、表面は黒いがカットしてみて中身はキレイ、少し萎びているが種は変色していない状態です。 逆に食べられない状態は、カットする前から表面にぬめりがあったり、種が変色して茶色くなっている状態です。 無理して食べる必要はありませんが、上記のことも参考にしてみてください。 新鮮なオクラの選び方 新鮮なオクラの選び方のポイントは4つあります。 切り口が茶色ではない• 鮮やかな緑色したもの• 大きすぎないもの(8cm程度)• 産毛が残っているもの まず1つめは切り口が茶色くないものです。 収穫して時間がたったオクラの切り口は茶色く変色して乾燥しています。 2つめは色、3つめは大きさです。 濃く鮮やかな緑色で8センチほどのあまり大きくないものを選びましょう。 大きすぎると硬くなり、食べた時に口の中に繊維が残ります。 4つめはオクラの表面の産毛がしっかり残っていて、触ったときに柔らかく弾力のあるものがおすすめです。 これら4点を満たしたオクラを選ぶようにしてみてください。 オクラの保存方法と保存期間まとめ オクラはねばねばが特徴の野菜ですね。 このねばねばのもとはムチン、ペクチンという成分で、胃の粘膜を守ってくれたり、血糖値の調節、腸内環境を整える働きをしてくれます。 上手に保存して、家族みんなでおいしくオクラを食べましょう。

次の