パンデミック アウトブレイク 違い。 「パンデミック」と「アウトブレイク」の違いは? 『猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか』

アウトブレイクとパンデミック、エピデミックの違いとコロナウイルスの今後の展開

パンデミック アウトブレイク 違い

パンデミックやアウトブレイク その違いとは? パンデミックやアウトブレイクという言葉を耳にするようになりましたが、どういう意味なのでしょうか。 パンデミックとは パンデミックとは、国中、世界中に大流行することです。 複数の国や大陸に拡散し、数多くの人に影響を及ぼすほどの大流行を意味します。 パンデミックと類似した言葉に、エンデミック、エンピデミックというものもあります。 これは規模の違いによるもので、エンデミック(地域流行)<エンピデミック(流行)<パンデミック(汎発流行)と順に規模が大きくなります。 これらは伝染病や感染に限らず使用される言葉です。 アウトブレイクとは アウトブレイクとは、たちの悪い病気や感染症の突発的な発生のことで、一定の期間内に、特定の地域において、特定の集団が予想以上に感染発症することです。 特定地域や集団内で爆発的に感染することで、例えば「エボラ出血熱」などがアウトブレイクに当たります。 これは感染に関して使われる言葉です。 ウィルスによる恐怖を描いた映画作品 かつて、映画ではウィルスや伝染病のパンデミックやアウトブレイクをテーマとした作品が作られていました。 それらをいくつかご紹介しましょう。 『復活の日』1980(2時間36分) 「愛は、人類を救えるか」MM88:その細菌兵器によって全世界はパニックとなり、45億の人類が死んだ。 氷に閉ざされた南極大陸に残された探検隊863人を除いて…。 『アウトブレイク』1997(2時間8分) 感染すれば全てが終わる。 致死性のウイルスの宿主ホスト。 このウイルスに感染すれば助かる術はない。 かつて類を見ない最大の危機が、いま人類に迫ろうとしていた…。 『感染列島』2009(2時間18分) いずみ野市立病院の救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。 その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。 しかし、あらゆるワクチンを投与するも虚しく、患者は死亡してしまうのだった…。 『コンテイジョン』2011(1時間46分) 恐怖は、ウイルスより早く感染する。 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。 時を同じくして、香港で青年が、ロンドンではモデルが、そして東京ではビジネスマンが突然倒れる謎のウイルス感染が発生した。 新型ウイルスは驚異的な速度で全世界に広がるなか、米国疾病対策センターは危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関はウイルスの起源を突き止めようとするのだが…。 『FLU 運命の36時間』2013(2時間2分) 韓国映画。 突然起こった感染の恐怖。 そして、ウィルスの拡散を阻むため閉鎖された街。 極限の恐怖を目の前に多くの人間が、がまるでゾンビのように理性を失い暴徒と化す…。 いずれもAmazon Primeで視聴可能です(一部追加料金あり)。 自宅で過ごす機会が増えていると思いますので、この機会に観てはいかがでしょうか。 > フィクションですので実際とは異なりますから、くれぐれもパニックを起こさないようにしてくださいね。 コロナウィルスの感染予防と拡散防止を! コロナウィルスがこれ以上長期化せぬよう、私たちも感染予防と拡散防止に努めましょう。 感染予防・拡散防止にできること 感染予防対策には次のことを習慣にしましょう。 帰宅したら石鹸でよく手を洗い、うがいをする• アルコールや除菌スプレー、除菌シートの利用・携帯• 外出中の食事前は特に除菌に気を配る• 不特定多数の人が触れるものになるべく触れない• 公衆トイレの使用時は特に気をつける• 外出中はマスクを着用する• 換気の悪い狭い場所に複数人で同席しない• 体調管理に務める(よく食べ・よく眠る) > 我が家では、体に対する影響を考え次亜塩素酸系(ハイターなど)ではなく、安定系二酸化塩素の除菌スプレーを使用しています。 楽天でも購入できますが、こちらの方がお買い得です(2個以上のまとめ買いがお得!)。 > コップ1杯の水に1、2プッシュして、うがい薬としても使っています。

次の

オーバーシュートの意味とは?「パンデミック」や「アウトブレイク」との違い:マピオンニュース

パンデミック アウトブレイク 違い

スポンサーリンク オーバーシュートとアウトブレイクの英語の語源に基づく具体的な意味 そうすると、まず、 オーバーシュート( overshoot )という言葉は、 英語において 「~を超えて」といった意味を表す 副詞である over (オーバー)と、 「射撃する」といった意味を表す 動詞である shoot (シュート)が結びついてできた言葉であり、 一般的な意味としては、 射撃などにおいて 目標を飛び越して弾が飛び過ぎてしまい、標的を仕留め損ねてしまうことや、 為替相場や 株式市場における 株価や為替レートの変動において 通常の予測よりも 大幅に行き過ぎた値が 一時的に記録されてしまう状況などのことを意味する言葉としても用いられることになります。 そして、それに対して、 アウトブレイク( outbreak )という言葉は、 英語において 「~外へ」といった意味を表す 副詞である out (アウト)と、 「壊す」「打ち破る」といった意味を表す 動詞である break (ブレイク)が結びついてできた言葉であり、 一般的な意味としては、 突然の天候の変化や 害虫などの自然発生、 戦争や暴動などの 勃発や、 怒りなどの 感情の爆発のことを意味することになるほか、 疫学用語としては、 特定の地域や集団において 感染症の突発的な発生や増加が進展していく 集団感染や 感染爆発と呼ばれるような状況のことを意味する言葉としても用いられることになるのです。 スポンサーリンク 感染症医療の分野における疫学用語としてのオーバーシュートとアウトブレイクの具体的な意味の違い そして、 こうした オーバーシュートと アウトブレイクという 二つの言葉は、 医学や 感染症医療の分野における 疫学用語として用いられる場合には、 どちらも、基本的には、 感染者数が 短期間のうちに 急激に増加してしまうといった状況のことを意味することになるというように、 互いに似通った意味を持った概念として捉えることができると考えられることになります。 しかし、その一方で、 両者の概念の間には若干のニュアンスの違いもあると考えられ、 アウトブレイクの場合には、 感染者数の急激な増加が生じる以前には、 感染者がまったく発生していないケースもあれば、すでに 小規模な感染が散発的に発生しているケースもあるなど、 そうした感染者数の増加が発生する 以前の状況とは あまり関係なく、 単一の事態としての 感染者数の突発的な増加に焦点があてられた表現となっていると考えられることになります。 そして、それに対して、 オーバーシュートの場合には、そうした 感染者数の急激な増加が生じる以前の時点において、すでに 一定の目標や予測値となるような 感染者数の増加の ラインやグラフのようなものが 予め想定されていて、 そうした前もって 予測されていた増加率を大きく超えるような規模での 感染者数の爆発的な急増が発生してしまう状況などを念頭に置いて用いられることが多い表現であるといった点に、 こうした 疫学用語としての オーバーシュートと アウトブレイクという 二つの言葉の 具体的な意味の違いがあると考えられることになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 540• 142• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

【新型コロナウイルス】パンデミックとアウトブレイクの違いを教えて下

パンデミック アウトブレイク 違い

中国で発生した新型肺炎が拡大している。 本書『猛威をふるう「ウイルス・感染症」にどう立ち向かうのか』(ミネルヴァ書房)は、病気の世界的大流行によって多数の死者が出た「パンデミック」の歴史をたどり、ウイルス研究、ワクチンや治療薬の開発、感染への社会的取り組みなどの最前線を紹介する。 オールカラーの図版も豊富。 中学や高校の図書室にはぜひ置いておきたい一冊だ。 ペストで中国の人口は半減した 誰もが思い出すパンデミックの代表はペストだ。 ペスト菌による感染症。 黒死病とも呼ばれた。 罹患すると皮膚が黒く変色するからだ。 死亡確率は50~70%。 本書によると、ペストによるパンデミックは6世紀、14世紀、19世紀と3回もあった。 中でも14世紀は大流行、世界で死者1億人と言われた。 当時の世界の人口4億5千万人が3億5千万人に減ったという。 中国では人口が半減、イタリア北部はほぼ全滅したそうだ。 最後の大流行は1894年。 香港から広がり中国とインドで1200万人が亡くなった。 このとき日本から香港に派遣された調査団に細菌学者の北里柴三郎がいた。 到着2日後にペスト菌を発見したことは有名だ。 現在、ペストについては抗生物質が著しい治療効果を上げているが、耐性菌も出現しているため、油断は禁物だという。 人類が根絶させた感染症としては天然痘がある。 天然痘ウイルスによる感染症だ。 紀元前1万年以上前から何度も出現してきたが、ジェンナーによって世界初のワクチン、天然痘ワクチンの種痘が開発され、各国で実施されたことにより、1980年にはWHOが根絶を宣言した。 「スペイン風邪」と呼ばれた理由 20世紀に入ってからもパンデミックは続いている。 その代表がインフルエンザだ。 4回のパンデミックが記録されている。 中でも有名なのが1918~19年の「スペイン風邪」だ。 世界で5億人が罹患し、4000万人が亡くなったという。 日本でも約2300万人が罹患し約38万人が亡くなった。 当時、インフルエンザの原因ウイルスはまだ発見されておらず、有効なワクチンや抗ウイルス薬もなかった。 このスペイン風邪は、同時期の第一次世界大戦と因縁がある。 大戦の死者総数よりもはるかに多くが亡くなったので、「第一次世界大戦の本当の勝者はスペイン風邪」と言われたりする。 もともと北米のアメリカ軍兵舎で発生。 感染した兵士が欧州戦線に派遣されたことで罹患地域が拡大した。 参戦国は自国民に大量の被害が出ていることを報道管制で隠していたが、スペインは非参戦国だったので、情報を公開。 スペインで流行していることだけは明らかにされたので「スペイン風邪」と呼ばれるようになったのだという。 インフルエンザはその後も「アジア風邪」(1957~58)、「香港風邪」(68~69)と流行が続いた。 「アジア風邪」では世界で約200万人、日本で約7700人、「香港風邪」では世界で約100万人、日本でも2000人以上が亡くなった。 21世紀に入ってからも2009年、新型インフルエンザが発生し、世界で2万人近くが亡くなった。 主役はウイルス 本書は「序 章 パンデミックとはなにか」「第1章 現代の感染爆発はウイルスが起こす」「第2章 病原性ウイルスの素顔と特徴」「第3章 体の中の戦い 免疫とワクチンと抗ウイルス薬」「第4章 感染拡大を防ぐ社会的取り組み」「第5章 感染を防ぐひとりひとりの防衛策」という構成。 監修は、東京大学医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野教授の河岡義裕さんら二人。 河岡さんはロベルト・コッホ賞を受賞するなど、インフルエンザウイルス研究の世界的権威だ。 近年のパンデミックの主役はウイルスだ。 細菌の10分の1から100分の1。 地球上でもっとも小さい微生物で、電子顕微鏡でしか見ることができない。 自分自身では成長も増殖もできない。 他の生物の「細胞」に感染し、その細胞の材料を借りてウイルス自身の複製をつくる特殊な生命体だ。 ウイルスの正式発見は19世紀末だというから、研究もまだ発展途上。 「スペイン風邪」のウイルスも1990年代後半になって、アラスカの永久凍土に埋葬されていた罹患者の遺体を発掘、その肺組織からウイルス遺伝子を増幅して解読したのだという。 スペイン風邪より強力なウイルスが出現した場合、航空機などで地球上の人の動きが活発化していることもあって一気に広がり、世界で1億8000万人から2億5000万人が死亡するとみられているそうだ。 本書ではインフルエンザウイルスの仕組みや怖さについてたっぷり解説されている。 ゆっくり読めば基本的には文系でも理解できるレベルだ。 がんに対するウイルス療法の研究 SARS(重症急性呼吸器症候群)ついても書かれている。 2002~3年、中国で発生した。 重症肺炎を引き起こすSARSコロナウイルスによる感染症だ。 罹患者8098人、死者774人。 日本では症例がなかった。 今回の中国の肺炎も、このSARSとの関連が指摘されている。 有効な治療法は確立されておらず、対症療法が中心となる。 本書を読んで痛感したのは、こうしたウイルス研究の大変さだ。 研究しないと新事実がわからないが、きわめて慎重な扱いや対応が必要。 一歩間違えば「バイオテロ」の研究にもなりかねない。 河岡さんのグループがアメリカでインフルエンザウイルスの合成に成功したときは、CIAの関係者が訪ねてきたという。 何かと悪役視されるウイルスだが、病原性のないウイルスが子宮頸がんや乳がんの細胞を破壊したという報告もあるそうだ。 ゆえに、がんに対するウイルス療法の研究も盛んになっているという。 また、病原性ウイルスを攻撃するウイルスの研究もされているという。 この辺りも含めて、本書は理系を目指す中高生には参考になるのではないか。 なお、パンデミックの類似語に「アウトブレイク」がある。 こちらは特定地域や集団内の爆発的な感染を指す。 地域が限定された状態の「エボラ出血熱」などが相当する。

次の